trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ウィールとシューレースを交換してみました。

Category: インラインスケート  

どうでしょう?



ウィールとシューレースを交換



季節柄、Xmasカラーで。(え?



緑は常緑樹で「永遠の命」をあらわし



赤は・・・「キリストが流した血の色」をあらわす。



だそうです。


スポンサーサイト

Aikaインラインダンススクール@神宮外苑

Category: 講習会  

・・・というわけで、3月28日(日曜日)のS-FOUR帰りに、Aika先生のスクールに行きました。先刻買ったばかりのブーツでの初滑走!



2010.3.28@神宮外苑



最近の参加者層は、スケート始めて間もない5~10歳ぐらいの子どもたちと、付き添いで一緒に参加する父親(または母親)という傾向になってきているようです。単独参加な大人の方も、もちろんいらっしゃいます。以前は上級者が高度な技を教わりに通い詰めてくるような時期もあったそうです。



今回のスクール終了後に、参加者同士、Aikaさんを囲んでの親睦会が持たれました。その席で、今後の展望、みたいなものも聞くことができました



具体的にはこれから徐々に、という感じではありますが、漠然となんの目標もなくやるより、何か目標があったほうがmotivationは上がるので、実現に向かっていけたらいいなぁ、と思いました。





ところで、ダンスのステップというのはとても難しいです。普段はウィールを「どう滑らせるか」という方に向きがちですが、ダンスではウィールを止める技術が必要になってきます。スケートは(バイクや車もそうですが)ウィールが回っている状態がいちばん安定した状態なので、ウィールを止めた状態は身体のバランス感覚頼りになります。最終的には止める・滑らせるを自分のコントロール下に置くことを目指しています。また、左右関係なくできなければいけない、ということが多いんです。スラロームなどでは「とりあえずレギュラー側だけでもできるようになれば」と利き足と逆側を使う練習を後回しにしがちですが、ダンスの振りではターンにしてもステップにしても左右交互に動くことがほとんどなので「利き足側じゃないから」なんて言っていられないんですね。そういったことから、ダンスステップを練習することは身体能力やスケーティングスキルの向上にとても役立つものだと思いました。



卜(ぼく)も毎月継続して参加できればいいんですけど、諸行事と重なってなかなか参加できないんですよね~><


FILA NRKって、どうなの?

Category: 購入  

昨年のうちからS-FOURにはサンプルブーツが置いてあったりしたので、S-FOURとか「はらスラ」などのイベント会場で試し履きをされた方もいるのではないかと思います。



卜(ぼく)はサンプル品はサイズが合わずに履いていないのですがtakkunによれば「サンプル品より格段にインナーの厚みが増し、フィッティングが向上している。サンプル品を履いた限りでは正直“?”なところもあったが、これは面白いブーツになった」とのこと。



でも、卜はSEBA FRライクな外観から受けるイメージで、もっとタイトな感じを勝手に想像していたので、試し履きをした時にちょっと拍子抜けをしてしまいました。どことなく「フィットネスブーツっぽさ」が、かすかに漂う感じ。シェルもしっかりした作りで“ヤワ”な感じはありませんが、SEBA FR並みのタイトなフィッティングを求めている人は物足りなさを感じるのではないでしょうか。反対に履き心地を重視する人で「自分の求めているブーツがキタ---!」という人もいると思います。「こんなブーツ、いままでなかった」感はあります。



大雑把に言うと、RBのFUSIONとSEBA FRの中間を埋める感じ。このブーツを履いて「やっぱ、SEBAだよね」「結局SEBAしかないんだよね」と思うスラローマーは少なくないと思います。スラローマー視点からはSEBAの再評価が高まることもありそうです。



一般的には、フィットネス系ブーツからの転向とか、「とりあえずスラにも手を出してみようかな~」的な感じで一足目のハードブーツを買おうと思っている人には、かなりの有力候補になるでしょう。SEBAやFRほどのタイトフィッティングが「必要なの?」と思っている人も少なくない(というか、そう思っている人の方がじつは多いような気も(^^;)でしょうから。



ところで、こういうブーツを履くのが初めてな卜は、まだ脱ぎ履きに苦労しています。



卜は足首や脛部が細いです。上部まで紐を通さずにカフ部のバックルだけでもたせようとするとちょっと頼りない感じがするので上部まで紐を通したいんですが、そうするとなお脱ぎ履きが難しくなる。SEBAを履いている人がよくやっているように、甲部バックルを境に上下で紐を分ける等の工夫をした方がいいかもしれません。



気にしている人がいるのではないかと思うので一応書いておきますとカフの動きはスムーズで、足首の自由度は高いです。



takkunが言うには「一点不満があるとすれば、中敷(ソール)。これは最悪なんで薄いものに交換するが吉」らしいですが、卜にはそれがどういうことだかよくわからないのと、薄くすると足の遊びがさらに多くなるので、これはしばらく交換せずに様子見します。



FILA NRK購入の決め手となったのは、作りがしっかりしているということでした。SEBAの方が(スラ用途で考えると)実用度は高いと思うのですが、仕上げの粗雑さで、どうも購入に踏み切れません。



ただし、FILA NRKも「これがFILA初のフリースケート(スラローム)モデル」ということで、この先どんなトラブルが起きるか、どう対処するか、どうカスタムしていくか等、売る側買う側共にノウハウの蓄積が、まだありません。ので、卜みたいに新モデルの初年度に買う人たちは、人柱ってことですね。



遠隔地などで実物を手にとって見ることができない、細部が見たい、どこどこが見たい、というリクエストや、このブーツに関する質問等がありましたら、コメントを下さい。



以下、写真を何点か。画像クリックで拡大表示します。



FILA NRK (1)



外観。なかなかかっちょエエ。



FILA NRK インナー(2)



インナーは厚手でしっかりとしています。



FILA NRK インナー(1)



インナーブーツの底部にはショックアブゾーバ。



FILA NRK (2)



ベルクロで付け外し自由。



FILA NRK ショックアブゾーバ



これが問題(?)のソール。



FILA NRK インソール



シェル。



FILA NRK シェル(1)



カフバックルベース部分にはカットマークがありました。



FILA NRK シェル(2)



タグには“Wheels Hyper 80mm YELLOW”と書いてあるけど、黒いのが付いてました。(Hyper Concrete Limited +G) 。



FILA NRK タグ


今日はスゲー体験をした。

Category: 日記・エッセイ・コラム  

新しいブーツを買ったとか、そんなことがブッ飛ぶくらいの。



トモさん(山岸さん)とガッツリ5時間、話し込んだ。



クアッズ(四輪ローラースケート)歴50年のみやさんからローラースケート50年史も聞けた。



ソラちゃんは、去年の暮れに初めて会ったLinomのことを覚えていてくれて、「きょうはなんで来なかったの?りのんちゃんに会いたかったのに」と言ってくれた。



これで東上線で寝過ごさなければ、最高の一日が終わる。


FILA NRKをGet!

Category: 購入  

S-FOUR



結局、FILAにしました。詳報は後日ということで。



これから神宮外苑に向かいます。雨よ降らないで!(>_<)



卜(ぼく)が店に着いた頃に、佐川急便の運チャンがSEBAと書かれた段ボール箱を運び込んでいました。SEBAのNEWモデル一部商品も入荷したようです。


Aikaインラインダンススクール@神宮外苑

Category: 講習会  

当日5時発表の、12-18時の降水確率50%以上で中止なんですが、今日は行われるみたいです。 今回のスクール後には、参加者の皆さんで親睦会もやります。 というわけで、本日は神田→神宮外苑の予定。


AGOカップ

Category: インラインスケート  

AGOカップ



A(あなたの)G(技術を)○(丸裸)



と言われても、初めから丸腰・丸裸な卜(ぼく)。ルーチン?なんて言われても、フルチン状態ですから、これ以上晒すものがありません。



・・・というわけで来年に向けての下見のつもりで見学に行ってきました。



14時頃に現地着。予選の真っ最中でした。思っていたよりガチガチな雰囲気ではなかったです。スラローム関係のイベントを見たのは、こないだの「はらスラ」と今回のAGOだけなので、他のイベントと比較してどうだとかいうのは卜にはわかりません。関係者のご苦労も知らぬ外野の意見で申し訳ありませんが、第二回、第三回と、毎年継続して行なわれるようなものになっていけばいいなぁ、と思いました。来年はエントリーできるように卜も頑張ります(汗



先日アルケミーのブーツの件でメッセージのやりとりをしていた群馬エアリスの日向夏さんと、「いつかお会いできるといいですね」と言っていたら、こんなに早く会うことができました。光が丘のかず99さんとも一週間ぶりに再会。予選終了~本選開始までの合間にスタッフ席に立ち寄り、寸志を渡して主催者のなしおさんに挨拶をしてきました。



写真は、表彰式の模様です。Resultは・・・きっとどこかにうpされるでしょうから、そちらを見てください(w



2010.3.27_AGO_CUP



ところで、今日卜が上尾にいることを伝えていた友人、く。misatoさんと娘さんのかにゃちゃんがAGO終了後の15時半過ぎにさいたま水上IN。



二人とも、ついこないだ某ラウンド1で初スケートを経験し、先日ブーツも購入して、これからスケートを始めようというところ。かにゃちゃんに、立ち方~滑り出しまでの要点をレクチャーしました。ウチの子らのスケート初日は転んでいた時間の方が長いくらいでしたが、それに比べれば全然イケそうな感じです。今日は卜の時間が無かったので30分ほどしか一緒にいられず残念でしたが、あと2,3時間も滑れば普通に滑られるようにはなりそうな感じです。最初のホンの少しの苦労を乗り越えれば、あとはどんどん楽しくなっていきますので、頑張りましょう!(お母さんのほうもネ)


フライングにもほどがある!

Category: 購入  

仕事帰りに、神田へ。まず立ち寄ったのは『六文そば』



六文そば



「腹が減っては戦(いくさ)はできない」と言うしね。(・・・戦(・・?)



店じまいまであとわずかなこの時間だと新たに天ぷらは揚げていないので、何も残っていないこともある。今日はげそ天が残ってた。ラッキー!



そして、本日の目的はもちろん、この店!



2010.3.26_S-FOUR



待望の、FILA NRK入荷?!



・・・してませんでした。



けど、行っちゃいましたS-FOUR。



店内改装(レイアウト変更)で、明るく広々とした雰囲気になってました。今日もtakkunと、みっちり一時間ほど、ちょっとココには書けないような濃い話をしてきました。



気になっていたアルケミーALC600の試し履きもして、良い点悪い点もなんとなくわかりました。



最近ブレーキを外しはじめたLinomブーツのショートアクスルシャフトも入手しました。



LOOKA wheels 80mm green



80mmのウィールも買って、スタンバイOK。あとはNEWブーツよ、早く来い!って感じです。



明日の午後はAGO行きます。来年に備えての下見ってことで(^^;


腹が減る

Category: 日記・エッセイ・コラム  

スケートを始めてから、とても腹が減るようになりました。



30過ぎ40過ぎて、歳を取るごとに食べられる量が減って、晩ご飯といえば(白いご飯は)茶碗に軽く一杯も食べれば満足だったのです。



朝はチョコとか菓子パン一個とか、抜きに近いような状態でしたが、それでは昼までもたなくなりました。昼は弁当持ちですが、これまではご飯も少なめ。それでも帰宅して夕飯を食べるまで余裕でもっていたものが、夕方5時ぐらいには空腹で目が回るようなことになったので、うさこさんにご飯を1.5倍ぐらい増量するよう頼みました。



晩ご飯は、食べる時間が遅いので、本当はあまりガッツリ食べたくはないのですが、つい大盛もしくはおかわりをしてしまいます。



問題は、平日にあまり運動量が稼げないということです。せいぜい自宅~駅と駅~会社を歩くぐらいで、一万歩/日ぐらいの運動です。週末はスケートで滑ればそれなりの運動量で、だからこそ腹が減るようになったとも思うのですが、腹が減るからと言って毎食を勢いに任せて食べていたら危険な感じがしませんか?



ここ三ヶ月で目立った体重の変化はないんですけどね。スケート止めたら絶対に太るな、これは・・・と思っていたところに、先日受けた健康診断の結果が送られてきました。



それを見ると検査結果についてのコメントに『(肥満度-18.4%)身長と体重のバランスでは軽度のやせが見られます。特に心配はありませんが適度の食事,適度の運動を心がけて下さい』と。



「もっと食え。そして、もっと練習しなさい」ってことですかね?(^^;


バックワードでパイロンに入ると

Category: 練習  

同じ150cmでも、フォワードの時よりパイロン間隔が広く感じませんか?クロスでもスネークでも、次のパイロンがなかなか来ない感じ。



フォワードではスピード出せるようになってきたけどバックではトロトロ滑ってるっていうのもあるのかな。(いや、きっと、そうにちがいない)



「大蛇のクローズターン(後進時左足先行で反時計回りの場合)で前を向くときに、左足を追い越した右足が次のパイロンを跨ぐ(梁川さんやひで爺が動画でやっているオリジナル版)のは、ある程度のスピードが出ていないと難しい」という話を、こないだの光でかず99さんから聞きました。卜(ぼく)も実は「遠いなぁ」と思っていたんですよ。始めのうちは無理にパイロンを跨ごうとせず、右足はなるべく左のつま先近くを通すようなイメージで回るように練習を重ね、ターンの動作自体をしっかり身に付けた方がいいのかもしれません。



日高のたぐっちさんからはオープンターンについて、「右足先行Fスネークからオープンターンで前から後ろへ向きを変える時に、オリジナル版の動き(反時計回りにターン⇒グーフィーアンチバッククロス状態⇒すぐに前足側からレギュラー方向へ振り向く)が難しければ、ターンを時計回りにして常に進行方向を向く(反対側に振り向く動作を省く)とやりやすい」と教わりました。



過去日記に「時計回りのスピン(ラウンド)ストップがなかなかできない」と書いたことがありましたが、オープンターンも時計回りは苦手だったりするんですけど(汗



いずれにせよ、ターンは「テキトーにやっていたらできた」レベルではしょうがないんで、手を抜かずにやり込むしかありませんね。どちら回りでも、両面できるようになればそれだけ走りの幅が拡がりますもんね。



« »

03 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS