FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

公園でも路上でも

Category: 日記・エッセイ・コラム  

普段卜(ぼく)が滑っているそばを、幼稚園児か小学生低学年くらいの子どもを連れた母親(または父親)が通りかかることがあります。すると、子どもが「ぼく(わたし)もあれやってみたい」「ぼく(わたし)もスケートやる」と自分の親に向かって言うのです。かりに10組の親子連れが通ったとして、そのうち7~8ぐらいの子どもには言われるんじゃないでしょうか。かなりの確率です。



それに対して「危ないから、もう少し大きくなったらね~」とか、親御さんは、まぁ適当にその場を切り抜けるわけなんですが、卜が逆の立場だったら子どもに何と言ってただろうか?



自分が子ども時代にアイススケートを体験していなかったら、今回「自分もやってみようかな?」というところまではいかなかったかもしれません。「なんとなく危なそうだから」という考えが先に立って、もしかしたら子どもにも与えていなかったかもしれません。



インラインスケートブーツの実物は自分が買いに行ったお店で生まれて初めて見ましたが、試着で靴に足を通したときに、過去に氷を滑った感覚が蘇ってきたのが、もうその場で靴を買わずにいられなかった一番の理由であることを考えると、体験しているということ自体が大事なのだと思います。



この前、いこいの森公園で会った大勢の子どもたち、神宮外苑で会った子どもたち、去年のXmasに靴を買ってもらって始めたばかりの、全国の子どもたち。そのうち何人がこの先もsk8を続けていくのかわかりません。



でも、もし止めてしまっても、いままで滑ったことのない人に比べたら、いつか何かのきっかけで(たとえば将来自分の子どもが「やりたい」と言い出した時、周りの誰かが始めたのを見た時、などに)再び靴を履くことになる可能性は高いんじゃないかな、と思います。



経験していなくてもなんとなく想像できるものもあれば、全く想像もつかない世界もあって、歳を重ねるにしたがって全く想像もできないエリアに足を踏み入れることを躊躇し、経験から想像のつく場合にも実際に体験してみることをしないことが増えていくように思います。もし自分自身が壁を作ってしまっているならそれはとてもつまらないことです。



体は老いても心までは老いずに、生涯青春の心意気でいきたいですね。


スポンサーサイト




« »

02 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS