FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

2月3日・門仲闇練

Category: 練習  
昨日の仕事帰りに門前仲町へ寄りました。

豊洲から現地まではCRでも行かれるのを確認済みでしたが、そろそろ終わりに近いチビたウィールでは街中を走りにくいのと、CRだけでお腹いっぱいな感じになってしまうということもあって、豊洲(有楽町線)~月島(大江戸線乗換え)~門前仲町と、地下鉄利用で行きました。それにしても、たった2駅で¥260もかかるとは!帰路の門仲から池袋までは¥190だというのに・・・。地下鉄も都営線を挟むと運賃が高額になってしまうんですよねー。

現地に着いてストレッチの後、まずは基礎練をひと通り・・・ですが・・・


・・・ ・・・調子悪いぃぃ~~~(*_*)

路面が良いということとウィールがグリップしなくなっていることもあるのですが、勝手にスピードが乗ってしまい、そのスピードについていかれない感じでバタバタでした。調子の悪い時は、普段も苦手な苦手側がいっそう苦手に感じます。反対に、右足と左足の出来具合に差がついてくると調子が悪くなってくるような気もします。

・・・ ・・・スランプに陥ったかしら?(^^;

この日も飛燕の練習が中心でしたが、基礎練からして調子悪いので飛燕もまるでダメです。いろいろ考えながら滑っているうちに、アンチバッククロス後の先行左足に乗る反時計回りでのフォワへのターン(俗にクローズターンと呼ばれている)で、左足にうまく乗れていない(重心を移せていない)ことに気がつきました。やっぱりネックは左足なんだなぁ。そこで、あえてワンフットクローズ(アンチバッククロス後のフォワへのターンを先行足のみのワンフット状態で行う)の練習を、左足が先行する反時計回りを重点的に繰り返し練習しましたが・・・

・・・ ・・・脹脛(ふくらはぎ)が攣りました(>_<;

2011.02.03_門前仲町闇練

そんなこんなで約一時間半滑って、20時過ぎに撤収。足が攣ったのは久しぶりでした。秋にデュアル練習していた頃はよく攣っていたけれども。

ところで門前仲町の150cmレーンは、福住寄りから入っても(東行き)木場寄りから入っても(西行き)ほとんど勾配は感じないのですが、福住から木場方面に向かうと12個目ぐらいから最後のパイロンまでの間が微かに上り勾配になっていますね。ゆ~っくり滑っていると失速するし、反対に木場の方から福住に向かっていくとパイロンに入ったとたん思いの外(ほか)スピードが乗るので、気を抜くとパイロンを蹴ります(^^;

それと、1月27日のエントリーで路面はコンクリートであるかのような記述をしましたが、よく見ると目の細かいアスファルトでした。

スポンサーサイト




« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS