trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11月23日(水曜日・祝日)/練馬区民体育大会ローラースケート競技会

Category: イベント  
朝9時前に練馬リンク着。道に迷った昨年の教訓を生かし、今年はスムーズに現地までたどり着くことができた^^;

20161123_練馬リンク (1)

さっそくブーツを履いてリンクに出る、が、運営の人たちが落ち葉掃きをしているので卜(ぼく)も倉庫から竹箒を借りてそれを手伝う。

その後、ゆっくりとリンクを周回。ウォームアップであまり頑張ると本番までに疲れてしまうというのはわかってはいたが、この日は気温がやたらと低く、滑っていないと身体が冷える。ベアリングもグリスが温まらないと回転が悪いし身体が冷えた状態で滑ると覿面に脚が攣るので滑り続けていないと・・・というジレンマ。

それにしても練馬大会の日は何故か寒くなる。卜が参加しだしてから、練馬大会の日が暖かかったという記憶があまりない。

結局、なんだかんだで正味20~30分近くは滑ってしまったのではないだろうか。

10時に開会式のあと、スピード競技が始まった。

ところで今年はローラー連盟の運営の人から頼まれて、競技に出場しないパイロンズのメンバーがラインジャッジのお手伝いをすることに。

20161123_練馬リンク (2)

20161123_練馬リンク (3)

写真はロー連の青いウインドブレーカーを着て任務に当たる人たち。(モナママ撮影)

毎年言っていることだが競技が始まると、あっという間に自分の滑る順番がやってくる。

今年も高校・一般男子の部のエントリーが多く、昨年同様予選本選と二回滑るか一度で終わらせるかについて運営の人たちも協議。結果、昨年同様『みんな二度走りたい?走りたくないでしょ?(笑)7人ならギリギリ一回で走れるから。そのかわりぶつかったりしないように気を付けて。特にスタートの時ね』と言い渡され、一度で走ることになった。

卜のスタート位置は外側から三番目だったか。これまで毎年、スタートダッシュで先頭を取ることを目指していたが、今年は手を抜いた。もうなんか先頭で引っ張るのは辛くって^^;

先頭を取ったのがローラーホッケーの高校生で、卜はそれを追って二番手。5周目までには抜けるんじゃないかな?と余裕をブッこいているうちに3周目を過ぎて、追い抜きをかけるためにプッシュする余力を失ったばかりではなく、現状のスピードを保つのも難しくなっていた。卜のすぐ後ろにnakoさんがいるのがチラチラ見えたが、抜かれないようにするのも無理。4周目くらいで糸が切れたように戦意喪失しnakoさんに順位を譲ると、あとは惰性で滑った。

かろうじて三位には入ったが、自分としてはこれまで出場した中で最低の出来だった。息が上がるとか呼吸困難顔面蒼白っていうのはまったくなかったのだが、自分の思い通りに身体が動いてくれないもどかしさを、これまでで一番味わった今年の大会だった。これまでの経験から《これくらいはいけるんじゃないか》と思っていたのが、まったくその通りにいかなかったというか。

そして、競技が終わってリンクから出ると、脚が締め付けられるような痛みと痺れで通常の歩行が困難に。脚が攣るというのとはまた違って、筋肉痛が急激に、一気にやって来た感じ。休める場所を求めて、足を引きずるようにして体育館まで移動し、ロビーのソファに倒れこんで小一時間休憩。なんとか歩けるまでには回復したが、翌日くらいまで脚ガクガクなのとハムストリングスの極度の疲労感が残った。

すべて終了後の昼食会でアベさんも『毎年、体力の衰えを確認する大会になってます』と言っていたが、卜もまさにそんな感じで、今年は散々な結果に終わった秋光のデュアルレースに続いて、練馬大会もただ身体の衰えを確認するだけのイベントになった感があり。

「もう、事前に何のトレーニングも無しに出るのは無理がある」「日常的にフィジカルトレーニングをしていないと体力が維持できなくなってきた」「(←じっさいそれを行うのは難しいので)出ないという選択肢もアリかな、と」等々の卜の主張に、相馬さんはただ笑って頷いていたが、毎年シニアの戦いぶりを面白がって見ているだけでなく、来年は相馬さんも出てくださいね^^;
スポンサーサイト

11/27のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

池袋なう。浮間舟渡に向かいちゅう。空も明るくなってきたしイケるんじゃないかな。
11-27 09:32

荒川のんびりロングランは結局ゴールの東大島まで雨には降られず。ゴール後にポツポツ来たがご飯食べてるうちにほぼ止み、傘をさすことなく間も無く鶴ヶ島。鶴ヶ島の雨はどうだろう?
11-27 17:11

ところで皆さん、光が丘公園の紅葉は見事ですよ。今が見ごろ。 https://t.co/Zt6QbLl5S4
11-27 21:47


11月20日(日)/光が丘で農業祭と鬼島太鼓、少しだけスケート

Category: インラインスケート  
14時過ぎに光が丘へ。

20161120_光が丘 (1)

雨で濡れた路面が乾いていない場所が多かった。

この日光が丘公園のけやき広場では毎年恒例の「JA東京あおば農業祭」が行われており、たくさんの人出。このところ野菜の値段が高騰しているせいもあるのだと思うがタダでとか、安く手に入る野菜を求めて、例年より盛況であるように見えた。

20161120_光が丘 (2)

パークスのパン屋さんも長蛇の列。

20161120_光が丘 (3)

人気の野菜餃子も長蛇の列。

20161120_光が丘 (4)

20161120_光が丘 (5)

20161120_光が丘 (6)

メインコースの右レーン側がぽっかり空いていたがさすがにここでは滑れない(^^;

いつもの避難所(?)管理事務所裏手へ回ってみるが、パイロンズのメンバーは誰も来ていなかった。外周は濡れていて滑れないしスケートを履いていてもやることがない。仕方なく会場をうろうろ。そのうちに相馬さんがやって来たが、いつものようにギターを弾いていた。この日に限ってはギターでも無ければ間が持たないところだった。

20161120_光が丘 (7)

20161120_光が丘 (8)

さて、卜(ぼく)のお目当ては鬼島太鼓。今年も和太鼓でありながらワールドミュージックテイストを感じる、ロックな(しかもプログレがかった)素晴らしい演奏を聞かせてもらい満足。

太鼓が終わった頃にエジマ親子とかナガヤマさん、ワタナベ親子、少し遅れてAjiさんが来たが、管理事務所の裏は農業祭関係者の車通りが激しくて滑れないので売店の奥へ移った。ところがそこも人通りが多くパイロンを並べて滑るのが難しい。さらに奥の「ひびき橋」の袂まで移動。

20161120_光が丘 (9)

何個かパイロンを並べたのはいいが、真面目に滑っているのはエジマさん親子くらいだった。

Ajiさんが「今日はやしおに行ってきたんだけど、来ていた人から『光が丘には昔レベッカのコピーバンドをやっていて背中に“86”って書いたパーカーを着ている人がいますよね?』と聞かれた。トレノさんのことだろうなと思った」

たしかに卜の事を言っているのだろうと思うが、なんか、ちょっとその情報は違う。微妙に違う。・・・けど、まぁ、いいか^^;

「それ(を尋ねた人)は何という方でした?」(卜)

『う~ん、名前は覚えてないんだけど最近いつもやしおに来てる人』(Ajiさん)

誰なんだろう?

それはさて置き「ひびき橋」のその場所は滑り場としてはいまひとつのロケーションだったせいか皆「せっかく来たし一応形だけでも滑っておくか」程度の滑りで、いつもよりだいぶ早く17時半前には解散した。

11/26のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

朝のCityRunは路面が凍結していて危ない。氷踏んだら死亡。そんな季節になりました。
11-26 08:27

それとベアリングのグリスが温まるまでウィールが回らずくっそ重い。
11-26 08:28

朝の寒さに合わせた服装だと暑くなってきた (~_~;)
11-26 11:29

今日のお昼は味噌一@常盤台#ラーメン #ルーメソ #ramen https://t.co/3HFqyhKS3E
11-26 18:50

今日のべんてん@成増13時過ぎで20人待ち。#ラーメン #ルーメソ #ramen #べんてん https://t.co/njTzxDneYP
11-26 18:51

明日の天気が微妙な予報だが、まあ光が丘は滑れるだろうな。
11-26 20:05

久しぶりに荒川(のんびりロングラン)行く気になってるんだけど起きられるかな^^;
11-26 20:07

時刻表とか浮間舟渡までの経路とか色々調べてるんだけど朝霞台(→JR北朝霞)乗換は面倒臭いから池袋まで行っちゃうか、と思ったら朝8時台からFライナーが時間二本も走ってて和光市乗換を余儀なくされるとか (~_~;)
11-26 20:12

きょうの光が丘闇練 https://t.co/PojD3dGdKd
11-26 20:15

とりあえず風呂に入って、上がったらビールを飲もう。話はそれからだ(イミフ)
11-26 20:17


11/25のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

【注意】現在、上り線5分くらい遅れてます #東武東上線
11-25 05:47


11月12日(土曜日)/ゼロスタートで子どもたちに勝てない光が丘

Category: インラインスケート  
15時過ぎに光が丘へ。

20161112_光が丘IMA (1)

光が丘IMAの光の広場は早くもXmasの装い。

20161112_光が丘IMA (2)

ステージでは誰だか分らなかったけど(ゴメンナサイ^^;)女性アーティストのミニライブを演っていた。

けやき広場に着いて二週間ぶりにSEBA FRを履きパイロンレーンに入ってみると超絶違和感で、この日は最後までまともにスラロームできなかった。たった二週間なんだけどな^^;

モナちゃん&ママはバドミントン。ミハナやハルはハマヲさんとギターの練習。ショーマ君&パパはサッカー。と、だーれもスケートしていない状態がしばらく続いていた。メインコースに置かれたパイロンも寂しげで落ち葉に埋もれそう。

そのうちに「ゼロスタートでデュアルスラロームレース」が始まる。フォワードやバックのクロスとかスネーク、パラレル、など。大人たちが次々に戦いを挑むのだがショーマ君やモナちゃんに、誰も勝てない。クルマや自転車と同じでパワー・ウェイト・レシオ(スケートだと脚力/体重比か)が大きい方(※)が有利なのだろう。

その後、子どもたちとAndrewは管理事務所前あたりでパイロンアタックを始めた。これがもう滅茶苦茶なパイロン配置で間隔も50cm以下の場所があったりそれが真横に一列に並んでいたりで、子どもの小さなスケート(フレーム・ウィール)でなければクリアできないような迷路コース。卜(ぼく)の80mmフラットセッティングだとパラレルでなくワンフットでもクリアできないセクションがある。ゼロスタートデュアル同様ここでも『なんでできないのー?』と子どもたちに散々馬鹿にされつつ・・・来る時間が遅かったということもあったのだがあっという間に日が暮れた。

18時少し前に解散。その後相馬さんたちとパイロンズ総会&忘年会の場所を押さえるための飲み会(?)を練馬の「若まる」で。もう、飲む口実としては何でもアリだな^^;
--
自転車のPWR算出方法と同じで、体重を分母とする場合)

11/24のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

昨日15時半に帰宅してから今まで昏昏と寝てた
11-24 03:43

雪にはならずに雨か。雪になってくれた方が駅までの道のり濡れずに済んだんどけどな・・・
11-24 05:27


11月5日(土曜日)の光が丘(その2)/珍しいブーツを試乗させてもらった

Category: インラインスケート  
11月5日(土曜日)の光が丘(その2)/珍しいブーツを試乗させてもらった

→その1からの続き)

ところでこの日は他にもゲストさんがやって来た。グンマー国(外国)からyoshさんH@yashiさん、静岡からWorld Styleのわるがもさん、岡山ALIVEのリーダーで、現在は関東の大学に通い東京ドームロラアリでアルバイトをしているアヤちゃん。

卜は、わるがもさんが履いていたFlying Eagle Driftを試し履きさせてもらった。

このブーツはまだ日本に入って来たばかりで履いている人が少ない。インナーレスで踵部にはカーボン素材が使われており熱整形にも対応。SEBAで言えばTRIX的な位置付けではないかと思うが、価格はTRIXよりは低めな設定。

さて、ブーツを履こうとして踵の上方にあるストラップを引っ張ったところ、なんとストラップが付け根から切れてしまった><

自分のSEBAやRBを履くときはここを引っ張って足入れするのですっかりクセになっていたのだが、それやっちゃいけないブーツもけっこうあるらしい。知らなかった。わるがもさんゴメンナサイ m(_ _)m

靴ひもをだいぶ緩めてからでないと足が入らなかったり、SEBA HIGHほどではないんだろうけど履くのに多少時間がかかる。インナーレスのブーツを履くのは以前HiroginさんにPOWERSLIDEのHardcore EVOを履かせてもらった時以来。Flying Eagle Driftは、これまで履いたことのあるブーツの中では一番軽く感じた。サイズはEU39表示なのだがSEBAのEU39と38の間くらいな感じで『もう履いてからだいぶ経っているので初めの頃よりも拡がってますよ』とわるがもさんは言っていたが、いつも卜が履いているEU38のSEBA FRより気持ち緩い程度。そして、履いてからだいぶ経っているわりに、内外装にそれほどヘタリ感は無かった。

滑り出すと、まずロッカリング状態なのとウィールの小ささに戸惑う。nakoさんのFRを試し履かせてもらった時にもだいぶ苦労したけれど、過去に履いたことのあるどれよりもダイレクトな操作感で真っ直ぐ滑れないし、パイロンに入っても全く方向をコントロールできずに、パラレルで一個もパイロンをクリアできないありさま。地面から離した足を着地する時に、自分では意図せぬ方向へ勝手に曲がってしまうのでまともに滑れない。・・・というドライバーの問題はさて置いて、操作が直結するという意味でのダイレクト感、レスポンスは凄い。SEBAのような足裏に直接フレームが付いているいる感じとは少し違うような気はしたが、卜にはちょっと今回のセットはオーバーパフォーマンスだと思った。ここまでシビアなレスポンスは必要が無いし履いていて疲れそう。

履き心地はPOWERSLIDEのEVOに比べたらソフトで、普段フカフカインナーのFR DXを履いている卜でも「硬い」という感じは無かった。ただ、右足の内側踝に当たりを感じて痛かった。これはわるがもさんも『いろいろやり方はあるので大丈夫だと思います』と言っていた通り、熱整形とかインソール、緩衝材のようなもので対処できるのではないかと思う。

このブーツの購入対象者は、自分の滑り方、ブーツの用途がはっきり見えている人になるだろう。(コストパフォーマンスが良いとはいえそれなりのお値段なので始めたばかりの人は手を出さないとは思うが^^;)

SEBAのTRIX(2ではなく無印)やKSJ、WSFCなどの購入を考えているならじゅうぶん比較対象になるのではないかな?と思う。Free Style Slalomをやるつもりがなければ、ここまでの性能は必要が無いだろう。

ブーツの試し履きをさせてもらったしばらく後に、ゲストさんたち皆と、外周路へ滑りに出た。イベントで光が丘公園に訪れたsk8erさんは、けやき広場以外の場所に行くことがあまりないと思うんだけど、折角なのでぜひ外周路も滑ってみてください。パイロンズメンバーに『外周へ行きたい』と言ってもらえば案内しますので。

外周から戻った後は、ハマヲさんのギター教室を終えたミハナにギターを借りて弾く。鳴りは悪くない(むしろ良い)ギターなんだが、屋外で弾くとやはりフォークギタータイプよりもドレッドノートが欲しくなるね。

そうこうしているうちに日暮れて撤収。翌日(りんりんLR)のことも考えてあまり滑らずにおこうと思ったが、帰宅してみたら「ちょっと滑りすぎちゃった感」が^^;

11/22のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

強い地震を感知したため全線で運転見合わせ #東武東上線
11-22 06:02

川越駅を出ようとしたところ、電車が船のように揺れた>< #東武東上線
11-22 06:03

安全確認が取れたので運転再開 #東武東上線
11-22 06:04

RT @nhk_seikatsu: 福島県に津波警報が出ています。津波はすぐに来ます、いますぐ高台に逃げてください。
11-22 06:06

毎年秋のりんりんが終わると練馬大会のためにヒールブレーキを外していたがピンを抜かなきゃいけないのでこれがけっこうメンドい。今年はSAMU家から譲ってもらったRB10の純正フレームがあるので、ブレーキ付きセットをブレーキ無しセットに… https://t.co/lxijw8FrRE
11-22 21:42

ついでにウィールローテーションも。前回してから60kmくらいは走っているので微かにアンチ気味になったようで具合が良い。
11-22 21:44


11月5日(土曜日)の光が丘(その1)/諸行無常のその奥に常に在るもの

Category: インラインスケート  
午前中は仕事。で、14時少し前に光が丘へ。

20161105_光が丘 (1)

翌週末(11月19,20日)に行われる農業祭を知らせる横断幕が掲げられていた。そしてこの日も「東京の酒と器祭り」が行われていた。

20161105_光が丘 (2)

ふたご橋あたりの桜が狂い咲き。寒かったり時季外れの暖かさだったりの繰り返しで桜も迷っているのかも。

広場に着くとハマヲさんが独り。卜(ぼく)がこの日持って行ったブーツはROLLERBLADE RB10。翌日(11月6日に)参加予定の「つくばりんりんロングラン」に履いていくつもりだったのだが、最近しばらく履いていなかったので不具合でもあったら困るから、前日のうちに確認しておきたかった。

卜が着いてしばらくしてから、なんと!ブルマンさんがやってきた!岡山に引っ越したと聞いていたが『高円寺に用事があったので、ついでに光が丘に寄ってみた』とのこと。でもブーツ持ってきているし、最初から来るつもりだったんでしょ?^^;

ハマヲさんはさっそくブルマンさんに、クラシックスタイルのトリスラについてのあれこれを質問したり練習法を教わっていたので卜もそれに便乗した。Fクロスの解釈(スウィズルの延長ではなくステップであること)とか上体を使わない(動かさない)こととかそのための練習とか。Free Style slalomとでは真逆なアプローチもある。15年前はどうだったのか知らないが今では聞いた(見た)ことが無く目からウロコ落ちなこともあったり、知ってはいたけど、わかっちゃぁいるけど、やっぱ、それやらないとダメですか?みたいなこともあったり。

ひとつ言えるのは、そういうことを教えてくれる人が今は居なかったり居ても会わなかったりするのと、卜もそうなのだが地味で地道な練習はつまらないのですぐに新しい技を覚えるとかそういうことに走りがちなので、昔の人は皆やっていた(知っていた)と思われる大事なことをスッ飛ばしてきている(知らない)人が多いのが現状ではないだろうか?

『インラインスケート始めて半年なのにもう飛燕?!』とか当たり前すぎて驚かれることも無くなってきたし、それどころか基礎練扱いされているようなことも。トリックスラロームとFree Style slalomの境目が曖昧になりつつあることもあったり。是非や善悪好き嫌いの問題は別にしても、それってどうなんだろう?と考えてしまう。

先日の光が丘フェスティバルの打ち上げに、昼間は来られなかったNassyが来てくれたんだけど、そこで「どうしたらトリスラが面白い(面白くなる)か」について彼が話していたのは、ひとつには「縛る」ということ(これは逆に言えば既成概念に「縛られない」ということかもしれない)。

たとえば「パイロン7個縛り(15個にこだわらない)」とか「全輪接地の技以外禁止(ステップでの踏み替えはNG)」とか。そして、『AGO(2010年に行われたAGOカップ)みたいなのは、またやりたいよねー』と。

往年の方々(←これは尊敬の意を込めて)の話を聞くといつも、温故知新だなぁって思う。単なる昔話ではなく未来につながる要素がたくさんあるから。トリックスラロームに関してはまだ20年そこそこの短いスパンではあるのかもしれないけど、前の時代からの受け継ぎや次の時代への引き渡しがもう少しきちんとされていけばいいのになぁ、とも思う。

(長くなりそうなので、その2に続く・・・→)

« »

11 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS