trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

しばらくお休みします・・・だったらよいのだけれど・・・

Category: ルーメソ  
9月中旬、「東華園閉店か?!」の報を多摩・小平地域の掲示板で見かけた卜(ぼく)は驚愕した。その一週間ぐらい前に店を訪れたばかりである。その時には普段と変わった様子は何も無かった。

店に電話をかければすぐに真相は判明するのだろうが、もし閉店が事実だったとするとそれは死刑宣告にも等しく、電話を掛ける勇気も出ない(><

それでも気になるので、意を決して10月15日の土曜日、午前中の仕事を終え光が丘へ向かう途中に、現地の様子を見てくることにした。現在の勤務地である立川から中央線で国分寺へ。北口からバスに乗り東華園のすぐ前にあるバス停までは20分弱。

20161015_東華園 (1)

で、バスを降りてみるとたしかにお店のシャッターは閉まっている。が、何やらシャッターに張り紙があるのが見えた。

20161015_東華園 (2)

近寄って見ると・・・

20161015_東華園 (3)

脇にある扉の所にも・・・

むう・・・、『しばらくお休み』とな?ということは、再開の意思はあるということなのだろうか?『閉店』と書いていなかったことに一縷の望みをかけるしかない。

店に直接電話してみればもっと詳しいことはわかるのかもしれない。しかし、最悪の場合を想像すると怖くて電話を掛ける勇気が出ない(><

おじちゃんかおばちゃん(特に、おじちゃん)の体調が良くないのかな?っていうのが一番の心配 (´・ω・`)

・・・どうかお元気でいてほしい。そして、お店の再開を祈る (>人<)
スポンサーサイト

べんてん@成増

Category: ルーメソ  
高田馬場で有名な行列店だった「べんてん」が二年前に閉店。それが成増に復活したという。意識して行列店を避けている卜(ぼく)だが、10月10日の祝日、この日は都内で朝の用事が済んだあと光が丘公園に向かうまで時間が空いたので珍しく並んでみることにした。

20161010_べんてん

10時少し前(開店一時間前)に並んで17番目。開店時刻には卜の後ろに、さらに20人くらいの人が並んでいた。卜が入店=着席できたのは11時半だった。店内の席数は11で30~40分くらいで1ロットが回るというのが現在のところ待ち時間の目安。

20161010_べんてん塩並盛

食べたのは塩ラーメンの(並)。

麺量は「高田馬場時代よりもやや少なめで約220g(並)」との情報は事前に得ていた。10年くらい前に高田馬場で食べた時は余裕だったが最近めっきり量が食えなくなった現在の卜には220gでも少し多いかな?と思ったが、やはり多くてキツかった。(ちなみに少な目の注文にも応じてくれる、とのこと)

さて、食べてみた感想は、以前高田馬場で食べた時の感想と同じで、「普通」である。普通に美味しい。けど、普通だからこそあれほどまでに行列ができるのは不思議としか言いようがない。『べんてんでしか食べられない味』とか『唯一無二』ってわけでもないように思うし。

それと、普通な割に値段は高い。どれだけ良い材料をふんだんに使おうが技術の粋を駆使しようが結果として普通の味ならば値段も普通でないと損をした気分になる。丼を並べてラーメン自体の味比べをしたら相対的にはべんてんに軍配が上がるのだとしても値段とか待ち時間とかトータルに考えて帳消しになるくらいの味の差だとすれば卜は並ばずに安く食べられる店の方を選ぶ。

高田馬場時代にも結局一度行ったきりになったが、べんてんの行列に卜が並ぶことは、たぶんもう無いだろう。

9月17日(土曜日)/地元で体育祭とか「麺屋 源丸」初訪とか

Category: ルーメソ  
この日はLinomの通っている中学校の体育祭だったので、それを観に行く。学校まで1.5kmほどの行き帰りはsk8で。

昼は「麺屋 源丸」で。この店がある場所は、以前キャバクラか何かだったような気がする。と思って調べてみると、「若菜野」という和食系のお店で、同じ敷地内の隣にガールズバーがあったんだ。これも今は無くなっている?若菜野の前も飲み屋さんだったような気がするんだがよく覚えていない。

20160917_麺屋源丸

しかし駅からも遠いし車でなければ来られないような場所なのでここで飲み屋さんは厳しいだろう。そして、二年くらい前にルーメソ店に変わったのにも気づいてはいたのだが、これまでずーっと訪れる機会がなかった。灯台下暗し。大正デモクラシ。(意味不明)

20160917_麺屋源丸 (1)

20160917_麺屋源丸 (2)

20160917_麺屋源丸 (3)

店のおすすめメニューは「源丸冷やし」という、茨城のご当地ラーメンである「スタミナラーメン」を模したもの。模したというのは失礼か。しかし卜(ぼく)は茨城のスタミナラーメン(スタミナ冷やし?)のことをよく知らない。「源丸冷やし」がまんまソレなのかアレンジが加えられているのかもよくわからない。スミマセン。

後で調べたのだが店の主人は水戸にある「松喜吉」という本場(?)のスタミナラーメン店と何らかの関係があるようだし、麺も「松喜吉」で使っているのと同じ製麺所(水戸の川崎製麺所?)で作っている麺を使っているとのこと。

卜が入店した時は先客が二人。店は主人のワンオペのようだった。注文したのは「源丸冷やし」ではなく、「源丸ラーメン」。

卜は三度の飯よりもルーメソが好き。好きをはるかに通り越してルーメソキ●ガイといってもいいくらいなのだが、中華のつけ麺とか冷やしとか汁無しナントカとか油そばとかまぜそばとか、を食べることはほとんど無い。ほとんどというか、まず無い。皆無に近い。

焼きそばは食べる。普通の焼きそばもカタ焼きそばも。ソース味も中華風の味付けのものも、餡がかかっているようなものも。けど、汁の無いルーメソ系はダメ。これはなんでかね?自分でもよくわからないんだけどあまり食べたくない。食べると、とても損をした気分になる。

それはさておき「源丸ラーメン」の感想だが、乗っている野菜とレバーを炒めた餡の味付けがあまりにも甘すぎて後半ツラかった。酢をかけようかどうしようか迷ったが最後までかけることなく一応完食はした。これ、本場茨城のスタミナラーメンがこういう味付けだからこうしているの?かどうか?前述のように本家を見たことが無い卜にはわからないが、ここまで甘くする理由がよくわからない。これを普通の中華料理の炒め物のような味付けにしたら今の何倍も美味しくなるような気がするのでちょっと残念。いや、具材への火の通り具合とかレバーの下ごしらえや味付けは良かっただけにかなり残念に思った。

20160917_麺屋源丸 (4)

そんなわけで卜的に「源丸ラーメン」の再食は無いが、麺やベースとなっているスープは美味しかったので餡のかかっていないただの「醤油ラーメン」が意外にイケるんじゃないだろうか?と少し気になった。次回はそれを食べてみようと思う。

昼食後はまた学校に戻り体育祭の午後の部を観覧。

20160917_体育祭

終わってから光が丘へ行こうと思っていたが時間も16時近くなっていたのと直射日光を浴び過ぎたせいか(この日の天気は晴れ間が多く気温も高かった)疲労感が激しく、光が丘まで行く気力も湧かなかったので大人しく帰宅した^^;

5月3日(火)/まだまだ夕方になると寒いですよ光が丘

Category: ルーメソ  
あ、申し遅れましたが卜(ぼく)は今年のGWは10連休でした^^;

この日は蒲田へ行こうと思ったのだが品川で京浜東北線が運転見合わせになり足止め。京急に迂回とか、ブーツは持っていたのでいっそ10kmの距離をCityRunで行くか?とも考えたのだがあきらめて引き返すことに。

このまま光が丘へ行くのも癪だな、と思ったので池袋駅で降りて、最近ラー板の豊島スレでちょっとした話題になっている北池袋の「俊敏」というルーメソ屋へ行ってみることにした。

北池までは歩いても行かれないことはなかったが靴を履き替えてCRで。

20160503_北池袋

コンビニの店頭でお野菜や果物を売っているようなのが北池っぽくて(?)良い。

20160503_俊敏 (1)

目的の店はすぐに見つかった。

卜と入れ替わりに食べ終えたお客さんが出て行き、客は卜一人だけ。カウンター内側には中国人らしき店員さんが一人。接客は丁寧で好感が持てる。

20160503_俊敏 (2)
「俊敏味噌ラーメン¥600」

麺は中太、具は500円玉大のチャーシューと半熟の柔らかいゆで卵(もしかしたら味付なのかもしれんがほとんど味は付いてなかった)、海苔、もやし、白髪ネギ。

味はごく普通。白味噌ベースの甘味を感じつつ、コクもある。エバラの味噌玉を使った、昔ながらの中華料理屋さんの味噌ラーメンぽくもある。これで¥600ならコスパは悪くないかな?と思うが、例えば池袋から歩いて(または東武東上線に乗って一駅先の北池袋下車で)まで来たいか?っていうと微妙。卜は東上線民だし辛い味噌ラーメンというメニューも気になったのでもう一回ぐらいは来るかもしれない^^;

そんなこんなで光が丘に13時半頃着。アベ家とハマヲさんが先着で、風が強いのでパイロン二枚重ねの1レーンのみ。その後15時近くまで、『みんなどうしたんだろう?』というくらい誰も来ない。やがて相馬さん、アッジー、じょうすけさん、ナリフミくん&パパ、トモくん、夕方遅くにナガ☆ヤマさんとクボタくんが来たけど、いつもよりメンバー少な目だったなぁ。

卜はこの日は珍しく真面目にスラロームしたような気がする。初めはTシャツ一枚でも汗ばむほどの陽気だったが次第に寒くなり、家から半袖Tシャツ一枚で何も羽織るものを着てこなかった相馬さんはブルブル^^;

18時過ぎに撤収、相馬さんじょうすけさんと練馬へ移動したらどこのお店も意外に混んでて入れず。新規開拓で飛び込んだ「筑前屋」がわりと当たりな店で結果オーライ。相馬ママも後から合流、で、21時半解散。

4月24日(金)/仕事帰りにルーメソを食べに行くCR

Category: ルーメソ  
この週の水曜日(4月22日)も朝夕の通勤時にCity RunをしようとROLLERBLADE RB-10を履いて家を出た。朝は良かったのだが夕方職場を出ようとしたところ雨が降っているではないか!聞いてないよー!

で、その日は職場に置き靴をして帰らざるを得ず。

翌日(4月23日)は光が丘へ行くつもりでSEBAを履いて行き、闇練ののち帰りもSEBA。だったので、金曜日は職場に置きっぱなしのRB-10をただ持って帰るのもアレだし折角だからどこかに寄り道をして帰ろう、ということで、以前から一度行ってみたかった杉並の堀之内にある「蘭鋳」というルーメソ店へ向かうことにした。

Google Mapsで検索してみると四谷三丁目付近から現地まで約7km。《40分くらいで行けるかな?》と思ったが甘かった^^;

新宿通りから一本裏の道へ入り(靖国通りと新宿通りの間あたりを)新宿駅に向かった。新宿二丁目あたりになると、もうどこもかしこも人・人・人!で、スケートを履いていては身動きが取れない始末。いっそ脱ごうかと思ったがなんとか大ガードまで行く。大ガードをくぐってからは青梅街道方面には行かずに警察署の裏から中央公園の北側あたりを通って、熊野神社交差点の手前から細い裏路地を通って弥生町一丁目に抜ける。あとは花見橋、弥生町二丁目、メトロの中野富士見町駅、和田一丁目二丁目、普門館の前を通り環七へ出る。環七を100mほど北に進むと現地。結局一時間かかってしまった。

蘭鋳 (1)

蘭鋳 (2)

で、蘭鋳だが再訪もアリかなーと思ったけど、東高円寺駅から15分、方南町駅から10分という立地がなぁ。もう少し行き易い場所にあれば結構な頻度で通っていたかもしれない。けど、今より行き易い場所にあったら行列ができるかもなぁ。それはそれで行きにくくなるし・・・。

さて、食後は何処へ戻ろうか?新宿へは戻りたくないな、ということで新大久保駅を目指すことに。それこそ東高円寺とか方南町まで行って丸ノ内線に乗れば楽なのだが、折角滑ったことのない通りを滑れるのにそれは勿体ない。というシティ・ランナーの性(さが^^;)

環七を北上して高円寺陸橋で青梅街道へ。淀橋~百人町~新大久保というルート。環七も青梅街道も歩道の幅がそれほど広くないうえに路面の舗装が荒く、かなり足を削がれた。距離も約5kmを45分もかかってしまった。都内のCRは時間が読めないなー。歩く速さ+αと考えていた方が良いのかもしれない。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS