FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

週末日記・久しぶりに昼間の光が丘

Category: 練習  
3月6日の日曜日は、前日上尾でガッツリ滑ったこともあって昼近くまで起き上がれませんでした(汗

体が重いので《こりゃ休足日かなぁ?》とも思ったのですが、13時過ぎにLeoと二人、いつものバスに乗って光が丘へ。(Linomはうさこさんと美容院へ)

14時20分頃光が丘公園着。最近やや出足の遅くなっているけやき広場。《誰もいないかな?》と思ったら、相馬夫妻とトモユキ君&ママが来ていました。その後、じょうすけさんやマツキヨ君、相馬さんの姪っ子さん甥っ子さんたちもやってきました。

Leoがパラレルで(っていうかまだ彼はパラレルしかできないので)タイム計測を始めたら、そのうちトモユキ君やトモユキママと「競争してみよう」ということになって、いろいろな組み合わせでデュアルスラロームレース大会。一人で滑りながらタイムを詰めていくより、そこそこ同じレベルか自分より速い人と競争形式で滑った方が、タイムは伸びますね。

これまでの最速は11秒フラットだったLeoが、この日、9秒台を何度か出せるぐらいになりました。

パラレルはスラロームを始めようと思ったら一番最初にやる技だと思うのですが、単純なようで奥が深く、スラロームのために大事な要素もたくさん詰まっているように思います。パラレルで「速く滑る」のは意外に難しいんです。

卜(ぼく)もトモユキ君とガチのパラレル対決をしてみましたがあっさり敗北。何個もパイロンを蹴っ飛ばした卜に「お父さんってパラレルがヘタクソだったんだね~!」とLeo。まったくその通りで、返す言葉もありません。その後、まだ卜でもトモユキ君に勝てるワンフット対決では圧勝して溜飲を下げたんですが、大人げないですね(笑

マツキヨ君もなんだか知らないけどこの日はデュアル(ワンフットのスピードスラローム)練習ばかりやっていました。「昔はこんなじゃなかった。(最近太り過ぎで)体が重くて」と言いながら軽~く5秒台前半を出す異常な(?)速さ。それを見ていたトモユキママは「ワンフットのコツを教わろうと思ったけど速すぎて何やってんだかわかんない」と。卜も釣られて何本かワンフット練習。相馬さんは「みんな何やってんの?まだ3月だよ。デュアルの練習には早すぎるよ~」と言いながら、自分でも高速パラレルやワンフットで滑っていました。

デュアルレースは単純だが燃えます。“競技”というよりは“かけっこ”というか、遊びの原点でもありますね。だから面白いんですね。

日程的に光が丘カップを意識せざるを得ないような時期に来て(エントリーをするかしないかということも含めていろいろ)悩んだりもしているのですが、この日の光が丘ではそんな事を忘れて「久しぶりにスケートで遊んだ」感がありました。前日の“france”塾の記憶が新しいうちに、学んだことの復習的なことはいくつかやりましたが、練習らしい練習は何ひとつやりませんでした。

上達しなくなったら面白くないし大会や発表会などがモチベーション維持に繋がるのは事実ですが、目標を設定してそれに向かうという形を取った時に、遊びからは外れたものになってしまうような気もするんですよね。バランスを取って上手くやっていかれればいいんですけど。

そんなこんなで17時少し前に撤収。帰る途中で、いつものように成増の東武ストアで焼き芋を買い食いしました(^^)
スポンサーサイト




« »

03 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS