trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

9月27日(金曜日)/銀杏臭い光が丘闇練

Category: 練習  

仕事帰りの20時過ぎに光が丘へ。外周に落ちていたたくさんの小枝もだいぶ片付いたようです。天気は晴れ。朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、滑っているかぎりはまだ半袖でじゅうぶんです。



こないだの連休で学祭も終わったのでしょうか。体育館前で踊りの練習をしていた学生集団はおらず。例のフィギュアの親子もいませんでした。スケボーは奥の方に2,3人という今日のけやき広場。公園のあちこちにあるイチョウの木からは早くも銀杏が落ち始めて、あの独特のニオイが漂っていました。



卜(ぼく)が広場に着いた頃、小学生の男の子三人組が広場の端から端までかけっこ。どうやら翌日の運動会の練習(?)のようでした。(ウチの子どもたちの学校も土曜日は運動会でした)



20130927_光が丘闇練



よい気候になってきたのでそれほど休まずに滑り続けることができて練習が捗ります。しかし、デュアルのスタートダッシュの練習を始めるとすぐに足が終わってしまいます(^^;



休憩を除いた正味の滑走時間は一時間ぐらいだったでしょうか。それでも最後にデュアル練をしたせいでガッツリ滑った感がありました。21時半に撤収。


スポンサーサイト

SEBA FRの靴紐

Category: 日記・エッセイ・コラム  

SEBA FRは2011年モデルからシェルの形状が甲部が大きく開いたものに変わりました。卜(ぼく)は個人的には2010年以前のモデルの方が好きだったのですが、一般的には甲部の強い圧迫感により「足に合わない」とか「痛い」という感想も多く聞かれましたから、今のモデルの方がより「万人向け」になったといえます。



卜がFRを買うにあたって店頭で(靴紐を通していない状態で)試し履きをした時には《ずいぶんルーズだなぁ。ひょっとするとFILA NRKよりもルーズかもしれない》と思うほどでした。これは、甲部のフィッティングを調整するには靴紐でどうにかするしかないのかな、と。



標準で付属している紐はシェルの一番下の穴からインナーの一番上の穴まで通せるような長いものだったので《これはそのままでは使わないだろうな》と思い、ブーツを買った帰りにS-FOURの少し先にあるL-Breath(アウトドア用品店)で120cmの靴紐も買っておきました。



帰宅してから、一旦は標準付属品の靴紐を全部の穴に通してみると、思った通り脱ぎ履きが困難に。一番上から順繰りに紐を緩めていかないと足が入りません。締め込む時も下から一つずつ引っ張りながら締めていかないといけません。しかも、締めたり緩めたりがしにくい(幅約12mmという)ワイドな平紐なのです。



以前から何度か書いていますが、卜は脱ぎ履きに時間のかかる靴が嫌いなのでこれは論外です。(FILA NRKの時も初めの頃は上下に紐を分けて通していましたが、そのうち面倒臭くなり上はカフバックルを締めるだけで紐を使わなくなりました)



SEBA FR DX _shoelace



ところでFR Deluxeではインナーの甲部に靴紐を通せるループが付いています。この最下部から上まで、インナーだけに細めの紐を通して締め、アウター(プラスティックのロアシェル部分)には別の紐を通す、というやり方もあると聞きました。アグレッシブブーツではこのようなアウターとインナーで紐を分けるやり方をしている人も居るそうですが、やはり脱ぎ履きは相当面倒臭くなるでしょうね。



では、どこまで通したらいいだろう?と、買ってきた120cmの靴紐を通しながら試してみます。2010年以前のモデルだと紐を通さなくても、甲部のラチェットバックルを締めるだけでも充分タイトに感じるフィッティングでしたので、靴紐もせいぜい下から三番目(甲部バックルよりも下)まで通せば良かったのではないでしょうか?(実際そうして履いていた・いる方が多いと思われます)



SEBA FR DX _shoelace (1)



しかし、現行モデルのFRでは[下から三番目まで紐通し+甲部ラチェットバックル締め]だと、甲部のフィッティングに少し物足りなさを感じます。



SEBA FR DX _shoelace (2)



四番目まで通すと紐を締めた時の甲部のフィット感は高まりますが、紐の結び目がちょうど甲部ラチェットバックルと重なる位置になってしまい、甲部バックルを締めると結び目が足の甲に当たって具合が良くないです。が、買ってきた120cmの紐だとそれより上の穴まで通すと長さが足りなくなってしまい、購入後数日間はこの四番目の穴まで通して使っていました。



SEBA FR DX _shoelace (3)



その後、紐を一番下から一つずつ通しては試し履き、をしてみた結果、四番目の穴まで通して使っているぶんには脱ぎ履きもしやすく甲部のフィット感も得られるのでいちばん良い気がするが、上記のようにラチェットバックルと紐の結び目が当たる問題があるし、その一つ上まで(ロアシェル部分は全部)紐を通しても良いかな?と考えました。



そこで、約230cmある標準付属品の紐を50cmくらいカットして180cmの紐を作りました。端部の処理(切り端のほつれ止め)にはホームセンターで買ってきた「熱収縮チューブ」を使いました。(このやり方はひで爺のwebページなどで紹介されています)



SEBA FR DX _shoelace (4)



ロアシェル部分の穴全てに紐を通すと、少し紐を緩めてからでないと足が入りにくくなりますが、しっかり均等に締めると甲部締付け感はSEBA HIGHのアレに似た良い感じ。ラチェットバックルと紐の結び目も当たらなくなる(結び目がバックルより上になります)ので、しばらくこの状態で使ってみることにします。



細めの丸紐を使えばもっと脱ぎ履き(紐を締めたり緩めたり)はしやすくなるのでしょうが、シェルで覆われていない甲部をインナーの上から紐で直接締めるような感じになるので、紐が細いと痛いんじゃないかな?標準で付いている紐がやけに幅広タイプなのもそのせいじゃないかな?と思ったりも。まぁ、そのうち丸紐でも試してみようと思います。



SEBA FR(特に2011年以降のモデル)を履いている方、靴紐はどのようにしてますか(・・?


にうぶうつ(SEBA FR Deluxe 80)買いました(゚д゚)!

Category: 購入  

一ヶ月くらい前にS-FOURへ行った時に、店内在庫のいろいろなSEBAとかRB TWISTERとかFILA NRKなどをひと通り試し履きさせてもらいました。以前から《いいんじゃないかな?》と思っていたSEBA FR DELUXEが履いてみるとそれほどでもなかったり新しいSEBA HIGH Lightがとても良かったりしたけど値段が高すぎて手が出なかったり、当時S-FOURは決算大セール中だったのでありえないほど安く叩き売られていたNRKはROADが卜(ぼく)に合うサイズ(24~25cm)が在庫切れで、プラシェルのNRKはあったので、《それでもいいかなぁ?でも、また同じ靴を買うのもなぁ・・・》と迷って結局手を出さなかったり、思い切って買おうかと思ったFRのブーツONLYもフレーム一式のセットも卜に合うサイズ(EU38)が在庫切れで、手ぶらで帰ったような話は以前にも書いたような気がします。



そして連休明け、9月17日(火曜日)にフラっと立ち寄ったS-FOUR。takkunに「前に来た時合うサイズが無くて諦めたFRなんだけど、そういえばあの時はDELUXE(DX)を選択肢に入れていなかった。もしかして、DXなら在庫はあるの?」と聞いてみました。探してもらったら『あった!ありました!』というわけで改めて試し履き、今度は両足とも。



「何ていうか・・・たしかにフカフカで履き心地は良いんだけど、安っぽい合皮のソファーみたいなんだよねぇ」という卜の感想に『それは否定しません(^^;』とtakkun。『発想がアグブーツ的であるとは思うんですけどスラローマー視点からは納得がいかない場合もあるかと』



履き比べて、結果普通のFRの方を買っていかれる方も少なくないようです。・・・が、卜は買っちゃいました!(゚Д゚≡゚Д゚)?



・・・まぁ、一家に一台あってもいいようなブーツではあるので。



SEBA FR DX (1)



箱です。



SEBA FR DX (2)



外観です。インナーもですけど976chassisが標準で付いているのが普通のFRとの違いでしょうか。



SEBA FR DX (3)



SEBAロゴがプリントされたフレームカバーも付いていました。付いていなければ別売(¥1,260)のを買おうかと思っていたので嬉しい。



SEBA FR DX  inner (1)



SEBA FR DX  inner (2)



問題の(?)インナーです。ヘタるのも早そうな気がするんだよなー(^^;



SEBA FR DX  HDS (1)



SEBA FR DX  HDS (2)



HDSのパーツはベルクロ留め。



SEBA FR DX  shoelace



シューレースはロワアウターシェルからインナー最上部まで全部通せるクソ長い幅広のものが付属しています。測っていないけど2mくらいあるんじゃないだろうか?これを全部通すと(実際通してみましたが)上から順に緩めていかないと足が入らず、靴の脱ぎ履きにとても時間がかかるようになります。やってられません(^^;



SEBA FR DX  accessories



附属品。レンチは一本がミリでもう一本がインチなのも相変わらず。



SEBA FR DX  insole (1)



SEBA FR DX  insole (2)



インソールはあってもなくても変わりがないくらいペラペラなものでした。



superfeet (1)



superfeet (2)



superfeet (3)



superfeet (4)



そこで、別に購入したSuperfeet(トリム・フィットのグリーン)を入れることにします。今履いているRB10にも同じものを入れています。両足の内くるぶしが痛み出したのでこのインソールを使い始めたところ、痛みが解消しました。



さて・・・みんな持ってるFRなので・・・レビューは必要ないか(;^ω^)


週末日記(9月21日~9月23日)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

◆9月21日(土曜日)



午前中は仕事。で、午後2時過ぎに光が丘へ。大人も子どもも秋のフェスティバルへ向けての準備を着々と。前週水曜日の夜に会ったMathew君も約束通り来てくれました。台風直後に比べると落下物も減り、ようやく外周へも出られるように。



◆9月22日(日曜日)



午後3時半頃光が丘へ。大人も子どもも秋のフェスティバルへ向けての準備を着々と。



夜は練馬の魚民で相馬御大の誕生会。9時前には帰ろうと思っていたら、家に着く頃には日が変わっていました。一次会は二時間でお開きと言っていたけど、10時過ぎまであの店に居ましたよね?そのあたり良く覚えていないのですが(^^;少々飲みすぎたかも。



◆9月23日(月曜日)



起きたのが昼過ぎ。前週の仕事疲れと連日のsk8と前夜の深酒で身体が重く、光行きは取り止めました。15時半ごろから自宅周辺で軽くfitness skating。そのあと、SEBA FRのウィールローテーションをして、紐の通し方にあれこれ悩む。


にうぶうつ

Category: 購入  

かっちった (;・∀・)



SEBA FR DX



詳細はおいおい(ぉぃ


9月19日(木曜日)/十五夜の光が丘闇練

Category: 練習  

20時半頃に光が丘へ。外周はまだまだ小枝やいろいろなものが散乱。慎重に行かないと危ないです。公園管理な人がお掃除してくれるまでダメですね >_<



けやき広場には今日も階段下にフィギュアの兄妹(+母)がいました。奥の方には自転車(BMX)が3台と、スケボーが2,3人。



20130919_光が丘闇練



この日は中秋の名月。ほんとうに見事なお月さまでした。時折立ち止まって空を見上げ、写真を撮っている人もいました。中秋と満月が重なるのは珍しいらしく、次は八年後とか。



パイロンを持って来ていなかったので8の字とかスケーティングの基礎練的なのを小一時間。で21時半に撤収。



再来週末に公園で何かイベントがあるようですね。



20130919_光が丘 (1)



20130919_光が丘 (2)



秋光のリハーサル日と重なっているけど影響ないかしら?


9月18日(水曜日)/新たな出会いも生まれた待宵(まつよい)の光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

20130918_光が丘闇練 (1)



20時過ぎに光が丘へ。月がとても綺麗な夜。台風が去った後の外周はいたるところ小枝が散乱し、ところどころ土砂も溜まり、ゆっくり滑らないと危ない感じでした。体育館前がダンス練の学生たちで賑やかなのは相変わらず。



階段下にはクワッドスケートを履いてフィギュア練をする、中学生くらいの男の子と小学生の女の子の兄妹と、そのお母さん。挨拶でも・・・と思ったけど、思うように滑れずに不貞腐れる男の子を厳しく叱る母親・・・スパルタ練習のピリピリした空気に圧されて近寄り難し(^^;;



20130918_光が丘闇練 (2)



21時半近くなり、そろそろ撤収しようかと思ったところへアグレッシブブーツを履いた外人さんがやって来て、卜(ぼく)に話しかけてきました。



彼はアメリカ人で名前はマシュー。歳は30で、スケート歴は『中学生の頃からやっている』ということで15年以上。スケートを始めた頃はparkのbowlやrampで遊んでいた、アグ畑で育った(?)人のようでした。2009年に来日。最近まで鹿児島に住んでいて8月の頭に練馬に引越して来たそうです。『Google Mapsで調べて光が丘に来た。スケートをするにはとても良い公園ですね』と。



『今日はアグレッシブブーツを履いて来たがSEBA FRもcones(パイロン)も持っている。最近Free Style Slalomを始めた』そうです。『フラット(なフレーム、ウィールセット)で滑っているのか?』と聞かれたので「そうだ」と答えると、『自分もフラットとロッカーのフレーム両方を持っているがロッカーはSlalomにしか使えない。fitness skate(公園の外周路を走ったり街を走ったり)をするのにはフラットでないと進まないし怖い』と言っていました。元がアグな人だけに余計そう感じるのかもしれませんが、まさにその通り。



他には、日本でインラインスケートを売っている店は?ウィールは何処で買える?等の質問に答えたり、トリックスラロームの説明をしたり、時折あやしい英語(英単語)を混ぜ込みながら大半は日本語で歓談。だいぶ日本語のできる人だったのでよかったε-(´∀`*)



間も無くお子さんが生まれるそうで(『家内が妊娠しています』と日本語で言ってました(^^)、『Free timeもあとわずか。滑れるうちに滑れるだけ滑っておこうと思って(笑)いつも(平日)は夜しか時間が無いが、できるだけ来ようと思っている。今度の土曜日は時間があるので昼間も来てみます』、ということで再会を約して、卜は一足先に撤収。


9月14日(土曜日)/光が丘

Category: 日記・エッセイ・コラム  

20130914_光が丘 (1)



14時頃に光が丘へ。けやき広場では交通安全のイベントをやっており、奥の方に150と80で1レーンずつパイロンが並べられていました。



張り替えられた新しい白いタイル+微かに浮き砂でウィールが全くグリップしないポイントがあり、強いアンダーステアが出てコースアウトしてしまいます。ヤマトくんも、いつもの、勢い余っての転倒とは違い、氷の上で滑るようにして何度か転倒していました。ハマヲさんは普通に滑っていましたが良く滑れるな(^^;



そんなわけでほとんどパイロンには入らずに、交通安全イベントの、自転車と乗用車やバイクとの衝突などが実演されるのを見学。



20130914_光が丘 (2)



交通事故の実演に使っている乗用車は見ての通りボロボロ。



いよいよウィールも(80mm⇒)70mm近くまで減って、外周を走るのも少々かったるくなってきました。この日『新品のウィールに交換してきた』というAjiさんにも、最後の芝生広場の追い上げで捲られる始末。スラロームをやっている分には支障ないけど、そろそろ替え時か。



20130914_光が丘 (3)



15時過ぎにイベント終了~撤収に伴って、いつもの場所へ移動。光が丘フェスティバルに向けてのあれこれ。漠然と考えていたものが形になりそうで良かった。(ネタバレになるので詳しくは書きません)



卜(ぼく)は・・・今年はどうしようかなー?秋光の日程がちょうど仕事の繁忙期とモロにかぶるので当日参加できるかも微妙。Leoも今年はあまりやる気がなさそうだし・・・



結局この日、自分はたいした練習もしませんでしたが18時少し前に撤収。夕立来るとの予報でどうなる事かと思いましたが家に帰るまで降られずに済みましたね。


9月12日(木曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

19時半頃に光が丘へ。この日も昼間から暑く、夜になっても蝉が鳴いており夏の夜のよう。



20130912_光が丘闇練 (1)



体育館の前にはダンス練の学生たちが大勢。体育館前だけでなく階段上にもいて、ラジカセ(←ラジカセは死語か。シリコンプレーヤー+スピーカ?)で音楽を流したり手拍子や掛け声が賑やか。



20130912_光が丘闇練 (2)



対照的にこちら側には誰もおらず人通りも少なし。階段下にスケボーの人たちが2,3名いるくらいでした。



この日も約一時間で“電池切れ”になりました。



いよいよウィールも(80mm⇒)70mm近くまで減って、街中を走るのがかったるくなってきたかも。そろそろ替え時か。



地元駅を降りると雨がポツポツ。急いでsk8に履き替えて全速でCR。家に着く頃には本降りになりましたがギリギリセーフ。


9月10日(火曜日)/光が丘闇練

Category: 練習  

20130910_光が丘闇練



19時15分頃に光が丘へ。夏の名残を感じる蒸し暑さ。生き残りの蝉が街灯に絡み付くように飛んでいました。公園に入ると秋の虫の大合唱。耳につく高周波感(?)で、喧しさは夏場の蝉の声以上かも。



秋の文化祭の演し物の練習でしょうか。体育館の前には高校生らしき集団。しかもかなりの大人数。階段下にはスケボー男女。管理棟前辺りでも個人練習をするスケボー君がいました。



実に一週間ぶりのsk8。間隔が空いたので後退しているかと思いきや、気分がリフレッシュされたのか前回ボロボロな感じで終了したわりには普通に乗れている感じ・・・なのも最初の一時間くらい。この日は暑かったせいもあるけど休憩で一旦椅子に座ると立ち上がるのが億劫に。平日練習は仕事でクタクタの後にやるので、一時間も滑ると集中力というか体力も切れるんだと思う。



それでも、平日に基礎技だけでもやっておくとずいぶん違うんだな。



« »

09 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
光が丘カップ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS