trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

6月25日(火曜日)/光が丘闇練と御器齧り

Category: 練習  

この日は昼過ぎに都内各地で集中豪雨がありました。闇練をしようと朝ブーツを持って出たものの《夜までに路面が乾くだろうか・・・?》と心配しましたが、夕方までにはだいぶ乾いてきたので「速乾性に優れた光が丘(の、けやき広場)ならば滑れる」ことを信じ、仕事帰りに成増で途中下車して光が丘へ。



公園に入ると外周路は4~5割の乾き具合でしたが、濡れた場所も気をつけてゆっくり行けば滑れない事はない感じで、20時を少し回った頃けやき広場に到着。すると、じょうすけさんがパイロンを並べているところでした ^ ^



20130625_光が丘闇練 (1)



先週同様メインコースに150cmと80cmで1レーンずつ。そして、いつものように淡々と滑っては休みの繰り返し。動いていると汗ばみますが、風が涼しく気持ちの良い夜でした。



昼間の大雨のせいでしょうか、いつもいるスケボー君たちもおらず、いつもはどこからか聞こえてくる管楽器練習の音色も聞こえませんでした。時折通りかかる人はいるものの、いつもより静かな雰囲気。



卜(ぼく)はひと通り基礎技を滑った後に、こないだの日曜日に初めてできるように(パイロンに絡めるように)なった鬼足の逆面の復習を・・・アレ?既に忘れかけている?!;゚Д゚)



・・・結局イチからやり直し的なことに (´・ω:;.:...



苦手練習と言えば、クローズターンの反時計回りもずーーーっと続けているのですがなかなか進歩がありません。クローズターンには大雑把に言って1軸のもの(足をハの字にしてクルっと回るような感じの)と2軸のもの(梁川さんスタイル)がありますが、卜がやろうとしているのは2軸のほう。飛燕の中でやると、時計回りが2軸で反時計回りが1軸のクローズターンになってしまうんです。その原因としては回りだす先行足(反時計回りの時には、利き足でない左足)のアウトエッジに上手く体重が乗せられないこと。



それと、もうひとつの問題は先日上尾でfranceさんからも指摘された回転時の上体のブレ。



それらの課題をクリアするために、きわめてゆっくりと、時に上半身は腕組みをしたりしながら、苦手側のいわゆる片面飛燕を繰り返し練習しています。



ところで話は変わりますが、じょうすけさんが言うには『きょうはゴキブリが走り回っているから気をつけて』と。卜はしばらく発見できませんでしたが、そのうちにパイロンの間をカサコソと走り回っているのを見つけました。



※以下【画像閲覧注意】(;^ω^)



20130625_光が丘闇練 (2)



20130625_光が丘闇練 (3)



写真を撮ろうと追いかけると、排水溝の中へ逃げて行きました。じょうすけさんは排水枡を指して『この蓋を開けたらウヨウヨいるかもね?』と言ってましたが、それはちょっと想像したくないな(^^;


スポンサーサイト

6月23日(日曜日)/光が丘

Category: 練習  

成増駅からCRで14時半頃公園着。外界は暑かったのですが園内に入るとヒンヤリ涼しげ。気分良く外周路を流してけやき広場に着くと全面でフリマでした。あらら。でも、管理棟前あたりのわずかなスペース(いつもはモナミレーンな場所)にパイロンが並んでいました。



20130623_光が丘 (1)



よく見るとパイロンが150cm間隔で9個ずつ、2レーン。そこでデンジャラ娘のミハナちゃんハルちゃんと、モナちゃんアイリちゃんらが基礎技を往路復路で技を変えながら、行って・来て・行く(一往復半滑る)練習をしていました。ストップウォッチ片手に、30秒以内で一往復半滑れるかをチェックしたり。7/14に行われる城南島大会の基礎クラスのレギュレーションに合わせた練習のようです。



ナガヤマさんが光が丘にJISSAのスラローム検定(講習)で使うカードを持ち込んでから、それまではただ遊んでいるだけだった子どもたちが俄然やる気を見せ始め、毎週自主的にスラロームの練習をするようになりました。この日、レベル1のカードを終了したメンバーにはAji教官(検定員)から、その子本人が滑っているカッコイイ写真を使った手製の修了証が手渡され、皆喜んでいました。Ajiさんは最近自分が練習する時間もないくらいに子どもたちのお相手をさせられて(?)いますが、大変お疲れ様です(^^;



卜(ぼく)は、子どもたちが練習している9個のパイロンから少し離れて置かれた6個のパイロンを使って、“loop”の飛燕ループや鬼足ループを、何かに取り憑かれたかのように繰り返し練習。



いつもの、メインコースの場所では15時半頃からフリマの人たちも徐々に撤収を始め、空いた場所へ少しずつパイロンの数を増やしながら勢力を拡大していく我々。16時頃にはほぼ全面解放となりました。



20130623_光が丘 (2)



最近、特に苦手側の練習を意識して行っています。大蛇や龍旋の逆側(卜は右足が利き足なので左足前のスネークで行くパターン)とか、鬼足の逆面(右側振向きの右足先行ではなく、左側振向きで左足先行のパターン)や、左足ワンフットなど。



大蛇では、最後のBスピンが反対周りになるとまるでできる気がしません。オープンターンも時計回りはいまだに苦手です。



龍旋のレギュラー側ではもう一年半くらい練習しているのに未だにできないバック to バックのスピンの箇所が、苦手側でやるとわりと簡単にできちゃうのが不思議。なんなんだろ?



この日、鬼足ループを集中的にやったせいもあってか、いままでは苦手側だと150cm間隔で並べたパイロンにまるで絡むことができなかった鬼足逆側が、初めてパイロン内でできるようになりました。あー、でもこれは時間を空けるとまたダメになりそうな予感。はやく復習したい(><



予報では18時から雨マークが付いていたので《また帰りは降られるかなー》と思いながら地元駅に着くと、案の定すでにポツポツ来ていました。しかし、まだだいぶ乾いた路面が見えていたので速攻スケート靴に履き替えて、ダッシュで帰宅。


6月22日(土曜日)/降りそうで降られなかった日高総合公園

Category: 練習  

この日は16時から雨との予報だったので光が丘へ行くのは諦め、日高に滑りに行くことにしました。



14時頃公園に着くと、テニスコート裏のいつもの場所ではいの~さんが80cm間隔にパイロンを並べて滑っていましたが、『もう少し路面の良い別の場所で50cmの練習をしたい』と、少し離れた川沿いの木陰に移り、場所を空けてくれたので、卜(ぼく)は自分で持ってきたラージパイロンを150cm間隔で並べました。



20130622_日高総合公園 (1)



いつも滑っているこの場所も、卜が最初にこの公園に来た頃より路面がだいぶ荒れてきました。この公園だけでなく川越運動公園の舗装も、さいたま水上公園の駐車場の舗装も、年々劣化している感じがします。



・・・さて、滑ろうか、というところで、なんと!!雨粒がポツポツと落ちてきたではありませんか!!;゚Д゚)



またしても“卜が日高に来ると雨”という忌まわしい法則が発動か?!(>д<)



・・・と思いましたが、雨足は強まることが無く、そのうち止みました。その後も時折ポツポツと来ていましたが、滑走不能になるほどではありませんでした。これでジンクスも破れたか?!



もう少し遅い時間になると日陰になるこの場所も、まだレーンの半分くらいは日向で、湿度も高く生命の危険を(以下略



まぁ、でも、休み休みではありましたが、けっこう真面目に練習したと思う。でも、よく転んだ。最近また転ぶようになってきたのはどういうわけだろう?転び方も、足がもつれてとかいきなりバランスを崩して後転気味にとか左右のフレームがぶつかってロックとか、ヤバい系の転び方。危ない技にチャレンジしているとかではなく、やっていることは以前からそれほど変わってないんだけどな(;´Д`)



20130622_日高総合公園 (2)



肘も擦り剥きました。ここ一年くらいは《めったに転ぶまい》という根拠の無い自信(というか油断)から、最近では肘プロテクタをしない事が多くなってきていたんですが、肘も着けないとダメだな。



20130622_日高総合公園 (3)



日高の良いところは、緑が多いのに蚊が少ないところ。ここで蚊に刺された記憶はありません。川越運動公園は刺されると猛烈に痒くなる凶悪なのがいっぱいいますし、光が丘でも休憩場所で座っているとけっこう刺されます。



いの~さんとは『週に一回滑っているぐらいではなかなか上手くなりませんねー』という話をしたんですが、ほんとに一週間空くと前週出来ていた事ができなくなっていて、それを取り戻すだけで終わったり、進むより後退しているんじゃないか?と思えることも。新しいことを覚えるどころではないんですよね(;´∀`)



15時半くらいに日高を撤収。自宅に一旦戻ってからフィットネスブーツ(ROLLERBLADE SPARK PRO)に履き替えて家の近所をジョギング。久しぶりに履いたけど靴が軽いし、速くて気持ちいいわー。一時間くらい滑ってゴロゴロ(雷が)鳴り出したので終了。その後夕立が来ました。


6月18日(火曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

仕事帰りに下赤塚で途中下車し、20時少し前に光が丘へ。階段下ではスケボー君たちが、何やら撮影をしていました。



メインコースにパイロンを並べてひと通り基礎技を滑り終えた頃に、じょうすけさんが来ました。別に示し合わせているわけでもなく、二人とも不定期に来ているのですが何故か闇練の遭遇率は高いです(笑



20130618_光が丘闇練



じょうすけさんは、卜(ぼく)が並べた150cm間隔のラージパイロンの横に80cm間隔でミニパイロンを並べ、二人でそれぞれ黙々と練習。しかし、湿度が高くて風もあまりなく、汗が蒸発しない感じ。生命の危険を感じるほどの暑さではありませんでしたが、ちょっと滑っては休む、の繰り返しでした。夜でも熱中症になりかねませんから、ほどほどにしておかないと。



21時半過ぎに、通りがかりの若い女性(と、そのお母さんらしき二人組)が『パイロンズの方ですか?』と話しかけてこられました。聞くと『スケートの練習をしたいが一人だと心細いので、夜でも滑っている人がいないか偵察(下見)に来た』とのこと。以前土曜か日曜の昼にも光が丘に来られたことがあるそうですが、いまは土日は忙しく平日の夜でないと滑れない、と。(ちなみに、インラインではなくクワッドスケートをしているそうです)



ぼくらもいつも来ているわけではなく、夜は来ている人が少ない(・・・というかほとんどいない?)事を話すと残念がっておられましたが、『また来てみます。もしお会いできたらよろしくお願いします』と言われていました。はたして再会はあるのかどうか(^^;



それからしばらくして、卜もじょうすけさんも22時少し前に撤収しました。平日だし、二人とも遠くから来ていますしね(;^ω^)


6月16日(日曜日)/光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

前日の夜から朝まで降り続いた雨も上がり、昼前に外に出てみるともうほとんど路面も乾いていました。これは、速乾性の高い光が丘ならば問題なく滑れるかな?と思い、13時半ころ家を出ました。



自宅から地元駅までの間は全く問題無しに滑って行かれたのですが、成増駅を降りてみると東京の方がたくさん降ったのか雨の上がったのが遅かったのか路面がかなり濡れており、スケートで行くにはちょっと厳しい。《これは・・・光が丘に来るより地元(日高とか川越とか)で滑ってた方が良かったかも?》という考えも過(よ)ぎるほどでした。でも、まぁ、ここまで来ちゃったしねぇ(^^;



とりあえず歩いて公園に向かい、途中で履けそうだったらスケートに履き替えようとテクテク・・・結局、公園北口まで歩いて行くことになりました(;・∀・)



20130616_光が丘 (1)



20130616_光が丘 (2)



北口に到着。アジサイがきれいでした。



20130616_光が丘 (3)



20130616_光が丘 (4)



公園に入ると前日よりもさらに路面はビチャビチャ。前日はかろうじて滑っていかれたのですが、これではとても滑れそうに無く、結局けやき広場までも歩いて行くことになりました(;´∀`)



ちなみに、大人の足で成増駅からけやき広場のいつもの場所までは20分くらいです。大江戸線の光が丘駅が一番近いのですが、成増からでも歩いていけないことはない距離だ、というのは覚えておいて損はないでしょう(?)



20130616_光が丘 (5)



外周路はそんなでしたが、けやき広場は乾いており、問題なく滑れました。問題は、『昨日よりは気温も上がらずに過ごしやすい一日になるでしょう』と言っていた天気予報が信じられぬ蒸し暑さ:(;゙゚'ω゚'):



前日はまだ涼しい風が吹いていたのに、この日はほぼ無風で、生命の危険を感じる蒸し暑さでした。(生命の危険はチト大げさですが(^^;)



まぁ、それでも滑りましたよ。後から来た相馬さんが『今日はなんだかみんな真面目に練習しているな』と呟いていましたが、子どもから大人まで皆さんけっこう真面目に練習していましたよ。



卜(ぼく)は前日滑り過ぎたせいか身体が重くて、滑っている時間より休憩時間の方が長い感じでマッタリ。時間が遅くなるにつれ涼しい風も吹いてきました。



帰路、地元駅から自宅までのCRが気持ち良かったです。初夏の候、日中よりやや涼しくなった夕方に街中を流すのは気持ちが良いものだなぁ、と思います。


6月15日(土曜日)/朝の出勤City Runと午後の光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

この日、午前中は仕事でした。午後雨が降らなければ光が丘へ行こうと、ブーツを持って家を出ました。



家を出て地元駅に着いたところで、地下鉄丸の内線が“赤坂見附駅で起きた火災により止まっている”との情報が。とりあえず池袋駅まで行ってみて、丸の内線が動いていないようだったら有楽町線に回るしかないかなーなどと考えつつ池袋に着くと、銀座までの折り返し運転はしている模様だったので、とりあえず丸の内線に乗る。



路線図を見ながらいろいろ考え、淡路町で千代田線に乗り換えれば国会議事堂前駅に行かれるな、と、淡路町で下車して出札口で振替乗車券をもらって千代田線に・・・乗ろうと思った時に、ふと今日はブーツを持っていることに気付く。Google Mapでルート検索をしてみると淡路町から仕事場までは4km弱。



よし、CRで行ってみよう!ということでそのまま地上に出て靴を履き替えCity Run。・・・の前に、先日火事があった「神田やぶそば」がその後どうなっているか気になったので店の場所に行ってみました。



20130615_神田やぶそば (1)



建物はすっかり解体されて、時間貸しの駐車場になっていました。奥に見えるビルの壁に火事の痕跡が残っています。



20130615_神田やぶそば (2)



看板に“新店舗建設予定地”とあったので、いずれまたここで営業を再開するのでしょう。



さて、淡路町から小川町の交差点を左折。外堀通りを南下して大手町で1国(国道一号線/日比谷通り~内堀通り)へ。都心部は歩道も広いので快適に進めますね。桜田門から国会前交差点のあたりで数十メートルジャリジャリな区間があった他は順調に走って約20分で千代田区永田町の目的地に到着。地下鉄に乗って行くのとそれほど変わらない時間で着いたような。



天気は、微妙。正直いつ雨が降ってもおかしくはない雰囲気が漂っていましたが、午前中の仕事を片付けて昼過ぎに光が丘へ向かいました。丸の内線も10時半頃には運行を再開していたので、池袋から東武東上線の成増で下車し、公園までCRです。徐々に日が出てきたのと湿度が高いのとで、生命の危険を感じる暑さになってきました。(生命の危険はちょっと大げさですけど(^^;



20130615_光が丘 (1)



公園北口から園内に入ってみると、す~ずし~い!ひんやりと心地よい森の空気。しかし、路面が濡れています。滑らぬようにそろりそろりと滑って(?)けやき広場へ。暑さと、不安定な天候のせいか公園は人少なめな感じ。



20130615_光が丘 (2)



パイロンを持って来なかったので、8の字とか、パイロン使わないでできる練習をやってみたりするも、暑くてすぐに日陰に引きこもり。日陰で座っている限りは涼しい。レジャーシート持って来ればよかった。昼寝したい。などと30分くらい一人ぼっちでいたところにAjiさん登場。その後デンジャラっ娘たちやヤマトくんやモナちゃん一家も来ていつもの賑わいに。



ちょっと新しいことを試してみたり、今まで間違っていたことに気付いたり、またしてもできていたことができなくなっていたりで具合がいいのか悪いのかよくわかりませんでしたが、四時間くらいガッツリ、久々に「お腹いっぱい滑った」感アリ。



いつ降ってもおかしくなさそうなあやふやな天気予報でしたが、なんだかんだで最後まで降られずに撤収。残念ながら地元駅に着いたところでポツポツ来だして、自宅までは歩いて帰る羽目になりましたが、関東北部では局地的な大雨が発生している中、土砂降られずに済んだので良しとしよう。


6月9日(日曜日)/自宅周辺をちょこっとRun

Category: 日記・エッセイ・コラム  

この日はプライベートな予定が盛りだくさんで、どこかにスケートをしに出かけるというのは無理めでした。



午後に少し時間ができたので、前日の飯能市民体育館用に交換したフレーム&ウィールを、元の屋外用に戻しました。バラす時に順番がごちゃ混ぜになったのでノギスでウィール径を測って、小さい順から左足の2番目⇒右足の2番目⇒左足の3番目⇒右足の3番目⇒左足の1番目⇒右足の1番目⇒左足の4番目⇒右足の4番目・・・といった風に装着。(1番目がつま先側で4番目がカカト側です)



8個のうち最小のウィールが約72mmで、最大のものは約74mmでした。2012年の3月くらいから使っている80mmのウィールが、今そのくらいまで減っている、ということです。これから暑くなるし、あと半年まではもたないかな。



卜(ぼく)がいままでウィールを使い切ったのは、FILA NRKを買った時に新品で装着したLOOKAのウィールです。やはり10mmくらい減ったところでグリップ感が無くなったのと、街中(まちなか)を走っていて気持ちよくないというか漕いでもぜんぜん進まなくてカッタルくなってきました。



今使っているHYPER250をここまで減らしたのは初めてですが、漕いでも進まない、カッタルい感じはまだありませんね。卜は以前から《76mmのウィールだと進まないんで、街中を走るなら最低80mmは欲しいな》という印象を抱いていたんですが、76mm以下に減った状態で滑っていて街乗りにそれほど不満を感じないのも意外です。



前述のようにフラット~ややアンチロッカリング気味(2番3番ウィールより1番4番ウィールの方がわずかに低い(接地する)セット)にしたせいもあると思うんですけど。NRKにLOOKAの時は2番3番ウィールに大きな径のものを嵌めて(ウィールロッカリングして)いたから。



まぁ、でも交換直後は曲がりにくいのは確かなので、次の週末にスラロームをする時のために少しウィールを削っておこうと思い、自宅周辺を約10km、一時間ほど滑りました。初夏の候、日中よりやや涼しくなった夕方に街中を流すのは気持ちが良いものだなぁ、と思います。


6月8日(土曜日)/飯能スケートパーティ

Category: 日記・エッセイ・コラム  

今年で四回目の飯能スケートパーティ。卜(ぼく)は第一回目から毎年参加をしていますが、午前中行かれずに午後からとか、朝から居たけど途中で帰ったとかで、開会式から閉会式まで一日居たということがありませんでした。



今年は開会式から閉会式まで・・・と思ったら、朝起きてから体育館用のフレーム&ウィールに交換をしたり、昼食のおにぎりを作ったりしているうちに気が付くと10時半過ぎΣ(´∀`;)



20130608_飯能スケートパーティ (1)



結局体育館に着いたのは開会式終了後でした。



まず、ベンチに座ってスケート靴を履き、椅子から立とうとした時にいきなり立ちゴケしそうになりビックリ(*_*;



出がけに替えてきたバナナフレームに76mm×4のロッカリング状態と、体育館のツルツル床に《あれ?こんなんだっけ?》と戸惑いを覚えます。



考えてみたら、最後にこのセットで体育館を滑ったのっていつだっけ?昨年の二月にRB10を買ってからは体育館練習に来たことが無かったし・・・昨年のHSPで一度だけ同じセットで滑ってたな。その日以外はずーっとフラットのセッティングでしか滑っていないし、体育館も御無沙汰でした。



昨年のHSPの時にはこれほどの違和感がなかったように思うんですが、とにかくまともに滑れません。これは弱った。スピードスラにエントリーしちゃったけど大丈夫かな?(;・∀・)



もう、慣れるしかないんで、FSS発表会の観戦や昼食を挟んで、スピスラレーンで練習練習。今年はナガヤマさんも飯能に来てくれたので、スピードスラロームレーンでタイム表示が出るようになりました。(昨年までもナガヤマ機材をレンタルしていましたが先着判定機のみだったのです)



何度も練習しましたが7秒台前半でパイロンキック無しにいける時もあればゆっくり行こうとしてパイロン刈りまくりな時もあればで、運を天に任せるより他にはない状態。



そして、ボードに貼り出されたトーナメント表を見たら、初戦の相手が光が丘のけいちゃん(^^;



けいちゃんもそれを見て『あれ、なんでこの組み合わせ?なんか、何年か前に同じような光景を見たような気がするんですけど』と(笑



一昨年はパイロンキック数の少なかったけいちゃんが勝ち抜けたのでしたが、今回も卜が勝つには相手にパイロンを蹴ってもらい、自分はノーミスでいく以外にはありません。実力からいっても。要するに、運を天に任せるより他にはない状態(;^ω^)



迎えた本番で、はたして、スピードでも負けていましたがパイロンキックの数で圧倒的に負けました。後から考えれば全力ダッシュをかまして少し相手を焦らせた方が良かったのかも(^^;



運を天に任せるより他にはない状態から脱却できるのが一番いいんでしょうけどね (´・ω・`)



そんなわけで、この日は閉会式まで居ることができましたが、二回ほど足裏が攣ってブーツを脱いだり。水分はマメに補給していましたが塩が足りなかったか?(館内ものすごい湿度だったので熱中症の前兆だったのかも?)



そして、最後までロッカリング状態と体育館のツルツル床に慣れることなく終わったのでした。


6月6日(木曜日)/光が丘の吐瀉物問題

Category: 練習  

20130606_光が丘闇練 (1)



仕事帰り、19時半過ぎに光が丘へ。広場は人がいっぱい。



20130606_光が丘闇練 (2)



いつもの木曜飲み会連中が管理棟前に、体育館の前には高校生の男女が40~50人(もっといたかも)で、ダンス(振り付け)の練習(体育祭の応援の練習か何か?)をしていました。



こないだの土日に、メインレーンのスタート地点付近や水飲み場近くの外灯の足元辺りにあった“吐瀉物痕”は、まだ消えずに残っていました。砂をかけて擦るか水で洗い流さないと落ちないかも(ーー;



そして、吐瀉物をあちこちに撒き散らしているのが、この日もいた木曜飲み会連中。飲み方が以前に比べてエスカレートしており、一気飲みを繰り返しては所かまわず吐く。それも5人も6人も。あんな飲み方をしていたら、そのうち急性アル中で死ぬ奴が出るんじゃないかと。



さすがに卜(ぼく)がパイロンを並べているメインコースには近寄ってきませんが、管理棟の前から公衆便所の間の植え込みや排水溝あたりは酷いことに。どこかに通報して、あそこで飲み会をするのを止めさせた方がいいかなぁ。



スケートの方は、先の土日のボロボロな感じからは立ち直ったっぽい。けど、珍しく何度も転びました。最近ほとんど転ぶことがなくなってきたんですけどバランス感覚がおかしくなっているのかな?


6月2日(日曜日)/日高総合公園

Category: 日記・エッセイ・コラム  

この日は天気が悪くて滑れないかと思っていたら予報がうまい具合に外れたので、15時半頃日高へ。



前日あまりにボロボロだったのを何とかしたいな・・・と思ったのですが、この日も調子は最悪。もう何もできなくなっている感じ。フロントクロスでもバッククロスでもパイロンなぎ倒しまくり。いったいなんなんでしょうね?



20分くらい滑ったらもう嫌になったので、パイロンを片付けて外周へ出ました。1.6kmの外周をゆっくりペースで2周して撤収。もの足りない感はあるものの滑っていても楽しくないので仕方ないですね。まぁ、こういう時もあるか。



« »

06 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
光が丘カップ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS