FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

お久しぶりです!

Category: ルーメソ  
先週金曜日(2月18日)のことですが、光が丘で闇ることにしました。

光が丘へ行くのは約一ヶ月ぶり。お久しぶりです!本当は土日の昼間に行きたいところなんですが光が丘行きを阻むものがいろいろあって、なかなか行かれないのですよ。

豊洲からですと月島で大江戸線に乗り換えて光が丘駅へ、というルートもありますが、豊洲で和光市行き電車の座席に座れたのでそのまま地下鉄赤塚まで行くことにしました(^^;

練馬に住んでいたころは、東武東上線の下赤塚駅をよく利用していました。営団地下鉄(当時)有楽町線が成増まで延伸されてからは営団赤塚駅(当時の駅名)や平和台駅も使いましたが。そのころ、昼近い時間帯に出かける時や夜遅い時間に帰ってくると寄る率が高かったのがコチラ。

東京ラーメン大番

「東京ラーメン大番」

この店、上板橋とか高円寺、中野(新井薬師)にもチェーン店舗があったかな?いまでは何の変哲もない、「東京とんこつ」カテゴリー(もっと大雑把に「関東とんこつ醤油」カテゴリーと言ってもいいか)のルーメソです。このカテゴリーは池袋の「屯ちん」あたりがいまだに引っ張っている(引きずっている?)のが不思議に思えるくらいで、現代のルーメソを味わった舌には味の構成も単調に感じられて物足りなく、もはや「今さら感」の漂う前時代的といえるものです。(「屯ちん」もさすがにこのままでは・・・と思ったのか、最近は時流に乗って魚介スープと合わせるのを始めたようです)

しかし、ホープ系(いろいろあるがひと括りで勘弁)やラーショ系(こちらも語りだしたらキリがないのでひと括りで勘弁)あたりが「こってり系」なルーメソの中心としてもてはやされていた1980年代には斬新で魅力的なジャンルのひとつではありました。卜(ぼく)は今でも年に3,4回くらいの頻度で、味を懐かしむといった意味合いで大塚駅北口の「ホープ軒」には通っています。一番最近訪れたのは去年の11月頃だったかな?スープもだいぶ薄くて、以前より味気なく感じました。

15年くらい前までは、同じホープ軒を名乗る店の中でも高円寺や阿佐ヶ谷はイマイチで、吉祥寺と大塚が同等というイメージがあったのですが、店を預かる人(作る人)の入れ替わりも激しく、その度に味も上がったり落ちたりしているようですね。

「大番」に話を戻しますと、ホープ軒に比べると白濁度合いが少なく、脂も少なめです。東京とんこつ全盛期には同じような店が、それこそ無数にできては潰れたものも多い中で、これといった特徴もないのにいまだに経営が続いているのはさすがです。最初はメニューもルーメソとつけ麺のみでしたが、だいぶ早い時期から餃子やカレーなどのサイドメニューやセットメニューを加えたり、その後もつまみや酒などの居酒屋メニューを加えたりしていったのがよかったのでしょうか?

基本のルーメソが¥450という、庶民的(?)な価格設定もよいのかも。

卜がよく通っていた頃の「大番」は基本のルーメソが¥290と、当時としても安価な部類でした。但し、同じ内容なのに夜と昼で値段を変えていた(たしか、夕方以降、夜の時間帯は全てのメニューが¥50だか¥100増しになっていた)のには納得がいきませんでした。現在では終日一定の価格で出しているようです。

せっかくなので入ってみました。お久しぶりです!卜はこの店ではいつも[特製ラーメン(¥550)]を注文します。そして、ホープ軒でもこの店でも卓上にごま油で炒った一味唐辛子粉が置いてあるのですが、それをスープが真っ赤になるくらい入れて食べるのがデフォです。

東京ラーメン大番 (1)

まずはスープをひと口すすると・・・懐かしい~!・・・というほどでもないです。だって、ずーっと訪れていなかったわけでもなく、半年ぶりくらいなんですもの(笑

今回もあまり期待を持たずに食べたのですが、意外に美味かったです。味付け玉子とかチャーシューなど具材の仕上げが以前よりも良くなっている気がしました。これはやばい。門仲闇練と「こうかいぼう」がセットになっているがごとく、光闇練と「大番」がセットになりそうでコワい・・・(汁

じつは下赤塚には「じょっぱり」といういわく付き(?)のルーメソ店もあるのですが、それを語りだすと全10話でも完結できなくなりそうなので止めておきます。

あら?またルーメソネタで一話費やしてしまったわ(^^ゞ

(‐つづく‐)
スポンサーサイト




« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS