FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ASPO閉鎖問題

Category: 日記・エッセイ・コラム  

ASPOという施設が岡山にあるということは知っていました。また、年に何回かイベントが催されていることも。しかし、自分の生活圏からは離れすぎていることや、自分がこの半年の間に知り合いになったsk8erさんたちも今のところ関東の方に限られているということもあって、それ以上詳しいことは何も知りませんでした。



今回、閉鎖が予定されているというニュースを聞き、webに上げられている新聞記事の引用や、閉鎖反対を訴える方々のblogなどをいくつか読ませていただきました。



今まで閲覧したことが無かったASPOの公式サイトも初めて見ました。



もし完全閉鎖の憂き目にあったらインラインスケート界にとって大きな損失になるだろうということは感じました。これはなんとかしなければ。自分には何ができるのだろう?ということも考えました。



まず、この問題に取り組むために必要なのは冷静な現状認識と分析だと思うのですが、そのために必要な情報が少ない。そもそもASPOの成り立ち、10年前の覚書の中身、操車場跡地の用途についてこれまで議論された経緯、ASPOを維持管理している団体のこと、この10年間の収支、周辺住民(市民)のASPOに対する意識、政治的な問題がからんでいないか、等々、今回このようなことになった背景を知らずには動けないところが多いと思うのです。



また、現状どれだけの利用者がいるとか、これまでに国内の大会、世界の舞台で活躍する人材をどれくらい輩出した、といった具体的な事実も知らないことが多いです。



そういったことがわからないと、なにができて、なにができないのか、行政側との落としどころ(閉鎖を阻止できるのか、それとも閉鎖は止むなしとして代替施設の設置を求めていくのか)をどこへ持っていくのか、いけるのか、いけないのか、という判断もつきません。



おそらく、今回の報道を耳に(目に)して「自分にできることがあれば協力する」という考えを持った方も一人や二人ではないと思います。それぞれの立場でそれぞれができることをすればいい、というのは当然ですが、共通の認識・目標を持つべきだと思うし、ただでさえ「少数派」のスケート愛好家の力を分散させることなくまとめていかれるようなやりかたで動いていかないと厳しいのではないかな?



一方で、ASPOで育った方々のナマの声は、もっともっと聞きたいです。ASPOに対する熱い思い、「子どもたちの未来や希望を奪うのか!」という憤怒・・・仮に(あくまでも仮の話で)岡山市長と対等に話ができる立場にあったとして、閉鎖の意向を表明している市長の考えをなんとしても改めさせる!というぐらいの熱情に触れたい。



理論武装とか行動の裏づけが必要とはいえ、最終的に人が人を動かすものの本体、原動力は、そういった熱情なのでしょうから。


よし、晴れた。さあ、滑るぞ!

Category: 練習  

昨日は「どうせ早起きしても滑れまい」と思っていたので、久しぶりに朝寝坊しました。



起きて外を見ると路面も乾きだしており、天気予報サイトで確認すると午後は何とか持ちそう。



木曜日の光が丘で攣った左足脹脛に違和感があったのでどうしようかな?と思ったのですが、梅雨の時期は「この晴れ間を逃したら次にいつ滑られるかわからない」というプレッシャーもあり、出かけずにはいられません。



うさこさん(妻)が午後クルマを使いたいというので、クルマを使わずに行かれる光が丘へ行くことに決めました。Leoが「久しぶりにスケートしたい」というので、連れていくことに。Linomは金曜日の午後から風邪で発熱していたので残念ながらお留守番。



20100619_Leo@鶴ヶ島駅



14時くらいに着くと、かず99さんが一人で滑っていました。卜らの後から大和君、ちるちゃん、けいちゃん、相馬さん夫妻、味方さん、トモユキくん&ママ、等々レギュラーメンバーが続々と集まってきました。みんな「今日は暑い暑い」と言いながらよく滑ること(^^;



卜は行く前から「暑いだろうしLeoもいるし、のんびりタラタラ滑って早めに上がろう」と考えていたのですが、結局18時までいましたね。のんびりタラタラ滑っていたのは本当ですが。



夕方もりちゃんに「みんな何時から滑っているんですか?」と聞かれたので「だいたいみんな二時過ぎくらいから来てますよ」と答えると「今日はじっとしてるだけでも暑いのに、信じられない人たちですよねー」他人事のように言ってましたが、来てから帰るまでみっちり滑っていたもりちゃん、あなたもじゅうぶん、そんな人たちの仲間ですよ(笑



Leoは久しぶりに滑りました。先日、6月12日に体育館に行った日も「滑りたい」と言っていたのでスケートを持って出たのですが、その日は結局サイボクハムで食べただけで帰ってしまったので。



Leoが滑るのを見ていた相馬さんに「ブレーキ外してもいいんじゃない?」と言われたので、その場でヒールブレーキも外してやりました。まぁ、どうせ付けておいても使えないし。


つばめさん

Category: 日記・エッセイ・コラム  

ためしにつかまえてみました。



てづかみで。



飛燕を教わろうかなと思ったのです。



20100619_燕



『子どもの世話をしなければならないので、それどころではない』



と言われたので、逃がしました。


iPhone4に関する情報が錯綜している(2)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

【新規/機種変更価格について】



iPhone以外のケータイと同様に、新規(またはMNP)と機種変更(買い増し)では、販売価格に違いがある、ということがあまり触れられていません。



機種変更(買い増し)の場合には従来と変わりなく、前機種の使用期間が6ヶ月未満では同じ回線で次機種を購入することができず、6ヶ月以上~一年半未満、一年半以上~二年未満、二年以上使用、と前機種の使用期間が長くなるほど購入価格(実質負担金額)は安くなります。



iPhone4(32GB)を、月月割を使用して購入する場合の機種変更(買い増し)実質負担額は前機種の使用期間により以下のようになります。



  • 6ヶ月以上~一年半未満で¥28,320(本体価格¥56,700-月月割¥1,220×24回)


  • 一年半以上~二年未満で¥16,320(本体価格¥56,700-月月割¥1,720×24回)


  • 二年以上で¥11,520(本体価格¥56,700-月月割¥1,920×24回)


ところが、web上のやり取りを見ていると、新規/機種変更価格の違いについての混乱が少なからず見られます。



Aさん:「今使っているケータイは一年前に買ったんだけど、今回iPhone4(32GB)を予約したときに『新規(MNP)と同じ、月月割¥1,920になります』と言われた」



Bさん:「今使っているケータイを一年前に買ったんだけど、今回iPhone4(32GB)を予約したときに『月月割の額は6ヶ月以上~一年半未満なので¥1,220です』と言われた」



「いったい、どっちが正しいの?!」・・・というわけです。



こうした混乱を招いている理由はいくつかあるのですが、ひとつには「iPhone4の機種変更価格は新規(MNP)と同じ」と言い切っているwebページが存在すること。正確には「前機種を二年以上使用している場合の機種変更価格は新規と同じ」と言わなければならないのですが。



もうひとつは「前機種を月月割を使用して購入した場合の特典として、次機種を購入する際には前機種の使用期間にかかわらず二年以上使用しているのと同じ価格が適用される」、また、「月月割を使わずに買える端末もあるし、月月割を使わずに端末を買っている人もいる」ということを知らない人が意外に多いということ。



上のAさんBさんの話で言えば、Aさんは現在使用の端末(前機種)を月月割を使って購入しており、Bさんは現在使用の端末(前機種)を月月割を使わずに購入していたとすれば、どちらが言っていることも正しいし、何の不思議もない、ということです。



Softbankの公式サイトで機種変更時に適用される価格がOnline Shopで契約を進めていこうとした時にしか見ることができなかったり、今回のiPhone4についても「バリュープログラムで16GBが実質¥0」とか「月月割¥1,920~」ということは表面にデカデカと書いてあるくせに「機種変更の場合には前機種の使用期間により価格が異なる場合もある」ことが明記されていないというのが一番の問題かもしれません。



卜(ぼく)はこれまで月月割(旧名称:スーパーボーナス)を使って端末を購入したことがなく、新しい機種を買おうかなと思ったときにいつも機種変更の価格を調べるのにわざわざOnline Shopで購入シミュレーションしてみたりSoftBank Shopに聞きに行ったりしているので、もっとわかりやすいところに書いておいてくれればいいのに、という不満を感じています。



少し話題が逸れますが、今回のiPhone4の販売において、通常二契約までしか認められていない同一回線での割賦契約が、現在すでに割賦契約を二つ結んでいてもiPhone4を購入する場合に限り、もう一契約追加することができるという特例が認められたおかげで、さらに話がややこしくなっているようです。


光が丘闇練

Category: 練習  

今朝の予告通り、仕事が終わってから大江戸線に乗り、光が丘けやき広場へ。BMXやボード乗りの若者たちがいましたが、通行人も少なく閑散としていました。



2010.6.17_光が丘闇練(1)



着いた時にはまだ明るかったです。だいぶ日が延びました。これ見ると“闇練”って感じでもないですね。



しかし今日はめちゃくちゃ調子が悪かった(><。



苦手側が思いっきり苦手になっていたし、これまでそれほど苦手に感じなかったグーフィバックワードも苦手になっていました。



調子の悪い時って、光が丘の勾配がいつもよりキツく感じるって知ってました?上りも下りも(^^;



正味一時間半のうち、一時間はgdgdな感じ。残りの30分でようやく調子が出てきたと思ったら、左足ふくらはぎが攣ってしまいました。



最後30分はひたすら飛燕を。数えてなかったけど50本ぐらいは滑ったのかな。今度卜も100本飛燕に挑戦してみようっと。



2010.6.17_光が丘闇練(2)



あ、そういえば水飲み場が壊れて使えなくなっていたのが痛かったな・・・。


iPhone4に関する情報が錯綜している(1)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

【発売日延期問題について】



当初のアナウンスでは世界的に6月24日が発売予定日となっていますが、これが7月にずれ込むのではないかということが言われています。Appleストアや海外の事業者の予約注文状況に関する告知で7月2日だとか7月14日といった具体的な日付が示されているのを受けて、日本でも「6月15日に予約をしたが6月24日には入手できないのではないか?」というわけです。



ところが、ソースとなっているwebページやそれを引用している記事をよく見ると、「6月15日にスタートした、6月24日に販売を予定している分については予約数が予定販売数に達したので受付が終了した」「初回販売ロット数を超えた、これからの受付分については商品のお渡しが7月以降になる」ということを告知しているのであって、「6月15日に予約をしたが6月24日には入手できない」というふうには読めないのです。



今日現在のSoftBank Mobileの公式見解も「発売日延期ということは聞いていない。もし変更があればお知らせする」というものであり、それを文面どおり受け取るなら初回受付完了分については予定通り販売されるのではないかと思われます。



ただし、各国の携帯電話事業者やAppleストアなどでは「初回予約分終了」をアナウンスしているのに、SoftBank Online Shopでは今朝の段階でいまだに予約注文を受け付けているのはどういうことか。国内では既に、少なく見積もって10万、多ければ20万くらいの予約数に達していると言われています。世界で60万と報じられている予約数から見て1/6~1/3にあたる数なわけですが、はたしてSoftBank Mobileはそれほどの初回販売台数を確保できているのでしょうか?



SoftBank Online Shopで予約注文を進めていると「6月24日以降順次発送を予定しているが、注文が殺到した場合お渡しが遅れることもある」あるいは「予約をお断りする場合がある」等々の免責事項が記されていたりするので、そういった文言を盾に初回出荷分を超える予約でも受け付けちゃっているのでしょうか(^^;



そう思ってネットを漁っていると、卜(ぼく)と同じような疑問を抱いている人は他にもいました。



「iPhone 4」を予約している人が期待していることって何でしょうか?



じっさい、「6月24日を迎えてみるまで不安」というのもわからないでもありません。



ちなみに、都内のSoftBank Shopや家電量販店、アップルストアなどの実店舗では昨日の段階で予約の受付をいったん終了しているところがほとんどのようです。田舎(地元)のSoftBank Shopや併売店などではどうなっているかは調査していません。
---
※関連リンク




本日のお出かけ装備

Category: 日記・エッセイ・コラム  

本日のお出かけ装備



(^^;



朝の電車内にて。


iPhone4の販売価格が発表されました

Category: 日記・エッセイ・コラム  

それにしても安いですね。先だって発表されていた米国での販売価格(二年縛りの場合、16GBで$199,32GBは$299)から、日本でも16GBが実質負担額二万円、32GBが三万円程度になるだろうという予想もありました。ウチのうさこさん(妻)は「新しいiPhone、どうする?」と聞いても「う~ん・・・二万円じゃぁねぇ・・・」と難色を示していたのですが、16GBが実質¥0とわかった途端に「iPhone買おうか」と俄然乗り気(^^;



ところで、今回の発表で皆が注目していたのは「はたしてパケット定額は維持されるのだろうか?」ということ。



米国でiPhoneを販売しているAT&Tが定額制を維持できずに従量制に移行していくような報道がされていたし、国内でもイーモバイルが利用者の帯域制限をかけるという発表があったので、SoftBankでもそろそろiPhoneへの定額OP適用が打ち切りになるのでは?という憶測が流れていたせいです。



一応、SoftBankでは今回も従来通りのパケット定額OPが利用できることになったわけですが、3GではなくWiFiを中心にインターネット接続しようと考える人向けのプランを提示し自社網の負担を逃がそうとする動きも見え、いつまで定額制を維持できるかという不安は今後も付き纏います。



ARPUの高い上得意様が帯域を占有するという、キャリアにとっては諸刃の剣ですね。



docomoユーザーさんの中にはiPhoneやiPad 3Gをdocomoで使いたいがために「早くSIM自由化されればいい」などとおっしゃる方もいるようですが、仮にSoftBankと同時期にdocomoでiPhoneが発売されていたとしたら既に定額OPは維持できなくなっているような気がしますし、SIMフリーのiPhoneやiPad 3Gをdocomo網でパケ放題では使わせてもらえないような気もします。



昔のネットユーザーは「限られたリソースを共有する。そのために、パケット量を自主的に控える」という考え方を持っていた人間が多かったように思うんですが、いつからこうなったんですかね?



・・・と、他人事のように言ってみる(^^;


梅雨に入りました

Category: 日記・エッセイ・コラム  

週末に天気が悪いと、下手したら二週間とか三週間、滑る間隔が空いてしまいそう。



卜(ぼく)がsk8を始めたのは昨年冬なので、梅雨期のフラストレーションも夏の暑さも未経験。



6月に入ってから、本格的な暑さを迎えてはいないのに、晴天の日中に滑るのは少々ツラくなってきました。木陰(日陰)や屋内などに退避できるところを探さないと。



今はまだ風が涼しいので救われていますが、梅雨が明けてからの夏場の暑さをどう乗り切ればよいのだろう?



卜は寒さが苦手なので季節的には冬より夏の方が好きではあるんですが・・・。



sk8もバイクやオープンカーに乗るのと同じで、真冬より真夏の方がキツそうですね。モーターバイクだと真冬は寒いんですが、オープンカーではヒーターを入れれば真冬に幌を開けていてもぜんぜん寒くありません。sk8でもモーターバイクとは違って、体を動かしていれば寒さをしのげるので冬の方が楽だなぁ、と思います。sk8で快適に滑られる時(季節)っていうのはオープンカーで快適に走れる時(9月~5月くらい)とだいたい一致しますね。


Category: 日記・エッセイ・コラム  

先週、朝の通勤時に駅まで向かう途中で、道路の真ん中に雀がいました。近づいても逃げないので捕獲してみました。



見たところ外傷はないようなんですが、手に乗せても飛ばずに、手乗り文鳥のように大人しく止まっています。どこか悪いんでしょうね。



道路の真ん中に放置していたらクルマに轢かれると思ったので脇の草叢に逃がしましたが、その後どうなったことか・・・。



雀(1)



雀(2)



雀(3)



« »

06 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS