FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ちょっと川越に行ってくる

Category: CR,LR  
卜(ぼく)は埼玉の川越市に住んでいるが川越駅から電車に乗り三駅離れた、川越市の外れの方である。

ここいらに住んでいる人は川越の市街地へ出かける時に「川越に行ってくるね」と言う。同じ市内に住んでいるのだが。ニュアンス的には「町へ出かけてくるね」という感じだろうか。

小学生の頃は今の場所ではなく、川越駅からバスで所沢方面に20分くらい走ったあたりに住んでいたが、そのあたりに住んでいる人たちも市街地のデパートなどに行く時は「川越に行ってくる」と言っていた。

そんな話を、うさこさん(妻)にしたところ「分かるわ。あたしも新潟市民だけど新潟まで電車で何駅かの場所だから、近所の人はみんな市街地へ行く時に『新潟に行ってくる』って言ってるもの」と同意を得た。

おそらくそんなことは全国各地であるのだろう、と思っている。

令和初日の5月1日、この日は事前の天気予報で雨が降るとのことだったが、朝起きてみると傘マークが着いているのが午後4時頃からで、前日からの雨で濡れた路面も乾いていた。

これは滑るしかあるまい!と、朝9時前にスケート靴を履いて家を出た。目的地は川越市街。5月4日に戸田橋のあたりから榎本牧場へ走るイベントを企画していて、榎本牧場からの帰りに川越に寄ろうかと思っているので、入間川サイクリングロードから川越市街までのルートを下調べしておこうかと。

20190501_川越ラン (01)

ブーツはFLYING EAGLE F6S FALCON で3×110mmのセット。

20190501_川越ラン (02)

家から3kmも走れば小畔川の堤防道路。ここからは入間川上り下り、越辺川上り、入間川経由で荒川へ出ることもできる。川沿いにはサイクリングロードが整備されている場所も多く、サイクリングロードではなくとも堤防上に舗装された管理用道路がほとんどの場所にあるので、インラインスケートでの移動にはとても便利である。

20190501_川越ラン (03)

落合橋を渡って小畔川→越辺川から入間川にシフトする。

20190501_川越ラン (04)
20190501_川越ラン (05)

川越狭山自転車道線(入間川サイクリングロード)で釘無橋まで。ここまで6.7kmの距離を25分かからずに来た。アベ17km/hと快調だ。

入間川サイクリングロードを離れて、なるべく路面が良い、車の通りが少ない道を探しながら市街地へ向かう。

20190501_川越ラン (06)
20190501_川越ラン (07)

川越に到着。

帰路は往路とは川越街道を挟んで反対側を、落合橋まで走ってみた。

20190501_川越ラン (08)

しかし宮元町から山田までは川越街道の歩道はこんなかんじで狭い上に荒れていてちょっと使えない。一本裏手の道も路面があまり良くなかった。

20190501_川越ラン (09)

山田から落合橋までは歩道もやや広くなるが、落合橋から川越街道に沿って市街地に向かうのはあまりお勧めできないと思った。

20190501_川越ラン (10)

福田の交差点から北環状線(上の写真)の歩道を走って川越市駅の方へ向かった方がまだましだが、無駄に距離を走ることになる。

20190501_川越ラン (11)

そんなわけで落合橋まで戻ってきた、あとは来た道を逆走して10時半前に帰宅。

20190501_川越ラン (12)

往路

20190501_川越ラン (13)

復路

合わせて20kmくらいか。結構なペースで滑ったのでよく走った感もあり満足。
スポンサーサイト



4月21日(日曜日)/自宅から熊谷まで行って帰って85km(その2)

Category: CR,LR  
(・・・その1からの続き)

20190421 (15)

帰路。久下橋の先に未舗装区間が現れるので、堤防を下りて迂回路を走る。

20190421 (16)

この神社を過ぎてから坂を上り、堤上の管理道路へ復帰する。荒川大橋のファミマを出てからこのあたりまで、一時停止したRuntasticを再開し忘れていたので4kmぐらいログが取れていない。しくじった!><

20190421 (17)

玉作水門。

このあと、吉見町の総合運動公園管理事務所でも30分休憩。足首が痛くて一旦ブーツを脱ぐ。

20190421 (18)
20190421 (19)

川幅日本一ポイント。の後、さくら堤公園、ホンダエアポートの脇を通り、朝も通った上大屋敷の交差点まで来た。

20190421 (21)

実はここで、来た道を戻って(出丸橋を渡って入間川に戻り)家に帰ろうかと思っていたのだが、無謀にも(?)再び横堤を樋詰橋へと向かってしまった。

前回の85kmランではスタートからゴールまで10時間かかったから、今回も17時くらいまでに家に帰れればいいかな、と思っていた。この時点でまだ13時少し前で、予想していたよりも早い時間に戻ってこられたのでね。

20190421 (22)

そして、着いたのが榎本牧場ですよ^^;
20190421 (23)
20190421 (24)
20190421 (25)
20190421 (26)
20190421 (27)

もちろん、フォルトゥーナのジェラートです!生チョコとイチゴのダブルで!

20190421 (28)

岐阜の豚コレラの影響がこんなところにも!

20190421 (29)
20190421 (30)

榎本牧場でも40分は休んで、あと残り、帰宅するまでの気力は取り戻せたかな。

牧場を出て、開平橋―入間大橋を渡って帰ろうと、一旦大宮方面へ向かう。

20190421 (31)

しばらく行くと牛が放牧されているのを久しぶりに見た。

20190421 (32)

入間大橋。入間川サイクリングロードの起点/着点。ここから自宅までは12kmぐらい。路面は良く上り下りもないのでのんびり滑っても一時間はかからないだろう。

20190421 (33)

というわけで15時半に帰宅。Runtasticが止まっていた約4km、20分を足すと距離は前回と同じ85kmぐらいで、所要時間と走行時間はどちらも前回より一時間少ないという結果に。

しかし、ダメージは大きく、その後水曜日くらいまで各所に痛みが残った^^;

4月21日(日曜日)/自宅から熊谷まで行って帰って85km(その1)

Category: CR,LR  
久しぶりに長距離を走ろうと思った。

2017年の8月に熊谷まで行って帰って85kmを走ったが、その時は上江橋発で荒川右岸を下り、熊谷大橋で折り返して左岸を上り樋詰橋まで。そこから横堤で出丸まで向かい、入間川の橋を渡って右岸のサイクリングロードを走り、自宅まで帰った。
今回は自宅からスタートして前回の帰路を逆走で樋詰橋を渡って荒川左岸を下り、荒川大橋で折り返して右岸を上ってこようかと。

あわよくば自己最長距離/日の記録を伸ばせるかとも考えていたのだが、久しぶりなのでそんなに長い距離を行けるのかどうかという不安もあった^^;

20190421 (1)

6時半過ぎに自宅を出てまずは小畔川まで約5km。ここからはずっと川沿いに行かれる。

20190421 (2)

土手のあちこちに菜の花が咲き乱れる。

落合橋から入間川サイクリングロードに入り、出丸橋で入間川を渡って、上大屋敷で荒川サイクリングロード(右岸)へ出るが、そのまま横堤を走って樋詰橋まで行く。

20190421 (3)

ここまでで自宅を出てから約12kmを45分。樋詰橋で荒川を渡り、左岸の「県央ふれあいんぐロード」を行く。

20190421 (4)
20190421 (5)
20190421 (6)
20190421 (7)

県央ふれあいんぐロードは道幅がとても細く路面もそれほど良くはないのだが風景にも変化があり、走っていてとても楽しい道だ。

20190421 (8)

太郎右衛門橋からしばらく悪路が続くので、御成橋を過ぎて堤防上の管理道路へ出ると、ホッとする。

20190421 (9)

糠田橋を越える。ここから久下橋までは風さえなければかなりスピードが出せる区間なのだが、この日は運悪く向かい風でなかなか前に進めなかった。出発から二時間を過ぎたしそろそろ休もう、と「コスモアリーナふきあげ」のベンチで最初の休憩を取った。ここまでで約30km。

20190421 (10)

その後、大芦橋では平面交差ができないようゲートで封鎖されていた。事故でもあったのかな。

20190421 (11)

荒川パノラマ公園は、今回素通り。ここまで来ると「熊谷まであと少し」と気力が少し上向く^^;

20190421 (12)

そして久下橋を越え・・・

20190421 (13)
20190421 (14)

荒川大橋に着いた。出発から39kmを三時間。まあまあのペースだと思うが、疲れた。

疲れたので、荒川大橋を渡った先にあるファミマのイートインコーナーで30分近く休んでから再スタート^^;

その2へ続く・・・)

Tokyo Night Cruising 19/東京夜街滑動(第19回)

Category: CR,LR  
8月24日(金曜日)の夜はTokyo Night Cruisingに参加。

20180824_六文そば

まずはいつものように腹ごしらえ。神田須田町の六文そばへ。

20180824_神田須田町

地域のお祭りやってた。

ここ数日は夜になっても気温が下がらず、運動するには少し危険を感じる暑さ。そんなわけで当初予定していたコースよりもひと回り小さめに回ろうということに。

いつものように神保町のさくらカフェをスタートし、大手町からは永代通りで門前仲町。富岡八幡宮からは月島に向かい佃大橋を渡って新富町~銀座~有楽町~東京って感じに滑って神保町に戻った。

20180824_Sakura Cafe (1)

20180824_Sakura Cafe (2)

さくらカフェ神保町では皇居一周ランニングコースに近いこともあって「ラン・ステーションとしてご利用ください」と¥500で荷物預かりとシャワールーム(タオル貸出し)、さらに+¥500(計¥1,000)でビール一杯付き、というサービスを行っている。たぶんこれまで十数回のTokyo Night Cruisingのうちで一番汗をかいたこの日、初めて滑走後にシャワーを借りた。

こうした、sk8erでも使えるラン・ステーションが他にもあるといいのだけれど・・・。

--
※後日動画も追加します。

8月21日(火曜日)/仕事帰りのナイトラン(新宿からS-FOURまで)

Category: CR,LR  
この一か月半のスケート量があまりにも少なかったせいか、この週前半は筋肉痛や足腰痛に悩まされた。スケートをして筋肉痛になったのもずいぶん久しぶりの事だったが、腿や脛なども目に見えて筋肉が落ちている。

この歳になったら運動は継続して行わないと体力や筋力も維持ができない、と、少し危機を感じた。もちろん休息は大事だが、あまり長いこと休んでは駄目だな。

そんなわけで空いた時間を見つけては滑って、少しでも体力を取り戻そうと、この日の仕事帰りは新宿から神田小川町のS-FOURまで滑って行くことにした。

台風の接近に伴い暖かく湿った空気が入り込んでおり、とても蒸し暑かったのでもう陽は落ちていたがこれは油断をしたら熱中症になりかねないな、と思った。

ルートは新宿南口から新宿通りを東へ進み四ツ谷駅を過ぎてから麹町六丁目交差点を左折。あとは千鳥ヶ淵まで一気にダウンヒル。千鳥ヶ淵から靖国通りに出てからは、これも坂を下って九段下、そして神田小川町、という、いつものコース。

20180821_City Run

これは見る人が見ればわかるビル^^;

当初の計画ではS-FOURを出た後も滑って池袋まで帰る心算(つもり)だったが、このあまりの蒸し暑さのために滑る気が起きず、大人しく丸ノ内線に乗って帰った。

« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS