FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

10月7日/リモ部練習会@上尾

Category: 講習会  

14時過ぎに久しぶりの上尾へ。リモ部のフラット練に参加しました。



内容は、毎回定番の、ゆるブーツ走から始まっていろいろなパターンの8の字練習法。そして、「安定した姿勢をつくる」ことについてのあれこれと、参加者のリクエストにより何種類かのスピン技の実演と解説。といった感じでした。



卜(ぼく)は初めて“france塾”に参加して以来、教わった練習法の一部を少しずつではありますが重ねてきて、いまだにできないこともあったりはするのですが、多少は進歩していることもあったと感じられたのと、最近根を詰めて練習するようなことがほとんど無くなっていたのですが、今回の練習会に参加して《また少し真面目に練習をしてみようかな?》という意欲が少し湧いてきたような・・・?(;^ω^)



20121007_上尾水上公園 (1)



で、練習会の後は、レールが出てきたり・・・



20121007_上尾水上公園 (2)



ウワサの(?)ランプも初めて見ました。スゴイです。


10月6日/光が丘

Category: 練習  

Leoを連れて光が丘へ。成増に着いた時に雨が降っていたので、しばし雨宿り。光が丘へ行っても滑れるかどうか不安だったので引き返そうかという考えもよぎりましたが、行くだけ行ってみることに。



広場へ着くと何の問題も無く皆さん滑走していたのでひと安心。



この日のLeoはけっこうやる気満々、ということでデュアル練習をみっちりやりました。「昨年の最高タイム(8秒19)を更新、あわよくば7秒台」というのがこの日の“めあて”。



スタートダッシュにはまだまだタイムを縮められる余地があるものの、高速でパイロン入りすればするほどその後のパイロンクリアが難しくなります。いかに高速でパイロン・インできるか、そしてその後パイロンを倒さずにいけるかというのが今年の彼のテーマですかね。



たまに80cmのレーンに入って素早い切り返しの練習をしたり、パイロンを倒してもいいから思い切りダッシュをしてみる練習とか、いろいろアドバイスをしつつ、ついに8秒を切ることができました。



この日はアイリちゃんやモナミちゃん、トモくんなど、子どもたちが皆熱心にデュアル練に励んでいて、そのうち2レーン使って競争みたいなことをしてみたり。面白いのは、競争形式で何度も走っているとお互いにタイムが伸びていくんですね。性別・学年を問わず、お互いに刺激になるようです。特に自分よりやや速い人と一緒に走ると「追いつこう」という意識が働いて引っ張ってもらえるような気がしました。トモくんもこの日、自己最速のタイムを出せたし、Leoは比較的安定して7秒台後半が出せるようになってきました。



だいぶ伸び代も詰まってきたので、これ以上タイムを縮めるのは難しそうなんですけど、果たしてどこまでいけるでしょうか。



卜(ぼく)は二年前から変わらず、安定の(?)6秒代後半ですね・・・(;・∀・)


液晶保護フィルムについて

Category: 購入  

今回卜(ぼく)がiPhone 5の前面液晶パネルに貼った保護フィルムは、新宿のヨドバシカメラで買ったSoftBank Selectionの光沢タイプのものです。前面フィルム2枚とクリーニングクロス入りで¥1,440でした。



ヨドバシカメラでは、各店にあるクイックリペアセンターで液晶保護フィルムの貼り付けを¥300でやってくれます。ヨドバシカメラで買ったものでも、既に自分が持っている他店で購入したようなものでも、電話機本体とフィルムを持ち込みで、作業時間は10分程度。ズレも無く気泡やホコリひとつ入らずに、きれいに貼ってもらえますので、フィルム貼りの腕に自信がない方は持ち込んでみたらいかがでしょう?今回は卜も、購入直後に店でフィルムを貼ってもらいました。



液晶保護フィルム受話・センサー部のくり抜き



受話部・センサー周りの穴のくり抜きは横に細長いタイプ。メーカーによっては凸型とか、センサーの存在を無視した最小限のくり抜きしかないものもありますが、それがどのような影響を及ぼすのかはよくわかりません。



フィルムを貼るまで二日間ほどは丸裸の状態で使いましたが、フィルムを貼っても画面の見え具合や指滑りに違和感はありませんでした。指紋は付きますが、裸でも(何も貼らずに使っても)、防指紋加工を施したグレードの高いフィルム(具体例を挙げるならパワサポとかマイクロソリューション等)でもそれは同じ。防指紋効果をうたったフィルムでも二週間~一ヶ月くらい使うと効果が切れてくるので、神経質な人はコーティング剤のようなものをマメに塗るぐらいしかないでしょう。



よく、「アンチグレアフィルムなら指紋や汚れが付きにくい」といいますが、アンチグレアフィルムは表面に凹凸があるために汚れがふき取りにくく、指紋や汚れが付きにくいのも最初だけ。二週間から一ヶ月くらい使うと拭いても拭いても汚れが取れずに、画面全体に白く広がるようになってきます。そうなったらアルコール系のクリーナー等を使うしかありません。光沢フィルムならそのようなことはなく、眼鏡拭きのような布で(液晶保護フィルムをティッシュペーパーで拭くのは細かい傷が付くので止めた方がよいと思います)汚れが拭き取れます。



保護フィルムはほんとうにピンからキリ。(値段が高いものほど良いかというとそういうこともありませんが)いい物と悪い物では使用感にとても差があるように感じます。


iPhoneを裸で使ってみた結果・・・

Category: 日記・エッセイ・コラム  

一方、卜(ぼく)がこれまで使っていたiPhone 4は退役後、子どもたちのゲーム機・音楽プレーヤーとして新たな人生を歩み始めました。



今年に入ってからケースに入れずに裸(といっても前面背面の保護フィルムは貼っています、さすがに(^^;)で使っていたら、こんなになりました。(画像はクリックで拡大します)



iPhone4 (1)



iPhone4 (2)



iPhone4 (3)



iPhone4 (4)



iPhone4 (5)



iPhone4 (6)



iPhone4 (7)



どうですか、この傷だらけの姿は!



こんだけ傷つきながら、よくガラスが割れなかったものです(^^;



iPhoneを無傷で使おうと思ったら、ケースは必須ですね。


simplism Crystal Cover Set for iPhone 5

Category: 購入  

iPhone4の時に好印象だったsimplismのクリアケースを買ってみました。ポイントはまずまずの薄さと透明感、そして『アンチスクラッチコーティング』による傷の付きにくさと、4の時にはなかったストラップホールが設けられたこと。



iPhone4発売当初は、ストラップの装着を考えるとハードケースではeggshell一択になってしまっていたのですが、iPhone5用のハードケースではストラップホールのあるものが増えましたね。



早速装着してみると《ちょっとキツイかな?》と感じる、カッチリとしたサイズです。装着前に軽く捩ってみましたが、eggshellのようにペカペカではありません。



simplism Crystal Cover Set (1)



左下隅にストラップホール



simplism Crystal Cover Set (2)



音量ボタン周り



simplism Crystal Cover Set (3)



上部も大きく開いています



simplism Crystal Cover Set (4)



右側面



simplism Crystal Cover Set (5)



背面は透明感が高くiPhoneの美しさを損ねません



simplism Crystal Cover Set (6)



カメラ穴周り



simplism Crystal Cover Set (7)



イヤホンケーブルなどをまとめられるケーブルクリップが付属していました。その他にも液晶保護フィルム(前面)が一枚と、フィルム貼り用のコテと埃取りテープ、クリーニングクロスがセットされていました。



卜(ぼく)は液晶保護フィルムを単品で購入して、すでに貼った状態だったので、このケースに付属のフィルムは未だ使っていません。



公式webページでの説明書きに『ディスプレイ面のサイドレールをわずかに浮かせて、裏返して置いたときにディスプレイが接地しないように保護する細かいながらも配慮の行き届いた設計になっています』とありますが、サイドレールというよりは四隅がわずかに高くなっているだけで、それもやっと液晶面とツライチではないかと思うくらいのものなので、液晶面を下向きに机の上などに置く気にはなれない感じです。(iPhone4の時はもう少しサイドが高いつくりだったような気がします)



また、同じく公式webページでの説明書きに『背面はiPhoneからカバーを少しだけ浮かせることで、接触部分がシミのように見えてしまう現象を解消し、埃などが混入しても傷が付きにくい構造になっています』とも書いてあります。そのせいかどうかわかりませんが背面の上部下部からホコリが入りやすいような気がします。iPhone4は背面がガラスだったのでたいていのクリアケースで気になる密着痕が発生しましたが、iPhone5ではぴったりとしたケースでも密着痕は出にくいのでは?と思います。



光の加減でギラツキというか滲んだ感じ(水に油を浮かべると虹色にギラギラする、あの感じ?)に見えることがありますが、これはクリアな樹脂製のケースにはつきものです。


SoftBank SELECTION ファインベーシックケース for iPhone 5

Category: 購入  

iPhone4の時には《これがベストなケースだ!》と気に入って、一番長い期間、いわばメインケース(?)として使ったSoftBank SELECTIONのハードケースを、今回もiPhone5用に購入することにしました。じつはiPhone5の本体を予約した日にケースも注文して、ケースの方が先に到着していました(^^;



SoftBank Selection ケース



iPhone4の時にはクリアを買いましたが、今回は気分を変えてクリアブラックを。



SoftBank Selection (1)



前面です



SoftBank Selection (2)



上部スリープボタン周り



SoftBank Selection (3)



左側面音量ボタン周り



SoftBank Selection (4)



下部は大きく開いています



SoftBank Selection (4)



カメラ穴は大き目ですが「iPhone 5用のケースのカメラホールが大きい理由」の記事に記されているAppleのガイドラインに沿って作られたためと思われます。



背面はこんな感じ。けっこう透けて見えますね。



SoftBank Selection (5)



感想としてはiPhone4の時と大体同じです。(興味のある方は下記の過去記事を参照して下さい)



ちょっと予想外(というかロクに確かめずにポチッたので)だったのは、4の時には液晶保護フィルムとセットになっていたのにiPhone5用はケース単体のみだったこと。後にフィルムの別途購入を余儀なくされました(;・∀・)



上部が覆われているのでスリープボタンが押しにくくなるという意見もありますが、卜(ぼく)は慣れの問題だと思っています。反対に、上部まで覆われているのがいい、という意見もあります。上下が空いているケースに比べて剛性感も高いです。ただし、上下が空いているケースに比べて一度はめると外しにくいです。一長一短がありますので最終的には「好みの問題」ということになるかと思います(^^;



iPhone4の時には背面に密着痕が出ましたが、マテリアルの違いもあってかiPhone5では大丈夫でした。ちなみに、iPhone5の本体背面には何も(保護フィルムなど)貼っていません。というか、iPhone5の背面は林檎マークと“iPhone”の文字がごくわずかに浮き上がっているので、PET素材などの硬めのフィルムを貼るとロゴ周りが浮いてしまうという問題があります。マイクロソリューションやZAGGなどがロゴ浮きの無いフィルムを発売予定だそうなので、フィルムを貼るのならそれら待ちですかね?ケースに入れるんなら背面フィルムは貼らなくていいのではないかと個人的には思っていますが。



《参考(当ブログの過去記事)》




iPhone5が来たよ

Category: 購入  

予約開始日(9月14日)の17時半頃にオンラインで予約して、発売日翌日(9月22日)に到着しました。



家に来た日は子どもたちと光が丘へ行ったり、いろいろしているうちに気づいたらSIMの切り替え受付時間(20:30)を過ぎていたので、電源を入れたのは翌日でした。



iPhone4のバックアップを取って、SIMの切り替え手続き~電源投入と、バックアップからの復元で、なんだかんだ二時間ぐらいかかったのかな?



発売前~発売直後には、いち早く実機を手にした人たちの「薄い」「軽い」「速い」というレビューが上がっていましたが、卜(ぼく)が特にiPhone4との違いを感じたのは「速い」ということです。とにかく、全ての動作が速くなっています。



iPhone5 (1)



iPhone5 (2)



iPhone5 (3)



「ワン・モア・シングもサプライズも無く残念」との評もありますが、実機を手にしてみれば「全く新しいiPhone」「いままでで最高のiPhone」であることに気付くでしょう。



お父さんストラップ (1)



お父さんストラップ (2)



お父さんストラップが同梱されていました。オンライン購入者にはオマケで貰えたみたいです。裸のiPhoneにはストラップが付けられないんですけどね(^^;



« »

10 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS