FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

6月25日(火曜日)/光が丘闇練と御器齧り

Category: 練習  

この日は昼過ぎに都内各地で集中豪雨がありました。闇練をしようと朝ブーツを持って出たものの《夜までに路面が乾くだろうか・・・?》と心配しましたが、夕方までにはだいぶ乾いてきたので「速乾性に優れた光が丘(の、けやき広場)ならば滑れる」ことを信じ、仕事帰りに成増で途中下車して光が丘へ。



公園に入ると外周路は4~5割の乾き具合でしたが、濡れた場所も気をつけてゆっくり行けば滑れない事はない感じで、20時を少し回った頃けやき広場に到着。すると、じょうすけさんがパイロンを並べているところでした ^ ^



20130625_光が丘闇練 (1)



先週同様メインコースに150cmと80cmで1レーンずつ。そして、いつものように淡々と滑っては休みの繰り返し。動いていると汗ばみますが、風が涼しく気持ちの良い夜でした。



昼間の大雨のせいでしょうか、いつもいるスケボー君たちもおらず、いつもはどこからか聞こえてくる管楽器練習の音色も聞こえませんでした。時折通りかかる人はいるものの、いつもより静かな雰囲気。



卜(ぼく)はひと通り基礎技を滑った後に、こないだの日曜日に初めてできるように(パイロンに絡めるように)なった鬼足の逆面の復習を・・・アレ?既に忘れかけている?!;゚Д゚)



・・・結局イチからやり直し的なことに (´・ω:;.:...



苦手練習と言えば、クローズターンの反時計回りもずーーーっと続けているのですがなかなか進歩がありません。クローズターンには大雑把に言って1軸のもの(足をハの字にしてクルっと回るような感じの)と2軸のもの(梁川さんスタイル)がありますが、卜がやろうとしているのは2軸のほう。飛燕の中でやると、時計回りが2軸で反時計回りが1軸のクローズターンになってしまうんです。その原因としては回りだす先行足(反時計回りの時には、利き足でない左足)のアウトエッジに上手く体重が乗せられないこと。



それと、もうひとつの問題は先日上尾でfranceさんからも指摘された回転時の上体のブレ。



それらの課題をクリアするために、きわめてゆっくりと、時に上半身は腕組みをしたりしながら、苦手側のいわゆる片面飛燕を繰り返し練習しています。



ところで話は変わりますが、じょうすけさんが言うには『きょうはゴキブリが走り回っているから気をつけて』と。卜はしばらく発見できませんでしたが、そのうちにパイロンの間をカサコソと走り回っているのを見つけました。



※以下【画像閲覧注意】(;^ω^)



20130625_光が丘闇練 (2)



20130625_光が丘闇練 (3)



写真を撮ろうと追いかけると、排水溝の中へ逃げて行きました。じょうすけさんは排水枡を指して『この蓋を開けたらウヨウヨいるかもね?』と言ってましたが、それはちょっと想像したくないな(^^;


スポンサーサイト




« »

06 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS