FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

Hypnoというブーツについて(2)

Category: レビュー  

一昨日のエントリー「Hypnoというブーツについて(1)」の続きです。



始めてのブーツを購入する時点では、「インラインスケートを履いて、どんなことをしよう」という目的が定まっていないことが多いのではないかと思います。卜(ぼく)もそうでした。買って一ヵ月半後にスラロームをやってみようと考えるなど、購入時の自分には思いもよらぬことでした。



現在の自分とスラロームを始めた頃の自分ではやや考えが異なり、以前はどちらかというと「Hypnoはスラロームに向いていないのではないか」という気持ちが強かったのですが、いまでは「Hypnoでもそこそこイケるんじゃない?」と思っています。多少なりとも技量が上がり、以前は負の要素にしか思えなかったことがほとんど気にならなくなったということもあるかもしれません。



慣れてしまえば関係ないところもありますが、アルミなどの金属素材で剛性の高いフレームよりも、操作に対する反応がダイレクトに返ってこないナイロンコンポジットのフレームの方が初心者のうちは怖さを感じずに技を習得できるというメリットがあるような気がします。卜はスラローム以前にパラレルターンとかスピン(ラウンド)ストップを練習するのに、HypnoだとうまくいくのにアルミフレームのROLLERBLADEで同じことをやろうとするとブッ飛んだりコケたりしたことがありました。



今の時代には通用しない話になってきましたが、卜らの時代にクルマ好きがドライビングテクを習得しようと思ったら、「なるべく車両重量が軽くて、エンジンのパワーよりシャーシーが勝っているクルマを選び、それを全開で振り回す(乗りこなす)ことを覚えた方がいい」と言われた感覚に似たところがあります。良く回るベアリング(ウィール)や剛性の高いシャーシーは、乗りこなせなければ宝の持ち腐れで、思いっきり滑ってもスピードが乗らない、自分のコントロール下に置けるというのが、初心者にはメリットと言える場合もあるのではないかと。



Hypnoで練習すると、しっかり漕がないと進めないところがあるので、きちんと漕ぐことも覚えられると思います。



ワンフットやトウ・ヒールなどをやろうとすると、フレームがイッてしまうのではないかと不安になることはあります。ワンフットの時に、2番ウィールがフレームと干渉して「カ、カ、カ、カ、カ・・・」と擦れる音がします。フレーム高を低く抑えるためでしょうか、写真のように溝が切ってある(穴が開いている)のですが、思いっきり体重が乗ると当たってしまうみたいです。あと、フレームが長く、つま先から出っ張っている部分も長いので、トウで立つのは難しいです。



Hypno frame



フレームの長さですが、スラロームをやるには少し長すぎるところはあります(1番のシャフトから4番のシャフトまで実測で268mmありました)。これも現在の自分とスラロームを始めた頃の自分ではやや考えが異なり、以前は「この長さではキビシイものがある」と思っていましたが、今ではさほど気になりません。これは2番3番ウィールを新しいものに交換し、3mmほど減っていたウィールを1番4番に持っていき、ロッカリング状態にしたことにもよります。ただ、いきなりロッカリング状態で始めるのではなくフラットウィールセッティングの不自由さを充分に味わったことが、その後の自分にはプラスになったと思えることもあるので、ロッカリングしないとキツいのは確かですが、とりあえずそのままの状態でしばらく乗ってみることも勧めたいです。



足首の自由度に関しても、現在の自分とスラロームを始めた頃の自分ではやや考えが異なり、以前は「こんなに足首が動かないのはキビシイものがある」と思っていましたが、今では全く気になりません。ひょっとしたら多少ブーツがタレてきたせいもあるのかな?とも思いますが、足首よりも大事なのはヒザの使い方なのではないか?と思うようになってきたということもあるかもしれません。



スラロームをやりたいという目的が定まっているならわざわざHypnoを選ぶ理由がありませんが、Hypnoでも意外にイケるよ、というのが現在の実感です。FILAのブーツを買った今でも、自宅前で練習するときは「場所が狭い/荒れ気味の路面があまり気にならない」等の理由からHypnoを履くことがあります。こんな調子で使っていると一年経たないうちに履き潰れそうなので、まだ手に入る今のうちにスペアを買っておこうかどうしようか考えていたりもします(^^;



傷や汚れ隠しに、こんな風に塗って(染めて)みるのもイイかもしれない。



余談ですがHypnoを履いてスラ場に行くと「珍しいの履いてますね」と言われる確率が高いです。


スポンサーサイト




« »

04 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS