FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ウィールのセッティングとかローテーションの話(‐その3‐)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

‐その2‐より・・・)



卜(ぼく)が毎年秋の光が丘フェスティバル前のこの時期、なぜあえて曲がりやすいロッカードセッティングを捨てるのかというと、デュアルレースのようにスピードを追求する滑りでは高速になるほど前後左右の重心移動に繊細なコントロールが要求され、クルマで言えばニュートラル~オーバーステア気味のハンドリング(セッティング)では卜が乗ると、まるでペーパードライバーがフォーミュラカーやカートに乗っているかのようで、とても靴をコントロールしきれないからです。アンダーステアが強めになるセッティングにしておくと(実際にはそれほどスピードが出ているわけでもないのでしょうが・・・)ハンドル操作が多少雑でも破綻せずに済むのです。



ところで、このような全輪フラットなセッティングでも、慣れれば普通にスラロームできるようになります。考えてみたら卜もスラロームを始めて四ヶ月くらいまでは1番~4番の軸距が約270mmという長いフレームで、ウィールもフラットセッティングで、何の疑問もなく(ロッカリングしようなどと思いもせず)滑っていたんですから・・・。スラロームの基礎技のうち、フォワードとバックワードのクロスやスネークは、FILA NRKを購入する前のこの時期にできるようになっていたものです。そう考えると「ロッカリングって何?」という話にもなるんですけど。



慣れるとフラットでも苦にならなくなるので、昨年はフェスティバルが終わったあとも半月ぐらいはそのままHYPER concrete +Gを履いていました。入曽パークに航空祭を見に行った日に元の(LOOKA)ウィール・セットに戻したのですが、メチャ不安定で、少し深く傾けたらズリッと逝きそうなのと、漕いでもまるで進まないのにビックリ(^^;



これはロッカリングとフラットの違いもあるけどウィールの質(性能)の違いも大きいですね。値段(日本国内での通常販売価格)も倍近く違うのですが、体感性能も値段なりの差があります。



練馬区民大会(スピードレース)の時は、チビたLOOKAウィールでは話にならないと思い、(当時)まだ使ってみたことのない新品の柿(HYPER PRO250)を使うのも不安だったので、やはりHYPER concrete +Gを、1番から4番へ、5番から8番へ(つま先側からカカト側へ)だんだん大きくなるようにセットしました。



だいたい、「今日はスラでなく街乗りをしよう」とか「川越運動公園の外周を流そう」というような時にはHYPER concrete +Gに交換して(フラットセッティングで)滑っています。ウィールの交換がすぐにできるよう、あらかじめベアリングも両方にセットしてあります。



まだFILAのブーツを買う前に2,3番6,7番ウィールを交換して3mm差ぐらいのロッカードにしていたHYPNOも、《もうコイツでスラロームをすることもあるまい》と思ったので純正装着のウィール(全輪76mm)に戻しました。ROLLERBLADEのフィットネスブーツも2番6番に径の大きなウィールを持っていくローテーションをしていましたがそれもやめて、FILA NRKでスラロームをやる場合を除いては基本的にフラットウィールセッティング、一般的なローテーションに落ち着きました。



過去に『”関節が増えたように見える滑り”をしたいなら、フラットなセッティングにした方がいい』と、梁川さんが言われていたと思いますが、スラロームをやる人でも、たまにはフラットなセッティングの靴を履いてみた方がいいのではないか、と、卜は思っています。ロッカードのメリットデメリットがよくわかっていない初心者はなおさらです。



ロッカリングは「どうしたら曲がれるのか」をわかってからでも遅くない、と思うのです。



(おしまい)


スポンサーサイト




« »

12 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS