trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

VICTORINOX

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)が、このスイスアーミーナイフに初めて出会ったのは高校時代。アウトドア好きな友人がクラシック(だと思うんだけど、いま考えるとハサミは付いていなかったような気もするからエスコートだったのかな?)を持っていたのです。



自分で購入したのは大人になってキャンプや野宿をするようになってから。山屋さんにも頻繁に買い物に出かけるようになって、どこの店にもこういったナイフ+マルチツールは置いてあるもので、そんなのを眺めているうちに欲しくなるのは男の性(サガ)というものです。



LeathermanやWengerなどいろいろな種類のものが並んでいたと思いますが昔見た印象が残っていたのかVICTORINOXを、ツールの内容はそれほど検討せずに“CAMPING”のロゴが入った「キャンパー」が名前からして野宿者向けだろう?という単純な理解で選んだような気がします。



あの、冒険家・登山家の植村直己さんも同じモデルを愛用していたということを知ったのはだいぶ後になってから。



こういうアイテムはややもすると買っただけで満足しがちなものですが、卜の場合はそれから20年以上、あらゆる場面でいろいろ役に立ちました。もしVICTORINOXを携帯していなかったら開かない缶詰やワインボトルを前に呆然となるような場面が幾度となくあったと思います。最近ではパっ缶やスクリューキャップが普及して缶切りとかコルクスクリューの出番はめっきり減って(というかほとんど無くなって?)しまったのが事実ですが。



『あまり使う機会がない』と言われている鋸やリーマーも焚火の薪集めやガスボンベ廃棄時の穴開けなどでよく使いますね。



その後ハントマンを買い増し、いま卜が持っているVICTORINOXはふたつです。



VICTORINOX (1)



赤いのがキャンパーで黒いのがハントマン。



VICTORINOX (2)



機能は以下の通り(ハントマン)で、キャンパーはハサミとマルチフックが付いていません。



  • ラージブレード(大刃)


  • スモールブレード(小刃)


  • カン切り と共に


  • -マイナスドライバー(小)


  • コルク抜き


  • リーマー(穴あけ)


  • ソーイングアイ(糸穴)


  • のこぎり


  • キーリング


  • ツースピック


  • ピンセット


  • マルチフック


  • せん抜き と共に


  • -マイナスドライバー


  • -ワイヤーストリッパー


  • ハサミ


ほとんど使うことがないのは栓抜きの根元に付いているワイヤーストリッパーと、リーマーに付いている糸通しでしょうか。マルチフックも使い方を考えてしまいますが、腰紐を縛って締めるタイプのジャージ(スウェット)のパンツなどで、紐が穴に潜って取れなくなってしまった時(←わかります?(^^;)に引っ掛けてたぐりよせるのに使ったことがあります(笑



VICTORINOX (3)



コルクスクリューにねじ込んで携帯できるメガネドライバーは標準では付いておらず後から追加購入したものです。キーリングに付けているランヤードも同様にOP購入です。



ところで、今年に入ってからキャンパーの各ツールの開閉がとても渋く(固く)なったので、ビクトリノックス・ストアへ修理に出しました。



20120813_Victorinox shop (1)



20120813_Victorinox shop (2)



写真はビクトリノックス・ストア銀座です。



通常の使用範囲内で生じた不具合は無償で修理する「永久保証」が付いているのがVICTORINOXだと思っていたら『¥1,260かかる』と言われました。ショップはリペアセンターへの取り次ぎをしているだけのようで、そこで文句を言っても埒が明かなそうだったので大人しく支払うことにしました。



通常の使用という文言の解釈が曖昧で「メンテナンス(注油)を怠った」と言われればそれまでなんですが、修理に出す時に「オーバーホール」ではなく「クレーム」として上げていれば、もしかするとタダになったのかもしれません。こんな事例もあるようなので、保証の運用には相当な幅があるものと思われます。


スポンサーサイト

8月26日/光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

酷暑の中をヒィヒィ言いながら、やっとのことで公園にたどり着くと木陰の涼しさに少しホッとします。



20120826_光が丘 (1)



20120826_光が丘 (2)



体育館・図書館側ではフリーマーケットが行われていましたが、けやき広場には誰もいません。



やがてAjiさんとか相馬ファミリーがやってきました。来る人来る人、みな木陰に荷物を下ろし椅子に座ると、パイロンを並べるでもなく、スケート靴を履くでもなく。誰も動こうとしません(笑



だって、動くと危険なんですよ?体温が上がったまま戻らないような気がしてしまうんです(^^;



最終的にはパイロンも並べたんですが、卜(ぼく)は専ら外周に出ていました。


8月24日/官邸前デモ

Category: 社会・経済  

官邸前交差点付近から財務省上交差点までの歩道は、デモ開始30分前には満員(?)になりました。





警察官がハンドスピーカで「これ以上官邸方向には進めません」としきりにアナウンスをしています。



国会議事堂寄りの歩道は相変わらず通行禁止の措置が取られていますし、歩ける側(議員会館・記者会館寄り)も歩道の半分は他の(デモ参加者ではない)歩行者が通れるようにカラーコーンと虎バーで区画されています。





厳重警備(過剰警備?)が布かれるようになり、官邸前/国会正門前/経産省前/等々に分散してからは参加者の増加も頭打ち傾向にあるような気がします。参加者には高齢の方も少なくないので、この暑さでは外出したくないというのもあるのでしょうか。


ヒールブレーキ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)が持っている4足のスケートブーツのうち、ヒールブレーキを付けていないのはFILA NRKだけで、HYPNOとROLLERBLADEのフィットネスブーツ、ROLLERBLADEのRB-10(90mmウィールの純正フレーム)にはヒールブレーキを付けて滑っています。



「ヒールブレーキは邪魔」と外してしまう人が多いんですが、「スラロームをやりたいから」等の特別な理由がなければヒールブレーキを外してしまうのは勿体ありません。



「付けていても使えない」という方もおられるかもしれませんが、ちょっとの練習ですぐに使えるようになりますし、ヒールブレーキを使いこなせるようになった方が(特にシティランやロングランでは)行動の幅が広がります。Tストップを使うよりウィールの減りも抑えられますし偏摩耗もなくなります。



ヒールブレーキがあると速度制御がとにかく楽です。道幅に余裕がない場所ではなおさらです。それに、下り坂も怖くなくなります。卜(ぼく)はTストップでも普通に止まることができますが、ヒールブレーキ無しで坂を下るのはいつも憂鬱になります。ヒールブレーキがあればかなりの急勾配でも平常心で対応できます。



というのは大人のヒト限定の話で、小学生以下のお子さんだとヒールブレーキを使うのがちょっと難しいところもあるのではないかと感じてはいますけどね。



そんなわけで1年くらい滑って、ヒールブレーキのゴムパーツを“WEAR LIMIT”の線まで使い切ったら交換します。



RB_brake_parts (1)



写真左側が減ったゴムで右側が新品。



RB_brake_parts (2)



交換は+ネジ一本を外して止めるだけ。ゴムパーツの値段は種類にもよりますが¥400~500くらいでしょうか。


iPhoneが壊れた・・・(つд⊂)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

8月18日(土曜日)の朝、safariでwebブラウジングをしている最中に突然画面がブラックアウト。そして起動できなくなりました。



ホームボタンを押しても反応せず。スリープ(電源)ボタンを長短押しても、ホームボタン+スリープ長押しでも、その他いろいろやってみましたが『電池残量が無くて起動できません表示(雷マーク)』が出るばかり。



実は謎の電源落ちは今回が初めてではなく、購入後一年を経過した頃から月に2,3回くらいの頻度で起きていました。夜間充電ケーブルを挿しておいて、朝出掛けに外して持ち出したらウンともスンとも。ホームボタンを押しても反応せず。スリープ(電源)ボタンを長短押しても、ホームボタン+スリープ長押しでも、その他いろいろやってみても『電池残量が無くて起動できません表示(雷マーク)』が出るばかりで《おかしいなぁ?ついさっきまで充電していたはずなのに・・・》とか。



それで、しばらく弄っているうちに割れ林檎マークが出て再起動。再起動してみれば電池残量表示は100%になっており《なんだ、ちゃんと充電はできてるじゃん?》とか。



そう、これまではそんな症状が出てもそれほど時間を置かずに再起動できていたんです。ということもあるし、再現性が無いトラブルを店頭で説明するのが面倒臭いしで修理に出さずに放っておいたら、今回はどんなに何やっても起動できず。一晩充電器に繋いでおいてみたけどダメ。



まぁ、修理に出したとして、そんな症状が出始めたときはすでに購入後一年以上経過していたし、アップルストアに持っていっても¥13,800払って再生中古品(新品の場合も無いとは言えないが)と交換となるだけなのが目に見えていたのも、放っておいた理由なんですが。



でも、今回ばかりは困った。気づけばiPhone依存度も高くなっているし。仕方ない、アップルストアへ行ってみるか。やはり¥13,800払って本体交換になっちゃうのかな?昨日(8月17日)スケート場で撮った写真と動画をバックアップしてないんだよなー。何とか助からんかなー?と色々な考えが脳内を巡りつつ、二日経っても復活の兆しが無いので、8月20日(月曜日)の夜、仕事帰りに銀座のアップルストアへ。



20120820_Apple_Store_Ginza



日中にジーニアスバーの予約を入れていったのですがかなりの混雑で、待たされ時間が長かったです。



結果を先に言うと、卜(ぼく)のiPhoneは¥6,800を払ってバッテリーを新品に交換してもったら、運良く内部のデータは損することなく起動するようになりましたが、テーブルに着いて症状を説明するなり『(本体まるごと)交換するしかないですね』と言われたのには、わかってはいてもガッカリしました。というか、お前は俺の説明をロクに聞いてないだろ?とすら思えるような応対でした。



卜が「起動しなくなった前日に撮った写真のデータを失うのは嫌だ」「起動しなくなった原因を調べることはできないのか」とゴネてみたら『ではとりあえずバッテリーだけ交換してみましょう』ということになったのですが、どんな不具合でも先ず本体交換ありきというのは『事例はアップルに報告する』『原因はここでは究明できない』等々のやり取りも含めて釈然としませんでした。「何百万台だか何千万台だか売っておいて、今回の私と同じような事例(また、それに対する原因究明と対処方法)は世界中で一件も起きていないのですか?」と聞いても『わかりかねます』的な返事しかできないし。『お客様のような事例ではバッテリーを交換することで直るケースがほとんどです』とある程度の自身を持って言えるような店員さんはいないのか?っていう・・・。



本当は、卜の故障機から外したバッテリーを他の正常機に取り付けて起動しなくなるかを試してもらいたかった(それでもし起動しなければ不具合の原因がバッテリーによるものである可能性が高いということがわかった)のですが、閉店時間が迫っていたのと待ち時間が多いのとマニュアル一辺倒な店員とのやり取りに疲れたので引き下がってしまいました。



『どんな修理でも』『様々な問題の解決に当たる』と言ってはいますが、スムーズなのは交換対応だけ。修理といってもできるのはバッテリー交換と、カメラユニットのみに問題がある場合のカメラユニット交換ぐらいで、それ以外はほとんどの場合は動作確認済みの再生中古品(新品の場合もあるようだが)との交換というのが、故障の場合の問題解決法のようです。



伝聞やwebでの評判では「ジーニアスバーの対応が良い」と聞いていたのですが、卜の周囲にいたお客さんへの対応は決して良いと思えるようなものでもありませんでした。『交換しか方法はありません』『¥13,800かかります』との説明に憤然と席を蹴っていたお客さんもいたしね。



素直に交換に応じるお客さんはお店にとっては良いお客さんなのかもしれませんが、すぐに交換してもらえる=良いサービスなのでしょうか?交換用の在庫さえあれば時間がそれほどかかるでもなく済むので、交換対応を前提としたお客さんにとっては「とてもスムーズで気分が良い対応だった」ということもあるのでしょうか?



購入後一年未満なら持ち主が自分で壊したのでなければ無償で交換となるケースが多いのですが、一年を超えて保証対象外の故障であった場合はどうでしょう?使用者に落ち度は無いが4Sなら¥17,800、4以前の機種で¥13,800を払って交換しなければならない、というケースでは。



公式に『修理ができない』のなら個々のパーツ交換等に対応する非公式な修理屋さんが繁盛するのも仕方ないですね。(非公式な修理屋さんに出すのもそれなりにリスクを伴うのですが)



いずれにせよ、いつ何が起きても泣かないように毎日バックアップを取ること。ちょっとデータの容量が増えると追加料金を払わずにはバックアップができないiCloudにも追加料金を払っておいた方が精神衛生上は良いのかもしれません。


連休最後の週末は

Category: 日記・エッセイ・コラム  

8月18日(土曜日)は光が丘へ行こうと思っていたのですが、遠くで雷鳴が聞こえ時折ザーッと強い雨が降る不安定な空模様だったので断念。家の近所でも滑れる機会を窺っていたのですが結局no sk8になってしまいました。



夜は自治会の盆踊り。屋台のフランクフルト・焼きそばを食べながらビール2リットルくらい飲んで酩酊。



8月19日(日曜日)は連休最後の家族(子ども)サービスで、午前中から夕方まで坂戸市民プールへ行きました。隣の市にあるのですが隣接市在住者は市内料金で利用できるし、ウチのあたりからは川越水上公園へ行くよりも近いし、水上公園よりは空いているので、ここいらの小中学生(と、その親)たちは通称「サカプー」をよく利用しています。



子どもたちに付き合ってよく遊ばされたので、翌日は筋肉痛に。水中歩行が多かったので腿や脛の筋トレには良かったかな。日焼け止めは塗ったんですがそれでも焼けて今日も未だヒリヒリ(;´∀`)


アイススケート面白い!

Category: 日記・エッセイ・コラム  

8月17日(金曜日)はLinomとLeoを連れて、卜(ぼく)が小学生の頃、年に数回通っていた地元のアイススケートリンクへ行ってきました。(うさこさんは仕事)



20120817_川越スケートセンター (1)



卜がアイススケートをやるのはたぶん30年ぶりくらい。LinomとLeoは生まれて初めてです。



20120817_川越スケートセンター (2)



20120817_川越スケートセンター (3)



貸靴カウンターで子どもたちを見たスタッフが「二枚刃(ブレードが二枚あって、幼児でも転びにくい靴)にしますか?」と聞いてきました。ウチの子らは年齢より小さく見えるもので気を遣ってくれたのでしょう。ただ、インラインスケートでそこそこ滑れるので、初めてでもそれほど悲惨な事態には陥らぬだろうと思ったので普通の靴(フィギュア)を借りることにしました。卜は過去にフィギュア用の靴しか履いたことがありませんでしたが、インラインスケートにより近い感覚で滑れるのではないかと思い、フィギュアよりややブレードが短くブレードの前後にRが付いているホッケー用の靴を借りました。



準備を終えてリンクへ出てみると、インラインスケートと違ってあまりにつるつる滑るのに戸惑う子どもたち・・・だけではなく卜も(; ・`д・´)



比較的混雑していたこともあり、リンクの状態も良くなかった(ザクザクだった)ので滑りにくいなぁ、と思いました。



卜は10分も滑ったら慣れて、インラインと同じように滑れるようになりました。過去に挑戦しながらも滑ることができなかったバックスケーティングがアイススケートでもできるようになっていたのが超嬉しかったですね(∩´∀`)∩



子どもたちも小一時間滑ったらそこそこ形にはなってきたのですが、やはりインラインスケートよりは転ぶので、ズボンや手袋がビチャビチャになるにつれて徐々に採暖室(ヒーターが置いてある暖かい部屋)に入っている時間も長くなり、やる気を失くしていきました。



この日も外気温は35℃↑な埼玉でしたが、アイススケートリンクは涼しいですねぇ~(´∀`~)



三時間半ほとんど休まず滑りっぱなしでしたが、滑っていてもほとんど汗をかかないし、じっとしていたら寒いです。真夏の避暑にはいいかもしれない。



初心者用の靴なら一万そこそこで買えるみたいだし、マイシューズ買おうかしら?


8月14日、15日、16日/ご近所ラン10kmくらい(たぶん)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

まず14日(火曜日)は「昼12時前後から夜まで雨」とのことだったのですが、またしても予報は外れて朝からまとまった雨。《こりゃ今日は滑れないかな?》と思っていたら昼くらいには止んで、路面も乾いてきたので夕方やや涼しくなったところで自宅周辺を一時間くらいジョギング。距離は測っていませんが10kmくらいか。



翌15日は不安定な空模様。大量の洗濯物監視という任務があったので自宅を離れられず、夕方になって洗濯物を取り込んでから自宅周辺を一時間くらいジョギング。距離は測っていませんが10kmくらいか。



16日(木曜日)もあまりの暑さに外出を断念。夕方5時を過ぎてから自宅周辺を一時間くらいジョギング。距離は測っていませんが5km+αくらいか。前日・前前日はこのくらいの時間になると多少暑さも和らいだのですが、この日は夕方5時を過ぎても気温36℃超え!(;゚Д゚)



全力でダッシュ!など出来ずにタラタラ滑っているだけでしたが、汗だくだくでした。



そんな暑いのに滑るなって気もしますが(^^;コンスタントに滑っていないとすぐに腿や脛の筋肉が落ちちゃうんですよねー


8月13日(月曜日)/光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

卜(ぼく)は現在夏季休暇中ですが、この日は昼少し前に都内へ出る用事があったのでスケートブーツを持って家を出ました。用事を済ませて《さて何処で滑ろうか?》と考えた時に、この暑さをしのぐ場所(日陰)があるのは近場では光が丘くらいだろう、ということで14時少し前に光が丘へ。



しかし電車を下りた時あまりの暑さに《駅から公園まで倒れずに辿り着けるだろうか・・・?》という不安がよぎるほどの猛暑でした。《CRで行くのは危険かな?バスにしておいた方がいいか?》とも思いましたが結局CRで(^^;



滑り始めて、暑いだけでなく風が強いことに気づきました。逆風になると進まない(><



公園内に入ると、野球場とか地面が露出している場所の近くでは砂塵が舞って空気が黄色いわ、外周路にも強風で折れた小枝や木の葉が散乱しているわで《これ、滑れんのかな?》とやや不安に。



20120813_光が丘 (1)



そして、けやき広場に着くと、誰もいませんでした(;´∀`)



20120813_光が丘 (2)



はじめいつもの場所(メインレーン)にいつも通りパイロンを並べたのですが、強風(時折暴風?)で何度もパイロンを動かされたのと暑くて日向に出たくないのとで、誰もいないのをいいことにいつもは80cmのレーンになっている日陰に、三枚重ねで5個パイロンを置きました。



そこで、franceさんの"loop"っぽいようなことをやってみたりしようとしたのですが三往復もすれば息切れるしで、ほとんどの時間はただぼーっとパイロンを眺めているだけでした(;・∀・)



とにかく今の時季、日向で活動するのはムリ。滑らずにはおれない猛暑難民sk8erの皆さんはいったいどこで滑っているのかしら?


8月11日(土曜日)/ご近所ラン10kmくらい(たぶん)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

最近のウェザーニュースは信用なりませんね。降ると言ってたから《どうせ滑れまい》と昼過ぎまで寝て、起きてみたら降ってないジャン!(# ゚Д゚)



こんなことなら早起きして滑りに出かけるんだった。



・・・というのは半分本当で半分はウソ。だって、前日(というか正確には当日)朝3時に帰ってきて5時に寝て、早起きできるわけがないじゃないですか!(# ゚Д゚)



・・・まぁまあ。



20120811



そんなわけでこの日は午後の遅い時間に自宅周辺をジョギング。久しぶりにフィットネスブーツを履いてみたらやっぱり軽い。軽くていいなぁ。公園でのジョギングとかご近所ランにはフィットネスブーツが最適だと思います。最近は84mmや90mmのウィールが標準で付いているモデルも多いので、これからスケートを始められる方でも78mmとか76mmウィールのものより、最初から(最低80mm以上の)大きなウィールが付いたものを選ばれるのがよいと卜(ぼく)は思います。



一時間半くらい滑って雷が鳴りだしたので終了。その後すぐに雨が来ました。



« »

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS