trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11月21日(土曜日)/鬼島太鼓に魂を揺さぶられた光が丘

Category: 音楽  
午前中の仕事を終え光が丘へ13時過ぎに着。この土日、けやき広場ではJAあおばの農業祭が行われており、いつもの場所では滑れないことは事前にわかっていた。

20151121_光が丘 (1)

広場が滑れない時の避難所(?)となっている管理事務所の裏手へ行ってみるが、まだ誰も来ていなかった。11月にしては暖かく、芝生へ腰を下ろすと眠気が襲ってきたのでそのまま横になり昼寝。

14時ごろに目覚めたがまだ誰も来る気配がなく。パイロンも持っていないし荷物を置いてどこかへ行くわけにもいかない。まぁ、こんなこともあろうかとこの日はウエストバッグひとつという軽装で出かけたし、スラロームをするつもりのないRB-10に90mm×4というブーツで来たので外周へ出ることにした。

20151121_光が丘 (2)

外周路は落ち葉が積もっていてスピードも出せない。たびたびウィールの間に落ち葉が挟まるのを取り除きながら軽く流す。5,6周滑って15時過ぎ、広場の方からアンパンマンの声が聞こえたのでステージを観に行ってみる。アンパンマンショーとか、まだウチの子どもたちが小さかった頃以来。久しぶりに見た。

アンパンマンショーが終わると次のプログラムで和太鼓の演奏が始まったのだが、これがもう凄い!初っ端からグイグイ引き込まれてそのまま約20分間、魂を揺さぶられっぱなしだった。長野県木島平村の「鬼島太鼓」という和太鼓集団で、現在は小学二年生から高校三年生までの男女13名のメンバーで活動を行っていて、今回の農業祭にはその中から高校三年生二人、高校二年生二人の四名のメンバーが来ていた。高校を卒業と同時に「鬼島太鼓」からも卒業するのがルールだとかで、高校三年生の石川由夏さんと永井あかりさんは農業祭のステージに立つのも今年が最後ということだった。

「鬼島太鼓」は、卜(ぼく)がこれまでに聞いたことのある和太鼓演奏のどれとも違っていて、誰も彼もが踊りだしたくなる祭囃子の太鼓のようにも聴こえれば、ロックミュージックのライブ会場にいるような感じでもあった。単に伝統芸能としての和太鼓の枠に収まっていないばかりでなく、邦楽洋楽という区切りすらも付けられないのではないかと思えるような、とても不思議な感覚。伝統的なものの息づかいを確かに感じつつ、今を生きる我々の呼吸が絶妙に融合しているクロスオーバーミュージックだった。

ステージを終えた彼女らがバックステージから広場に出てきているのを見つけたので、演奏にとても感動したことを伝え、今まで聞いたことのある和太鼓とはちょっと違うよね?というあたりのことをいろいろ質問してみると、曲は伝統的なものも演れば創作のものも演る。そして「鬼島太鼓」の指導をしている先生はジャズをやっている(やっていた?)人なんだとか。ああ、なるほど。それはわかる気がする。きっと、とても自由な精神の持ち主なんだろうな。でなきゃ、あんな音楽は創れない。

「鬼島太鼓」は何年も前から毎年農業祭に参加しているみたいなんだが、これまでノーマークだったのが悔やまれる。・・・っていうか、どちらかって言うと疎ましい存在だったからね農業祭自体が(いつもの場所で滑れなくなるので^^;)

さて、ステージ前から管理事務所裏へ戻ってみるとエジマさんとトモくんが来ていた。そのあとすぐ相馬さん夫妻、しばらくしてアンドリューやナリフミくん&パパもやってきた。誰も来ないんじゃないか?という雰囲気だったので、誰かが来て少しほっとした。

20151121_光が丘 (3)
スポンサーサイト

10月3日(土)/光が丘あつい・ねむい・くさい

Category: 音楽  
9月26日、27日の両日は他の予定があったりで光が丘へも行かれずにno sk8だった。

10月3日の午前中は仕事。これまで通っていた新宿歌舞伎町の現場が9月末で終了したので、事務所の荷物を片付けたり次の現場へ移動する手続きをしたり。で、その旧事務所というのが新宿駅と新大久保駅の中間ぐらいにあるので、これまでにもその日の気分によって新宿駅から電車に乗ったり新大久保駅まで歩いたりしていたのだが、この日は新大久保な雰囲気が辺りに漂っていたので(?)それに飲まれるような形で新大久保へ。

新大久保は「コリアンタウン」と言われることがある。昔から韓国人口密度が高い地域であることは間違いないと思うけど、皆がそう言うようになったのはつい最近、韓流ブームとかで大勢の人が韓国に興味を持つようになって以降のことではないだろうか?(二十代の頃にアルバイトをしていた会社が百人町にあって、そこへは二年近く通ったけれどその頃の新大久保も今ほどコリアな感じではなかったような印象がある)

そんなわけで韓国に気を取られがちな新大久保ではあるが、昔から「音楽の街」とも言われていて、楽器屋さんとかハコ(ライブハウス)も多い。

エレキやアコースティックギター・ベースを扱っているお店は「各フロア“日本最大級”」を謳うクロサワ楽器の日本総本店があり、その斜め向かいにあるTC楽器も中古楽器店としては“日本最大級”な店である。(TC楽器の地下にあるHyper Guitarというお店はこれも“日本最大級”なヴィンテージギターの専門店で、フロアに一日中いても飽きない、というか溜息が出っ放しになるというか^^;)

・・・で、そのTC楽器の1Fから2Fへ向かう階段の踊り場にディスプレイされている「激安コーナー!」の中で目に留まったのがコレ。

FERNANDES FRB-40 (1) FERNANDES FRB-40 (2)

FERNANDES FRB-40。よくわからないのだけれど(その後調べてみてもよくわからなかった)10年位前のモデルなのかな?当時の販売価格(定価¥40,000)の1/5くらいの値段だったので即座にお持ち帰りしてしまった^^;

バスウッド(たぶん)のボディにメイプルネックがセット。指板はローズウッド。24フレットのロングスケール。PUはP/Jタイプで2ボリューム1トーンというシンプルなもの。全体に軽く感じるけど頭下がりもなくボディバランスは悪くない。

同じく激安コーナーにあって、これも見た目に惹かれたブルーサンバーストっぽいAria ProⅡのRSBと、どちらにしようかと思って試奏させてもらったんだけど、RSBの方は2ボリューム2トーンが独立なうえにPUのシリーズ/パラレル接続を切り替えるSWとかもうひとつよくわからないSWがついていたりで音決めが面倒臭そうだなぁと感じたので止めた。弾いてみた感じはRSBの方が(同じメーカーだし)卜の今使ってるSB-R60に近かったのだけれどね。というかこの値段なら2本まとめ買いもアリだな?と一瞬思ったがスケートブーツを持ってるしパンパンのリュックを背負っているしさすがに2本は持ち帰れないし、で止めた。

で、それを担いで光が丘へ。さすがに楽器を担いでCity Runは無理なので大江戸線で行くことにした。地上へ出ると、暑い・・・そして、臭い。

銀杏

臭いの正体はコレ。この時期の光が丘公園はいつも臭い。

広場に着いたが暑くて日向に出る気が起きないし、相変わらず眠い。仕方ない、買ってきたベースギターでも弾いてみるか・・・と弾きだしたら、結局この日はほとんど滑らずにずーっとベースギターを弾いてた^^;

途中、さきぽんがやってきて『これすごくいい色ですよねー』と褒めてくれたけど、ホントにいい色。見た目で即買い、の理由。

そんなわけで三、四時間弾いてみて、特に問題は無し。価格設定からして入門者向けのモデルなのだろうが、安くてもそこそこいいツクリをしている。店頭でちょこっとアンプに通してみたぐらいで、バンドの中で音を出していないから何とも言えないけれど、高い楽器と引き比べさえしなければ「まぁ、これでもいいかな?」と思えるような感じ。

自分が持っているSB-R60はもう30年以上経っていい加減フレットを打ち換えないとビリビリだし電気系統もバランスがおかしくて低音域が出なくなっていたりデュアルサウンドSWも壊れていたりと、まともに使えるフレッテッドベースが今ウチには無かったので、とりあえずコレがあればOKかな、と。

光が丘からの帰路もいつものようにCity Runではなく、久しぶりにバスに乗った。

「乙女失格。」

Category: 音楽  

12月5日(水曜日)に虎ノ門のポニーキャニオン本社1階フロアで行われた南波志帆の2ndフルアルバム「乙女失格。」発売記念イベント“教えて、パイセン!”Vol.3(トーク&チェキ会)に行ってきました。(イベントの詳細はナタリーで報じられていますので、そちらを読んでください



20121205_ponycanyon (1)



今の職場から歩いて10分なんですわ、ポニーキャニオン。仕事の帰りがけに、つい・・・(;・∀・)



20121205_ponycanyon (2)



新しいアルバムのリリースイベントですが、歌は無し。トークライブと、おまけのチェキ会(^^;のみです。同日発売の「乙女失格。」を会場で購入するとイベントに参加できるというシステム。18時過ぎに会場に着いて、整理券番号は32番でした。



20121205_ponycanyon (3)



“ヒャダイン”こと前山田健一と、秋葉原ディアステージを中心に活動するアイドルグループ“でんぱ組.inc”の夢眠ねむをゲストに招いてのトークライブでしたが、歌を聴いているだけではわからない、南波さんの人柄というか魅力が存分に感じられるイベントであったと思います。《この人、お笑いでもやっていかれるんじゃないだろうか?》と思えるような軽妙(というよりは奇想天外といったほうがよい?)なトークも堪能できたし。



・・・あ、すでにお気付きの方もいると思いますが、前回「髪8」発売時イベントの記事を使い回してます(;・∀・)



20121205_ponycanyon (4)



で、家に帰ってCDをPCに取り込んで、翌日聴いてみました。卜(ぼく)的には伊澤一葉(あっぱ、ex.東京事変)、津野米咲(赤い公園)の手になる「ばらばらバトル」がイチ押し。この曲ばかりリピート再生しています。あとは、コトリンゴの手になる「anselm」と「まつひと」が特に良かったかな。



トークイベントの最後の方で前山田氏が『南波さんは詞や曲は(自分で書かずに)いろいろなアーティストから提供を受け、歌唱力だけで勝負している(趣旨)』と言っていました。今作は曲想も前作(「水色ジェネレーション」)よりだいぶ幅が広がっているように感じますが、南波さんは迷うことなく対応している(それだけの歌唱力がある)と思います。



これもトークイベントで、前山田氏や夢眠ねむ氏から『こんな曲を歌ってみてはどうか?』という様々な提案(たとえば“不衛生なラーメン屋のような歌を”とか“暗黒系・呪文系の歌を”とか“オケなしの、いわゆるアカペラを”等々)があったのですが冗談はさて置いても《いろいろな南波さんを聴いてみたい》と、これからの可能性を窺えるようなアルバムにはなっているのではないでしょうか。



卜なんかはそれほどコアなファンでもないし、“にわか”の無責任な発言なのかもしれませんが悪しからず。


「髪を切る8の理由。」

Category: 音楽  

7月25日(水曜日)に虎ノ門のポニーキャニオン本社1階フロアで行われた発売記念イベント、南波志帆ファン感謝デー ~太っ腹だね THE NANBA SHOW店~に行ってきました。



20120725_THE NANBA SHOW店 (1)



今の職場から歩いて10分なんですわ、ポニーキャニオン。仕事の帰りがけに、つい・・・(;・∀・)



新曲のリリースイベントですが、歌は無し。ただの抽選会です(笑



20120725_THE NANBA SHOW店 (2)



南波志帆4枚目のシングル「髪を切る8の理由。」を会場で購入すると抽選番号が記されたサイン入りポストカードが貰え、イベントに参加できるというシステム。



18時半を少し回ったぐらいに現地に着いたら既に入場も始まっており、48脚用意された椅子席は卜(ぼく)の三人手前で満席となってしまいました。最終的には椅子席の後方に30人くらい立ち見のお客さんがいて、この日の来場者は80~100人の間といったところでしょうか。男女比は8:2で、年齢層は10代から40代まで。なるべく考えないようにしていましたが、卜は当日の観客の中では最高齢クラス(;^ω^)



ただの抽選会なのに、19時半から始まって終わったのが21時半近く。1時間50分に及ぶ大抽選会となりました。



MCを努めたのはバカリズム。不思議な空気を纏った南波さんのキャラクターを上手く盛り立て、また適度にお客さんもいじりつつ会場の一体感を盛り上げる進行はさすがで、最後まで飽きることなくいられました。



抽選で貰える賞品というのが、「南波さんにニックネームを付けてもらえる」とか「当選者のイメージを南波さんが漢字一文字で表して(色紙に毛筆で書いて渡して)もらえる」とか「南波さんに似顔絵を書いてもらえる」とか「twitterで南波さんに名前をつぶやいてもらえる」とか「南波さんの"恥ずかしい写真"をこっそり見ることができる」とか「南波さんがその場でヴォイス録音をした目覚まし時計(フォトスタンド兼用)が貰える」とか「(アルバム"水色ジェネレーション"のジャケ写でも使用した衣装(水色のワンピース)が貰える)とか「南波さんが自腹で購入したプレゼントが貰える」という、超ゴーカなものから《それ、貰って嬉しいの?》と思えるようなくだらない(失礼!)ものまで。



衆人環視に晒されながらMCにいじられながらで、当てられたお客さんの中には相当なプレッシャーを感じていた方もいたでしょうし、会場のお客さんの中には《アレなら、俺、当てられなくてヨカッター》と胸を撫で下ろす方もいたことでしょう(^^;



歌を聴いているだけではわからない、南波さんの人柄というか魅力が存分に感じられる、名前の通りの「ファン感謝デー」であったと思います。《この人、お笑いでもやっていかれるんじゃないだろうか?》と思えるような軽妙(というよりは奇想天外といったほうがよい?)なトークも堪能できたし。退場時には出口で南波さんご本人のお見送りまで受けて、抽選に当たった方も漏れた方も、皆さん満足して帰路に就いたのではないでしょうか。



あ、そうそう、「髪を切る8の理由。」のカップリングは、松田聖子の「天国のキッス」のカヴァーですよ。卜はテレビ見ないので見たことがありませんがNATURAL BEAUTY BASICのCMソングにもなっているらしいです。



それと、スケートネタをひとつ。Billboard Records から「髪を切る8の理由。」と同日の7/25にリリースされた、洋楽曲のカヴァーを集めたアルバム「"Choice" by 南波志帆」のジャケットにはローラースケートが描かれています。



※イベントの詳細はナタリーでも報じられています。


滑らない週末(南波志帆のインストアライブ@タワレコ新宿店なんぞに行ってみた)

Category: 音楽  

空き時間には天気が悪かったり滑られる場所や時間を求めるのにも疲れたりで、7月18日以来まる二週間滑っていませんね。こんなに間隔が空くのも久しぶりです。



約10年前に、携帯電話端末情報系webサイトの某掲示板(ML,チャットルーム)で知り合った人がいて、現在ではTwitterでも相互フォロー関係にあるのですが、その人がやたら推しているのが南波志帆。



彼があまりに推すので一度は見ておかなければならないような気になって試しにYouTubeに上がっていた最新シングル『こどなの階段』のPVを見て、まもなくアルバムが発売されるらしいがこれは買ってみてもよいなと思って、どうせ買うなら特典(インストアライブだったりサイン会等への参加権。CDの購入先着順に配布される)を享受しようと考えるも仕事で都内へ出ていない現在、発売日に渋谷とか新宿とか池袋へ行くのも困難で、ようやく発売二日後に新宿のタワーレコードへ行ったら配布終了に間に合うまいと思ったイベント券配布に間に合ってしまったのはいいが、イベントが行なわれるのは仕事のない土曜日で、休日に何と言って家を出ようか?説明するのが難しいなぁ、と考えたりしているうちに当日を迎えたのだが天候も大気の状態も不安定で、屋上で行なわれるイベントなので開催されるかどうか不明だったのが、降雨の場合でも(ライブは行なわれないが)サイン会は行なわれることが分かったので、家人には「東京へ行ってくるよ」という曖昧な説明で外出しようとしたら「何なの?」「誰と会うの?」「デート?」と矢継ぎ早に質問が飛んできたりしましたが、15時半集合のところ15時少し過ぎに現地(タワーレコード新宿店)に着きました。7月30日(土)のことです。



卜(ぼく)が女性ソロシンガーのライブに出かけたのは、「森の時間」の頃の裕木奈江のコンサート以来でしょうか?



そして、この後つらつら・・・というよりダラダラと当日のレポを書いてみたのですがかなりの長文になり、そのくせ読みごたえのない駄文になってしまったので、掲載を見合わせることにしました(^^;



かわりに、印象に残ったことを箇条書きにしてみましょう。



  • セットリスト(演奏予定曲目)は7曲だったとのことだが、3曲目が始まってすぐ降雨のためライブ中止に。残念。


  • 南波さんは想像以上にロックしてた。MCや煽りもなかなか。


  • むしろ観客が大人しめ、というか、お行儀よすぎ?


  • なるべく考えないようにしていたが、卜(ぼく)は当日の観客の中で最高齢クラスだった。


  • ライブが中止になったせいで当初の予定にはないサイン会が行なわれたので、本人と接近遭遇できた。(会話もできた)


  • 可愛い。色が白い。眼が大きい。普段からヘリウムガスでも吸っているかのような不思議声だ。


  • でも、外見に限って言えば卜のストライクゾーンからはちょっと外れる。


  • しかし、もっと歌を聴きたかったー。消化不良だー。


南波さんはこんな感じ。ナタリーのインタビュー記事、とても面白い。



2011.07.30_新宿タワレコ



« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS