trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

7月6日(金曜日)/大飯原発再稼動反対デモ

Category: 国際・政治  

前週(6月29日)のデモでは、終了時刻が近づくにつれて膨れ上がった人波が総理官邸へ向かって押し寄せ、総理官邸前交差点(国会記者会館前)付近では車道にまで人が溢れたため、人の流れを食い止めようと機動隊の輸送車(バス)を並べて道路を封鎖する事態になりました。



そんな事もあってか今回は事前から厳しい規制がかかりました。まず、東京メトロ国会議事堂前駅の1番2番出口が閉鎖され、財務省上から官邸前に向かう国会議事堂側の歩道も通行止めに。国会議事堂前駅の4番出入口が出口専用に、3番出入口が入口専用になっていました。一時は「国会議事堂前駅では降りられません(外に出られません)」というアナウンスもあったみたいで、駅もだいぶ混乱していたようです。今後も同じような状況が続くのでしょうから、参加を考えている方は霞ヶ関や溜池山王、虎ノ門など、ひと駅分くらい遠くから来られるのがよいと思います。



しかし悪天候(雨)にもかかわらず集まったこと。茱萸坂(ぐみざか。六本木通りの財務省上交差点から国会議事堂南門前を通り官邸前へ向かう坂)はほぼ歩行者天国状態。卜(ぼく)の印象では前週と同じか、それ以上の結集であったように思いました。



前週は、冒頭に書いた道路封鎖とか、あちこちで見られた警官と参加者の言い争いとか、そろそろ主催者も警察も群集をコントロールできなくなりつつあるんじゃないか?という危険な空気が漂っていたのですが、今回は路傍のあちこちで主催者団体と思われる人々による参加者への呼びかけ・注意喚起・ルールの徹底がこれまで以上に行われており、主催者の「絶対事故を起こしてなるものか」「怪我人を一人でも出してなるものか」「デモを成功させるぞ」という意志が感じられたし、それに呼応する参加者の整然とした態度にも感心しました。



立場も異なりどこか団体に属しているわけでもない、誰からの命令でなく自らの意志で集った、これほど多くの民衆が「原発再稼動反対」という一点を軸に、これほどの熱気をもって、これほど整然と団体行動を取っている姿が、これまでこの国に見られたでしょうか?



気になったのは、大手マスメディアの取材態度です。傍若無人というか傲岸不遜な態度というか。あちこちから「●●(←新聞社や雑誌社の具体名)帰れ!!」という声が上がっていました。



もうひとつは、デモの場を利用して宣伝活動を行おうというのかわかりませんが政治的・思想的な臭味を感じる団体らしき参加が増えてきたこと。それにともなって、以前はほとんど聞こえなかった「再稼動反対!」以外のおかしなシュプレヒコールも時折混ざるようになりました。また、20時前に主催者が解散宣言を出し、多くの参加者はそれを受けて整然と散っていった(このデモは“サッと集まりサッと散る”を旨としており、解散っぷりも見事なんです)のですが、主催団体とは無関係な一部団体がいつまでも総理官邸前交差点付近に居座り、警察と争いになっていたとも聞きました。



デモが多くの人に知られることは必要ですが、話題になりはじめると、これまでは見向きもしなかったのに利用しようとする人たちも集まってくるんですね。












スポンサーサイト

6月29日(金曜日)/大飯原発再稼動反対デモ

Category: 国際・政治  

先週、総理官邸前で行なわれたデモに参加しました。



2012.06.29_大飯原発再稼動反対デモ@総理官邸前 (1)



2012.06.29_大飯原発再稼動反対デモ@総理官邸前 (2)



2012.06.29_大飯原発再稼動反対デモ@総理官邸前 (3)



開始時間は18:00でしたが、17:00を過ぎた頃にはもう大勢の人が集まっていました。卜(ぼく)は前週(6/22)にも同じ場所にいましたが、前週のピーク時を上回る人数が今週の開始時間には集まっていたように思います。



国会議事堂前のあたりですでに歩道は通行困難になっており、カラーコーンで車道側にハミ出す形で臨時通路が区画されていました。



時間が経つごとに人が増え、もう主催者にも警察にもコントロールできない雰囲気になっていきました。



60年安保闘争の時には、同じ場所に17万人が集まったという記録があるそうですが、今回のデモはそれに匹敵する動員だったのではないでしょうか。



facebookやtwitterなどのSNS、インターネットメディアでデモのことを知り、参加した人が多数いたというのがこれまでのデモとは異なる点だと思います。



そして、近年では稀な、政治的な決定に影響を与えうるデモンストレーションになったと思います。



国民の声に耳を傾けない為政者、国民の声を代弁どころか黙殺して恥じぬ大手マスメディアに対してだけでなく、今回の出来事に無関心な人々に対しても怒りを覚えました。別に官邸前に来い、というのではありません。主義主張(原発稼働)に賛成か反対かはともかくとして、「無関心」や「諦め」が国を滅ぼす元凶なのではないかと卜は思います。











« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS