trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

青い歯

Category: 購入  

卜(ぼく)が使っているノートPCにはUSBポートが4つ備わっているのですが、これまで右側の二つを写真のようにマウスと青歯のドングル(USBポートに接続できるBluetooth送受信機)が占領していました。



usb_port



NOKIAの携帯電話はBluetoothを使って母艦(PC)とアドレス帳やスケジュールの同期、各種ファイルの移動やアプリケーションインストールなどさまざまなマネジメントが可能なのでこれを使わないのは損です。あらかじめ設定を済ませておけば帰宅してPCを立ち上げるだけで、その日携帯電話に新しく登録されたデータが自動的にPC側に移動(または同期)されます。microSDカードを抜き差しする必要も、USBケーブルを取り出して繋ぐ必要もありません。携帯電話とPCを対向させる必要もありません。家の中のどこにいても繋がります。転送速度はそれほど速くはないけれど、ただ放っておけばいいので気になりません。
いつも繋がっているけれど、繋がっていることを意識しないで使えるのが、青歯のいいところです。



最初に(約二年半前、705NKの購入とほぼ同時に)買ったドングルが上の写真のものでした。USBメモリのような大きさと形ですが、当時はこれで¥2,500ぐらいしたのかな。



最近では常時挿しておいても気にならないミニサイズのドングルがClass1規格でも¥1,500も出せば買えますし、種類もいろいろ選べるようになりました。



そこで買ったのが、これ。



LBT-UAN01C1



ロジテックのLBT-UAN01C1という製品です。よくもこれだけ小さくなったものだな、と。二階の部屋に置き忘れた携帯電話から一階にあるPCでデータを抜いたりできるよう、Class1(到達距離100m)のものを選びました。



ついでといってはナンですが、さらにUSBポート周りをスッキリさせようと、青歯マウスも買ってしまいました。独自プロファイルを使った無線マウスだと専用の無線アダプタを挿さなければならず、結局USBポートがひとつ塞がってしまいます。それでは意味がないし。



選んだのはMicrosoft Bluetooth Notebook Mouse 5000という製品です。Bluetoothアダプタが付属している必要はなかったし、IntelliPointなどのマウスウェアをインストールしなくても動くと書いてあったのが選択のポイントでした。



さて、ドングルには東芝製のスタックが付属されていましたが、できることなら余計なスタックはインストールせずにWindows標準のスタックでいきたいな、と思っていました。携帯電話との連携はNOKIA PC Suiteがあるので、Windows標準のプロファイルで十分なのです。以前使っていたドングルも、最初の頃は添付されていたBluesoleilスタックを使っていましたが、後にWindows標準で問題なく使えるとわかり、アンインストールしてしまいました。



まず、USBポートに挿してみるとPCはあっけなくデバイスを認識してくれました。ドライバはローカルにあるOS標準のものを探してインストールでおk。次に、マウスの説明書(接続手順)に従ってマウスの接続ボタンを押し、PCのコントロールパネル→bluetoothデバイス→デバイスの追加でマウスを検索し、ペアリングは「なし」で登録。これでおしまい。モノによっては(ドングル、スタック、マウスの相性により)PCの起動前にマウスの電源を入れておかないと、都度接続設定をしなければならないケースもあったりするようですが、マウス側の電源はPCが立ち上がっていようがいまいが入り切りすれば何の問題もなく即座に使えるようになることも確認。これでUSBポート周辺はスッキリ。



bluetooth_mouse



マウスの操作感は、ポインタの踊りやブッ飛びもなくまぁ良好。木目のテーブルや派手な模様のクロスを敷いたテーブル、畳の上、膝の上でもカーソルはちゃんと動きました。左右ボタンのクリック感も悪くないです。ただ、ホイールがキチキチうるさいし、そのうちバカになりそうな気がする感触ですねぇ。持ち運びに便利なソフトケースも付属していました。持ち運ぶかどうかは別として(^^;



mouse_case



ところで日本は海外に比べて青歯の普及が進んでいないのは残念です。ケータイでも青歯ラジオ付いた機種は少なくないのに、使ってる人はそんなものが自分の使ってるケータイに載っていることも知らない、というのはねぇ。いろいろ便利な使い方ができる、とても可能性を秘めたデバイスだと思うんですけど。


スポンサーサイト

Fall in love with refrigerator ...

Category: まち歩き  

最近地元駅のエスカレーター下に注意を促す表示が。



この前も痛ましい事故が起きたばかりだし気を付けないとね。



escalator


さんふらわあ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

子どもが四月の下旬に種を蒔いて「はなちゃん」という名前を付け、育てていたミニひまわりの花が、先週咲きました。



sunflower_2





sunflower_1



今日の関東は真夏日の予報。
暑くなりそうです・・・


父の日のプレゼントは

Category: 酒,飲み歩き  

酒でした。



Japanese sake


A milk tooth fell out

Category: 出産・育児  

子どもが、数日前から「歯がグラグラする」と訴えており、見ると乳歯の根元に新しい歯が見えていました。
今日歯医者に行ったところ「抜いちゃいましょう」ということになり、下の前歯2本を抜いてきました。
抜いた歯は、なんか写真のような容器に入れてくれた。
しばらくは歯っ欠け小僧です。



milk_tooth_1



milk_tooth_2


どうする・・・?アイフル~♪

Category: 日記・エッセイ・コラム  

過去の日記ではこんなことを書いていました。
それは、iPhoneがSoftBankから発売されることが決定した頃。要は「買わない言い訳」なんだけど。
今回はそれに対してのself突っ込み。



今回はすぐには買わないと思うけどね。
OSXになってからそんなことはなくなってきたとは思うんだけど、クラシックOSの時代からのマカーは不具合報告の人柱待ちな癖が。
少なくとも今夏のtouchがどんなんか見て、来年32Gモデルが出るような気もするししばらくは様子見かな。
X02NK持ってるし機能面だけで言うならX02NKで出来ることとiPhoneで出来ることはほとんど変わらないから当面不便はないしね。



もう様子はじゅうぶん見られたろ?



しかし、本体価格やプランの料金設定は妥当だと思うんだけど、専用simと専用メアド、パケフル強制がなー。 



専用SIMはともかく既得のsoftbank.ne.jpが使えるようになったことでかなり敷居が下がったんじゃない?
コレ書いた時に比べればパケ料金上限も値下げになった(※海老キャン適用)わけだし。



まぁ、XシリーズとかiPhoneみたいな端末をみんなが当たりまえのように買う(それも、わからずに買うんじゃなくて、ちゃんとわかったうえで買う)世の中になれば携帯電話もPCとかPDAとかの家電に近いものだという認識も生まれてくるんじゃないかとは思うんだけどね。
その結果、携帯電話端末内のデータをキャリアショップに保障しろとか言ってくるような非常識な客も減る‥‥‥ような気がしないなw



こういう端末は結局のところ爆発的に売れるなんてことはないんだろうけど、キャリアのコンテンツパートナーが焦るぐらいには売れてほしいとは思う。
PCではタダで出来ることの多くを月額料金払ってしていることの馬鹿らしさに気付く人は増えてほしいな。



これは前回のエントリーにも書いたとおりだいぶいい感じで推移している、というか想像を超える売れ行きでビックリ。
誰かがどこかで



「日本でのiPhoneはAppleの予想をはるかに下回る売れ行き」という評価はiPodの成功を見れば間違いであることがわかる



と書いていたのを読んだけど、その通りだと思う。



・・・で、卜(ぼく)はどうすんの?
というのが結論。
(結論出てる?)


もう、みんなiPhoneを買ったらいいと思うよ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

巷はiPhone OSのアップデートの話題で持ち切りですね。(でもない?)



卜(ぼく)は過去の記事



「ソフトウェアの更新や強化は、ある意味端末のハードウェア自体の古さを忘れさせてくれる効果がある。もちろん、ソフトはハードに依存するから、最新のハードウェアスペックではなければ動かないアプリが増えてくるまでの間は、という条件付きになるが」





と書いたけど、iPhoneを使いこなしている人たちにとってはOS自体のアップデートもそうなんだけどサードパーティから提供されるアプリは端末の機能の一部という感覚があるのではないかと思う。



せっかくNOKIA端末を持っているのにファームウェアのアップデートができないのは残念な卜(ぼく)だが、それでも自分の中で三ツ星を与えられるようなアプリでも落とせれば機種変でもしたかのような新鮮な感動を味わえるのがスマートフォンの良さ。



国産のケータイはどちらかというとハードウェアの方をコンテンツに合わせていく。極端な言い方かもしれないけど、新しい何かをしたかったら買い替える。目を引くコンテンツがあればいいんだろうけどそんなのも飽和状態でケータイが売れなくなってきた。そんな事も予測できないメーカーが撤退を余儀なくされたとしても、それは仕方のないことだ。



もしiPhoneのような端末がなかったとしたら、八方塞がりに見えるんだけど。



SoftBankがOS3.0に実装されたインターネットテザリングに対応してくれないという不満の声も多く聞かれるが、
これも
過去に



「端末販売と通信インフラのキャリアによる提供が一体化している日本では、端末の不具合がネットワークに及ぼす悪影響(あるいは端末自体の不具合に関するクレーム)の可能性を排除したい、というキャリアの思惑もからんでいるということはあるのだろう。ただ、それが日本におけるスマートフォン市場の拡大を阻んでいるのだとすれば、新規開拓より買換え需要にシフトしつつある現状を考えても、キャリアが対策を講じさえすれば新たな市場を拡大できる可能性もあるといえるのではないかと思う」




と書いた頃から比べれば夢のような状況と言ったら大袈裟か。



いや、でも、今回のiPhone 3.0や3GS祭りを見ていると、いい感じになりつつあるようで。



もうみんなMacを買えばいいと思う

いや、間違えた。



いや、それも間違いではないんだけど。



もう、みんなiPhone買ったらいいと思うよ。躊躇するような値段でもないし。
iPhoneのような端末が売れれば売れるほど日本のケータイの未来も拡がるような気がするから。


毎年恒例

Category: 日記・エッセイ・コラム  

保育園の親子遠足で、高坂にある「こども動物自然公園」に行ってきた。
ここ3,4年は毎年天気に恵まれてきたけど今回は微妙なところだった。
雨天の場合でも中止ではなく決行予定だったので、天気予報を聞いてちょっと鬱。今朝起きたらまだ降っていたので気が重かった。
「あまりに雨がひどい時は門前で集合後即解散」と聞いていたので、むしろすぐに解散の方がいいかな、とも。
けれど、9:30に園に着いた時にはだいぶ小降りになっていて、10:30頃にはほぼ雨も止み、16:00に退園するまで途中何度かポツポツときたぐらいでなんとか持ちこたえてくれた。
普段からあまり混雑がない動物園ではあるが、この天気のおかげで他のお客さんがほとんどおらず、昼食時に売店近くのテーブル席が余裕で確保できたり気温が低くて過ごしやすかったりと、結果的には良かったかも。



ところでこの動物園、ウチから近いので行き帰りが楽というのもあるんだけど、お気に入り&おすすめスポット。
動物の種類は少なくてライオンとかトラとかの猛獣系はいない。象もいない。
ゴリラやチンパンジーなどの猿もいない。カバやワニやペンギンもいない。
そのわりに、比較的珍しい動物としてコアラがいる。
関東でココの他にコアラが見られるのは、多摩動物園と横浜の金沢動物園だっけか?
ただの動物園ではなく自然公園の名がついている通り、敷地はとても広い。
上り下りの坂も多いので、初めて訪れたら一日で園内くまなく回りきるのは無理かもしれない。
広い敷地を利用して、放し飼いに近い状態を観察できるようになっているのもいい。
卜(ぼく)が子供の頃は東京の多摩地域に住んでいたこともあって、行きつけの動物園は多摩動物園だったんだけど、あすこもわりと放し飼いだよね。
上野動物園なんかに行ったのはずいぶん大人になってからで、ああいう檻に入った動物を人垣を分けて見るようなスタイルの動物園には馴染みがない。



しかし、こども動物自然公園の放し飼いっぷりは豪快。
鳥類などは園内で飼っているのか野生の動物なのか見分けがつかないのではないかと思うところもある。
マーラーという、ウサギを大きくしたような動物は園内歩いてると道端にフツウにちょろちょろ出てくる。今日も牛舎の近くで何匹もウロウロしているのを見かけた。
休憩所とか売店でふと足元を見るとクジャクが歩いてたりする。
カンガルーも広い柵の中で放し飼いで、見学者の目の前や頭上をピョンピョン横切る。
檻に入れられているのは、檻に入れておかないと逃げていなくなる小動物ぐらいで、一番人気のコアラですら、運良く放し飼いエリアに出てきていれば少し手を伸ばせば触れそうなぐらいの間近で見ることができる。
敷地が広いことに加えて見学者数も多いほうではないので、ゆったりと散策を楽しむことができる。
簡単な遊び道具を持っていけば芝生の広場で遊べる。
膝下ぐらいの水を張った、プールというか水遊び場もある。
園内の売店でも飲食物の販売をしているが、弁当などを用意していって朝から閉園までのんびりと過ごすのがよいだろう。



今日はカンガルーに接近遭遇することができた。(画像クリックで拡大)



カンガルー(その1)



カンガルー(その2)



カンガルー(その3)



運が悪いと遠目で見ているだけの時もあるんだけど、こうして人が歩くエリアに出てくることもけっこうある。


リュウド+松茸vsポメラ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

先日「ポメラ欲しい」と書いたが、webをいろいろ漁っているうちにこんな記事を目にした。



「ポメラいいけど高いし通信機能がないじゃん」という人向けのもっと安い方法



そういえば卜(ぼく)NOKIA使いだし。



ん~・・・でもこれだと2秒で起動というわけにはいかないんだよなあ。



ポメラ開発に携わった立石氏が小型化とか廉価版とか、次も出ることを匂わせる発言しているのが気になるし。
これだけ売れてりゃ一発で終わることはないと思うしね。



とにかく、値段が高すぎる。実勢価格は一万五千円台まで落ちてはきたけど。
それと、最低限Bluetooth(赤外線は時代遅れ)ぐらいは載せてほしい。



あと、関係ないけどau持ちがpomeraと携帯のファイルのやり取りに苦労している記事も多くて笑った。
explorerで中身自在に見られたり弄れたりするSoftBankの端末があたりまえのように思っているとauやdocomoのあまりの不自由さに驚くんだよね。


これを聴かずに死んでいたら

Category: 音楽  

きっと後悔していたと思います。
卜(ぼく)が最初にSPECTRUMを聴いたのは中学生の頃、かまやつひろしがDJをしていたFM局(たぶん。もしかしたらAM局だったのかもしれないが記憶にない)で流れた「トマト・イッパツ」でした。
その音に衝撃を受けてレコード屋に走り、SPECTRUMのファーストアルバムを即買い。



Spectrum_3 
以来今日に至るまで愛聴盤になっており、Deep Purpleの"24カラット"やYesの"Close to the Edge"と並び、「死ぬ時は棺桶に入れて欲しい一枚」のひとつです。
とは言っても、毎年九月に武道館に行ったりはしていません(^^;
吹奏楽部員さんたちがもてはやすようになったあたりは「なんだかなぁ」って感じで冷めた眼で見ていました。卜も吹奏楽部員ではあったのですが。
いま聴いているのも三枚目までで、たまに四枚目の"Night Night Knight"と"Slapdash"を聴くぐらいです。





思えば、チョッパー(スラップ)奏法もルイス・ジョンソンやラリー・グラハムを聴くよりより先に渡辺直樹の演奏で知りました。その後、鳴瀬喜博や櫻井哲夫、渡辺健や青木智仁など素晴らしいベースプレーヤーの演奏にも出会いましたが、卜の中ではいまだに渡辺直樹がモストフェイバリットジャパニーズベーシストかもしれません。



ところで「トマト・イッパツ」はシングルカットもされたのですが、その不思議なタイトルの由来は、後に彼らが出演したラジオ番組かなにかで(たぶん。どこで聞いたのか記憶が確かではない)話していたのを聞いたことがあります。
曲名がまだ決まっていない段階では、メンバーの間でこの曲を便宜上(二番の歌詞に"シビレタ アサハ TOMATO……"と歌われることから)「トマト」と呼んでいたそうで、曲タイトルの本決めの時にも「"トマト"一発でいいんじゃない?」と。
それは「曲タイトルは"トマト"だけでいいんじゃない?」って意味だったんですが、制作側が「"イッパツ"まで含めたものと勘違いしてこうなった、と。



解散して30年近く経ついまなお再結成を望む声も少なくないようですが、卜は今再結成してもどうなのかな~?と思っています。他のメンバーはともかく新田一郎はもう吹けないんじゃないかな?



« »

06 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
光が丘カップ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS