FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

できることとできないこと

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)は3,4年前からNOKIA製端末をメイン機として使っており、以来ガラケーは「どうしてもガラケーでないとできないこと」をするためだけに持っていたようなところもあるので、「海外の常識、日本の非常識」(または、その逆)についてもある程度理解していたということもありますが、何の予備知識もなくiPhoneを手にして戸惑いを覚えている人もいるのでしょうか?



iPhoneを買おうと思ったら(これまで使っていた国産ケータイと比べて)なにができてなにができないかを事前(購入前)にある程度わかっていることが望ましいです。そして、自分がそれを使って何をやりたいのかが明確であるほど、自分にとって役立つものとなるでしょう。



NOKIAのNシリーズにしてもiPhoneにしても、情報収集・発信、ネットコミュニケーション用のツールとして、ガラケーとは比較にならない性能を有しています。



よくよく考えると、卜がいまiPhoneを使ってやっていることというのも、10年前にZAURUSとネット接続用のPHS端末、30万画素のデジカメを使ってしていた事と、さほど内容は変わりません。しかし、デバイスの進化を見てもソフトウェアの進化を見ても当時とは隔世の感があります。格段にスマートに、スムーズに、より多くのことがこなせるようになりました。



思えば、docomoでi-mode、J-PHONEでJ-Sky webが始まった時には「ついにケータイでインターネットに繋がるのか!」とおおいに期待を持ったものでした。ケータイがZAURUS+PHS+デジカメの代替になるという可能性の実現に対する期待です。



ところが、それは卜の幻想に過ぎず、行き着いたのは別の場所でした。たった10年も続かないような目先の利益を追求するあまり閉じられた世界に籠ってしまった日本のケータイの死期は、あの時すでに確定していたのですね。


やっぱストラップ必要だわ

Category: 購入  

・・・と、言っていたうさこさん(卜の妻)。



卜のお下がりの白くくすんだeggshellを暫定的に使っていたのですが、ストラップの付けられるTPUケース、SoftBank SELECTIONのストラップスタイルが気になったようで「在庫があるかな?」と、地元のSoftBank Shopへ行ってみたそうです。
ところが目当てのブツはその店には置いていなかったようで、かわりにどこのメーカーだかわからない(←卜が帰宅した時にはすでに外函も捨てられていたので確認できず)ような、TPUケースを買ってきました。



TPUケース(1)



背面内側がハニカム模様のクリスタルカット処理で、キラキラジャケットみたいな感じ。



・・・ところでアンタ、「ストラップ必要」って言ってなかったか?



「これ・・・穴を開けるかなんかしないとストラップ付けられないじゃん?」
「ん~、でも、裸だと滑って落としそうだったけど、コレ付けたら滑りそうもないから、ストラップは無しでもいいや」



まぁ、無頓着というかこだわりがないというか・・・その臨機応変っぷりが世の中を渡っていくためには必要なこともあるさ。



TPUケース(2)



壁紙(ロック画面)が木いちごになってましたが、きっとケースの色味や背面のデザインから、イチゴを連想したにちがいない。Appleなのに・・・(^^;


やっぱストラップ必要だわ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

・・・と、うさこさん(卜の妻)。



はじめは「あたしはべつにストラップは要らないかなー」と言っていたのですが、何度か落としかけてヒヤリという場面が。



とりあえず、卜の退役したeggshellを「使ってれ」といって渡してありますが、下の写真のように既に傷が付きまくり状態で見た目にみすぼらしくなってしまっているので、なにか他のケースを探しているようです。



eggshell



卜は大きさや姿、質感が変わってしまうように感じるのが嫌なので、バンパータイプのように周囲をぐるりと囲むような形状とか、TPUやシリコン素材のケースが苦手なんですが、彼女はそこまでのこだわりもないようなので、ストラップを付けようと思った場合の選択肢も広いでしょう。



それにしてもeggshellは、傷の付きっぷりがホントに惜しい。本体との一体感のあるデザインは、いろいろあるケースの中でもピカイチだと思います。ストラップを装着できる数少ないハードケースのひとつですし、これでSoftBank SELECTIONのハードケース並みに傷が目立たなければ卜の中では間違いなくベスト・オブ・ザ・ケース(?)になっていたんですけれど・・・。



SoftBank SELECTIONのハードケースは約一ヶ月使いましたが、遠目にはいまなお購入時のキラキラ感や透明感を保っている感じがあります。そりゃぁよーく見れば細かい傷もありますけど、eggshellのように目立たないんです。incaseのsnap caseも来たので、たまに気分転換で交換することはあるかもしれませんが、よほど傷だらけにならないかぎりは現役メインケースの座を他に譲ることはないと思われます。



SB SELECTION ハードケース for iPhone 4



ところでパワサポのエアジャケ(クリア)が届きはじめているようで、レビューや装着画像もwebに上がり始めました。見たところ透明度が高く一体感もあるのですが、ボリュームボタン周りの工作精度はいまひとつだったり、下部マイク・スピーカー部分にケースが被っているデザインとか、密着度が高い反面、背面に虹のような密着痕が出やすいところとか、発売前の期待が大きかっただけに実物の残念度が高い感じ。手を出すのが躊躇(ためら)われます。


西東京いこいの森公園(初心者講習会)

Category: 講習会  

20100912_いこいの森公園 (1)



今回は都合によりうさこさん(妻)は欠席。卜(ぼく)とLinom,Leoの三人で行ってきました。



いこいの路面は照り返しがキツく、真夏の日中は地獄、ということで7月8月は講習会もお休みでした。6月の講習会には行かれなかったので三ヶ月ぶりになります。



子どもたちはスケートを履くこと自体が久しぶりです。卜(ぼく)が一人で光が丘に行ったりしているのを「(お父さんだけで行くのは)ズルイ」と言われていましたが、連日大人でも耐えかねる暑さですから大人より地面の近い子どもには無理と思い、この夏はスケートに連れ歩くのを止めていました。



いこいの森公園では[基礎スケーティングLv.1]の講習を受けているのですが、12項目あるメニューのうちLinomが最後の[ストライド2]を残すのみ。Leoは[バックウォーク][バックスイズル][ストライド2]残しでした。今回の講習でLeoも[バックウォーク]と[バックスイズル]のスタンプ(みきわめ)をもらえたので、子どもたちは二人とも[ストライド2]をクリアすれば[基礎スケーティングLv.1]は卒業です。



ストライドは、いかに“片足に乗れるか”がキモです。乗れるようになるためには、どんどん乗る意外にはないですね。



講習会も終わり昼を過ぎたところで、あまりの暑さに(アグレッシブセクションを除いて)大半の人は撤収。卜らも(いつもは15時くらいまで遊んでいるんですが)13時には帰路につきました。



20100912_いこいの森公園 (2)


オリムピック!

Category: 練習  

土曜日の午後、自宅前で滑っていると公園で遊んでいた小学一年生の男の子二人組が「スゲー、オリンピックみたい!」と言いながら寄ってきました。なにをイメージしてオリンピックなのかはよくわかりませんが、そう言う彼の中ではオリンピックなのでしょう。



彼らは二人とも自転車で来ていたので、卜(ぼく)はスケート、彼らは自転車で追いかけっこをしました。スケート始めたばかりの頃は、トイスケートを履いた子どもに負けたこともあったのに、今じゃ小学一年生の漕ぐ自転車ぐらいなら軽く流しても振りきれるほどになりましたよ(^^;



「おじさん、その速さならオリンピック出られるよ!」



と、小学生。



ピッ・・・出られるかな(笑)


東京湾納涼船

Category: 日記・エッセイ・コラム  

金曜日の放課後、会社のイベントで船に乗りました。



20100910_Tokyo_bay_cruise (1)



ウチのチームの女子。「顔出しNG」と釘を刺されたので後姿で。



20100910_Tokyo_bay_cruise (2)



夜景は上手く撮れなかったなぁ。



Aデッキではダンパ(って死語?)。70年代後半~80年代前半のディスコソウルな懐かし選曲多し。納涼船なのに熱いこと暑いこと。船内カオス状態でした。



20100910_Tokyo_bay_cruise (3)



下船後、浜松町界隈で飲み。終電間に合わナカタヨ(><



20100910_Tokyo_bay_cruise (4)


incase snap case(スモークグレー)が送られてきました

Category: 日記・エッセイ・コラム  

iPhone 4 ケース提供プログラムで貰えるケース、どれにしようか少し考えましたが、クリアケースはeggshellSoftBank SELECTIONのものを持っているし、podditiesのNETSUKEとの併用も考えてincaseのスモークグレーをオーダーしました。



incase snap case (1)



既に届いている人たちの評価も良く、概ね満足している様子が窺えた、というのもあります。



incase snap case (2)



他のメーカーの同種の製品(ポリカーボネート製ハードシェルケースの、スモーク色)と比べて異なっているのは、表面にラバーコーティングのような処理が施してあることでしょうか。ray-outラバーコーティングシェルジャケットやSoftBank SELECTIONのハードケース(カラー)と似たような感じです。サラサラとした感触で、指紋や手脂、傷などが付きにくそう(付いても目立たなそう)です。しかし、サラサラしているので手から滑って落としそうな気もします(^^;



incase snap case (3)



このラバーコーティング処理のせいだかどうだかはわかりませんが色味にも特徴があって、やや青みがかっています。光の加減によっては青紫色のように見えることも。



incase snap case (4)



装着感は良いです。ピッタリしすぎていて、厚めの背面保護フィルムを貼っているとキッチリはまらないことがあるという報告も上がっていますが卜(ぼく)の場合はパワサポの背面フィルムを貼った状態ではめても何の問題もありませんでした。



incase snap case (5)



上下が大きく開いているのは人によって評価の分かれるところでしょう。



incase snap case (6)



podditiesを付けていてもまったく干渉しません。



incase snap case (7)



eggshellやSoftBank SELECTIONのハードケースと違うのは、液晶画面側にわずかですが張り出しがあります。このわずかな張り出しが液晶画面の保護にどれくらい役立つのかは不明です。密着を避けられるとはいえ、液晶画面側を下へ向けて置くのにはやはり抵抗があります(^^;



incase snap case (8)



色は濃い目ですが半透明なので、背面のロゴなどはぼんやり透けて見えます。



incase snap case (9)



付属品はスタンドのみで、液晶保護フィルムは付属していません。



incase snap case (10)



タダで貰えたからいいんですけど、これを34$いくら出して買う気になるかというと・・・???です。



けっしてincase snap caseが悪いというのではありませんが、¥2,000~¥3,000出すならパワサポのエアジャケ(クリアブラック)やSoftBank SELECTIONのハードケース(スモーク)、simplismのCrystal cover(スモーキーブラック)でもいいなぁ、と思ってしまうのです。


光りました

Category: 練習  

先週のことになりますが、9/1の水曜日は仕事が休みだったので午後から光が丘へ行きました。9月に入ったとは思えない、厳しい暑さでした。



四時間ぐらい居ましたが、滑った時間は正味一時間ぐらいでしょうか。あとは木陰でボーっとしてましたね。



今週も水曜日か木曜日(昨日か今日)の仕事帰りに寄ろうかなと思っていたんですけれど、台風接近による天候不順で微妙。



今日なら滑れたかもしれませんが靴持って出なかったわ。



最近真面目にスラロームの練習してないです(汗


HYPNOってやっぱり良いブーツ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

先々週のことになりますが、日曜日(8/29)に、久しぶりにHYPNOに乗りました。



ブーツって、どんなのでもそうだと思うんですけど、自分のその時々の技量によって、同じブーツを履いても印象が変わるような気がするんです。



初めてのブーツでHYPNOを買い、「何コレ?すげーツルツル滑る!面白れぇ~!」と思ったのがじきに「もっとスピード出ないかなぁ・・・」と物足りなくなったり、その後スペーサーを交換して少し気持ちよさを取り戻したり。



最近はFILAに乗ってばかりいたので、HYPNOを履いたらさぞやフニャフニャで頼りなく、物足りなさが増幅しているんじゃないかと思ったら、そんなことはありませんでした。



手軽さ気楽さは相変わらずですし、以前より無駄な力をかけずに漕ぐことができたりスムースに重心移動ができるようになっていたりと、スケート自体に乗れるようになってきているせいか、自在に扱える感があって、面白いんです、これが。



剛性感がないのは確かなんですが、このブーツに関しては評価の軸がそういうところにはないんですね。



購入時にS-FOURの上ちゃんが「他にブーツを買ってもいつまでも手元に置いておく人が多い」と言ってましたが、この先もお払い箱(用済み)になる気がしないです。いずれ壊れて乗れなくなりそうなのが気になりますけど。



HYPNO社も、もう新しいモデルを生産するつもりはないんでしょうかねぇ・・・?


そういえば

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)のiPhone 4と、うさこさん(妻)のiPhone 4には違いがあります。



技適マークの有無



卜の(写真右側)には日本の技適マークがプリントされているんですが、うさこさんの(写真左側)には技適マークがプリントされていません。現在販売されているものに技適マークがプリントされていないのは、規制緩和でハードウェアに技適マークをプリントしなくてもソフトウェア的に表示できればよいことになったのと、わざわざ各国仕様の技術基準適合マークをプリントしているより世界共通仕様の匡体を使った方が生産効率が良いためだといわれています。初回入荷で流通した技適マーク入りは、ちょっとレア物になるかもしれませんね。



« »

09 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS