FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

地震2

Category: 日記・エッセイ・コラム  
Googleで徒歩ルート検索してみると、職場から自宅までは9時間42分かかると出ました。前日、前前日は仕事帰りに闇練をするためにスケート持参でしたが、この日は夜に雨が降るかもしれないという予報が出ていたこともあってスケート靴を持っていませんでした。仮にスケートで行くとしても徒歩の半分、4時間くらいはかかるでしょう。これは帰宅は諦めるしかないな、ということで3月11日は現場事務所泊。といっても横になれるスペースはなく机に突っ伏して寝ようとするも度重なる余震に机を揺さぶられてほとんど寝られませんでした。

卜(ぼく)は、普段はどういう状況でも寝られるし、一旦寝てしまうと夜中に地震があろうが無かろうが気付かずに熟睡しているタイプなのですが、さすがにこの日は昼間の事が心に残っていたのでしょうか。

インターネットメディアの情報により、地下鉄は運行しているということと、東武東上線は運休していたけれど西武新宿線が本川越駅まで運行していると知っていたので、翌12日の早朝に現場を出て、帰宅の途へ就きました。

銀座駅から丸ノ内線に乗り、池袋へ・・・あれ?なんとなく習慣で、無意識のうちに池袋へ行こうとしていましたが、もし東上線が動いてなければ立ち往生するかもしれないことに気付き、大手町で東西線に乗り換えました。高田馬場から西武新宿線に乗ってすぐに「東上線が動き出した」という情報を得たので、そのまま池袋へ行っていれば普通に帰られたのかもしれませんが、東上線はいつも予告なく動いたり止まったりするのです。

西武新宿線も各駅停車で、通常より速度を落としての運行です。また、走行中に何度か緊急地震速報を受けて急停止をしました。高田馬場-本川越間は通常約一時間かかりますが、15分遅れで本川越に到着。ここで東武東上線が動いていなければ、うさこさん(妻)に車で迎えに来てもらおうと思っていましたが、川越市駅へ行ってみると電車が来るようなので、自力で帰ることにしました。しかし、本川越の駅を降りた時にはようやく地元に帰ってきた感じがして少しホッとしました。

帰りを急いだのには理由があって、3月12日の土曜日にはLeoの通う保育園の卒園式があったのでした。こんなことがあったので延期も検討しているのかと思えばまるでその気配もなし。帰宅後にすぐスーツに着替えて保育園へ。さいわい卒園児にも家族にも地震の影響を受けた人も欠席した人もおらず、式は滞りなく行なわれました。

2011.03.12_卒園式
スポンサーサイト




« »

03 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS