trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

光が丘→S.C.limo反省会(池袋)

Category: 酒,飲み歩き  

(→前回からの続き)



地下鉄大江戸線駅から上がると光が丘IMAの“光の広場”には七夕飾りが。さまざまな願い事が書かれた短冊が吊るされていました。



2011.06.25_光が丘IMA



しかしよく読んでみると・・・「プリキュアになりたい」とか「ゴーカイレッドになりたいです」という願い事はまだいいとして「世界征服」ってwww



この日(6月25日)は光が丘図書館の会議室で、パイロンズのメンバーを中心に秋のフェスティバルのキックオフミーティングが行なわれました。まだ先の話と思っていると、あっという間にその日がやってくるんですよねー。



15時過ぎにミーティングが終わると、もうみんな急いでけやき広場へ戻って滑り支度。なにしろ雲行きが怪しくいつ雨が降り出さないとも知れなかったので(; ・`д・´)



30分ほどしてポツポツときたと思ったらすぐに雨足が強まり、残念ながら木の下へ避難。東京アメッシュ(for iPhone)で雨雲の様子を眺めながら「西にはまとまった雨雲が無いからしばらく待っていれば止むんじゃない?」という希望的観測通り、16時過ぎ頃に雨はほぼ止んだのですが路面はビショビショでとても滑られる状況ではありません。不完全燃焼だったのはわかるんですけど「ココは日差しさえあれば40分で滑走可能になるんだけどねー」「せめて風が吹いてくれればねー」と口々に往生際の悪い人たち。ケイト君などは足を路面にこすり付け、摩擦で乾かそうとしていますw



そのうち、スケート靴を履かずにトウやヒールでくるくる回る遊びが始まり、あたりにゴム底と路面の擦れる「キュッ!キュルッ!」という音が鳴り響きます。卜は遠巻きに眺めているだけでしたが、それはぁゃιぃ光景でした(・。・;



「もう(路面が乾くのを)待ってても無理だから(さくら水産に)行こうよー」という諦めが早い人たち(っていうか早く飲みたい人たち?)の声がけでようやく場所移動。卜(ぼく)も誘われましたが、この日は「リモ部」の(光が丘カップの)反省会(?まぁ、要は、飲み会です)という先約があったので辞退して池袋に向かいました。



さて、反省会は・・・あれ?何を反省したっけ(・・?っていうか、カップにエントリーしなかったのが最大の反省点かな卜の場合(^^;



それと、二次会の店を出てから帰宅するまでの記憶が無いです。よく地元駅で乗り過ごさずに降りられたものだと我ながら感心します。若い頃は「“飲んで記憶が無い”とか嘘だろ~?」と嘯(うそぶ)いていたものでしたが(というか、本当にそう思っていたのですが)、最近断片的に記憶が抜ける事が増えてきました。本当だったんですね(><


スポンサーサイト

多摩川六郷橋緑地→光が丘

Category: 練習  

6月25日(土曜日)の午前中、蒲田にちょっとした用事があったのです。でも、二時間ほど空き時間があったので「六郷へ行かれるかしら?」と言う考えが浮かびました。六郷はここ2,3年の間に成長した新進スラスポットで、卜(ぼく)は昨年五月の連休に一度お邪魔しています。電車を利用して行くには京急の六郷土手駅まで行かなければならない?という先入観がありましたが、よくよく考えてみると蒲田からでもCRで行かれそうな距離じゃないですか。



そんなわけで、9時少し前に蒲田駅を出て、しばらくJRの線路沿いに南下。右手に自動車教習所を見たらJRの踏切を渡って、更に南下。京急雑色駅の脇を抜けて第一京浜を横断します。昔、ここ(仲六郷)のOKストア(ジャンボ・サガン店)に、よく荷物の配達に来ていたのを思い出します。水門通りをしばらく走って斜め右方向へ曲がると、ちょうどスラ場の近くの土手に突き当たります。スロープがあるのでスケートを履いたままで上り下り可能です。走行中はいつものようにNike+GPSを動かしていました。



2011.06.25_CR



駅からスラ場までは約2.5kmで、15分かからずに着きました。難所も特に無い(しいて挙げれば雑色駅周辺と水門通りのインターロッキングが走りにくかったぐらい)ので慣れれば10分ぐらいで行かれるかもしれません。



2011.06.25_六郷 (1)



スラ場にソレらしき人は、誰もいませんでした。一応ミニパイロンは持っていたので並べようかと思ったのですが、すぐに飛ばされてしまいそうなやや強い風が吹いていたので、パイロンを置くのはやめにしました。(でも、風が無かったら陽を遮るものが何も無いココでは、きっと猛暑でいられなかっただろうな、と思うぐらいの暑さでした)



2011.06.25_六郷 (2)



前回来たときはそれほど感じなかったんですけど、路面が・・・あれ?こんなでしたっけ?・・・前日の門仲とのギャップが(;^ω^)



向かい風では抵抗を受けて進まず、追い風では漕がなくてもどんどん進む、そんな状況ですからいまひとつやる気も出ずに《帰ろうか、どうしようか?》と思案していたところへ、六郷ローカルのサロモンさんが自転車に一輪車を積んでやって来ました。が、すぐに「久しぶりに滑ろうと思ってブーツを持ってきたんだけど、靴下を忘れた」と言って家に靴下を取りに戻って行かれました(^^;



サロモンさんが再び現れ、しばらく滑ったりしゃべったり。聞くと、光が丘にも何度か来られたことがあるそうです。そして、10時半近くになって現れたのが、出勤前に六郷の様子をチェックするのが日課(?)のS-FOUR店員さん某。「(K2のDONなのに)バックルゆるゆるで履かないと最近アタリがキツくて」というサロモンさんの話から始まってしばしブーツ談義。例によって話し出すとなかなか止まらないので《そろそろ撤収しないと後の予定が・・・》と思っていた卜もその場を去りがたく、予定撤収時刻をだいぶ超過して11時少し前に六郷を出ました。



急いで蒲田に戻り、用事を済ませてから光が丘へ向かいました。そういえば六郷の路面、だいぶ赤い色が落ちてきたのか、ウィールにも色移りしなくなりましたね。



つづく→


暑い日は冷えたビールがうまい

Category: 酒,飲み歩き  

6月24日(金曜日)はCRで門前仲町へ。着いた時にはすでに汗だく。この日も暑くて500mlペット飲料をあっというまに2本消費。水分取り過ぎるとかえって疲れるんですが、熱中症の危険を避けるため水分と休憩はこまめに取らないと。風が吹いていたので助かりましたが、何度かパイロンを動かされました。気温・湿度は高めでしたがまだ風に涼しさを感じるので動いていなければ体温は下がってくるのが救いです。



2011.06.24_門前仲町



そんなわけで休み休み(休み時間の方が長い)「現状維持練」を一時間半行なった後に折原商店へ移動。いつもなら始めから日本酒でいくのですが、こう暑いとさすがにビールが飲みたくなります。



2011.06.24_門仲折原商店 (1)



というわけでチーズあられとどんどん焼き(駄菓子)を"あて"に大瓶を空け、一ノ蔵(無鑑査・辛口)を一杯飲んで、家へのお土産に駄菓子を買って帰りました。



2011.06.24_門仲折原商店 (2)



明日(6月28日・火曜日)は、試飲即売会があるみたいですよ。


未だ巣立てず

Category: 練習  

先週末は富士の裾野で親族が集まるイベント開催(一泊二日)のためno skate。靴を持っていけば滑られる時間がないこともなかったのですが天気も悪そうだったし、なにもそこまでして滑らなくても(^^;



2011.06.18_精進湖畔旅館「ふじみ荘」



精進湖畔の旅館に泊まりました。富士山は二日間、ほとんど見えませんでしたね。湖を見ていたら、久しぶりにスプーンを投げたくなりました(匙を投げるという意味ではなくて)が、釣り道具を持ってくる頭もまるでありませんでした。まともにキャスティングできなくなってるだろうなたぶん('∀`)



さて、週が明けて今週の火曜日(6月21日)の放課後は銀座からCRで門仲高架下へ。



2011.06.21_門前仲町 (1)



基礎練の後、飛燕を50本くらい滑りました。飛燕は未だに一度も納得のいく滑りができていないです。ようやく蹴らなくなった(でも手を抜くとやはり蹴る)レベル。以前引っかかっていた、足ばかり先行して上体が遅れる問題はあまり感じなくなり、軸はできてきつつあるかな、と思ったら左右回りのバランスが悪かったり、以前とは反対側の、時計回りの後→前向きが急にできなくなってしまったり。奥が深い技と言われていますが、まだまだ入り口でウロウロ迷っている感じです。



気温が高く蒸し暑いので10本滑っては5分休憩とか、休んでいる時間の方が長いんじゃないかと思うくらいでした。



今にも降りそうな黒雲がもくもくとやってきましたが、帰宅するまで降られずに済みました。(地域によってはザーザー来たそうですね)



2011.06.21_門前仲町 (2)



この日は寄り道せずに帰宅。今月末で今の現場のヘルプを終了して勤務地移動がかかりそうなので、門仲闇練ができるのもあと2,3回でしょうか。


濡れてたし

Category: 酒,飲み歩き  

先週木曜日(6月16日)の朝はブーツを持って出たのですが夕方から雨が降ったので職場に「置き靴」して帰りました。金曜日(6月17日)も午前中は雨でしたが、午後に上がりました。しかし夕方になっても路面は乾かず。滑られるかどうか微妙でしたが門前仲町高架下へ行ってみることに。(久しぶりに地下鉄で行きました)



現地に着いてみるとご覧の通り。



2011.06.17_門前仲町 (1)



いつもの場所では滑られそうにありません。そこで、路面が乾いている場所を求めて少し木場寄りへ移動してみると、誰が付けたか80cmと50cmのマーキングが残っています。



2011.06.17_門前仲町 (2)



きっと、雨の日用ですね(^^;



50cmで並べてみましたが練習するネタを持ってないです(;・∀・)



2011.06.17_門前仲町 (3)



150cmでやっているようなことをしばらくやっていましたが飽きてパイロンを片付け、前回同様トランジションとかエア、1Fスピン練をやっていましたが飽きて撤収。この日は、なんか、やるきなしおでしたね(^^;



づめかんへ移動してホッピー×3+レモンハイ1、串3本+厚揚げ+イカフライで¥1,250


腹筋鍛えて待っていな!

Category: 練習  

「もーにんぐMOON」の朝比奈仁太クンの決め台詞ですが、わからないですよねきっと(^^;



先々週の日曜日の「リモ部」後には身体のあちこちにダメージが残りました。足腰の痛みは2,3日で治まりましたけど、腹筋痛がなかなか引かない。今週の頭くらいまで、約二週間は引きずりましたね(;´∀`)



なんでこんなに腹筋が痛くなったのだろう?と、あの日やってみたいろいろなことをおさらいしてみたら、すぐにわかりました。ジャンプです。



ジャンプはね、腹筋を使うんです。それも、一気に伸縮させるという、普段の生活ではなかなかありえない動きなので、覿面(てきめん)筋肉痛になります。



ところで昨日、水曜日の放課後に門前仲町へ行きました。



スラの基礎練はそこそこに、進展無く暫く放置していたワンフットスピン練をしてみたり、鬼足両面(特に苦手側重点)、トランジション前後両側(これも苦手側重点で)を、さらにエア気味にやってみたりとか、着地後すぐにまた反対に向くとか、向きも順々・順逆、などいろんなパターンで。



こないだの土日あたりはまだ跳ぼうとすると腹筋が攣りそうというか肉離れでも起こしそうな痛みで跳べなかったのですが、ようやく跳べましたヽ(゚∀゚)ノ ジャンプ解禁です!(笑



そして、今日は腹筋それほど痛くないです。これからもコンスタントに跳んで腹筋鍛えておかないと。(いっそ日ごろから筋トレでもして鍛えておけ、って話ですが(;^ω^)



そんなわけで意味も無く跳ぶのが面白い今日この頃ですが、シェルが割れる事例が報告されているFILA NRKでこんなことばかりやってたら割れるでしょうか?



何度も繰り返しているうちにトランジションも180°のエア(なーんてカッコつけて言うほど跳んじゃあいないンですが(^^;)も、苦手側の「苦手な感じ」がだいぶ薄れてきました。前から後へ向く時に転びそうになったり、方向転換直後に後進の爪先荷重になってバランスが崩れることも少なくなったかな。



鬼足のステップで先行足→後行足と重心を載せ替えてバッククロスへ入るのも、苦手側が上手くいかなかったものができるようになってきました。



苦手を克服するにはあたりまえのようですが「繰り返しやる」しかないですねー。


週末日記(日曜日・光が丘)

Category: 練習  

この日は群馬の行商人(謎)が“ブツ”の受渡しのために光が丘に来られるというので、もともと一人でも行くつもりでしたが、「タマキ君が来るらしいよ?」とLeoに言うと「一緒に行く!」というので、Leoと二人で光が丘へ。



うさこさんとLinomは近所のお友達の出演するヒップホップダンスの発表会を見に行ったようです。



いつもよりやや遅め、15時過ぎにけやき広場に到着しましたが、フリマが行なわれており、売店~体育館前あたりは大混雑。いつも滑っている場所側へも一部侵食(?)していましたが、空いた場所から徐々にパイロンを置いていき、勢力を回復しつつある状況でした。



オトナもコドモも、初めて見る方がたくさんいらっしゃいました。いつもゲストの面倒見がよい九十九里ハマヲさんは、この日も、りんごちゃんという5歳の女の子にいろいろ教えてあげていましたが、彼女に「お兄さん」と呼ばれてご満悦。でも自分で自分のことを「おじさん」と言いかけ、「おじさ・・・じゃなく“お兄さん”はね」と言い直している場面を目撃しました(^^;



しばらくして場所が空き、メインのレーン(150cm×15個で2レーン)を確保。木陰側にも80,50cmでミニパイロンを並べてお花畑に。



2011.06.12_光が丘 (1)



Leoがパラレルの練習をしていると、タマキ君がタイムを計ってくれました。下り勾配で滑りやすいのかどうかわかりませんが、ウチの近所とか他の場所で練習していてもすぐに飽きて止めてしまうのにけやき広場で練習をしていると何度も黙々とパイロンに入っていきます。



彼は前日に日高で滑ったのも久しぶりで、だいぶヘタクソになっていたのですが、繰り返し滑るうちに12秒台から徐々にタイムを縮めて、10秒台が出るくらいまで調子を戻しました。秋までにあと2秒くらい縮められればなぁ。



あとは、いつものようにタマキくんと連れ立ってどこかへ消えたり、二人でポケモン関連のなぞなぞを出し合ったりでやたら盛り上がっていました。卜が中学生の頃は小学生の妹や弟の面倒などロクに見なかったような気もします。歳が近ければ一緒に遊ぶが学年が違う子とは遊ばないという傾向も見られるこの頃、いつもLeoみたいな小さい子と遊んでくれてありがとう!



2011.06.12_光が丘 (2)



17時半頃に撤収。広場にいる間も時折パラパラと雨粒を感じましたが、帰宅までは降られずに済みました。


週末日記(土曜日・日高総合公園)

Category: 練習  

6月11日の土曜日は自治会の会合(夏祭りについての打合せ)、学童の役員会、子ども(Leo)の通院と習い事(Linom新体操)の送迎が重なり(しかも全部午後の時間帯(´Д`;)ましたが、うさこさん(妻)と役割を分けて、卜(ぼく)は病院と習い事の送迎を担当することに。



午前中は雨が降っていましたが午後に路面も乾きだしたので、クルマにはスケート道具を積み込むのを忘れずに(・∀・)



Linomを新体操教室に送りLeoと病院へ。そのあとLinomを迎えに行くまで約一時間半の空き時間ができたので、最寄りの日高総合公園に行きました。



またあちこちに水溜りが残っていましたが、いつもの場所へ行くとなんとか滑られそうな感じ。パイロンを並べて、パラレルの練習。Leoとパイロンの両側から入って真ん中でぶつからないようすれ違う遊びとか。



2011.06.11_Hidaka (1)



クロスの練習もしてみましたが、足が縺れて転びます(^^;



2011.06.11_Hidaka (2)



Leoがそのうち飽きてきたので目先を変えて外周(1,329m)に出ました。自分の練習はロクにできなかったけど、まぁいいか。



この日は他に(卜らの来た一時間くらい後に)まえだっちさんが来ました。


意味も無く 池袋まで CR

Category: 日記・エッセイ・コラム  

先週木曜日(6月9日)の放課後。Google地図を眺めながら《今日は何處へ行こうか?》と思案。前日も20km近い距離を走っているし、この日は軽く10km程度にしようと、ルート検索で距離を測ってみると銀座から池袋までがおよそ10kmらしい。



というわけで、銀座⇒池袋CRをしました。が、ご覧のようにアベ(平均時速)10km/hをだいぶ下回りました。夕方の時間帯で他の交通(歩道の人通りなど)が多くて走りにくかったです。



2011.06.09_CR (1)



鍛冶橋から有楽町の国際フォーラム脇を通り、馬場先門から二重橋で内堀通りに突き当たり、お堀端を回って平川門を北へ。一ツ橋、神保町で靖国通りを九段下へ。そこからはひたすら目白通りで飯田橋、江戸川橋、目白台のポン女を過ぎたら目白通りを外れ、雑司が谷の鬼子母神脇を通って明治通りに抜けて池袋、というルート。



2011.06.09_CR (2)



2011.06.09_CR (3)



今回一番の難所は、目白坂下から椿山荘付近までの急な上り坂(スクショで、No.8~No.9のフラグが立つあたり)で、坂の途中で何度か休まずにいられませんでした。アノ道は二度と通りたくない(^^;



池袋へ向かうには、必ずどこかで上らなければいけないところが出てくると思うんですが、どこを通るのがいいんでしょうね?明治通りの高戸橋から千登勢橋へもけっこうな坂を上るし・・・護国寺から東池袋の方へ抜ければそれほど坂はなかったかな?



いろいろ走ってみないとわかりませんね。


後楽園~西台~成増CR

Category: 日記・エッセイ・コラム  

6月8日、水曜日の朝は雨がパラついていましたが、予報では『午後には上がるでしょう』とのことだったので、ブーツを持って出ました。そして、ここ数年《行きたい》と思い乍(ながら)も、なかなか行くことのできなかった「ある店」へ行く計画を立てました。



仕事が終わって地下鉄に乗り、丸ノ内線の後楽園駅で下車。目的地は都営三田線の西台駅近くです。Google Mapでルート検索をすると春日通りを行き熊野町へ出るように勧められるのですが、上り下りが多いのと道幅が狭そうなイメージがあったため、白山通りで行くことにしました。



白山通りから国道17号で巣鴨駅あたりまでは歩道も広いのですがインターロック(レンガ敷き)な場所が多いです。車道に二輪通行用の路側帯が設けてあるようなところでは車道に出たりもしましたが、透水性舗装でアスファルトの目が粗くガタガタ。明治通りと交差する西巣鴨交差点を過ぎて板橋区に入ると、歩道がツルツルのタイルに変わって暫くは滑りやすくなりました。スケートで街を走っていると、行政区分の境目であからさまに道路状況が変わったりするのに気づいたりして面白いです。



しかし、スタートから5kmを過ぎたあたりで痛恨の「有痛性強直性筋痙攣(こむら返り)」発生!(><



数分間休憩、ストレッチを繰り返し、再スタート。板橋区役所付近、仲宿交差点を過ぎ、環状7号線を越えると、その先高島通りと分かれるまでは下り勾配が多くなります。が、歩道はこのあたりから狭くなってしまいます。結局12.3kmの距離を約1時間かかってゴール。(この日もNike+GPS(iPhoneアプリ)でログを取っていました)足を攣りながらも飛ばせるときは飛ばせるだけ飛ばしたんですが、信号で止まるとどんどんアベが落ちていきますね。やはり都内でのCRは1kmを5分~6分台のペース、歩くのと比べると約半分くらいの時間は掛かると見ておくのがよさそう。



2011.06.08_CR (1)



今回のルート、そしてペース。Nike+GPSのスクショです。



2011.06.08_CR (2)



さて、今回の目的の店ですが「ある店」なんて勿体をつけても卜のことだから、どうせ飲み屋かルーメソ屋だろ?という読者の予想を裏切らない結末!



『戎(えびす)』



2011.06.08_Ebisu (1)



以前トラックを転がしていた頃は週一回のペースで昼食に利用していましたが、もう7年ぐらい来ていませんでした。以前は紺地に白文字の地味な看板と暖簾でしたが、夜目にも鮮やかな電光看板が設置されていたんですね。



ここは和歌山ルーメソを出す店です。店主はもとは堀切菖蒲園の「弁慶」で修行した経歴があるらしいのですが、自身がいろいろ食べ歩いた結果、和歌山ルーメソに魅せられ・・・云々とルーメソ本に紹介されていたことがあったように記憶してます。豚骨をダシに使ってはいますが、この店のルーメソに「弁慶」との類似点は見出せません。(今回訪れた時には、店主の姿は見えませんでした)



『戎(えびす)』は「東京で食べられる和歌山ルーメソではNo.1」という評判がありますが、いま東京で和歌山ルーメソを出す店は他にあるんでしょうか?



卜は和歌山へは行ったことが無いので本場(たとえば井出商店とか)と比べてどうとかいう評価はできません。ほかに和歌山ルーメソを出す店では池尻にあった「まっち棒」という店で食べたことがありますが、ただ豚骨臭が強くてやたらしょっぱい印象しか残っておらず、再訪もしていません。10年位前に東京でも一時和歌山ルーメソが流行った時期があって、その頃は都内に和歌山ルーメソを出す店が何軒もあったと思いますが、当時のままに残っている店はあるのでしょうか?



和歌山うんぬんは兎も角、久しぶりに食べた『戎(えびす)』のルーメソは、記憶通りの美味さでした。以前はどこか「カドの立つ」感じがあったのですが、そのカドも取れて、全体のまとまり感が向上しています。醤油臭さがだいぶ抑えられたような気がします。のど越しの良い中細麺の食感も変わっておらず。満足度は高かったです。



2011.06.08_Ebisu (2)



写真は醤油味¥600。並を注文しましたが中盛(+¥50)にすればよかったかも。そういえば昔は中盛で頼んでいたっけ、と後になってから思い出す始末。



ほんとうはもっと来たいところなんだけど都営地下鉄は運賃が高くて、巣鴨⇔西台で往復¥520もかかるのが難点(><・・・でしたが、最近はCRってことを考えられるようになったので、なにも今回のように文京区からではなく東武東上線のときわ台か上板橋あたりからCRで、というのもいずれ試してみようかな、と思いました。坂が多いのでルート選定が難しそうですけどねー。



ところで、西台まで来たのはいいけれどその後どうするかは全く考えていませんでしたwww



少し考えて、食後の腹ごなしに成増駅まで走ることにしました。しかし高島平~蓮根のあたりというのは周囲より土地が低くなっているので、ここいらから脱出するためにはいずれにせよ長い(または急な)上り坂を登らねばなりません。往きはヨイヨイ帰りは・・・ひぃふぅ・・・。約5kmを30分くらいで駅に辿り着きましたが、翌日はまた筋肉痛に(;・∀・)



« »

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS