FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

7月15日(月曜日)/Leoの新しいスケートブーツを選ぶ

Category: 購入  

日記の日付は前後しますが、海の日(祝日)にLeoと神田小川町のS-FOURへ行ってきました。そろそろ新しいスケート靴を買おうかなと思って。



Leoのスケート靴もですが光が丘のミハナちゃんやハルちゃん、アイリちゃん(K2 ANNIKA)やモナミちゃん(RB SPITFIRE FLASH)ら、子どもたちが履いているスケート靴もだいぶ傷んできました。ボタンを押し込まないと動かないはずのサイズ調整の機構が壊れて、滑っているうちに勝手にサイズが変わってしまったりとか。ウィールも買ったときに付いていた物はコアが出そうなほど減っていたり。



ハルちゃんは自分のスケート靴が壊れかけたので、最近はあまりスケートを履かなくなった弟のテルくんのスケートを借りて滑っていましたが、新しい靴を買ってもらったようです。『城南島の大会が終わったら履き替える』と言っていたので、次に会う時には新しいスケートを履いているかな?アイリちゃんやモナミちゃんもお店に行ったりネットなどで次に履くのを物色しているようです。



さて、S-FOURでまず試し履きをしてみたのが、ウワサの“SEBA FR JR.”でした。独特なカップ状のインソールを重ねて足の前後や甲高等のサイズを調整する仕組み。シェルは、大人用のをまんま小さくしたよう。ちなみにLeoの足の大きさは18.5cmで、普段履いている靴のサイズは19cmです。これがまた微妙なサイズで、子ども用スケート靴の多くが20.5cm~21cmくらいを境目にSとMのサイズ分けをしているのです。「いまさらSを買ってもだけど、Mだとまだ少し足が小さいかな?」という(^^;



で、SEBA JR.は一番小さいインソールに足を合わせてみても前後が2~3cm空く感じ。でもインソールを全部重ねて入れると足の甲部がキツくなって本人曰く『靴の中で足の指が開けない』とのこと。この靴に合う足のサイズは20~23cmくらいではないだろうか?そして、22cm~の子ならJr.を買わずとも大人のSEBAという選択肢も上がってくるので、このモデルの存在が微妙なところ。値段は普通のFRを買うよりだいぶ安いのと、足の大きさが変わっても調整できる幅が大きいというメリットはあるのですが。



次に履いてみたのはFILA WIZY ALUという、6005 series aluminium CHASSIS(アルミフレーム)が付いたジュニアスケート。マイクロアジャストという調整機構によりEU32~35(21~22.5cmぐらいか)のサイズに無段階で可変。これを一番小さくして足を入れてみました。一番小さくてもLeoの足サイズより表記は大きいのですが、思ったよりピッタリ。履き心地も『悪くない』とのこと。



その次に履いたのがK2のRAIDER SL(普通のRAIDERとは違い、靴紐を引くだけで締められるスピードレーシングという機構を採用している。値段も普通のRAIDER+¥2,000くらい)で、これは今Leoが履いているものより1サイズ大きいM(19.5~23cm)を履いてみました。やはり一番小さい状態で、紐や甲部のベルトをキッチリ締めても『なんだか少し緩い感じがする』とのこと。スケート靴を履いた状態で片足立ちをしてみると、たしかに左右に倒れる感じもあります。K2は足当たりがいいので子どもの一足目(はじめてのブーツ)には最適なんですが、いろいろな意味で「柔らかい」ブーツなんですよね。オールブラックの見た目はLeo本人も気に入ったようでしたがとりあえず保留。



ところで話が少し脇道に逸れますがK2のジュニアスケートはここ最近、一番安いモデルの質感や実際の耐久性が以前に比べて落ちているような気がします。光が丘の子どもたちが履いているANNIKAやLeoが履いているMERLINと、同じ2010年モデルでもひとつ上のグレードのMissyやMOTOあたりではヘタリ具合がまるで違います。K2のジュニアスケートを買うんだったら一年半~二年で使い捨てるつもりで一番安いグレードのを買うか、長く持たせたいなら¥5,000ぐらい価格が上がっても一つか二つ上のモデルを買った方が長い目で見ると得になると思います。



四足目に履いたのはROLLERBLADEのSPITFIREで、これもサイズはM(21~23cm)を。足を入れるなりLeoが『これは良い』と。履き心地やフィット感は良いみたいです。片足立ちをした時に左右にヨレ(倒れ)ず、直前に履いたK2のものより外から見てもしっかりした感じがあります。大人用のフィットネスブーツなんかもそうなんですけど甲部のベルクロバンドが他社のものと比べて丈夫で、しっかりと締められるように感じますし、足首周りのサポートもしっかりしています。要所の補強や縫製など作りの良さは三社(ROLLERBLADE,K2,FILA)の中でも一番良い気がします。



残念なのはアルミフレームを装着した上位モデルがS-FOURには在庫が無かったこと。SPITFIRE (ALU)は「ジュニアスケートにはややもの足りなさを感じてきたが大人用のハードシェルブーツを買うにはまだ早い」という層に人気があるようで、J-sk8やWebsportsなどのネット通販店でも一番先に売れて、すぐ在庫切れになるみたいです。



・・・と、いろいろ試し履きをしたりして、結局買ったのはコレ。



FILA_WIZY_ALU (1)



FILA WIZY ALU (BOY)。決め手は足回りの剛性感でしょうか。(もしROLLERBLADEのSPITFIRE (ALU)があれば、それと迷ったかもしれません)まぁ、ROLLERBLADEのSPITFIREとか同じFILAでもX-ONEなどに比べると他に履いている子が少なそうなところはいいかもしれません(^^;



ブーツの詳細や、実際に履いてみての感想(自分では履けないのですが)などは、また後日ということで。


スポンサーサイト




« »

07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS