FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

火曜日の門前仲町

Category: 練習  

5月の最後の日、いつものように銀座からCity Runで門前仲町へ。風がやや強く、向い風になると進まない進まない。じっとしていると寒いぐらいの陽気でしたが、滑っていると暑いですねやはり。



ところで、ニンゲン、利き手があるように利き足というのもあるもので、左右両面が存在するような技ではどうしても得意側苦手側が生まれます。苦手を克服するには右利きの人が左手でペンや箸を使う練習をするかのような、地味で面白くない練習をコツコツと重ねるより他に道はありません。



・・・というわけでこの日も最近の課題である(というか永遠の課題なのかもしれない)苦手側克服練習が中心でした。



苦手な左足先行のFスネーク、Fクロスを150cm,80cmで。



苦手な時計回りのオープンターン(F→B)から時計回りのブラインドクローズターンでB→Fへ向き直る、いわゆる小蛇の苦手側を。



鬼足は逆(苦手)側のバッククロスから入って右足が先行するのが得意側なんですが、その逆面を。



フォワード(F)からバックワード(B)へ向き直るのに、時計回りのトランジションが苦手だと、得意側(左足先行)のBクロスやBスネークへ繋ぐのが難しくなります。得意側(左足先行)のBクロスやBスネークから鬼足のステップを入れてFクロス、なんてやろうとすると、苦手側(左足先行)の鬼足ができないとぎこちなくなります。



前から後、後から前の繋ぎ技は、両面できるようにしておかないと厳しいんですよねー。



以前は、ちょっとスピード出して時計回りのトランジションをやるとコケる事の方が多かったのですが、最近は転ばなくなってきたので、亀の歩みではあるが多少は進歩しているのかな?



鬼足に関しては今年の一月にhiroginさんから教わった「フォアからバックへはトランジションではなくステップイン」「ストライドと同じで、左右交互に重心を移動して漕ぐ」を心がけてはいるものの体が思うように動いてくれません(><



約一時間半滑って、珍しく飲みにも行かずに真っ直ぐ帰路へつきました。


スポンサーサイト




« »

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS