FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

多摩川六郷橋緑地→光が丘

Category: 練習  

6月25日(土曜日)の午前中、蒲田にちょっとした用事があったのです。でも、二時間ほど空き時間があったので「六郷へ行かれるかしら?」と言う考えが浮かびました。六郷はここ2,3年の間に成長した新進スラスポットで、卜(ぼく)は昨年五月の連休に一度お邪魔しています。電車を利用して行くには京急の六郷土手駅まで行かなければならない?という先入観がありましたが、よくよく考えてみると蒲田からでもCRで行かれそうな距離じゃないですか。



そんなわけで、9時少し前に蒲田駅を出て、しばらくJRの線路沿いに南下。右手に自動車教習所を見たらJRの踏切を渡って、更に南下。京急雑色駅の脇を抜けて第一京浜を横断します。昔、ここ(仲六郷)のOKストア(ジャンボ・サガン店)に、よく荷物の配達に来ていたのを思い出します。水門通りをしばらく走って斜め右方向へ曲がると、ちょうどスラ場の近くの土手に突き当たります。スロープがあるのでスケートを履いたままで上り下り可能です。走行中はいつものようにNike+GPSを動かしていました。



2011.06.25_CR



駅からスラ場までは約2.5kmで、15分かからずに着きました。難所も特に無い(しいて挙げれば雑色駅周辺と水門通りのインターロッキングが走りにくかったぐらい)ので慣れれば10分ぐらいで行かれるかもしれません。



2011.06.25_六郷 (1)



スラ場にソレらしき人は、誰もいませんでした。一応ミニパイロンは持っていたので並べようかと思ったのですが、すぐに飛ばされてしまいそうなやや強い風が吹いていたので、パイロンを置くのはやめにしました。(でも、風が無かったら陽を遮るものが何も無いココでは、きっと猛暑でいられなかっただろうな、と思うぐらいの暑さでした)



2011.06.25_六郷 (2)



前回来たときはそれほど感じなかったんですけど、路面が・・・あれ?こんなでしたっけ?・・・前日の門仲とのギャップが(;^ω^)



向かい風では抵抗を受けて進まず、追い風では漕がなくてもどんどん進む、そんな状況ですからいまひとつやる気も出ずに《帰ろうか、どうしようか?》と思案していたところへ、六郷ローカルのサロモンさんが自転車に一輪車を積んでやって来ました。が、すぐに「久しぶりに滑ろうと思ってブーツを持ってきたんだけど、靴下を忘れた」と言って家に靴下を取りに戻って行かれました(^^;



サロモンさんが再び現れ、しばらく滑ったりしゃべったり。聞くと、光が丘にも何度か来られたことがあるそうです。そして、10時半近くになって現れたのが、出勤前に六郷の様子をチェックするのが日課(?)のS-FOUR店員さん某。「(K2のDONなのに)バックルゆるゆるで履かないと最近アタリがキツくて」というサロモンさんの話から始まってしばしブーツ談義。例によって話し出すとなかなか止まらないので《そろそろ撤収しないと後の予定が・・・》と思っていた卜もその場を去りがたく、予定撤収時刻をだいぶ超過して11時少し前に六郷を出ました。



急いで蒲田に戻り、用事を済ませてから光が丘へ向かいました。そういえば六郷の路面、だいぶ赤い色が落ちてきたのか、ウィールにも色移りしなくなりましたね。



つづく→


スポンサーサイト




« »

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS