FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11/21のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

明後日は練馬区民体育大会ローラー競技会。天気はなんとか持ちそうかな。
11-21 21:16

練馬区民体育大会ローラー競技会。高校一般女子の部はいつもエントリーが少ないので、これを読んだ高校一般女子のスケーターさんはぜひ参加して下さいね。
11-21 21:18

それと小学生男女、特に低学年の方の参加をお待ちしています。出ればメダルのチャンスあり!
11-21 21:19


11/20のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

明日は鬼島太鼓聴けるかな(今年も来てるよね?)
11-20 00:31

東京CRは・・・起きられそうに無いな^^;
11-20 00:31

RT @CHIKA_idobata: Facebookのアルバム「インラインスケートフェスティバル光が丘2016」に写真を189枚アップロードしました https://t.co/qNMrSss8Cn
11-20 00:32

たくさん寝ないといろいろリセットがされない
11-20 00:36


11月3日(木曜日・祝日)/フラットセッティングな人ばかりだった光が丘と“ウィール削り士”のはなし

Category: インラインスケート  
20161103_光が丘 (1)

20161103_光が丘 (2)

20161103_光が丘 (3)

14時頃光が丘へ。光のアーチの足元では毎年この時期になると開催されている「東京地酒と器まつり」が行われていた。そのせいばかりでなく公園の人出が多く、いつも我々が荷物を置いている場所は自転車置場になっていた。

そして、まだ誰も来ていなかった。とりあえず持ってきたミニパイロンをメインコースに並べる。

秋のフェスティバルまでの一、二か月は他のいろいろな用事をさて置いて毎週土・日と光が丘に集中している反動もあるのだろうか。フェスティバルが終わると、しばらくは集まりが悪くなるのはいつものことである^^;

そのうちに、相馬さん、ワタナベファミリーが来る。ワタナベファミリーがブーツを履いて滑り出すと『ワーワーキャーキャー』騒いでいるのでよく見るといつもよりウィールが大きい。ゆっきーに聞いたら『みんな243mmフレームに80mmウィール×4を付けてきた。全然曲がらない』とのこと。11月23日に行われる予定の練馬区民体育大会(ローラースケート競技会)対策でそういうセッティングにしてきたようだが、慣れが必要であるにしてもまだ時期的に早いだろ^^;

その後しばらくしてけいちゃんが来るまでは、けやき広場にはロッカリングしている人がいない状態だった。

そして練馬大会のための練習、ということでワタナベファミリーと外周へ。72-76mmのロッカリングから80mmフラットに変えただけでスピードもまるで違うし、何より滑っていて気持ちがいい。これで、イン側だけでなくアウト側のサイドウォールも使えるようになったらさらにスピードも増し疲労も半減するし、もっと気持ちよくなる。そのあたり(ダブルプッシュとまではいかないまでも「ストライド3」くらい)までは、スケートをやるのであれば身に付けておきたいものである。普通に滑れればそれでいいと思っている「ストライド2」止まりの人が普段スラロームばかりしているスケーターの中には多いが、それは少し、というかかなりもったいない。

卜(ぼく)は自宅近くの川沿いのサイクリングロードなどで「5kmくらいの距離を何分で滑れるか」というタイムトライアル的な遊びを一人でしていた時に気付いてできるようになった。「いかに疲れずに、楽に滑るか」をあれこれ考えて工夫していく中に「気付き」があるので、誰にも教わらず自分一人でそれをわかろうとしたら《ちょっとキツいな・・・》と思うくらいの負荷はかける必要があるのかもしれない。

光が丘だったら、外周コースをのんびりではなく自分の全力に近い速さで滑る→疲れたらペース落とす→また全力、みたいなインターバル走を繰り返していたらそのうち自然にできる(わかる)(気付く)時が来ると思う。そんなのより「荒川のんびりロングラン」みたいな20kmくらいのロングランイベントに参加して速い人の滑りに後ろから付いていって盗んだり教えてもらったりした方が早いのかもしれないけど。

閑話休題。外周路はまだだいぶ路面が濡れていたので北~東の森ルートは避けることにした。あけぼの橋手前を右折し、もみじ亭前を通って芝生広場へ抜けるショートカット。これを二周した。しかし芝生広場で全速力で漕いだら、けやき広場に戻ってから左足脹脛が攣るという事態に。左足脹脛と右足裏は攣りグセがついてしまったような気がするなぁ・・・

夕方になってナガ☆ヤマさんが来たのだが『こないだのフェスティバルの日にKazaxさんの店でウィールを買った。今まで履いていたウィールと合わせてロッカリングしようとしたら、今まで履いていたのが減りすぎていて激ロッカーになってしまうので、新しいウィールを少し削ろうと思って』と4輪フラットにしてきた。これでフラットな人、1名追加(笑)

そして滑り出したらやはり『曲がらねぇー!』と騒いでいた。フラットセッティングは二日も履いていれば慣れて曲がれるようになりますよ^^;

そんなこともあって、相馬さんやAjiさん、ナガ☆ヤマさんらと「新しいウィールを削る話」で盛り上がった。『ウィールをドリルみたいなものに付けて自動で回しておきながら鰹節削りのような道具(鉋とか?)で削る職人さんがいたら?』『削るんではなくバーナーで炙ってみたらどうなんだろう?溶けるかな?』とか『新しいウィールを一皮剥く商売やったら儲からないかな?数ミクロン単位で均等に削る。匠の技で』『それも、ブーツに着けて、滑りながら削るの。匠の技で』『一級ウィール削り士、みたいな?』『そんなこと考えているうちに、自分で滑った方が早く削れるんじゃない?(笑)』等々、とてもクダラナイ話で・・・(^^;

そうこうしているうちにあたりは真っ暗になっていた。18時少し前に解散。

11/19のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

今日は立川の現場の応援最終日。最後はどこのルーメソで〆ようかと考えたら青樹になった。黒煮干。#ラーメン #ルーメソ #ramen https://t.co/u5XdcnmRTZ
11-19 20:20


10月29日(土曜日)/あとの祭りか祭りのあとか

Category: インラインスケート  
午前中の仕事を終え14時半ごろ光が丘へ。二子橋を渡る手前、公園に向かって視界が開けると空がなんだか凄い。

20161029_光が丘 (1)

20161029_光が丘 (2)

ロジャー・ディーンが描く絵のような雰囲気。(写真は上手く撮れなかったけど・・・)

20161029_光が丘 (3)

広場に居たのはモナ・ファミリーだけ。・・・だったが、卜(ぼく)が着いた後になってから人が集まり始める。挨拶は口々に『先週はお疲れ様でした』

不本意な結果に終わったデュアルスラロームレース。《あれは何かの間違いではなかったのではないだろうか?》という考えを拭えず。それを確かめてみようとデュアル練をしようとしたら、早々に足が攣りそうな予感がしたので止める。相馬さんやAjiさん、アベさんも何故かデュアル練。『今週が本番だったらもっと良いタイムが出ていたかも』の声も聞こえたが文字通り「あとの祭り」である。

この日は、ハルが持ち込んだ「牛タン遊び」が流行る。『ギュー』『タン』『ギュー』『タン』』『ギュー』『タン』』『タン』と、(『タン』のタイミングでは手拍子を打ちながら)交互に言い合う。そして最後の『タン』を一巡毎にひとつ追加していく。詰まったり言い間違ったら負け、というもの。ハル・アイリ・モナの三人は他の人も巻き込みながら、滑りの合間にずーっとこの遊びをしていた。

クボタくんはパイロンコースにはほとんど入らずにひたすら照明ポールの周りをワンフットで回っていた。聞くと『このところずーっと滑っていなかったので体力が落ちた。普通にレーンを滑るとすぐに脚が終わりそうなので、まずは筋トレから始めようと思った』とのこと。

18時近くなって帰り支度をしていると、そのクボタくんが『今日も駅まで滑って行きますか?』と聞いてきた。「もちろん!」いうことで先日に続きこの日もクボタくんと二人で成増駅までCityRun。

11/18のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

今日も泊まりだが帰ろうとしていたら東上線の人身事故による運転見合わせにまたハマるところだったので良いやら悪いやら
11-18 01:20


11/14のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

RT @Windows_Japan: 【女子のNuAns NEOレビュー第五回】#Windows10Mobile#NuAnsNEO。今回はサイズ、重さ、カメラ、バッテリーの持ちの良さなど、スペックを他の #スマホ と徹底比較です!↓↓https://t.co/C
11-14 21:04

ナガヤマさんが開発に携わったスマホ>RT
11-14 21:05

ぶーけなう。ぶーけは昨年呼び戻しの仕込みを取り入れてから以前よりワンランク上の店になったと思う。醤油・味噌・塩、和風の煮干、全部おすすめ。#ラーメン #ルーメソ #ramen https://t.co/m8YNwSQ44N
11-14 21:30


10月23日(日曜日)/インラインスケートフェスティバル光が丘2016

Category: イベント  
20161023_光が丘

当日は6時半頃けやき広場着。その時間に来ているのは前乗り(遠方なので前日から来て近場泊)のハマヲさんと、じょうすけさん、Ajiさんとクボタくんくらい。春(光が丘カップ)でも秋(フェス)でも、皆が集まり出すのは7時過ぎ。荷物を運ぶクルマが到着するのが7時前後で、それから設営を始めて約30分で完了、というパターンが定着してきた。

毎回多少の入れ替わりはあるもののスタッフ経験者がほとんどを占め、朝の設営もスムーズにいくし当日のスタッフミーティングもシンプル。変に慣れるのも良くないが、余計なことに神経を回さなくて済む分、全体に気を配れるようになるのは良いことだと思う。

また、毎回、運営・会場設営・撤収の手伝いをしてくださる参加者の方が多数いらっしゃるので、それらの協力がスタッフの負担をかなり軽減していると思う。ご協力をいただいている皆様、ほんとうにありがとうございます。

ところで個人的な事になるが、10月の11日(火曜日)の週から仕事の環境が変わり極端に忙しくなった。そのために最近はずっと休めていた土曜日も午前中は仕事に出ざるを得ず、前回のエントリーにも書いたが10月18日(火曜日)~21日(金曜日)までは毎日帰宅が0時を回り、この週の平均睡眠時間が4時間を切っていたということもあって、体力的にこれまで参加した春秋イベントの中では一番ツラかった。

今回参加したデュアルスラロームレースも、練習レーンで3本くらい滑ってみたが、前日までの練習での「どうしようもない感」が払拭されていなかったことが確認できたので、諦めて早々に2本滑って終わりにした。結果も惨憺たるもので、これまで参加した6回のうち7秒を切れなかった2012年の記録に次ぐ悪いタイムだった。日常的にフィジカルなトレーニングを重ねていかない限り、今後も年々タイムは落ちていく一方だろう。秋の大会が近づいたらちょこちょこっと確認程度に練習するぐらいではタイムを維持できない年齢になったこと、身体能力の衰えを強く感じた今年のデュアルであった。

自分以外のデュアルスラロームレース(決勝)については、パイロンキックやパイロン不通過を監視するコース管理のスタッフをしていたので、自分が見ている側のレーンと相手側のレーンを見比べている余裕は無かった。特に昨年、パイロンの不通過を取る取らないの判定で順位が変わるシビアな局面を目の当たりにしていたので、今年は目を皿のようにして競技者の足元を追っていたから。結果はわかっているけれど、あとで動画を見るのを楽しみとしよう。

毎年ヒロパパが進行を務めているパイロンアタック競技は、ヒロパパが来られなくなってしまったために急遽卜(ぼく)が進行の代役を務めることとなった。スターターの機材が上手く動かせなかったりということもあったり、gdgdな進行になってしまい申し訳ない。ごめんなさい(汗

フリースタイルスラローム競技について。

フェスティバルでは「ネタをやらなきゃ」というパフォーマンス面に意識を取られがちな傾向もあるが、「賞の対象者は、演技の習熟度に関わらず、最も観衆を沸かせたスケーター」(光が丘パイロンズのwebページより)という、フェスティバルのレギュレーション(というか審査基準というか)は、トリックスラロームというジャンルの演技(滑走)を評価する基準としてはある意味究極のものであるように思う。だからこそ、春の光が丘カップ以上に「ガチな滑り」で観衆を魅了する凄腕(脚?)さんのエントリーがもっとたくさんあればいいのにな、と毎年思う。卜がインラインスケートを始めた頃にすれ違いでいなくなって(?)いった、インターネットの動画でしか見たことが無いようなレジェンドさんたちも、こういうところに来て滑ってくれたらいいのに。

ダンスパフォーマンスは当初、エントリーするチームが少なくてどうなることかと思っていたら、二、三週間前になってたくさんの参加表明があり、大いに盛り上がった。あれだけのメンバーを出してこられる福祉村の層の厚さにはビックリ。

リレー競技について。

これも卜は毎年参加しているが、ルール的にもほぼ完成の域にあるし、シンプルだからこそ感じられる「競争の原点」みたいなものもあって、本当に面白い。見ているだけでも面白いが出るのはもっと面白い。今年卜はオレンジ色のオジサンと一緒のチームだったが、そのオレンジな人がパイロンを蹴ってしまい一回戦で敗退してしまった。けど「明日は我が身」かもしれないので、蹴った人を責められない(^^;

SHO・タクミン・チバケン・kenjiみたいな“ドリームチーム”でも一回戦で負けてしまうから、何が起こるかわからないのも面白さのひとつである。

ともあれ、大きな事故もなく(少しヒヤッとしたことはあったが)無事に大会を終えることができてほんとうによかった。天気もニ、三日前の『雨が降るんじゃないか』という予報が大きく外れて、日焼けが気になるほどの陽気になった。最盛期に比べれば参加者数は減少傾向にあるようだが、参加人数の多寡にかかわらず『ビギナーからエキスパートまで楽しめる、インラインスケートの祭典』(光が丘パイロンズのwebページより)という大会の本質は変わらない。

この素晴らしい「魔法の靴の運動会」がいつまでも続いていくことを願う。

11/12のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

RT @hkririri: 今日はベースの日という事で、いつもありがとう。あなたが大好きです。これからもよろしくねっ(この夏何故自分がこの瞬間を撮りたかったか分からない大賞の写真です) https://t.co/YeRBbpNuKp
11-12 00:19

しまった!昨日はベースの日だったんか!
11-12 00:19

みそや林檎堂 apple basic @東中野なう#ラーメン #ルーメソ #ramen https://t.co/MyvYrZzNKM
11-12 14:45


11/11のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

いつもより早く帰れるかと思ったら池袋駅で人身事故が起きて足止めを食らった ( ; ; )
11-11 19:12



« »

11 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS