FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

HYPNO通勤

Category: 日記・エッセイ・コラム  

してみました。自宅~地元駅間と、新宿駅~勤務先間は、距離がどちらも1.5kmくらいあって徒歩で約20分。靴を脱ぎ履きする時間まで含めると「大幅に時間短縮」とまでいかないのが正直なところです。



まぁ、sk8そのものが目的なので、余計に時間がかかりさえしなければどうでもよいのです(^^;



自宅から地元駅まではもう何回も走っており勝手もわかっているのですが、新宿を走るのは初めて。もちろん、これまで徒歩通勤をしながら「ここで滑ったらどうだろう?」と滑り心地など想像を膨らませるイメージトレーニングは行なってきましたが、実際に滑ってみると想像以上に滑りにくかったり滑りやすかったりでイメージとは違うところがあったりして面白いですね。CRの経験を重ねた人だと「見ればだいたいわかる」ってこともあるのでしょうか?



HYPNOのAniversalは、あのカラーリングですからファッションコーディネートが難しいのが難点ですかね。それと、滑る時はある程度靴紐を締めないと滑りにくいし、そのままの締め具合で電車に長時間乗っていると足が痛いし歩きにくいという問題もあります。ひで爺がやっているみたいに、紐は甲までであとは足首のベルクロで調整というのがいいのかな。



Avenueもうちっと安くならないかなー。


スポンサーサイト



新春光闇初め(しんしゅんひかりやみぞめ)

Category: 練習  
昨日は仕事帰りに光が丘へ。本年初の闇練です。

IMAの、クリスマスの時期にツリーが飾ってあった場所には、「明けましておめでとうございます」の金屏風が。


2011.01.06_光が丘 (1)

それにしても寒かった。滑り始めてもしばらく上着が脱げませんでした。また、風も時折強く吹くのでパイロンがずれます。

はじめ15個並べたのですが、二枚重ねとか三枚重ねにして6個分を並べることにしました。こないだは自宅前だったのでパイロンを並べずにやっていた“loop”を、パイロンに入ってやってみたかったのです。

というわけでこの日は、6個のパイロンの両端で折り返すということをずっとやっていました。まだ卜(ぼく)がパイロンエンドで折り返しに使える技は足をハの字にして送るクローズターンと、franceさんに“ハッシュ”を教わった中で出てきた、軸足を止めておいて外足で追い越す「その場8の字」ぐらいなんですけどね。

で、いろいろやってみた中で意外に滑れたものもあれば意外に滑れなかったものもあったり。鬼足の苦手側(卜の場合、左側振り向きのレギュラーバッククロスで始まる)は、Fクロスの足を開いたあとオープン気味に右足を差し込むところが難しい。時計回りにカカトを回すF→Bのトランジションも同様に苦手なんですよねぇ。ゆっくりならできるようになってきたんですが、ちょっとスピードが出ていると間違いなくコケます(^^;

ぐるぐる無限ループしているのもかなり体力が要りますね。光が丘の下り方向にパイロン15個のレーンを何回も滑るのより疲れるかもしれません。疲れてパイロン蹴りまくりになってきたので撤収。

もうこれからはしばらく軍手+プロテクターかな・・・?


2011.01.06_光が丘 (2)

« »

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS