FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

いろいろ痛

Category: 練習  

日曜日の「リモ部」後には顧問のfranceさんですら『足が終わった』と言っていたぐらいなので、普段やらないような新しい動きをしていた卜(ぼく)に後遺症が出ないはずがありません。



はたして月曜日は歩行困難になりました。そして一日中座り仕事というのがまたよろしくない。体を動かすのが辛くても、動いたほうが回復が早まるのですが・・・。



月曜の午後から火曜日にかけてが「いろいろ痛」のピークでしたが、火曜日は天気が持ちそうだったのでブーツを持って家を出ました。そして放課後にCRで門仲へ。



この日は、門仲に着くまでのCRでもう「お腹いっぱい」な感じに。パイロンも持っていたのですが並べることなく、30分ぐらい8の字とか基礎練をやって終了。


部活(SC.Limo)

Category: 講習会  

6月5日の日曜日はさいたま水上公園で『リモ部』でした。ところが、当日は“第7回 UNION杯 IN埼玉”という、V.I.Pカーの集まるイベントが開催されており、駐車場での滑走ができません。滑走どころか奥から半面はイベントのための占有区画が張られているし手前側半面もほぼ満車という状況で、武道館手前で軽く入場渋滞が起きていましたが、なんとか車は駐められました。



2011.06.05_Ageo (1)



卜(ぼく)は、たぶん生まれて初めて“痛車”を見ました。写真などでは見たことがありましたが、ここ数年クルマで移動することがほとんど無くなったし、ウチの近所では見かけることも無かったものですから。会場内だけでなく、周辺のコンビニなどでも「ソレらしき」クルマをたくさん見かけました。



2011.06.05_Ageo (2)



ガルウィング改造車とか屋根から羽の生えたワンボックス車(バニング)とかタイヤの内側の角しか接地していないような鬼キャン車とかを間近で見るのも久しぶりでした。



閑話休題。



以前書いたことがありますがこの公園、普段パイロンを立てて遊んでいる駐車場の他にも公園内で滑られそうな場所はあります。



トイレ裏の通路で軽くアップした後に、皆で普段あまり滑ることのないプール周辺の「森の小径(こみち)」を周回しました。ウンウン、やはりこの場所は気持ちが良いですね。森に入ったとたんに空気もヒンヤリ。



漠然と滑るのではなく、いつものようにフレームのセンターに乗ることや片足に長く乗る、漕ぐのではなく体重の移動で加速する(推進力を得る)ことなどを意識しながら滑りました。



その後、他の通行に迷惑が掛からなそうな場所を選んで、ジャンプ、坂道下り、階段上り下り、点字ブロック回避、など、街乗りをするためのスキルや、街なかにあるものでいろいろ遊ぶヒントを教わりました。



障害物回避を目的とした実用的な側面ばかりでなく、アグレッシブのストリート系の入り口とでもいうか「遊びゴコロ」があれば障害物も楽しい、と感じられたのが今回一番の収穫かもしれません。しばらくは、縁石を見たら乗ってみたくなるかも(笑



そのほか、パイロンを並べて基礎技の再チェック、とか。森の中は涼しくてよいのですが蚊が多いのが難点か(^^;



2011.06.05_SC.limo



夕方になってイベントが終わり、空きスペースができてきたところで駐車場に戻り、武道館周辺で飽きずに階段下りしたり、駐車場ではスライド大会が始まったりしたのですが、足が終わって終了。予報では夕方に雨が降るとのことでしたが、家に着くまでは降られずに済みました。


家を出づらい(><

Category: 日記・エッセイ・コラム  

先週火曜日は門仲闇練。水曜日はスケート靴とパイロンを持って家を出たのですが、滑らずに帰ってきてしまいました。木曜日が雨で、金曜日は天気には問題がなかったのですが、スケート靴を持って出ませんでした。



な~んか、疲れて滑る気になれなかったんですよね~。



・・・で、土曜日は目が覚めたら既に午後2時!(◎_◎;)



そんな時間から何処へも行かれるハズもなく、ウチの近所を一時間くらいジョギング(スケート)して終了。



Leoも小学生に上がってからはお友達と遊ぶのが忙しくて、スケートには見向きもしない感じになってきました。



LinomやLeoを連れ歩くのも、自分が滑りに行くための口実になっているところがあったのですが、その手も使えなくなってきて、家を出づらくなった今日この頃。


火曜日の門前仲町

Category: 練習  

5月の最後の日、いつものように銀座からCity Runで門前仲町へ。風がやや強く、向い風になると進まない進まない。じっとしていると寒いぐらいの陽気でしたが、滑っていると暑いですねやはり。



ところで、ニンゲン、利き手があるように利き足というのもあるもので、左右両面が存在するような技ではどうしても得意側苦手側が生まれます。苦手を克服するには右利きの人が左手でペンや箸を使う練習をするかのような、地味で面白くない練習をコツコツと重ねるより他に道はありません。



・・・というわけでこの日も最近の課題である(というか永遠の課題なのかもしれない)苦手側克服練習が中心でした。



苦手な左足先行のFスネーク、Fクロスを150cm,80cmで。



苦手な時計回りのオープンターン(F→B)から時計回りのブラインドクローズターンでB→Fへ向き直る、いわゆる小蛇の苦手側を。



鬼足は逆(苦手)側のバッククロスから入って右足が先行するのが得意側なんですが、その逆面を。



フォワード(F)からバックワード(B)へ向き直るのに、時計回りのトランジションが苦手だと、得意側(左足先行)のBクロスやBスネークへ繋ぐのが難しくなります。得意側(左足先行)のBクロスやBスネークから鬼足のステップを入れてFクロス、なんてやろうとすると、苦手側(左足先行)の鬼足ができないとぎこちなくなります。



前から後、後から前の繋ぎ技は、両面できるようにしておかないと厳しいんですよねー。



以前は、ちょっとスピード出して時計回りのトランジションをやるとコケる事の方が多かったのですが、最近は転ばなくなってきたので、亀の歩みではあるが多少は進歩しているのかな?



鬼足に関しては今年の一月にhiroginさんから教わった「フォアからバックへはトランジションではなくステップイン」「ストライドと同じで、左右交互に重心を移動して漕ぐ」を心がけてはいるものの体が思うように動いてくれません(><



約一時間半滑って、珍しく飲みにも行かずに真っ直ぐ帰路へつきました。



« »

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS