FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

久しぶりに滑った

Category: 日記・エッセイ・コラム  
地震発生以来、スケート靴を履く気になれませんでした。

いまだに電車はあてにならず、電車が動いたとしても片道3~4時間はかかるような状況では途中下車をして闇練などしていたら帰って来られなくなりそう、だとか、超満員の電車にスケートブーツを持って乗るのは気が引ける、などという要因を除いたとしても、心情的に《滑っている場合ではない》という自制が働いていました。

先週の土曜日(3月19日)に、隣家の小学生Iちゃん(既出)が「スケートをやりたいので靴を貸してほしい。Linomちゃんも一緒にやろう?」と訪ねてきたので、子どもたちと一緒に近所で滑ることにしました。

午前中一時間ぐらい滑って、昼ご飯を食べた後にまた始めて、夕方の市役所の放送が流れるまで三時間半ぐらい、通学路を通って小学校までCRしたり、例の造成地まで行ってパイロンを並べ、パラレルやクロス、スネークを子どもたちに教えてみたり、鬼ごっこをしたり。

翌日曜日にも、朝の9時に“ピンポ~ン”が鳴りました。出てみると、隣家のIちゃん。なんだかスケートにハマったようです。

そしてこの日も午前中に一時間半、午後四時間スケート三昧でした。ウチの子ら、とりわけLinomはしばらくぶりに長時間スケート靴を履いていました。(Leoは飽きて他の子に自分の靴を貸してやったりしていましたけれど。彼にとって自宅前の路上は狭すぎて面白くないのです)

2011.03.20_自宅前

卜(ぼく)は、自分の練習は何もできなかったのですが、子どものやる気がある時は子どもに付き合うのがいいのかな、と。

こんな時、すぐに行かれる距離に光が丘やはらっパ、福祉村やいこいの森公園のような場所があればいいのに、と、いつも思います。子どもには言葉であれこれ教えるより、他に上手な子どもが滑っているのを見る、あるいは一緒に遊んだりするのが一番なんですよねー。
スポンサーサイト




« »

03 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS