trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

2月12日(月曜日)/山手線一周ラン46.7km

Category: CR,LR  
「海から自宅までスケートで滑る」という目標の他に、スケートを始めた頃から「これは一度はやってみたい」と思っていた「山手線一周ラン」をいよいよ実行に移すことにした。

20180212_RB10

ブーツはROLLERBLADEのRB10。純正の4×90mmにヒールブレーキ付き。

卜は過去運送業に従事していた頃、東京23区内ありとあらゆる場所を走りまくったので、都内なら全く土地勘のない場所というのがあまり無い。けど、いざスケートで滑るとなるとクルマとは違って路面の様子(荒れ具合)や勾配を気にしなければならない。山手線沿いの最適なルートを知るのには、やはり先人が残してくれたデータが貴重な存在となる。今回は「ルートラボ」にいくつか見つけたデータの中から、Sasakiさんが上げてくれたものを基本にしてそれをトレースすることにした。

20180212_山手線一周CR (1)

出発地点は池袋。コインロッカーに要らない荷物を預け、身軽にスタート。天気は曇りでやや風がある。前日の昼間が暖かかっただけに少し寒いかな?と思ったが、走れば暑くなるだろうとアンダーウェアの上にフリース一枚という薄着で出た。

目白までは問題無し。高田馬場でルート図では駅を越してから線路をくぐっていたが、卜は早稲田通りを渡ってすぐにガードをくぐり山手線の外側へ移った。

20180212_山手線一周CR (2)

20180212_山手線一周CR (3)

線路沿いにあるメロンパンのお店。この店ができてすぐの頃にちょうど高田馬場で仕事をしていたので店で売っているメロンパン全種類を制覇(?)した。いつも行列ができているだけあって超美味い。卜はここのメロンパンを知ってしまったので、皆が美味しいという光が丘公園売店のメロンパンでは物足りなさを感じるようになってしまった^^;

20180212_山手線一周CR (4)

新大久保~新宿までも問題無し。このあたりは卜にとって自由自在に走れるエリアなので、あまりルート図とにらめっこをしなくてもいける。代々木駅の南側の踏切を渡ろうとしたところ、ちょうど遮断機が下りたので、傍らにあった自販機でジュースを買う。やはり走り出すと暑くて、この季節にしては珍しく体が水分を欲した。

原宿外苑中学校のあたりでルート図を少し外れた。そしてJR原宿駅を過ぎて神宮橋の交差点の渡り方がわからずちょっと迷った。代々木公園の方へ向かってしまうと大きな通りが歩道橋でしか渡れない。表参道寄りの横断歩道を渡らなければ駄目なんだね。

20180212_山手線一周CR (5)

その後、渋谷駅を過ぎてR246の渡り方もわからずに困った。以前Tokyo Night Cruisingで渋谷から恵比寿に抜けたことがあって、その時もR246を渡っているはずだが、どこをどうやって渡ったのか忘れていたので結局歩道橋の階段を上り下りすることになった。渋谷駅周辺は現在大規模な再開発工事が行われており、歩行者の通路もところどころ仮設になっていたり来るたびに様子が変わっていたりするので、スケートではあまり近寄りたくない場所になっている^^;

さらに恵比寿駅でも、ルート図では東口を真っ直ぐ通り、アメリカ橋で線路の反対側に渡るように書いてあったが、途中で道が無くなり迷った。

目黒~五反田~大崎のあたりは以前にも通ったことがあり問題無し。大崎ゲートシティの公開空地にベンチがあり、ちょうど日向になっていたのでそこで5分くらい休憩を取った。

品川周辺も卜は過去にはソニーの本社ビル、最近では品川シーズンテラスの建設工事に携わっていたので地理に明るく、ルート図に頼らずに走れるエリアだ。そして品川から田町へ向かう途中にある高輪橋架道橋、俗称「泉岳寺のお化けトンネル」は一度はスケートでくぐり抜けたいと思っていた場所。徒歩では何度もくぐったことがあるけれど、スケートで来るのは初めてだった。品川‐田町間にJRの新駅ができる計画があって、この「都内で一番低いトンネル」はもういつ閉鎖されてもおかしくないのだとか。

せっかくなので記念に(?)動画も撮っておいた。

20180212_山手線一周CR (6)

これは泉岳寺側から見たところ。

今回参考にした山手線一周CRのルート図で、芝浦一丁目まで運河と山手線の間の道を線路をくぐらずに行かれるのに、わざわざ一度第一京浜側にシフトしているのは、このトンネルを通りたいがためではないかと思う。

20180212_山手線一周CR (7)

さて、ルート図では浜松町を過ぎてゆりかもめの高架沿いにしばらく走り、汐留南の交差点で山手線を渡るように書かれていた。渡り終えてすぐ右折し、線路沿いに進む・・・・・道が無い。進めなかった。線路沿いに道はあるのだが、潜り抜けたガードの上を走っている。

後日、他の人が上げているルート図とも見比べてみた。すると、浜松町のところは駅を過ぎて西側(山手線の内側)を通っているものが多かった。一旦外側に出る理由はよくわからない。大した理由は無いのかもしれない^^;

20180212_山手線一周CR (8)

そのあとはもうほとんど迷うことなく新橋~有楽町~東京~神田と来たが、秋葉原の手前で道が途切れた。


20180212_山手線一周CR (9)

神田川を渡るのにこの階段を上り下り。

20180212_山手線一周CR (10)

秋葉原を過ぎて御徒町~アメ横の雑踏をのろのろ進んで上野。上野から先の田端の手前までは先日東京CR赤羽ルートで走ったのと同じ道。西日暮里で道灌山通りの下をくぐって東北線と山手線の間の道を行くのがわからずちょっとルート図を外れた。

田端の橋を渡る坂の手前で立ち止まる。ここまでの走行距離が約40km。残りあと7kmくらいだったが、あの坂を目の前にして上ろうという気力がなかったのと足が痛くなってきたので一度ブーツを脱ぎ、この日一番長い休憩(といっても10分か15分くらいだったが)を取った。

再スタート後、ゴールまでの間が実にアップダウンの多い区間で、終盤へ来て何度か坂を上らなければならないのがキツかった。そして南大塚の凶悪な急坂(下り)!

20180212_山手線一周CR (11)

(写真だとあまり凶悪に見えないけど)ここではヒールブレーキも役に立たずTストップでブレーキをかけながら下りるのも怖くて、カニのように横歩きをしながら下りた。ただ坂を下りるだけなら一気に滑り降りることはできるんだけど、坂を下りる途中や下りた直後に交差点があって、横の道から他の人や車が出て来ようものなら激突しかねない。

これも後日他のルート図をいろいろ見比べて分かったことだが、皆坂の手前でいったん左折→右折→右折と、迂回しているようだ。

そんなこんなで朝9時過ぎに池袋駅前をスタートした山手線一周ランは、14時にゴール。長い信号・踏切待ちや休憩時間にはRuntasticを一時停止していたのでトータル5時間だが実走行時間は約4時間半。それでもアベレージは10km/hを切ることは無かったから、まぁそこそこいいペースで走れたかな?と自分では思っている。

20180212_山手線一周CR (12)

20180212_山手線一周CR (13)

代々木から大崎ぐらいまでの間と、品川から田端までの間は常に向かい風と戦っているような感じになっていたので、それもちょっとツラかった。

滑り終えた直後は「もう当分、山手線はいいや・・・」という気分だったが、何日かしてこの記事を書いていると「また行ってみてもいいかな?」という気になっているから不思議だ^^;

ちょっと道に迷ったところがあったのと、あとでいろいろなルート図を見比べてみてわかったこともあったので、それを確認してみたいかな。
スポンサーサイト

Tokyo Night Cruising 14/東京夜街滑動(第14回)

Category: CR,LR  
2月9日(金曜日)の夜に行なわれた第14回 Tokyo Night Cruisingに参加した。

20180209_SEBA FR

今回のコースは卜(ぼく)が先日試走した神保町~新宿中央公園往復ルートを採用してもらった。神田エリアから城西地域へ向かうと、どこかでアップダウンしなければならない。それでもできるだけ急坂を上り下りしなくていいようなルートを考え、往路は靖国通りで新宿へ向かい、復路は新宿通りで戻ってくるという選択をした。

靖国通りの歩道が曙橋のあたりから富久町西を過ぎるまで狭くて路面も粗いので、そこだけ何とかならないかな?と思うが、行きと帰りで同じ道は通りたくないし。ベストではないが現状ベターなルートではないかと思っている。

新宿中央公園で休憩をした後は、住友ビル、三井ビル、京王プラザホテル前を通ったり都議会議事堂前の都民広場へ立ち寄る等、イルミネーションが綺麗だったり雰囲気が良い場所へわざと寄り道をした。

新宿通りを東へ進み四ツ谷駅を過ぎてから麹町六丁目交差点を左折。あとは千鳥ヶ淵まで一気にダウンヒル。墓苑の脇の通りもなかなか爽快。

予定外だったのは九段下のあたりで武道館のコンサート帰りのお客さんらしき人の群れにぶつかってしまったことぐらいで、おおむね計画通りに無事走り終えることができた。



滑走後はいつものようにさくらカフェで乾杯。

20180209_SakuraCafe

23時過ぎに解散で終電一本前の東上線に乗り帰宅。

1月28日(日曜日)/Tokyo City Run(上野~赤羽)

Category: CR,LR  
久しぶり(もしかすると一年ぶり?)の東京CR。第四週目の日曜日は「荒川のんびりロングラン」イベントが行われていて、顔ぶれが東京CRの参加者とかぶるところもあって参加者も少なめ。

そんなこともあって、いつものように東京駅~神宮外苑を目指さずに上野公園から赤羽まで滑って、評判のせんべろ酒場「いこい」の開店を待って昼飲みに突入。という、呑兵衛ランと化している第四日曜のCR。

20180128_RB10

卜(ぼく)のこの日のブーツは純正90mm×4のフレームに戻したRB10。

20180128_Tokyo_CityRun (1)

上野公園で。Sasakiさんは「通常ルートで東京まで行ってその後は滑って帰る」とのことだったので集合写真だけ撮ってお別れ。もっちー、パンプ、卜の三人は赤羽へ向かう。メンバーがこの三人なので、いつもの東京CRとは違ってそこそこいいペースで滑る。信号で停まることも少なく、ほとんど休まずだったので卜は結構疲れた^^;

けど、滑ったことのない道を滑るのは楽しい。

20180128_Tokyo_CityRun (2)

ゴール間近の赤羽の街中で、かまくらを発見!

20180128_Tokyo_CityRun (3)

そして「いこい」に入店。まずは生で乾杯。「荒川を滑って来た」というnakoさんも途中で合流。四人で飲んだが会計がなんと¥3,800(四人で!)

20180128_Tokyo_CityRun (4)

20180128_Tokyo_CityRun (5)

20180128_Tokyo_CityRun (6)

「いこい」の後は「丸健水産」に移動して、おでんにカップ酒、そしてカップ酒の「だし割り」で〆。ここの会計も一人千円未満。二件合わせても二千円使わずに良い気分になれるという、とても素晴らしい昼飲みだった。

新宿~神保町~新宿ひとりナイトラン17km

Category: CR,LR  
1月19日(金曜日)の仕事帰り、現在の職場から徒歩5分の新宿中央公園北側交差点で靴を履き替えてスタート。

20180119_Night Run (1)

20180119_Night Run (2)

小田急第一生命ビル脇を通って4号街路(中央通り)を新宿駅方面へ。住友ビルの前で道を渡って10号街路(議事堂通り)下の地下道から3号街路(ふれあい通り)でNSビルの北側→モノリスの角を右折して甲州街道→新宿駅南口→新宿御苑前→四谷三丁目→四谷駅前、と新宿通りを走って麹町六丁目交差点を左に折れる。内堀通りを越えて千鳥ヶ淵→九段下→神保町さくらカフェに到着。ここまでで走行距離は8.7kmだった。

20180119_Night Run (3)

20180119_Night Run (4)

月例の"Tokyo Night Cruising"の発着点になっている神保町のさくらカフェを目指したのは、この日走ったルートがTNCに使えないだろうか?という試走の意味もあってのこと。

さくらカフェから新宿に戻るルートには少し悩んだ。どこを通っても上り坂は避けられないのだができるだけ楽をしたい^^;

専大前→西神田→飯田橋一丁目で目白通りを50m位走ってすぐに左斜め、早稲田通りまで出たら右折して飯田橋サクラテラス→外堀沿いに走って新見附橋を渡り、市ヶ谷見附→靖国通りに入って曙橋→富久町→新宿大ガードで線路をくぐろうかと思ったけどアルタ前にちょっと寄り道。

20180119_Night Run (5)

そして思い出横丁の方へ抜ける、頭がぶつかりそうな低いガード下をくぐって西新宿へ。新宿センタービル、三井ビル、住友ビル、小田急第一生命ビルの北側を通り新宿中央公園ゴール。

20180119_Night Run (6)

20180119_Night Run (7)

20180119_Night Run (8)

トータル16.95kmで所要時間は1時間42分、アベレージは9.9km/h。

往路は楽だったけど復路はちょっとツラかったかな。靖国通りの歩道はあまり路面が良くなかった。新宿五丁目のあたりから大ガード越えるまでは当然のことながらけっこうな人混み。だけど、神田から新宿へ行って帰ってくるルートとしてはまぁまぁじゃないかな?

Tokyo Night Cruising 13/東京夜街滑動(第13回)

Category: CR,LR  
1月12日(金曜日)の夜に行われたTokyo Night Cruisingに参加した。今回も発着地は前回と同じ神保町のさくらcafe。そこから、東京スカイツリーまで行って帰ってくる約15kmのラン。

20180112_SakuraCafe (1)

さくらcafeではNew Yearのパーティーが行われていて店内ごった返していた。半数以上が外国人のようだった。いつもながら国際色豊かな店内である。

坂の上り降りも荒れた路面もそれほど無い今回のコースなので80mmウィールのRB10を使ったが、最近は参加者のほとんどが大径のウィールで、軽く流してるつもりでもスピードが出る。80mmだと一所懸命走らないと置いていかれる感じで、以前よりもペースが上がってきたような気がする。

そんなわけでスカイツリーまでの片道を約一時間で見積もっていたが、40分くらいで着いてしまった。そこではマリカーの集団に出会った。噂には聞いたりインターネットの記事で画像を見てはいたが、卜(ぼく)は本物を見るのは初めてだった。

20180112_SakuraCafe (2)

帰路もサクサク進んで、あっという間にゴール。そして、お疲れ様の乾杯・・・の後もあっという間に時間が過ぎて終電間近。


※shot&edited by Ryota


« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS