FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

5月31日(日曜日)/猛暑な光が丘

Category: インラインスケート  
14時過ぎに光が丘へ。

20150531_光が丘 (1)

公園に入ると森の木陰にホッとする暑さ。広場へ行くとまだパイロンが並べられていなかった。先に来ていた人たちも木陰に居て、まだ靴も履いていなかった。卜(ぼく)も荷物を降ろして、とりあえずコンビニにアイスを買いに行く^^;

広場に戻り、ミハナとかハルとか、子どもたちの分まで買ってきたガリガリ君を一緒に食べる。そして、パイロンを並べたが、暑くて日向に出ていく気になれず、木陰で休む。その後ミハナが持ってきていたロケットアイスを皆で分けて食べる。アイス食い過ぎ?

あとで知ったことだが、この日都心の最高気温は32.2℃まで上がり、5月としては140年ぶりに高い気温となったらしい。どうりで暑いわけだわ。でも、木陰に居れば涼しい風も吹いていたから『まだまだ本格的な暑さというほどでもない』(相馬さん:談)

たしかに真夏は木陰に居ても暑い時があるからなー。

20150531_光が丘 (2)

暑い暑い言いながらも続々人が集まり、パイロン花畑。

この日も前日も新しく来られた親子が何組か。公園に来る親子連れな方々は、一般的にお子さんだけ滑らせているというケースが多いのだけれど折角だからお父さん(お母さん)も一緒に滑りましょうよー。

Aji検(JISSAのカードを使ったスラローム検定)も復活。検定対象者は普段アンドリューと鬼ごっこをしてばかりのやんちゃな男の子たちが多いのでアンドリューも先生となってAndy検(?)

やんちゃ頭(がしら)のショーマ君が最近はいろいろな技ができるようになって楽しくなってきたのか、とても真面目に練習をするようになったので、いつもは遊んでばかりの他の男の子たちも釣られてこの日は練習モード。未就学児や低学年の子どもでも、ライバル心を燃やしたりお互いに刺激し合って、結果としてぐんぐん上手くなっていく。今回の光が丘カップでも優勝争いに加われるほどになったD-Girlsのみんなも、二年前には今の小さな男の子たちと同じようだったものなぁ。

インライン人口減っているとか世間と同じで高齢化とかいうけど、結局は子どもを育てていく以外にない。卜らが死ぬまで滑り続けて(いられる環境を維持して)いくためにも、これからの業界を盛り上げていくためにも、それが遠回りなようで一番の近道だと思う。
スポンサーサイト




« »

06 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS