FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

8月4日(日曜日)/光が丘

Category: 練習  

Leoと二人で14時過ぎに光が丘へ。この日の一番乗りはアベファミリーでした。



けやき広場に着くも暑いのですぐには滑り出さず、まずは売店でアイスを買ってきて休憩(^^;



その後Leoと基礎練トレイン。パラレル・スネーク・クロスを10本ずつ。久しぶりに「よーいスタート!」でLeoのタイム(パラレルで)も計ってみたところ8秒台前半。もうちょっと(タイムが)落ちているかと思ったらそうでもなかったですね。また練習を始めればすぐに8秒は切れそう。



ところがここでLeoにアクシデントが。左足内側くるぶし痛の再発です。100均インソールを入れてからしばらく大丈夫だったので何とかなるかと思ったらダメでした。無理をして新しいブーツに慣れるよりも、古いブーツに戻してしばらく様子を見た方が良いのかもしれないな。



というわけでこの日のLeoのsk8はこれで終了。あとは前回光が丘に来た時に目覚めた木登りとか、水路で水遊びとかをしている間に卜(ぼく)はこの日も飛燕30本。そして久しぶりにデュアル(高速ワンフット)練をしていたらいきなりマツキヨが絡んできましたが勝てるわけないっつーの(; ・`д・´)



『クローズターンの秘密(?)を解明したい』というAjiさんが、相馬ママに大蛇を滑ってもらい、いろいろな角度からVTRに収めていました。相馬ママのクローズターンは、クローズした足をハの字にして同時に回っていく、いわゆる“一軸型”のターンで、これがまた綺麗に回るのです。クローズターンは最近光が丘の子どもたちの課題にもなっているので、指導役のAjiさんとしてはママのターンをお手本としても記録しておきたいと。



ところで(これは以前も書きましたが)卜が最近打ち込んでいる飛燕では“二軸型”のクローズターンを練習しています。



一軸型も二軸型も後ろ足から前足(先行足)への重心移動がキモだと思うのですが、二軸型の場合は重心移動に伴ったエッジの使い方(先行足がインエッジ→アウトエッジに移行すると同時に後ろ足がアウトエッジ→インエッジに移行する)が大事で、これがなかなか思うようにいかないのです。もう少しで山を越えられそうな気はするんですがねぇ・・・(´゚'ω゚`)


スポンサーサイト




« »

08 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS