FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

SoftBankとかdocomoの夏モデルが発表されました

Category: ケータイ  

……が、NOKIAもいなくなっちゃったし、かなりケータイに対する興味も薄れた今日この頃。
両者の発表した製品ラインアップを見れば見るほど、「卜(ぼく)の興味を引くようなガラケー端末は当分出ないんじゃないだろうか?」と失望を抱かざるをえません。



ネタも出尽くしている感があるので無理はありませんが、今回は各社とも(auは発表まだだけど割愛)春モデルのマイナーチェンジの域を出ていないようなラインアップでしたね。
売れ行きは鈍り、開発にもお金をかけられない状況で、年に三回も新しい製品を発表しなければならないというのもメーカーにとっては酷な話です。



ユーザーの立場からすれば「話せりゃいい」(古いけど)ぐらいに思っている人にはあまり関係がないのかもしれないけど、最近のケータイは開発が間に合わずに未完成なまま売りに出し、それを一年ぐらいかけて完成品に仕上ていくような感じも受けます。
発売したばかりの端末なのにファームウェアのアップデートがかかる事例もあたりまえのようになってきたし。
昔に比べて、「どうしてもその端末が欲しい、その端末でなければならない」という目的や理由がなければスルーしたほうがいいような機種が増えてきたように思います。



(こう書くといろいろ語弊はありますが)好きでβ版や評価版を使ってみたいという人はともかく、完成版が欲しい人はそのあたりを良く見極めて端末を購入しないと後悔することがあるかもしれません。
そんな見極めは難しいと思うかもしれませんが、ここ二年ぐらいはそんな傾向が続いているので、新しいモデルが発表された時に「これはプロトタイプ、これは過渡期、これは熟成されたので買いごろ」というような見分けはだいたいつきます。



反対に、よく内容を見ない限りは昔に比べて世代間の違いがわかりにくくなったことで、自分の持っている端末が他人から古く見られなくなったのを喜ぶ向きもあったりして?
細かい改良や性能向上を必要と感じない人の方が実際には多いような気もするし、最近のケータイは(値段が)高くなったイメージがあるから、型落ちで値崩れするのを待つという人たちにとっては、最近の傾向も悪くはない・・・のかな?



最近の卜(ぼく)の興味といえば、次世代に移行したら何かいいことあるかな?とか、新しいiPhoneはどんなかな?ということぐらいでしょうか・
LTEが始まる頃にはNOKIAも戻ってくるんじゃないかという希望的観測を述べている人もいますが、卜も再参入を強く願ってます。


スポンサーサイト




« »

05 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS