FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

7月26日(日曜日)/こんな暑いのに荒川のんびりLRとか

Category: CR,LR  
8時40分頃に東大島駅着。コンビニで500mlの凍結ペットボトルを2本購入。橋の下(待ち合わせ場所)へ行くと既に3名の参加者が。こんな暑いのにみんな来るわ来るわで、スタート地点には20名近いメンバーが集まった。

20150726_荒川のんびりLR
(写真:やがみさん撮影)

じつは卜(ぼく)が荒川のんびりLRに参加するのは2回目。前回(2012年2月)参加した時には普段走っている右岸が何かのイベントで使われており、それを避けるために小松川橋から鹿浜橋まで左岸を走るというイレギュラーなルートだったので、通常ルートを走るのは今回が初めて。

スタート直後からすでに「滑ってみないと完走できるかどうかわからないぐらいの暑さ」だったが、まぁ、荒川のんびりはそれほどハイペースではないのでなるべく体温が上がらないよう極力漕がない省エネ走法で進む。そして(たぶん)いつもより多めに高架下の日陰で休憩。体温の上昇はないか、頭痛や足の攣りなど熱中症の兆候はないかセルフチェックしながら無理をせずに進む。そうして堀切のあたりで凍結ペットボトル1本目を消費。

堀切を出てから暑さが一段アップ。その後も扇大橋を出たあたりでもう一段アップ、岩淵水門を過ぎたあたりからはさらに暑さがアップ。2本目の凍結ペットボトルも最後に休憩した岩淵を出たところで空になった。

河川敷のグラウンドでは熱中症患者が出たようで救急車や、救急車が出払っていて消防自動車しか動ける車がなかったらしく消防車までが熱中症患者の移送対応で出動していた。赤羽から先は、それまでわりと涼しく感じられていた風も路面からの照り返しで熱風に変わってきて、皆は口々に『もうあと少しでゴールだから』と、そう自分に言い聞かせなければリタイヤしていたかもしれないというぐらい、もうムリな暑さになっていた。早くゴールしたい一心か(?)先頭グループのラストスパートは結構なペースだった。

なにはともあれ一人も体調不良に陥ることなく完走でき、無事で何よりだった。今回は過酷な条件ではあったけれど、それを差し引いてもやはり荒川LRは距離以上に長く感じる(疲れる)なぁ。なんでだろう?

エッフェル塔

ル・マン(24hローラー)帰りのヤマグチさんからお土産をいただいた。ありがとうございます。
スポンサーサイト




« »

07 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS