FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

動画deコピーってムズカシイ(><;

Category: 練習  
卜(ぼく)がsk8の練習を行なううえで苦手としているもののひとつに、「滑っている他人の姿を見て、動きを真似る」というものがあります。「それができなきゃどうしょうもないよ~」と言われそうですね(汗

その場に居る人であれば繰り返しやって見せてもらうこともできますし、技のコツを聞くこともできるのですが、動画ではできるだけ内容が理解できるように標準スピードのものをスローにして再生するぐらいのことしかできません。

FSS(フリー・スタイル・スラローム)をやっている人たちは、webに上がっている一流選手の滑り(大会の動画など)から自分が習得したい技(やコンボ)を見つけてコピーするという方法をフツーに行なっているようです。「新しい技を覚えるためにはそれが一番の方法」とも言われています。

そして「FSSもTS(トリック・スラローム)も変わりないよ~」と言われるのですが、卜から見るとFSSはTSに比べて「自分が何をやったらいいのかわからない度」が桁違い(に高い)です。自分が何をやったらいいかわからないうえに、技の難易度が高そうに見えます。(実際に難易度が高いかどうかは別にして)

ゆえに、いまの卜の中でFSSは大雑把な言い方になってしまいますが「よくわからないもの」として処理されており、それ以上は思考が先に進みません。いまの自分のスケーティングスキルと「動画の中の人」のやっていることが「桁違い」だと「何をやっているのかわからない」ということがあり、「自分が今できそうに思えること」というのも、スキルアップに伴って変化していくものだとすれば、いまは「よくわからないもの」でも、いずれ「わかるもの」になっていくこともあるのでしょうか。

以前はどういうことになっているのかさっぱりわからなかった“飛燕”とか、“鬼足”とか、“蝶番”なども、その後動画を見ながら「できるかな?」と思えるようになってきたことから考えると、ひとつひとつ「自分にできること」が増えていくにつれ、「動画の中の人が何をやっているのか」がわかってくるようになるものなのでしょうか。

“大蛇(おろち)”は前後のスネークができるようになった頃に、FスネークからBスネークへの繋ぎと、BスネークからFスネークへの繋ぎ(オープン/クローズ・ターン)を、日高でたぐっちさんに手取り足取り教えていただきました。あの頃は[はろすけ][スクール]にアップされている梁川動画を見ても、ひで爺監修のトリスラ本付録DVDを見ても「見ているだけで手も足も出ない」ことがほとんどだったのでとても助かりました。
いまも、「手も足も出ない」ことはたくさんあります。たとえば“不知火”などは[はろすけ]の[スクール]にアップされている梁川動画を見ても、ひで爺監修のトリスラ本付録DVDを見ても、「どう攻めてよいやら?」って感じです。

動画を何度も繰り返し見て、いろいろ試してはみているんですけどね~。技のキッカケとか技の中で重心がどのように移動していくのか、とか、わっかんないんですよね~。

まるで松鶴家千とせに「わっかんねぇだろうな~」と言われて、煙に巻かれている気分になるですよ!(←最近の人には通じない?)

“不知火”以外では“龍旋”に出てくるB to Bのスピンとか、ワンフットでのスピンやトランジション技は全般にそんな感じですね。そろそろなんとかしよう、とは思っています。

しかしそのうち、一生かかってもコピーできそうもないものも出てくるんだろうなぁ。楽曲のコピーに譬えるならJacoの“Portrait of Tracy”とかをコピーするようなもので「音は取れるんだけど弾けない」状態なものも。(この譬えもわかりにくいか(^^;)

本稿により、以前立てた「ミラーニューロン仮説」(上手い人のプレーを見続けることにより、神経細胞のネットワークが活性化し、自分の体が同様な動きをしやすくなる)の基盤が揺らいだか?!

三連休最終日(1月10日)の光が丘

Category: 練習  
木枯らし吹きすさぶ極寒の中、子ども二人を連れて光が丘へ。けやき広場に着いて荷物を降ろすと、まずは子どもたちを光が丘図書館に退避させました。一応スケートは持ってきたのですがこの寒さではさすがに「滑れ」とは言えないのと、お姉ちゃんの冬休みの課題で本を何冊か読んで「読書カード」を提出しなければいけないのがまだ終わっていないということもあり、お父さんが滑っている間に子どもは図書館、ということができる光が丘は格好のロケーション。

光が丘図書館の二階は子どもコーナーが充実しています。ウチの子らは呼びに行かなければ閉館まで居座りそうな勢いです。

けやき広場には相馬夫妻とヤマト君、そして最近卜(ぼく)のblogにコメントを寄せて下さる、じょうすけさんが初来光されていました。こないだ関東さん初来光の時にもそうでしたけど「はじめまして」なのに既知な雰囲気の卜らを見て、相馬さんは不思議そうでした。じょうすけさんは普段は地元で一人闇練が多いとのことですが、一人でやっていると煮詰まることもありますし、これからもぜひ光が丘に足を向けていただければと思います。

ほかにもアオイ君とそのお父さんが初来光。ROLLERBLADEの3輪スケートといい、どこかで見たことのある子だなぁ・・・と思ったら、アオイ君はこないだの練馬区民体育大会のローラー競技、未就学児クラスでウチのLeoを負かして金メダルの子でした。

しかしこの日は本当に寒かった。日差しはあったので風さえなければ半袖Tシャツ一枚でもいけたと思いますが、とにかく滑り続けていないと凍えます。

卜がfranceさんに教わった“シャナリ”を80のレーンで滑っていると相馬ママの興味を引いたようで、そこから「ダブルスネークってどういうの?」と話が広がってゆき、結局相馬ママと卜は、けいちゃんに“FSSをやる人は必ず練習するという技(先行足を止めて後足が追い越す、を左右交互にやる。ダブルスネーク?名前わかりません(^^;)”のレクチャーを受けることに。けいちゃんには先日の“鬼足”に続き、いろいろ教えていただきありがとうございました。

16時を過ぎて子どもたちが戻って来ましたが、お姉ちゃんはしばし(これも、冬休みの課題のひとつである)縄跳びに熱中。「二重跳びと交差跳びを十回連続でできるまで帰らない」と言うのですが、昨日まで練習もしていないものが今日いきなりできるはずもありません(^^;

2011.01.10_光が丘

誰に似たのか頑固者なLinomを「明日から学校が始まる」「早く帰らないと寒いから風邪をひく」と説得し、なんとか17時前には撤収しました。

三連休初日(1月8日)の光が丘

Category: 練習  

この日は単独行。成増駅からCRで公園まで行きました。往路はほぼ固まりつつある感じですが、舗装が悪く膝に来る感じがちょっと・・・。いっそのことバス通りでもいいのかな?と思ったり。



風もほとんどなく穏やかな日差しで、上着を着て滑ると暑いぐらい。公園に着いた時にはあまりの暑さに、しばらく半袖Tシャツ一枚で滑っていると、皆からとても寒そうな顔をされました(^^;



この日のけやき広場は、翌日のディファ関係の打合せとか練習に来られていた方もいました。150cmででいつもの2レーンと、80cm、50cmの他に、けやきの裏側にもパイロンが並びました。



2011.01.08_光が丘



かず99さんがフォワードからバックでのパイロン入りで普通にトランジションを使っているのを見たhiroginさんが、「フォワードからステップインでバックに向く方法」について種々のアドバイスを。他にも「両足に乗らない、ストライドと同じで、片足ずつ漕ぐ鬼足」や「バックワンフットはバッククロスの片足が宙に浮いているだけ」等々、卜は便乗してレクチャーを伺っていましたが、わかっていたはずなのに(あるいは、これまで聞いたことがあったが)わからなかったイロイロなコトにも気付かされたと言いますか、目からウロコが(けっこう大量に)落ちました。



いまはきちんとできていないけれど、これはきちんとできていないとマズイなーと思い、こってり練習課題をいただいた気分で大収穫な光が丘でした。



この日、家族新年会の予定があったので皆さんよりひと足先に17時過ぎに撤収。帰路は、先日Ajiさんからコメント頂いた、公園北東の出口から下赤塚駅へ向かう「下赤ルート」を試してみました。歩道の広さはまぁまぁなんですが、公園を出てから駅までほとんどがインターロッキングやレンガ様の目の細かいタイルで敷き詰められており、振動がものすごいし、たまに躓きそうな感じになります。かといって車道を走ろうとすると最新の(舗装は悪くないんですがsk8には向かない)雨水浸透舗装でガタガタで、これも膝にきます。たしかに勾配はほとんどなくいいルートなんですが、路面状態がちょっとキビシイかなー?


HYPNO通勤

Category: 日記・エッセイ・コラム  

してみました。自宅~地元駅間と、新宿駅~勤務先間は、距離がどちらも1.5kmくらいあって徒歩で約20分。靴を脱ぎ履きする時間まで含めると「大幅に時間短縮」とまでいかないのが正直なところです。



まぁ、sk8そのものが目的なので、余計に時間がかかりさえしなければどうでもよいのです(^^;



自宅から地元駅まではもう何回も走っており勝手もわかっているのですが、新宿を走るのは初めて。もちろん、これまで徒歩通勤をしながら「ここで滑ったらどうだろう?」と滑り心地など想像を膨らませるイメージトレーニングは行なってきましたが、実際に滑ってみると想像以上に滑りにくかったり滑りやすかったりでイメージとは違うところがあったりして面白いですね。CRの経験を重ねた人だと「見ればだいたいわかる」ってこともあるのでしょうか?



HYPNOのAniversalは、あのカラーリングですからファッションコーディネートが難しいのが難点ですかね。それと、滑る時はある程度靴紐を締めないと滑りにくいし、そのままの締め具合で電車に長時間乗っていると足が痛いし歩きにくいという問題もあります。ひで爺がやっているみたいに、紐は甲までであとは足首のベルクロで調整というのがいいのかな。



Avenueもうちっと安くならないかなー。


新春光闇初め(しんしゅんひかりやみぞめ)

Category: 練習  
昨日は仕事帰りに光が丘へ。本年初の闇練です。

IMAの、クリスマスの時期にツリーが飾ってあった場所には、「明けましておめでとうございます」の金屏風が。


2011.01.06_光が丘 (1)

それにしても寒かった。滑り始めてもしばらく上着が脱げませんでした。また、風も時折強く吹くのでパイロンがずれます。

はじめ15個並べたのですが、二枚重ねとか三枚重ねにして6個分を並べることにしました。こないだは自宅前だったのでパイロンを並べずにやっていた“loop”を、パイロンに入ってやってみたかったのです。

というわけでこの日は、6個のパイロンの両端で折り返すということをずっとやっていました。まだ卜(ぼく)がパイロンエンドで折り返しに使える技は足をハの字にして送るクローズターンと、franceさんに“ハッシュ”を教わった中で出てきた、軸足を止めておいて外足で追い越す「その場8の字」ぐらいなんですけどね。

で、いろいろやってみた中で意外に滑れたものもあれば意外に滑れなかったものもあったり。鬼足の苦手側(卜の場合、左側振り向きのレギュラーバッククロスで始まる)は、Fクロスの足を開いたあとオープン気味に右足を差し込むところが難しい。時計回りにカカトを回すF→Bのトランジションも同様に苦手なんですよねぇ。ゆっくりならできるようになってきたんですが、ちょっとスピードが出ていると間違いなくコケます(^^;

ぐるぐる無限ループしているのもかなり体力が要りますね。光が丘の下り方向にパイロン15個のレーンを何回も滑るのより疲れるかもしれません。疲れてパイロン蹴りまくりになってきたので撤収。

もうこれからはしばらく軍手+プロテクターかな・・・?


2011.01.06_光が丘 (2)

飲みすぎです。

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)の勤務先が入っているビルでは、年に何度か入居者向けのイベントがあります。夏はビヤガーデンだったり、お正月はこんなのが。



2011.01.05



というわけで、獅子舞を見ながらお餅を食べて升酒で始まり・・・



2011.01.05_獅子舞



2011.01.05_お餅



2011.01.05_升酒



その後地下1階に降りて本格的に始まってしまいました。始めから終わりまでずーっと日本酒。よく吐かずに帰れたと思うぐらい、浴びるほど呑みましたが、本日も宿酔(ふつかよい)は無し。アル添酒さえ飲まなければ日本酒で宿酔することは、まずないですね。


正月休み最終日(1月4日)

Category: 練習  

昼近くにダイソーとかドラッグストア(兼スーパー)などへHYPNOを履いてお買いもの。滑りたいがために、ワザと一番近い店ではなく遠目の店を選んでみたりして(^^;



あ、そうそう、ROLLERBLADEのフィットネスブーツに続いてHYPNOのヒールブレーキも元に戻し(装着し)ました。街乗りの保険です。ていうかスラロームをするのでもない限りヒールブレーキをあえて外す理由がありませんからね。



HYPNO_2011.01.04



帰宅して昼食後は造成地へ。ボチボチ家も建ちはじめました。この場所が使えるのも春ぐらいまでかなぁ。



造成地_2011.01.04



その後、自宅前に戻り、YoutubeにUPされているfranceさんの“loop”のコピーを試みました。自宅前だとiPhoneを自分ちのWLANに繋げられるので動画再生がスムーズというメリットがあることに気付きました。



ひとつ目の、鬼足で構成されているものは、組み立ては理解できたのですが鬼足が両面きちんとできないと難しい、すなわち今の卜(ぼく)には難しいということが判明。テイルターンのように足を振り出す、パイロンエンドの戻り技も、ワンフットでの方向転換技を何ひとつ修得していない今の卜には難しい。



飛燕で構成されているものも一部解析できましたが、パイロンエンドの折り返しはクローズターンにせよ、足を止めて外足で追い越すパターンにせよ、何度も安定して繰り返すためには相当滑りこまないとできなさそうだということが判明。



動画ではfranceさんがサラッとやってのけているので簡単そうに見えてしまうところもあるのですが、いざ自分がやってみると何と難しいことか。



今の卜には難しいことがいろいろ判明したのが本日の収穫(^^;


新春光り初め

Category: 練習  

一月三日、今年初めての光が丘行きですが、まず地元駅までのシャトルバスが正月三日まで運休のため、駅まで歩いて行かなければならないことに気付きました。自分一人ならCRで楽勝なんですが今日はLeoも一緒。大人の早足で15分以上かかる道のりは子どもの足だと30分近くかかってしまうのですが、Leoは「それでも行く」というので付き合いました。



駅に着いて電車に乗るとしばらくして車内放送が。



「ときわ台~上板橋間で人身事故が発生したために順次運行を見合わせます」と。



・・・なにぃ~?!



川越駅から埼京線回りで・・・というのも考えましたが、とりあえず行けるところまで行ってみようと思いそのまま乗車。結局卜(ぼく)らが乗っていた東武東上線は朝霞台止まり。運転再開の見通しは不明だと。



北朝霞から武蔵野線に乗り替えたらどうだろう?とか、成増もしくは西武線の練馬あたりまでのルートが確保できないか脳味噌フル回転で考えたりiPhoneで検索しまくっていると、朝霞台駅のホームで「副都心線は動いている」とのアナウンスが流れました。なぁんだ、副都心線が動いているなら地下鉄成増駅までは行かれるじゃん。Leoに「地下鉄に乗り換えよう」と言うと「トンネルに入るんだね?やったぁ~!」と大喜び。無邪気なものです、子どもは(^^;



そんなこんなでいつもより一本早い電車に乗ったのにいつもより遅い時間に着いたけやき広場でしたが、かず99さん&タマキ君、クボタ君、ヤマト君がいて、しばらく経って味方さんもやってきました。皆で「せっかく光詣でに来たのに、ご神体(?(^^;)はまだ来ないのか?」という話をしていると「噂をすれば何とやら」で、ママ&ケイト君に続いて相馬さん登場。



その後「元日から風邪にやられた」と、sk8は持たずに奥さんのご実家のお土産を持って新年の挨拶に来られたエジマさん(お大事に・・・)、ナガヤマさん、この日も皆に美味しいコーヒーを振舞って下さった“喫茶平山”のママ&アイちゃん&レレちゃんファミリーも来られ、賑やかなけやき広場でした。



大和君のウィール(1)



そして、今日の珍事。ヤマト君の左足四番ウィールのウレタン部分とコアが剥がれてしまいました。「初めて見た」という人がほとんどで、皆が彼の周りに集まって一時写真撮影大会(?)になっていました。クボタ君に聞くと「ワンウィール技を多用するFSSでは本物のHYPERウィールでもコア剥がれが起きることがあるらしい」とのことですが、よほど怪しい(安物の)ウィールを使っていない限り、普通に滑っていればあまり起きることがない現象とか。コアの一部(写真下矢印部分)が欠けてしまったことでウレタン剥がれが起きたのだろうと自己分析をしていたヤマト君ですが、それだけコアに負担のかかる滑りをしているということ?




大和君のウィール(2)



以前にもアクスルシャフトを折ったりフレームを破壊したりして、かず99さんに格好のblogネタを提供していたヤマト君ですが、「今回もネタにしますよね?いま、かず99さんが撮っていた写真が欲しいんで、ぜひblogにアップロードして下さい!」と。自分でもこの珍事を楽しんでいたようでした(笑



(写真はクリックで拡大します)



相馬さんは前日(1/2)も閉店まで飲んでいたにもかかわらず、この日もたぶん飲みに行かれたのではないかと思いますが、卜らはお正月ということもあり早々帰路につきました。途中、いつものように成増の東武ストアで焼き芋を買いました。




[追記]



いま、かず99さんのblogを見たら、この事件が速攻UPされてました(笑



卜は知らなかったんですが、やはり怪しいウィールだったのですね?(^^;


今日も川越運動公園へ

Category: 練習  

スケートを始める以前は、正月といえば(特に三が日は)寝ているか酔っているかのいずれかで、肝臓の休む間のない状態でした。よくよく考えると正月でなくても休日の昼間は飲んだくれることが少なくありませんでした。



それがどうでしょう!



新年二日目も昼間は禁酒。元日同様、午後から川越運動公園で凧揚げ+sk8+スラックライン。という健康的な正月!



2011.01.02_川越運動公園(1)



凧は今日も良く揚がりましたが、ほとんど操作をしなくてよいので子どもたちもすぐ飽きてしまいました。



Leoがトコトコとスラ場の様子を見に駆け出して行ったかと思うとしばらくして「スラックラインしてる、こないだの人来てた!」と嬉しそうに叫びながら戻ってきたので、凧揚げを終了して場所移動。


今日はイケさんが来てなかったのでラインを張っていたのはタナカさんだけでしたが、優しいタナカさんは子どもたちのためにラインを低く短く張り直してくれました。



Linomもスラックライン初挑戦。立つところまでで、歩くところまではいけませんでした。しかし、飽きもせず一時間以上は乗っていたかしら?



2011.01.02_川越運動公園(2)



卜(ぼく)とLeoはその後sk8靴を履きましたが、ロクに滑らなかったなー。


新年明けましておめでとうございます!

Category: 練習  

大晦日の午後になりやっと家事からも開放されたので自宅前および自宅周辺で滑り収め。



そして今年の滑り初めは川越運動公園にて。とりあえずスラ場の様子を窺いに行きましたが誰もおらず。荷物を降ろして、まずは子どもたちと一緒に凧揚げです。



2011.01.01_川越運動公園 (1)



2011.01.01_川越運動公園 (2)



昨年の正月にホームセンターで買ったビニルカイトを取ってあったので持って行きました。風が弱かったのでどうかなー?と思いましたが、ビニルカイトはよく揚がるものですね。それほど苦労なく揚がり、落ちる気配もありません。子どもたちが「揚げ方からやりたい」というので一旦降ろして揚げ方を教えると、もう自分たちだけでできるようになったので「お父さんは滑ってくるよ」と言い渡して、靴を履き替え外周に出ました。



今日は、もうとにかく全速力で走ってみました。三周で足がガクガクになりました(^^;



ROLLERBLADEのフィットネスブーツ、ウィールは84mm径だし、以前はもっとスピードが楽に出せたような気がするんですが、今日乗ったらだいぶ重たく感じました。あんまり乗っていなかったのでベアリングの調子が今一つなのかなぁ?FILA NRKに80mmのウィールを履いて滑った方が速い気がします。



それと、ココの外周、時計回りで周回する方が反時計回りより楽に感じるのですが、気のせいかしら?



« »

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS