FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

久しぶりに川へ行きました

Category: 日記・エッセイ・コラム  

こないだの日曜日の出来事です。



Linomの通う小学校の学童保育室では、毎年この時期にキャンプ行事があります。場所は学校から車で約一時間圏内の、河原のキャンプ場です。昨年は「ときがわ木のむらキャンプ場」でした。今年は「嵐山渓谷バーベキュー場」を借りて行われました。



参加人数も大人と子どもを合わせて50~60名と多く、中にはアウトドアーな遊びはあまり経験のない方もおられるので、キャンプと言ってもそれほど本格的なものではありません。



一日の流れは、集合→〔レクリエーション&川遊び〕→〔食事の支度〕→〔食事〕→〔川遊び&スイカ割り〕→解散、といった感じです。



昨年は天気に恵まれず雨の中ブルーシートやタープの下で調理をしたり、雨の止み間を狙って少しの時間しか川遊びができなかったので子どもたちも消化不良気味でした。



今年は晴れてよかったのですが、晴れたら晴れたで暑いのなんの!川に入っている間は暑さもしのげますが、火起こしから食事終了まで竈のまわりにいるのは苦痛でした(^^;



食材の事前買出しや当日の分配がしやすいように、ということと、誰が作っても失敗がなさそうな単一のメニュー(昨年はカレーライスを作りましたが、今年は焼きそばとお好み焼きでした)を予め決めてあり、調理器具などは10~15名単位の班ごとに持ち寄り、調理も班ごとに行います。



班内に「手馴れた人」がいるかいないかで仕事の進み具合に差が付きますね。ウチの班は率先行動できる人が多かったので支度から片付けまで滞りなく進行できました。



昨年は班ごとに作ったカレーを学童の先生が食べ比べて審査するというイベントもありましたが、今年はそういうのはナシ。



嵐山“渓谷”というほどでもない、どちらかというと里川に近いような雰囲気の場所でした。人出も多かったのですが、目に余るような汚さでもありませんでした。足元を見るとオイカワだかウグイ(たぶん)が泳いでいました。川底の石を裏返すと川虫が張り付いていました。流れのゆるい淵を網で浚ってみるとタニシのような貝や川海老、ヤゴなどがたくさん入りました。家の近所ではあまり見かけないヤンマもすいすい飛び回っていて、人の頭に止まったりします。



2010.08.01_学童キャンプ@嵐山



子どもは子ども同士で遊んだり他の親御さんや学童の先生が見ていてくれたので、卜(ぼく)は一人で生き物観察に熱中していました(^^;



里川は里川で面白いのですが、渓流に行きたくなりますねー。もうずいぶん長いこと山に行っていないような気がします。


スポンサーサイト




« »

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS