FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

7月11日(土曜日)/久しぶりの光が丘でいろいろ

Category: インラインスケート  
この日は朝から仕事で14時まで。その後代々木から大江戸線に乗り光が丘へ。

広場に着き折りたたみ椅子を広げて腰かけると、急激に襲う疲労感と眠気で、もう動く気が起きない。(最近いつもコレ^^;)

しばらくそのまま、靴を履き替えることもなく時折うつらうつらしながら「おやつタイム」にお菓子を配りに来た子どもたちに起こされながら小一時間。ハルからは『トレノさん、来てからなにもしてないね』と言われる。

今日はこのままno sk8か?とも思われたが、意を決して(?)スケート靴に履き替え、日向のパイロンに向かう。しかし、暑いのなんの。2,3回往復すればもうバテバテで逃げるように木陰に戻る、の繰り返し。

そのうちに外周にも出てみた。さすがに外周は涼しくて快適。だが、公園北側の日が当たりにくいエリアでは、まだかなりの部分路面が濡れていた。

最近では夕方になるとメインコースにデュアル練のための光電管が設置されるようだ。Ajiさんから『トレノさんもどうですか?』と言われたが「無理無理。ダッシュする体力無いから」と断る。脇で相馬さんも『(デュアルの練習なんて)9月くらいになってからでいいよー』と言っていたけれど、この時期から真面目にコツコツと練習している人が良い結果を出すのだろうね、やはり。

卜(ぼく)は、このところ相馬さんがいつも持ち歩いているマーチンの「バックパッカー」というギターを試奏させてもらった。フルサイズのギターを作る過程で出た端材を利用して作っているらしいが、トップ・サイド・バックはすべて単板。定価で5万円台実勢3万円台という抑え目の価格でラッカーやポリッシュなどの仕上げ塗装もないのだが、それはそれでナチュラルな生木感があって良いな、と思った。

ブリッジはオクターブピッチがキチンと調整されたものが使われているようで弦穴にもきちんと切り込み加工がされており、ペグもしっかりしている。そのせいか、こういったギターにありがちなピッチの狂いもない。上は16フレットまでしかないのだがいわゆる「ミニ・ギター」と言われているものと異なり24inchスケールなので普通のギターを弾いているのと同じような感覚で弾ける。手の小さな卜にはネックの太さがやや気になったが、トラスロッドが入っていないので反りを抑えるために太くしているようだ。

コストを抑えるところは押さえながらも大事なところで手を抜いていない、アコースティックギターの老舗としての工夫やこだわりが随所に見られ、チープさは感じられないし、ボディの形状や大きさから想像する以上に音の鳴りも良い。これはコストパフォーマンスに優れた面白いギターであると思った。でも、いくら可搬性が良いからといってスケートを履いたままで持ち運ぼうとは思わない。もし転んだらどうするんですか、相馬さん?^^;

そんなこんなでリハビリにもならなかったような一日だったのだが、18時頃に撤収。
スポンサーサイト



07/18のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

亀戸なう。 http://t.co/2Ly4EcjNIZ
07-18 08:46

この三日間、光が丘では「よさこい祭り」が行われるため、いつもの場所では滑れません。
07-18 08:51

座ってるだけだと涼しいけど、滑り出すと暑いや^^; http://t.co/aWePvoPyvL
07-18 09:07

光が丘なう。雨 (;_;) http://t.co/TLFGZP126D
07-18 13:47

でもハル来た ^^;
07-18 13:49



« »

07 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS