FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

熱中症予防に“暑熱馴化”の身体作り

Category: 日記・エッセイ・コラム  

梅雨が明け週が明け、先週までとは比較にならない暑さがやってきた東京(埼玉も)。職場のある千代田区の防災用放送施設からも毎昼間に、熱中症の注意を呼びかける声が流れています。先週まで“生命の危険を感じる暑さ”などと言っていたのが、実はそれほどでもなく「真に“生命の危険を感じる暑さ”はこれから始まる」というのを思い知ることとなりました(^^;



熱中症になりやすいのも身体が暑さに慣れていないこの時期。特に梅雨明け後10日間は『魔の期間』と呼ばれているらしい。冷房の効いた場所にじっとしているのはかえって良くないようで、暑熱馴化(しょねつじゅんか。暑熱順化、とも)といって積極的に暑さに体を慣らしていくのがよいと言われています。



ちょっと調べてみたら暑熱馴化を促す方法として紹介されているのが



  1. 半身浴やサウナで汗をかく


  2. ウォーキングで汗をかく


  3. 自転車をこいで汗をかく


等で、運動強度を上げるほど馴化速度は早くなるそうです。例えば10分のウォーキングを一日5回、休憩を挟んで行えば、早い人で4~5日、遅くとも一週間程度で暑さに慣れるとか。運動初日よりもバテ感が減っていくのが、馴化が進んでいるサインだそうです。(※注:途中で熱中症にならないよう、休憩と水分補給を十分行いながら進めていくこと)



また、せっかく馴化しても運動をやめたり暑さに体をさらさない日が続くと効果は薄れてくるので、続けることが大事だ、とも言われています。



平日闇練大事デスネ(゚∀゚)!?



卜(ぼく)がスケートを始める以前と以後で変わったなぁと思うことがあって、そのひとつが汗のかき方。運動を開始してから汗の出始める時間も短くなったような気がするし、汗の質もべったりしたものからサラサラしたものへ変わってきたような気がします。以前は濃色のシャツなどを着ていると汗をかいた後の塩分でツキノワグマのように首周りが白くなったものですが、そんなに塩を吹くことがなくなってきました。インラインスケートのような有酸素運動を継続的に行うことによって、知らずのうちに汗腺を鍛えていることになっているのかしら?


7月9日(火曜日)/油断ならぬ暑さの光が丘闇練

Category: 練習  

さて、各地で真夏日を記録したこの日、夜になっても30℃近い気温があり蒸し暑かったのですが20時少し前にけやき広場へ。スケボー君が一人、階段下ではなく裏側にいて、あとは先日階段上でダンス練をしていた女子高生らしき集団がこの日もいたぐらい。人少な目。



そういえば、広場の、売店寄りの方の床にこんなペイントがあるのに気付きました。



20130709_光が丘闇 (1)



20130709_光が丘闇 (2)



園内を周回するジョギング(ウォーキング)コースが設定されたのかしら?



メインコースにパイロンを並べて基礎技をひと通り。ウォームアップが終わった頃にじょうすけさんが来ました。そしてブーツを履きながら『靴底に熱が溜まってる!』と。時間ができたら闇練に来られるよう、いつもブーツを車載しているのだが、昼間熱せられたのが夜になっても引かないみたいで(´∀`;



20130709_光が丘闇 (3)



そんな暑さですし、まだ暑さに慣れていないので、休憩ごとに《ちゃんと体温が下がるだろうか?》と身体の具合を確認しながらの闇練でした。この日は風もあったのでまだ良かったのですが、先週までのように“涼しい風”と言えるようなものではなくなってきました。もちろん、無風よりはマシですけれど。真に“生命の危険を感じる暑さ”はこれから始まるのだなぁ・・・。



卜はいつものように大蛇・小蛇・鬼足の両面と、飛燕を。前回は20本1セットを2セットでしたが、暑くて一気に20本はキツイかなと思ったので10本1セットにして1セットごとに休憩。4セット滑りましたが30本過ぎてからは体力と集中力がなくなってミス多発でした。(ちなみに「パイロン蹴ったり不通過は本数をカウントしないでやり直し」ルールでやってます(^^;)



じょうすけさんを残して21時半過ぎに撤収しました(が、たぶんじょうすけさんもそれからほどなくして撤収したと思います)。


7月6日(土曜日)/梅雨明けの光が丘

Category: 練習  

関東甲信越地方の梅雨明けが発表され、いきなり各地で猛暑日を記録したこの日、Leoと光が丘へ行きました。成増駅から徒歩で行きましたが暑い暑い。公園に着いて木陰に入るとヒンヤリで少しホッとしました。まずは公園売店でアイスを買って、けやき広場のいつもの木陰に椅子を出して休憩。着いたのがいつもよりやや早めの13時半過ぎで、まだだれも来ていませんでした。



暑さで靴を履く気にもなれないしパイロンも持ってこなかったしでしばらくボーっとしていたら大和君が来ました。その後アイリちゃん一家やミハナちゃんハルちゃんらも来て、メインコースにパイロンを並べましたが、時折吹く強い風にパイロンが飛ばされまくるので二枚重ねにしました。ただ、この日はこの風にだいぶ助けられた(多少暑さが和らいだ)かも。



そのうちにアイリちゃんパパから皆さんにアイスバーの差し入れ。その後やってきたトモくんママからもアイスの差し入れ。滑ってはアイス(?)な一日でした。また、この日は1.5リットルの大きな水筒を持ってきていたのですがほとんど飲み切りましたね。



前回の日高ではロクに滑らなかったLeoは光が丘へ来るのも約一ヶ月ぶりでしたが、この日は珍しく真面目に練習。飛燕のおさらいとワンフットをやりました。ワンフットは、パラレルから徐々に片足を上げる時間を長くしていく練習方法(相馬メソッド?)で、繰り返し練習しているうちにただパイロンを左右にかわすだけでなく、片足を上げた時にスピードが落ちないよう膝を使って推進力を得る(片足で漕ぐ)感じがわかってきたのか、以前は助走の勢いが続かずにパイロン15個分の距離を行かれなかったのが、行けるようになって来ました。



どういう風の吹き回しか滑る気満々のLeoは自分から『外周に行きたい』と言うので、外周にも出ました。ほぼ木陰なので、のんびりペースで滑っている限りは涼しくていいですね。



久々にまとめて滑ったのでさすがに足が疲れたのか夕方早めに靴を脱ぎましたが、その後は同じようにスケート靴を脱いだアイリちゃんとかけっこで対決(?)していました。二人は同じ学年で、速さもいい勝負かな?



17時半に撤収し、お誘いいただいた相馬宅の焼肉パーティへ。まだ、夜になれば暑さはしのげますね。



20130706_相馬宅


7月4日(木曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

20時少し前にけやき広場に到着。この日は15時頃まで雨がポツポツ降っていたのでどうなる事かと思いましたが、来てみたら問題なく滑れました。広場にいたのは階段下のスケボー君たちと、体育館前のダンス練習の子たち、そして卜(ぼく)と五木さん(←この日も出た!)・・・という、いつもの(?)メンツ。



昼間は湿度が高く、汗をかいても乾かない、蒸し暑い一日でした。夜になって多少マシになりましたが、動いているとどんどん体温が上がっていく感じなので適宜休憩を取りながら、こまめに水分塩分を摂りながらの闇練でした。



20130704_熱中飴



この時季は仕事場に、塩分補給用の「塩タブレット」や「熱中飴」が沢山置いてあり、自分のカバンの中にも何粒か常備しています。スポーツドリンクもいいんですけど、糖分の摂りすぎになりがちなので、水筒に入れた氷水と熱中飴の組み合わせを用いています。



20130704_光が丘闇練



基礎技ひと通りの後、飛燕を練習。苦手側の片面飛燕が割と安定してきたので両面でやってみようかな、と。ただし、ちょっとでもスピードを上げようとすると途端に雑な感じになって破綻するので、ゆっくり丁寧に。20本1セットごとに休憩を入れて《5セット(100本)いけるかな?》と思ったのですが、2セット滑って3セット目に入ったところからミスを連発でどうにも進めなくなったので中止。もう足が持たんのですわ(´・ω・`)



これより先に進むためにはスクワットとか、スケートで滑る以外に日常的な筋トレが必要ではないか?という気もしたのですが、しばらくは「毎回(の闇練で)最低30本は滑る」のを目標にしてみます。



この40本+αの飛燕の後は鬼足や大蛇・小蛇の両面などを約30分滑って21時半過ぎに撤収。帰る頃にはだいぶ涼しくなってきて、成増駅までと地元駅~自宅までのCRが気持ち良かったです。


7月2日(火曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

19時半過ぎにけやき広場着。卜(ぼく)が着いたのと同じ頃、階段下にスケボー君たちもやってきました。階段上の光のアーチの下では十数人の女の子たちがダンスの練習をしていて賑やか。この日は通行人も多かったし前週の閑散とした雰囲気とは違い、「人がいる感」(?)がありました。



風がやや強めに吹いてきたので《これはニワカ雨でも来るのかな?》と思いましたが、それも無く。



20130702_光が丘闇練



前の日曜日から始めたOスピンを練習してみました。巻くパイロンを蹴る確率が8割ぐらいだったのが5割くらいまで下がりました。その他、鬼足(苦手側)は一進一退だし鬼足(得意側)はむしろ一退な感じだし小蛇(苦手側)と片面飛燕(苦手側)はちょっと進んだ気もするけど、いずれにせよ練習のたびに好不調の波が激しいっていうのはまだモノになっていない証拠。



比較的涼しかったこともあって、あまり休憩も取らずにガッツリ二時間滑って足も終わりかけ、21時半過ぎに撤収。


6月30日(日曜日)/光が丘

Category: 練習  

成増からCity Runで公園北口へ。外周を回って14時半頃けやき広場へ。暑さと上り坂と路面の悪さで公園に着くまでは難儀ですが、その分公園に入ってからの涼しさと極上路面が気持ちイイ!( ・∀・)



20130630_光が丘 (1)



この日出かける前にウィールのローテーションをしたら、またアンチロッカー気味になりました。最小ウィールと最大ウィールの径の差は2~3mmくらい。週末だけならまだしも平日も滑っていると、週に一回くらいはローテーションをしないと大きさが揃ってこないかも。



・・・っていうか、この日の光が丘でたまたまウィールローテーションの話題が出て、Ajiさんが『毎回滑る度に入れ替えているから、最小ウィールと最大ウィールの径の差がいつも1mm以内に収まっている』と言っていたから、本当は滑る度に入れ替えるぐらいがいいのかも。



20130630_光が丘 (2)



一般の来園者が多く、それもヨチヨチ歩きの乳幼児とか、小さいお子さんがたびたびメインコースを徘徊していました。あんまり集中して滑れませんでしたが、週末はのんびりまったりがいいのかも。ガチで滑ると暑いし(^^;



アライさんや大谷さん、卜(ぼく)らがモナレーンに5つだけ並べたパイロンでBスピン(between the cones...パイロン間でのスピン)やOスピン(on the cones...パイロン巻きのスピン)の練習をしていたところ、けいちゃんがやってきて技のコツをレクチャーしてくれました。考えてみたら、卜(ぼく)は今までOスピンってまともにやってみたことが無かったです。Bスピンは大蛇や飛燕の最後に出てくる決め技なんで練習していましたが、OスピンはBスピンよりもタイミングがシビアで難しいですね。どうしても巻くパイロンを蹴ってしまいます。



80cmレーンではバックネルソンみたいなFSSの技を子どもから大人までみんなが一斉にやりだしたので卜もやってみましたが、これもなかなか思うようにできない。先日ボルテ練が流行った時にもやってみましたがぜんぜんできない。以前教わったエックスもエックスバックも、いまだにできないというか真面目に練習してない(練習する気が起きない)。苦行を避けずに、根を詰めてやらないとできるようにはならないんだろうなー。・・・と、ちょっと他人事のように言ってみる(;・∀・)



やることも無くてマンネリになるから新しいことにも挑戦していかないとなんだろうけど、どれも壁が高すぎてねぇ・・・。


6月29日(土曜日)/日高総合公園

Category: 練習  

20130629_日高総合公園



スケートを履くのは6月1日の光が丘以来のLeoと一緒に、Linomの新体操練習の送り迎えの合間を縫って日高総合公園へ。テニスコート裏のいつもの場所にパイロンを並べて10分くらいスラロームのおさらいをしたら、Leoはもうパイロンには入りたがらず、一人で外周コース(1,329m)へ出て行きました。彼が戻ってきたら今度は卜(ぼく)が一人で外周へ。荷物番もあるので交替です。



しかしココの外周も、卜が初めてこの公園に来た時から比べるとだいぶ路面が荒れてきましたねぇ。特に南東側の、せせらぎ水路がある森の辺りはガタガタで、あまり気持ち良く滑れません。



卜が外周からスラ場に戻るとLeoは『ターザンロープで遊んでくる!』と言って、靴を脱いで森へ行ってしまいました。それから30分ほど一人でスラローム練習。通りがかりのサッカー少年たちから『見て見て!あのおじさんスゲー!』と歓声が上がりますが、そんなに凄いことをやっているわけではありません。素人の小学生は、ただクリスクロスをやるだけでも喜んでくれます(^^;



そうこうしているうちにLinomを迎えに行く時間が迫り、森の遊具で遊んでいたLeoを拾って撤収しました。



この日卜らの他に公園に居たsk8erは、浄化センター前あたりの緩い坂でスキーのストックを使って滑っている人(←わりと良く見かける)と、RB-8を履いて外周路を何度も周回している人の二人でした。


6月28日(金曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

来るつもりはなかったんですが、梅雨の時季は《いつ雨が降るかもしれない》と思うと《滑れる時には滑っておかなくては!》という心理が働き、ついつい来てしまった光が丘。しかし、平日闇練サイクル(しかも一日おき)に身体が慣れていないというか、さすがにこの日は少々疲れ気味。30~40分くらい基礎技を滑ったら、あとはもうボーっと座っている時間の方が長かったです。



20130628_光が丘闇練



レジャーシートか何か、敷物を持ってきて昼寝(というか夜寝?)をしたいくらい、心地よい風が吹いていました。池のほうから時々『モ゛ー、モ゛ー』とウシガエルの鳴く声が聞こえました。



この日も広場には卜(ぼく)の他に人はおらず、閑散としていました。梅雨の時季は《いつ雨が降るかもしれない》と思うと《不用意に出かけるのは止めよう》という心理が働き、公園の人出も少ないのでしょうかね?(^^;


6月27日(木曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

19時半頃にけやき広場へ。気温・湿度ともに低く、涼しい風も吹いて過ごしやすい夜でした。



20130627_光が丘闇練



毎週木曜日に管理棟前で酒盛りをしていたどこかの大学のテニサー連中が、この日はいませんでした。体育館側のレストラン前あたりには、ウインドウを鏡代わりにダンスの練習をしている高校生らしき男女がいます。



卜(ぼく)が帰る頃に入れ替わりでスケボー君たちが来るまでは通りかかる人も少なく、静かな広場には“シュッ”“ザーッ”という漕ぐ音と“カポッ”“パコーン”とパイロンを蹴る音だけが鳴り響いていました。



一人の時は他に誰か居る時よりも休み無く滑ってしまいがちですね。21時半頃まで約二時間滑ってだいぶ足に来たので撤収。



« »

07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS