FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

熱中症予防に“暑熱馴化”の身体作り

Category: 日記・エッセイ・コラム  

梅雨が明け週が明け、先週までとは比較にならない暑さがやってきた東京(埼玉も)。職場のある千代田区の防災用放送施設からも毎昼間に、熱中症の注意を呼びかける声が流れています。先週まで“生命の危険を感じる暑さ”などと言っていたのが、実はそれほどでもなく「真に“生命の危険を感じる暑さ”はこれから始まる」というのを思い知ることとなりました(^^;



熱中症になりやすいのも身体が暑さに慣れていないこの時期。特に梅雨明け後10日間は『魔の期間』と呼ばれているらしい。冷房の効いた場所にじっとしているのはかえって良くないようで、暑熱馴化(しょねつじゅんか。暑熱順化、とも)といって積極的に暑さに体を慣らしていくのがよいと言われています。



ちょっと調べてみたら暑熱馴化を促す方法として紹介されているのが



  1. 半身浴やサウナで汗をかく


  2. ウォーキングで汗をかく


  3. 自転車をこいで汗をかく


等で、運動強度を上げるほど馴化速度は早くなるそうです。例えば10分のウォーキングを一日5回、休憩を挟んで行えば、早い人で4~5日、遅くとも一週間程度で暑さに慣れるとか。運動初日よりもバテ感が減っていくのが、馴化が進んでいるサインだそうです。(※注:途中で熱中症にならないよう、休憩と水分補給を十分行いながら進めていくこと)



また、せっかく馴化しても運動をやめたり暑さに体をさらさない日が続くと効果は薄れてくるので、続けることが大事だ、とも言われています。



平日闇練大事デスネ(゚∀゚)!?



卜(ぼく)がスケートを始める以前と以後で変わったなぁと思うことがあって、そのひとつが汗のかき方。運動を開始してから汗の出始める時間も短くなったような気がするし、汗の質もべったりしたものからサラサラしたものへ変わってきたような気がします。以前は濃色のシャツなどを着ていると汗をかいた後の塩分でツキノワグマのように首周りが白くなったものですが、そんなに塩を吹くことがなくなってきました。インラインスケートのような有酸素運動を継続的に行うことによって、知らずのうちに汗腺を鍛えていることになっているのかしら?


スポンサーサイト




« »

07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS