FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

1月19日(日曜日)/極寒の光が丘で見た久しぶりの鬼ごっこ

Category: 練習  

14時半過ぎに光が丘へ。人いっぱい。いつものパイロンズメンバー以外にもけやき広場各所に、スケートを始めたばかり風な親子が何組かいらっしゃいました。その中の二組に声をかけ、基礎スケーティングの「たつ・ころぶ・あしぶみ・あるく・すべる」あたりまでを教えてあげました。(そのうち一組の親子は、ミハナちゃんとかハルちゃん家と知り合いの方のようでした)他にも、アイリちゃんの知り合いらしい子ども(こないだも来ていた)も来ていました。



最近はパイロンズだけでも30人超えな日が続いているので広場の占有率(占有面積)も高くなってきています。この日、Jボードで遊んでいた男の子とパイロンズの子がぶつかって転ぶ、というようなこともありました。普段はカップやフェスティバルの時のように占有許可を取って滑っているわけではないので、一般の来園者の方々との調和が上手く取れるよう気を遣わねば、ですね。



それにしてもこの日は、動いていないと凍死するのではないか?というほど極寒で、いつもは見学のママたちもじっとしていられないのか、みんなインラインを履いて滑っていました。



16時近くになって『みんなで外周!』の後に広場へ戻ると、寒さに耐えかねて早めに帰宅する人が多いせいか、広場もだいぶ空いてきました。そこでアンドリューとマシューの両外人が「鬼」になって子どもたち全員が逃げる鬼ごっこ大会が始まりました。以前はいつも「鬼」役とか(犬ぞりの)「犬」役をやらされていたヤマトくんが「鬼ごっこは久々に見ましたね」と。この二人の外国人はとても子どもの面倒見が良いので、こちらに被害(?)が及ぶことも少なくなり、とても助かります(^^;



その後けやき裏ではシンクロの練習。前日卜(ぼく)とアイリちゃんが練習をした「龍の巣」のすれ違いバージョンをミハナちゃんとモナミちゃんに見せて、やってみてもらうことに。「(基本の動きは)去年のフェスティバルでやったやつだよ」と説明したらモナミちゃんは『もう忘れちゃったよー!』と言っていたけど、やっているうちにすぐ思い出せたようです。何度も練習しているうちに二人の息が合ってきて両端のターンや真ん中のすれ違いが決まってくるようになるとカッコイイ!です。



途中で相馬さんがやってきて『これ、四人でもできるんじゃないかな?』と言うのでAjiさんにも手伝ってもらいあれこれ試してみるも上手くいかず。蛸足の7人バージョンもそうでしたけど、複雑なシンクロを考えるのは、卜は苦手です(;´Д`)


スポンサーサイト




« »

01 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS