FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

7月4日(水曜日)/Tokyo呑兵衛Cruising(仕事帰りのナイトラン)新宿→後楽園→池袋かぶら屋まで約14km

Category: CR,LR  
週間天気予報を見ると翌日木曜日からその次の週の木曜日までびっしり雨マークが付いていた。これは今日も滑っておくしかないな、と前日に続き仕事帰りのナイトラン。

西新宿をスタート。Runtasticの起動は三井ビルの北側あたり。都電の早稲田駅までは前日とほぼ同じルート。そして、江戸川橋通りの山吹町までも、前日と同じルート。

20180704_早稲田-筑土八幡町

今回は神楽坂駅前の混雑を回避するための裏道を探るのが目的。昨日アップした地図との違いを見比べてほしい。

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (1)

神楽坂メイン通りの混雑を避け一本裏の道で赤城神社。

神社から少し先、図中マゼンタ色で描いた部分は、かなり強烈な下り坂。ちょっと素人さんには下りられないだろうと思われる。この辺りは一つ裏に入っただけで路面状況とか勾配とか様相が一変するから面白い。坂の上り下りが多いから来るのを避けてきたエリアではあるんだけれど^^;

そんなわけでこの日の調査を終了し、さてこの後どこへ行こうか?というのはこの日も全く決めていなかった。

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (2)

とりあえず後楽園駅のあたりまで出て、白山通りを北上しようか春日通りで池袋へ向かうか?休憩がてら思案。で後者を選択。

茗荷谷までの上り坂はちょっとツラかった。大塚三丁目で春日通りを左折、春日通りの一本左側を並行して走る坂下通りを行く。この通りも都電と交差するまでは上り坂ではあったのだが、それほど上る感じがしない緩い勾配だったのと路面が良かったのでわりと走りやすかった。

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (3)

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (4)

都電を越してからはサンシャイン60の脇を通ってP'PARCO隣の池袋駅前公園でゴール。

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (5)

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (6)

20180704_Shinjuku-Ikebukuro (7)

そして、この日の〆は「かぶら屋」で。運動した後の生レモンサワーは美味い^^

20180704_かぶら屋 (1)

20180704_かぶら屋 (2)

20180704_かぶら屋 (3)

20180704_かぶら屋 (4)

7月3日(火曜日)/Tokyo呑兵衛Cruising(仕事帰りのナイトラン)/新宿→上野カドクラまで約13km

Category: CR,LR  
新宿中央公園でスケート靴に履き替えてスタート。Runtasticの起動はコクーンタワーのあたり。まずは大ガードをくぐって西武新宿駅前を新大久保方面へ。高田馬場まで山手線に沿って走り、新目白通りへ出て高戸橋。

20180703_Shinjuku-Ueno (1)

5月26日にTNCの新ルート開拓のために神保町から池袋往復の帰路で高戸橋から飯田橋まで通った道がいまいち面白くなかったので、他にいいルートは無いかウロウロしてみようと思ったのが、この日走った理由のひとつ。

20180703_早稲田-筑土八幡町

前回は新目白通りを早稲田鶴巻町で右折→弁天町を左折→牛込天神町で急坂を上る→神楽坂駅前を通って神楽坂上交差点を左折し大久保通り→筑土八幡町という、上の地図(※画像はクリックで拡大)青線で描いたルートを通った。一部赤くなっているのが牛込天神町交差点前後で急坂を上らなければならない場所。

今回は地図中緑色で描いたように都電の早稲田駅を過ぎてすぐに右折し新目白通りを逸れ、早稲田大学の正門前。

20180703_Shinjuku-Ueno (2)

20180703_Shinjuku-Ueno (3)

・・・を通って山吹町で江戸川橋通りに突き当たる。ここまでは歩道も広く快適だった。ここから先も大きな通りを行かずにあえて裏路地を通ってみることに。赤色の部分はやはり坂を上らなければならないが仕方のないところ。

前回の試走時には気付かなかった点としては、今回通った夜の時間帯は神楽坂駅前後の交通量が人も車も多かった。

20180703_Shinjuku-Ueno (4)

このあたりは道幅(歩道)も狭いのでかなり走りにくかった。もう少し裏道を通って行ったらどうなるか、次に調査してみよう。

そして、実はどこまで滑って行こうかまるで行先を決めていなかったのだが、水道橋から外堀通りをそのままお茶の水方向へ走って行ったらどうだったっけ?第二回のTokyo Night Cruisingで一度走っていたはずなんだがあまりよく覚えていなかったのでもう一度通ってみることに。ところがこれが大失敗。順天堂大のあたりまで路面も悪く結構キツい上り坂、しかも順天堂前で車道を渡る手段が歩道橋しかない。そういえばTNCの時も歩道橋に備わっているエレベータを使って上り下りしたんだっけ。この区間はもう通りたくないな^^;

20180703_Shinjuku-Ueno (5)

20180703_Shinjuku-Ueno (6)

20180703_Shinjuku-Ueno (7)

そんなわけで昌平橋まで外堀通りで来て、あとは東京CRコースの逆走で神田明神下から秋葉原の裏道で末広町、歩行町からあえてアメ横を通って上野公園をゴールとした。

20180703_カドクラ (1)

20180703_カドクラ (2)

20180703_カドクラ (3)

「たきおか」と並んで、東京の呑ん兵衛なら知らぬ者は(=訪れたことの無い者は)いない超有名店「カドクラ」で生ビールと名物のハムカツを食って終了。走行距離は約13kmだった。

20180703_Shinjuku-Ueno (8)

20180703_Shinjuku-Ueno (9)

6月22日(金曜日)/Tokyo呑兵衛Cruising(仕事帰りのナイトラン)/西新宿~門前仲町・折原商店まで約14km

Category: CR,LR  
梅雨に入り天気予報も不確実。サイトによってもまちまちでどれを信じたらよいのかわからない。この週末もいつ雨が降ってもおかしくない予報だったので滑れるときに滑っておこうと、金曜日はスケートブーツを持って家を出た。

20180622_新宿-門仲CR (1)

新宿中央公園で靴を履きかえてスタート。以前Tokyo Night Cruisingで使った、新宿南口から新宿通りで四谷まで、麹町六丁目から千鳥ヶ淵墓苑まで一気に坂を下って九段~神保町へ。

20180622_新宿-門仲CR (2)

20180622_新宿-門仲CR (3)

20180622_新宿-門仲CR (4)

神田小川町からは東京CRの通常ルートで大手町まで。永代通りに出たらあとは永代橋を渡るまで東行、橋を渡って首都高9号線福住ランプのあたりからは高架下を走って、数矢小学校裏の(かつての)スラ場へ。

20180622_新宿-門仲CR (5)

20180622_新宿-門仲CR (6)

パイロンマーキングはまだかすかに残っていたが150cm間隔でパイロンを並べていた場所は工事中の仮囲いで塞がれていた。

20180622_折原商店 (1)

20180622_折原商店 (2)

そして、来たかった折原商店へ。何年ぶりだろう?じつは折原商店再訪がこの日の主目的だったかもしれない^^;

20180622_折原商店 (3)

20180622_折原商店 (4)

サッポロラガーの大瓶。アテは駄菓子。そして、おでんで英君。やはりいい店だ。

20180622_新宿-門仲CR (7)

20180622_新宿-門仲CR (8)

6月17日(日曜日)/多摩川Long Run 58km

Category: CR,LR  
昨年も6月の第一日曜日に行われた多摩川ラン。今年は6月10日開催予定だったのが雨天順延でこの日に行われた。集合は京急蒲田駅だが卜(ぼく)は東上線から東横線直通電車に乗り多摩川線に乗り換えて蒲田駅へ。改札内の「しぶそば」で朝食。

20180617_多摩川LR (1)

コロッケそばにあさりのかき揚げ天を追加。

20180617_多摩川LR (2)

20180617_多摩川LR (3)

その後徒歩で京急蒲田へ。スタート地点に集まったのは15人。そのうち3人は子ども。Jiroさんのイベントはけっこうなペースで飛ばすと思うんだが大丈夫だろうか?^^;

20180617_多摩川LR (4)

六郷。誰もいなかった・・・

20180617_多摩川LR (5)

スタートしてすぐにフレームが緩むというトラブルが発生した人がいて復帰を待ったのと、集合時間に間に合わず後を追いかけて合流するという人がいたので比較的ゆっくりなペースだったのだが、それでも付いてこられない人がいた等々で、多摩川の河原へ着いたのも予定時刻より遅れ、その後約10kmを走った丸子橋手前あたりで「このままのペースで走ったらとてもゴールできない」との判断から、ゴールを目指す組(7名)と途中離脱組(9名)で分かれることになった。

20180617_多摩川LR (6)

20180617_多摩川LR (7)

20180617_多摩川LR (8)

20180617_多摩川LR (9)

ゴールを目指すはそれまでの遅れを取り戻さんとそこから約20kmを一時間半を切るという鬼のようなペース(※不整路面や上下の勾配があり信号機などの交通規制で何分も停止する一般道ではアベレージ12~13km/hぐらいを維持するのも必死な感じになります)で飛ばして、和泉多摩川駅前で小休止。その後も決して路面が良くない多摩川自転車道(および市街地)を、アベ15km/h以上を保つようなハイペースで進んだが、中央本線のガードをくぐるあたりでとうとう1名が離脱。

20180617_多摩川LR (10)

離脱メンバーは立川駅からゴール地点の福生駅まで電車で移動し、後で落ち合おう、ということになった。7名のうちで一人だけ80mmウィールだったので(※ここまで飛ばすとさすがに80mmの四輪では大径に付いていくのは難しい)よく皆に付いて来られたものだと思う。健闘を称えたい。

卜もこのあたりでそろそろハムストリングスがヤバい感じになってきた。他のメンバーも口々に「そろそろいつ足が攣ってもおかしくない」と言っていた。そこからはあと残り約10kmを一時間以上かけてゴール。さすがにペースも落ちて卜も最後の数キロは漕げない、足をただ前に出すだけのゾンビ状態になった。

20180617_多摩川LR (11)

20180617_多摩川LR (12)

ゴール後のお楽しみは福生駅近くのペルー料理屋“Danilo's Bar”で。この界隈は一人ではまず入るのを躊躇(ためら)われる一見して怪しい(?)店構えが多く、今回の店もその例外ではなかったのだが・・・

20180617_多摩川LR (13)

20180617_多摩川LR (14)

メニューには日本語が書かれていない^^;

20180617_多摩川LR (15)

20180617_多摩川LR (16)

20180617_多摩川LR (17)

20180617_多摩川LR (18)

20180617_多摩川LR (19)

ローストチキン、セビーチェ(シーフードのマリネ)、牛ハツ、ロモ・サルタード(牛肉・玉ネギ・ジャガイモの炒め物)、フライドライス(炒飯)、等々。スペイン、イタリア、日本、アフリカ等いろいろな国の影響を受けていると言われているペルーの料理。複雑玄妙なスパイス使いで異国感はありながら日本人には郷愁を感じさせる要素もあり、この店は何を食べてもハズレ無し。とても美味しかった。ハツなんて二切れあればワインボトル一本余裕でイケるぞ。

20180617_多摩川LR (20)

なんでこんなにいい店がこんなところにあるんだ?店の外観とか、見た目で敬遠したら後悔する。

皆は中央線、卜は一人だけ東福生駅まで歩いて、川越まで乗り換えなしで行かれる八高線に乗って帰った。

20180617_多摩川LR (21)

20180617_多摩川LR (21)

今回のルート。湯山さんがルートラボに上げてくれたものとJiroさんがRuntasticで取ったもの。やはり自分には60kmくらいが一番ちょうど良い距離に感じる。

20180617_FR325

今回の相棒。コイツがいなければ死んでた^^;
--
※当記事に掲載の写真の多くは当日の参加者が撮影しSNS(facebook)等にアップしたものの転載です。

6月8日(金曜日)/仕事帰りに独りNight Skate

Category: CR,LR  
翌土曜日は仕事だし夜から日曜にかけては雨の予報。この週末はno sk8になりそうだったので、金曜日の仕事帰りにどこか都内を滑ろうと思って光るオレンジウィールのRB10を持って家を出た。しかし定時で上がれると思ったらイレギュラーな仕事が入って20時半頃まで拘束されたので、遠くまで足を延ばすことはせずに池袋まで滑って帰ることにした。

思い返すと新宿→池袋って意外に滑ったことが無い。だいぶ前に一度やったことがあるけれどその時は大通りをずーっと滑って行ったのであまり面白くなかったし、たしか高戸橋から明治通りの上り坂をヒイコラ言いながら上ったツラい思い出もあって敬遠がちになっていた。

職場のある西新宿五丁目をスタート。大ガードはくぐらずに百人町→北新宿一丁目まで北上。大久保→新大久保→西戸山→高田馬場と、ずーっと山手線の外側を走る。高田馬場でガードをくぐって山手線の内側に。学習院下から目白駅までは、こないだ山手線一周をした時には逆走で長い下り坂だったので今回は長い上り坂を覚悟していたが、実際走ってみるとそれほどキツくはなかった。

そんなわけであっという間に池袋着。距離は今回ログを取っていなかったのでわからないが6~7kmくらいだと思う。少し蒸し暑かったので走った距離と時間の割にはけっこうな汗をかいた。

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS