FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

8月7日(水曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

20時過ぎに光が丘へ。立秋とは名ばかりの暑さで、風も吹いてはいるけれど生温かく感じます。ι(´Д`υ)



20130807_光が丘闇練 (1)



広場の奥で花火をしている人たちがいました。



20130807_光が丘闇練 (2)



階段下にはスケボー君たち。夜にしては人数が多めだったかな。



20130807_光が丘闇練 (3)



死んだ蝉や死にかけの蝉がたくさん転がっていました。滑っていると突然「ジ・ジジ・・・」と足元から飛び立ったりするので(蝉爆弾)ビックリします (´∀`;)



20130807_光が丘闇練 (4)



ショウリョウバッタもやって来ました。



いつものように基礎技ひと通り、小蛇と鬼足の両面(各10本ずつ)の後で飛燕を20+20+10で計50本滑って、これでだいたいスタートから一時間半。21時半過ぎに公園を後にしましたが、森ではまだ盛んに蝉が鳴いていました。彼らは寝ないのかな?24時間営業なのかな?!



(※説によると気温とか明るさの関係で、昼間と勘違いして鳴くらしいです)


心の声と天の啓示

Category: 日記・エッセイ・コラム  

先日、久しぶりにFILA NRKを履いてみました。卜(ぼく)が現在使っているROLLERBLADE RB10の前に履いていたブーツです。



そうしたら、すっげー楽。楽っていうのは履き心地が良いということではなく、ブーツが勝手に滑ってくれるような楽さ。レスポンスも良いので無駄に力を入れる必要もありません。



RB10は、ゆるゆるブーツなんだなぁ。と、履き比べてみてあらためて思いました。足首上のサポートがほとんど期待できない。このユルさに慣れてしまうとSEBA FRなんかに比べたらはるかにルーズなNRKですらタイトに感じてしまうという・・・(^^;



それはそれでいいのですが、一方ではタイトでレスポンスの良いブーツを求める心も生じつつあります。最近苦行が続いているので《もっと楽をしてもいいんだよ?》という心の声というか、悪魔の囁き(?)が聞こえ・・・。



今持ってるNRKをメンテして履けばいいんだろうけどカフバックルの差込口にはヒビが入っているし、インナーもヘタってるし穴だらけだし。



実は先週S-FOURに行った時に、SEBA FR1を衝動買いしかけたのです。ところが卜の足に合うサイズが売り切れで買えませんでした。(たぶん在庫があったら買ってました)



FILA NRKの新品も超お買い得(というか破格値と言ってよい)な値段になっていたので《それでもいいかな?》とも思ったのですが、NRKのROADの方はやはり卜の足に合うサイズは売り切れ。プラシェルの方は在庫がありましたが《また同じブーツを買うのもなぁ・・・どうせ買うならROADがいいなぁ・・・》と、手が出ませんでした。(もしNRK ROADの自分に合うサイズの在庫があったら買ってました)



一時は買う気満々になったのでスカされた気分。でも、こういう買い物には勢いも大事だけど「巡り合わせ」ってあるじゃないですか。SEBA FRやNRK ROADが在庫切れだったのも「今はまだ買うな」という啓示なのかな?と思ったりもするのです。


8月4日(日曜日)/光が丘

Category: 練習  

Leoと二人で14時過ぎに光が丘へ。この日の一番乗りはアベファミリーでした。



けやき広場に着くも暑いのですぐには滑り出さず、まずは売店でアイスを買ってきて休憩(^^;



その後Leoと基礎練トレイン。パラレル・スネーク・クロスを10本ずつ。久しぶりに「よーいスタート!」でLeoのタイム(パラレルで)も計ってみたところ8秒台前半。もうちょっと(タイムが)落ちているかと思ったらそうでもなかったですね。また練習を始めればすぐに8秒は切れそう。



ところがここでLeoにアクシデントが。左足内側くるぶし痛の再発です。100均インソールを入れてからしばらく大丈夫だったので何とかなるかと思ったらダメでした。無理をして新しいブーツに慣れるよりも、古いブーツに戻してしばらく様子を見た方が良いのかもしれないな。



というわけでこの日のLeoのsk8はこれで終了。あとは前回光が丘に来た時に目覚めた木登りとか、水路で水遊びとかをしている間に卜(ぼく)はこの日も飛燕30本。そして久しぶりにデュアル(高速ワンフット)練をしていたらいきなりマツキヨが絡んできましたが勝てるわけないっつーの(; ・`д・´)



『クローズターンの秘密(?)を解明したい』というAjiさんが、相馬ママに大蛇を滑ってもらい、いろいろな角度からVTRに収めていました。相馬ママのクローズターンは、クローズした足をハの字にして同時に回っていく、いわゆる“一軸型”のターンで、これがまた綺麗に回るのです。クローズターンは最近光が丘の子どもたちの課題にもなっているので、指導役のAjiさんとしてはママのターンをお手本としても記録しておきたいと。



ところで(これは以前も書きましたが)卜が最近打ち込んでいる飛燕では“二軸型”のクローズターンを練習しています。



一軸型も二軸型も後ろ足から前足(先行足)への重心移動がキモだと思うのですが、二軸型の場合は重心移動に伴ったエッジの使い方(先行足がインエッジ→アウトエッジに移行すると同時に後ろ足がアウトエッジ→インエッジに移行する)が大事で、これがなかなか思うようにいかないのです。もう少しで山を越えられそうな気はするんですがねぇ・・・(´゚'ω゚`)


8月3日(土曜日)/光が丘

Category: 練習  

13時過ぎに光が丘へ。九十九里ハマヲさんが来ていました。その後Ajiさんがやって来て、14時半頃までは三人。



ハマヲさんも最近あらためて飛燕を滑り込んでいるとのこと。メインコース右レーンでは卜(ぼく)、左レーンはハマヲさんで30本飛燕。この暑さでは一度に30本ぐらいが限界ですね(^^;



その後ウィールのローテーション。8輪のうち最小のものが73mmを切るぐらい。最大のものは74.5mmくらいでした。一番大きいのを右足4番(カカト側)、順に左足8番⇒1⇒5⇒3⇒7⇒2⇒6というオーソドックスなやり方で、交換直後はややアンチ気味になります。今までより平日に滑る回数が増えたのと夏場の暑さ(路面の熱)もあって、最近はさすがにウィールの減りも以前より早くなってきたかな?


7月30日(火曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

前週は天気が悪く、平日の闇練ができませんでした。この日も午後になると空のところどころに黒い雲が現れ、今にも降り出しそうな怪しい雰囲気が漂いはじめましたが、『ゲリラ豪雨も山沿いが中心になり、市街地では次第に起こりにくくなります』という天気予報を信じ、雨が降りませんように (>人<) と祈るような気持ちで19時頃に光が丘へ。



20130730_光が丘闇練 (1)



20130730_光が丘闇練 (2)



20130730_光が丘闇練 (3)



着く早々にパイロンを並べ基礎技をひと通り+小蛇と鬼足両面。バックスネークやバッククロスが、いつ頃からか、苦手側と得意側が(左振り向き左足先行がレギュラーで右振り向き右足先行が苦手側だった)入れ替わったような気がします。レギュラーと思っている側がどうもしっくりこない。そして、前週闇練ができずに間隔が少し空いたら、もう鬼足の逆側がパイロン貫通できなくなっていました。(;´д`)トホホ・・・



その後、スローな飛燕を20本1セットで3セット。いつもより少し早い時間から始めたので100本目指して《行けるとこまで行ってみよう!》と思っていたのですが3セットで力尽きました (;´∀`)



21時に撤収。結局雨は降らずに済んで良かった。



« »

08 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS