FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

三連休最終日(1月10日)の光が丘

Category: 練習  
木枯らし吹きすさぶ極寒の中、子ども二人を連れて光が丘へ。けやき広場に着いて荷物を降ろすと、まずは子どもたちを光が丘図書館に退避させました。一応スケートは持ってきたのですがこの寒さではさすがに「滑れ」とは言えないのと、お姉ちゃんの冬休みの課題で本を何冊か読んで「読書カード」を提出しなければいけないのがまだ終わっていないということもあり、お父さんが滑っている間に子どもは図書館、ということができる光が丘は格好のロケーション。

光が丘図書館の二階は子どもコーナーが充実しています。ウチの子らは呼びに行かなければ閉館まで居座りそうな勢いです。

けやき広場には相馬夫妻とヤマト君、そして最近卜(ぼく)のblogにコメントを寄せて下さる、じょうすけさんが初来光されていました。こないだ関東さん初来光の時にもそうでしたけど「はじめまして」なのに既知な雰囲気の卜らを見て、相馬さんは不思議そうでした。じょうすけさんは普段は地元で一人闇練が多いとのことですが、一人でやっていると煮詰まることもありますし、これからもぜひ光が丘に足を向けていただければと思います。

ほかにもアオイ君とそのお父さんが初来光。ROLLERBLADEの3輪スケートといい、どこかで見たことのある子だなぁ・・・と思ったら、アオイ君はこないだの練馬区民体育大会のローラー競技、未就学児クラスでウチのLeoを負かして金メダルの子でした。

しかしこの日は本当に寒かった。日差しはあったので風さえなければ半袖Tシャツ一枚でもいけたと思いますが、とにかく滑り続けていないと凍えます。

卜がfranceさんに教わった“シャナリ”を80のレーンで滑っていると相馬ママの興味を引いたようで、そこから「ダブルスネークってどういうの?」と話が広がってゆき、結局相馬ママと卜は、けいちゃんに“FSSをやる人は必ず練習するという技(先行足を止めて後足が追い越す、を左右交互にやる。ダブルスネーク?名前わかりません(^^;)”のレクチャーを受けることに。けいちゃんには先日の“鬼足”に続き、いろいろ教えていただきありがとうございました。

16時を過ぎて子どもたちが戻って来ましたが、お姉ちゃんはしばし(これも、冬休みの課題のひとつである)縄跳びに熱中。「二重跳びと交差跳びを十回連続でできるまで帰らない」と言うのですが、昨日まで練習もしていないものが今日いきなりできるはずもありません(^^;

2011.01.10_光が丘

誰に似たのか頑固者なLinomを「明日から学校が始まる」「早く帰らないと寒いから風邪をひく」と説得し、なんとか17時前には撤収しました。
スポンサーサイト




« »

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS