FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

かぶとむし2

Category: かぶとむし  

飼育ケース(大)



前回おおよその頭数で十数匹を飼育ケースに入れて、まぁ3齢になるくらいまではなんとかこれでいけるかな?と思い、当初の予定では10月の中ごろ~終わりごろにマット交換を兼ねて引越しをさせようと考えていたけれど、幼虫たちの成長は思ったより早い。そのまま入れておいたら、自然淘汰で半数以下に減りそうな気もするので予定を早めてこの連休中に引越しをさせることにした。
まず、いつものホームセンターに土を買いに行った。ペットコーナーの昆虫コーナーも季節柄だいぶ規模が縮小されていてロクなマットを置いていないし、以前から園芸コーナーでちょっと良さげな腐葉土があるのを目にしていたので今回はそれを買ってみることにする。



腐葉土



引越し先は、何年か前に購入したベランダストッカー。約130リットルの容量がある。



ストッカー



これに、腐葉土(一袋16リットル)を四袋投入。
腐葉土は水分を多く含んでおり、買ってきた状態のままで特に湿り気を与えなくても充分な感じ。
昆虫飼育用マット(10kg)も一袋投入して混ぜた。「腐葉土タイプ」とか「幼虫育成マット」とか袋には書いてあるんだけど木屑が中心で、カブト・クワガタ兼用の「クヌギマット」に近いイメージ。朽木をバリバリ食む3齢幼虫ならいいかもしれないけど生まれたばかりの弱齢幼虫にはちょっとキツイかなと思い、前に買ってあったけれど使わずにとってあったものだ。



昆虫マット



あとは、近所の森で拾ってきた朽木を一日水に浸しておいたものを何本か埋めた。
そして、大小ふたつの飼育ケースのうち、まず前回の確認ですでに孵化していた幼虫十数匹を入れた大きい方から中身をぶちまけてみる。
この10日間で、1cmくらいしかなかったものが大人の小指くらいの太さ大きさになっている。頭数を数えると全部で9匹だったので、やはり何匹かは土にお還りになられたようだ。
新居の、土の上に置いてやると皆あっというまに土の中に潜っていった。



2齢幼虫



次に、卵十数個を入れておいた小さいほうのケースの中身をあらためると、こちらは2cmくらいの小さな幼虫ばかり6匹が見つかった。他の子たちと同じ新居の方へ入れようかどうしようか迷ったが、あと一か月くらいは室内(といっても玄関先だが)にいてもらうことにして、これまで使っていた飼育ケース(大)の方へ移した。



初齢幼虫



ここ2、3日新居の様子を窺っているが、土中の様子はまったくわからない。まぁ、何か気に入らない点があれば土の上に這い出してくるんだろうから、潜ったままで姿が見えないのはいいことなんだろうな、という解釈で、たまに乾燥具合とか土の減り具合とか糞が溜まっていないかを気にしながら、何もなければこのままいこうかと。
カブトムシを実際に飼育された方々の記事はネットを漁ればはたくさん見つかり、それもたしかに参考にはなるんだけれど、自分自身がやってみないとわからない事も多い。今回の引っ越しも幼虫の年齢などを考えると時期的にやや乱暴なのかもしれなかったが。



無事に年を越してくれたらいいなぁ・・・。


スポンサーサイト




« »

09 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS