trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

日曜日の光が丘

Category: イベント  
4月24日、光が丘カップ2011のスタッフ打合せおよびリハーサルのために光が丘公園へ。けやき広場は全面でフリーマーケットが開催されていて、いつもの場所が空くまでは奥のほうにミニパイロンを並べて、ひっそりと(?)滑っていました。

2011.04.24_光が丘

たしか去年のリハ当日も同じような状況でしたね。リハが始まるまでに時間があったので卜(ぼく)は久しぶりに外周に出てみました。

前日に強い風が吹いたためか針葉樹の落葉やら小枝やらがたくさん落ちていて、油断すると躓いてコケそうな感じでした。最近、公園北口のあたりから西側(光が丘高校寄り)にかけて舗装の打ち直し工事が行なわれていたので《どうなったかな?》と気になっていたのですが、工事もほぼ終了し、それまでガタガタで膝に来るような荒れ舗装だったのがツルツルの極上路面に変わっていました。これは素晴らしい!

そうこうしているうちに15時も過ぎ、フリマの片づけが始まったのを見計らって皆でいつもの場所へ移動。全体ミーティングの後に各セクションに別れての打合せ、そして本番同様の流れで模擬滑走・審査・判定のリハーサルが行なわれました。

去年は大和君VSケイト君の、とてもリハーサルとは思えないガチ・バトルが見られたのですが、今年もなかなか面白いもの(?)が見られました(^^;

模擬滑走には足を止めて見入る一般の方も多く見られました。このような外部へのアピール度が高い場所でインラインスケートのイベントが行なわれるのは意義深いものがあります。

今年はエントリーの約四割が初出場者。スタッフにも去年の卜のように「初めてイベントに携わる」という方が何人もいらっしゃるのは嬉しいことです。毎年参加の定着率を高めるのも大事ですが“新しい風”も吹き込んでこないとね。

今年も、きらりと光るダイヤの原石のような滑りや、鳥肌の立つような最高のパフォーマンスが見られるかと思うと、ワクワクしますね!(自分がエントリーしていないからそんなことも言えるんですが(^^;)
スポンサーサイト

週の真ん中を少し過ぎたあたりの門仲

Category: 酒,飲み歩き  

前日に続き木曜日の仕事帰りも門仲高架下です。



2011.04.21_門前仲町



いつもながら体が重い感じが取れてくるのに約一時間かかります。そしてウォームアップした頃から疲れも出始めてパイロンキックも増え、集中力もなくなってくるので、その後30分くらいで終了。適宜休憩を取りながらやればいいんでしょうけど、一人でやっているとついつい休憩も取らずに滑り続けてしまうので終了が早いってこともあるんでしょう。



闇練帰りは、づめかんへ。仕事帰りと思われるスーツ姿のお客さんが大勢いてほぼ満卓。ホッピーの中身を二回おかわり+チューハイ一杯、つまみは厚揚げと揚げ餃子、焼き鳥三本で〆て¥1,000でした。(安い!)



今の現場を離れたら次どこ行くかわからないし、場所によっては門仲通いが難しくなるかもしれないことを思うと・・・この店、近所に欲しい(^^;



都内だったら城北・城西地域にもチェーンの手が伸びてくればいいんだけど、新宿池袋あたりじゃ割り込む余地もないかなぁ。


週の真ん中の門仲

Category: 酒,飲み歩き  

水曜日の仕事帰りは門仲高架下。通りがかりのおじさんから「おぉ!東京ボンバーズですか?!」と声を掛けられたりw)しながらの“現状維持練”を一時間半。



2011.04.20_門前仲町



闇練帰りは折原商店へ。



折原商店



卜(ぼく)の後から同じテーブルに着いた女性二人組のお客さん、さらに後から来た男女二人組のお客さん、どちらも初来店で少々戸惑いの様子だったので、お店のシステム(基本セルフだとかキャッシュオンデリバリーであること)などを教えてあげました。



この日は一ノ蔵三杯におでん四品、チーカマ三本で〆て¥1,300でした。


週末日記(土曜・光/日曜・自宅前)

Category: 練習  

4月16日は、いつもより少し早い時間に光が丘へ。もしかしたら一番乗り?と思っていたら、既にパイロンを並べている人がいました。事前の雨予報が晴れベースに変わり、公園の人出も多いかと思ったのですが、意外に人少なめ。桜の花もほとんど残っておらず、咲くのが遅かったわりにすぐ終わってしまったような気がします。結局今年は光が丘でのお花見はできませんでしたねぇ・・・



長袖長パンでは少し滑っただけで汗ばむ陽気・・・というか息があがります。



ところで、今の時期は光が丘に限らずあちこちのスラ場で「水面を優雅に泳いでいるように見える水鳥の、水面下でせわしなく動かしている足」が見られることが多いと思われるのですが、さまざまな思惑や駆引き、水面下の攻防が絡んでおり、見たものをありのままに書けないんですよね(;・∀・)



あ、そうそう、話には聞いていた「クロスの達人」をAjiさんとトモくんがやり始めたので、卜もやってみました。横につなげて並べたパイロンを倒さないようにクロスで通過する遊びです。どれだけ深く足が交差できるかがキモですが、なかなか難しいですね。やりだすとハマりますが失敗すると転ぶ確率も高いのでほどほどに(^^;



可愛くてカッコ良くてsk8も上手すぎてズルイ(?)NWAの三人は翌日に控えたイベントのための調整で踊っていましたが、この日も行き交う人々から注目を浴びていました。



16時頃になるとパイロンを重ねないと動いてしまうくらいの風が出てきて、動かずに休んでいると寒くなってきました。行きは暑いからと薄着で出ると帰りは寒いから大変だぁ(;´Д`)



IMAの「光の広場」では鯉のぼりが泳ぎ始めました。



2011.04.16_光が丘IMA



翌4月17日の日曜日は朝から夜まであちこちに出かける用事があったりで遠出はできず、午後に二時間くらいLinomとお隣の子と三人で自宅前sk8。Linomはスネークの練習を始めましたが気まぐれで長続きしないのでいつできるようになるやら。お隣のIちゃんもクロスの練習を始めました。パイロン5個くらいだったらいけるようになったかな?


門前仲町高架下→折原商店(角打ち)

Category: 酒,飲み歩き  
4月14日の木曜日、門前仲町数矢小学校裏の首都高速高架下で闇練をしました。前回も書きましたが、日がだいぶ伸びたので到着した頃はまだ明るいです。この日は何故か、50,80レーンのあたりが自転車置き場になっていました。

2011.04.14_門前仲町高架下

練習ペースが落ちたら、脛の外側の筋肉や腿の筋肉も少し落ちたのかなぁ。ウォームアップにも時間がかかるし、一時間ぐらい経過してようやく乗れるようになってくると、すでに疲れてきているという有様でした。最近、「これ以上の後退を食い止める」ためだけに練習しているような気がするぞ・・・(^^;

約一時間半滑った後はメトロ門前仲町駅近くの「折原商店」へ。

「折原商店」飲み屋さんではなく、酒屋さんです。お客さんが、お店で買ったお酒をその場で飲んだり、気に入った酒を選ぶのに試飲するためのグラスは借りることができますが、あくまで酒販店なので料飲店のようなサービスはありません(できません)。酒屋さんですが駄菓子、乾物、おでんなども売っているので、それらを買って、“あて”(酒のつまみ)にします。このような業態を「角打ち(かくうち)」と呼んだりします。

折原商店は、今年の2月25日に開店したばかりです。豊洲の現場から門仲闇練に通っていた時は大江戸線に近い6番出口(清澄通りアブアブの前)から出てすぐ、駐輪場の脇から首都高の高架下へ入っていたので、震災後に銀座から門仲へ行くようになって、東西線寄りの1番出口を出るようになるまで、この店の存在に気づきませんでした。

お店に気づいてからはもう「気になる存在」になっていたので(前回も書きましたが)早晩訪れることになろう・・・というか、卜(ぼく)の場合「遅かれ早かれ(早晩)」ではなく「早々」ですね(;・∀・)

高架下での闇練後、20:00少し前に入店。店内には試飲ができるようにテーブルというか台が置かれています。レジカウンターに近い方の一角に荷物を下ろして場所確保。レジでおでん(お皿とトングとオタマが置いてあり、セルフで好きなタネを選びます)を買って、一杯目のお酒は「越乃景虎」を注文しました。お酒はお店に置いてあるものをどれでも飲むことができます。基本110ml量をグラスに注いでくれます。お値段は¥200台~∞。

卜が入店した時に、同じテーブルで飲んでいる小父さんが一人いました。地元の方で、清澄白河であさり飯(深川飯)のお店をやっているとか。その後「女性一人でも入れそうな、日本酒が飲める立ち飲み屋さんをネットで探して来た」と、被災地石巻出身で、いまは銀座で働いているという女性の方が同じテーブルに。さらに、日本橋人形町にあるテレビの制作会社の社長と、その会社が入っているビルのオーナーさん二人が同じテーブルに。卜は本当はサクッと一、二杯、30分ぐらいで切り上げようと思っていたのですが、初めて会ったばかり(そして、あさり飯屋の小父さんの他は全員この日が初来店)のこの5人のメンバーでやたら盛り上がって、気づいたら二時間超。

店内には「ハナ・サケ!ニッポン」のポスターが。卜も二杯目以降は「一ノ蔵」「大七」など被災地の酒をおかわりおかわり・・・で、何杯飲んだかよく覚えていません。

「また、ご縁があればココでお会いしましょう」と口々に挨拶をして解散。とても素敵な夜でした。

卜らが帰る頃にはまだ店内のテーブルもお店の前に置かれたP函の仮設テーブルもほぼ満席で「花咲か状態」でした。

あとで写真の一つも撮っていないことに気づきましたが、お店の様子は折原商店のwebページ食べログなどで見られます。若い女性の方でも躊躇いなく入れそうな開放感のある店構えで(店内もキレイですし)、角打ちにしてはスペースにだいぶ余裕があります。池袋の三兵酒店や御徒町のまきしま酒店のような雰囲気を求めるとあまりに普通な立ち飲み屋風情に肩透かしを食らうかもしれませんが、一見さんや初心者にも優しくなんの緊張も感じない敷居の低さは、それはそれで良いと思います。

お花見LR

Category: 日記・エッセイ・コラム  
4月10日の日曜日、昨年初めて参加をした跳べ!さん主催のお花見LRに今年も参加しました。武蔵大和駅を出発して八坂‐萩山‐小平と西武多摩湖線にほぼ沿い、小平から花小金井までは西武新宿線に沿って走る多摩湖自転車道の一部区間を利用し、終点の小金井公園まで、およそ10kmの中距離ランです。昨年は一人で参加したのですが今年はLinomとLeoを連れて行きました。
子どもたちにとっては初のCR。10kmという距離を走りきれるかどうか、やってみなければわからないところはありましたが、なんとか完走することができました。

当初4/9の土曜日だった日程が雨で翌日曜日に延び、「ひょっとして日曜日は休みかもしれない?」と思われたお楽しみの団子屋さんが開いているかどうか心配でしたが、営業していてよかった。

昨年は独り身だったのでお花見ランの後に光が丘へ行って酒盛りに参加しましたが、さすがに子どもたちがだいぶ疲れた様子だったので、光が丘での花見は断念しました。

2011.04.10_お花見LR (1)

スタート地点の武蔵大和駅裏手

2011.04.10_お花見LR (2)

ゴールの小金井公園

その他、当日の模様は跳べ!さんのwebページにUPされています。

門前仲町高架下→づめかん

Category: 酒,飲み歩き  

木曜日の仕事帰りに門仲へ。高架下に着いたのは18時を少し回ったところでしたがまだ明るい。陽がだいぶ伸びてきましたね。



2011.04.07_門前仲町高架下



この日はとても調子が悪かったです。少し滑ると腿や脛に違和感が。二日前の闇練の疲れが取れていなかったのだろうか?一度習慣が崩れると立て直すのに時間を要します(・。・;



調子が良くないなりに一時間半ほどダラダラ滑って、帰りがけにメトロ門仲駅近くの「づめかん」へ。



2011.03.31_門前仲町「づめかん」



「づめかん」は立ち飲み屋です。下総中山とか市川大野にもチェーンがあって門仲にできたのは今年の一月。(原木中山にも三月にオープンしたみたいですね)



飲み物はチューハイ¥150でサワー類が¥200~、ホッピーセットが¥300で中身¥50、つまみは¥100~¥250くらいの価格帯という激安。「安いから、まぁ、こんなもんかな?」という感じがしない、ちゃんとした食べ物が出てきます。チューハイ三杯飲んでおつまみ4,5品たのんでも千円でおつりがくるぐらいですからコスパは高いし、P箱重ねてコンパネ貼ったテーブルとか、それらしい店の雰囲気も良いです。



2011.04.07_門前仲町「づめかん」



こんな店を見つけてしまうと立ち飲み熱が再燃するかも?(^^;



卜はもともと立ち飲み屋が好きで、仕事の帰りがけに新宿や池袋の「かぶらや」とか、池袋の「三兵酒店」とか「喜平」でサクッと飲んでいくことがしばしばだったのですが、昨年スケートを始め、ことに闇練に行くようになってからはめっきりその機会も減っていました。



門前仲町には「折原商店」という角打ちも最近できたので、そちらもとっても気になります。来週行ってみるか。



こうなるともう闇練が主なのか闇練後の一杯が主なのかどうなのか。


闇練再開

Category: 練習  

震災前はいい感じに習慣化しつつあった闇練ですが3月9日の光が丘を最後に途絶えていました。電車のダイヤもほぼ平常に戻ってきたこともあり「闇練してたら帰宅難民」なんていう笑えない事態に陥る可能性もなさそう。ぼちぼち再開しようかな?ということで、4月5日(火曜日)の仕事帰りに光が丘へ寄りました。東武東上線下赤塚駅からCRで公園へ。



節電の影響は特にみられませんでした。公園を横切るように通行している人も少なくないし、犯罪防止という観点からもあえて消灯はしないのかもしれません。楽器の練習をする人やジョギングやウォーキングをする人、スケボー君や自転車(BMX)の人たちもいつも通りに来ていました。(テニスコートは脇を通りかかった時に暗かったので、もしかしたら当面貸し出しを控えているのかも)



けやき広場のメインコース付近には照明ポールが2灯ありますが、管理事務所に近い方にある照明が、いつもより明るくなっていました。おそらく最近ランプを交換したものと思われます。水飲み場に近い方もだいぶん暗くなっているのでランプを交換してくれるとよいのだけれど。



暑くもなく寒くもなく、闇練にはいい時季です。花も日に日に開いてゆきます。



2011.04.05_光が丘公園



着いたのがやや遅かったので、滑ったのは一時間ほどでしたが、帰りがけに右足ふくらはぎが攣りそうになりました。練習ペースが落ちると体も鈍(なま)りますねー。なんとなくできそうな感じになっていたワンフットスピンもまるでできなくなっていたり(><;



光が丘カップのエントリーを諦めたので「目標を失った感」がありますが、地味に基礎練を繰り返しているだけではなかなかモチベーションも上がらないので、カップに出るつもりでルーチンを考えてみたりもしています。


土曜日の光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

まだいろいろなことが微妙に元通りにはなっていないんですね。



カップを境に振っ切れればいいんですが・・・長くかかるのかもしれません。



来週あたり、桜の見ごろを迎えそうです。



2011.04.02_光が丘公園



« »

04 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS