FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK

Category: グッズ,ギア  
子どもたちを連れてスケートに出かけていた頃は手荷物を無くして両手を自由にしておきたかったので、ホルスターにスケートブーツを装着できるようになっているバックパック(リュック)を使うことが多かった。

今は一人で出かけているのでジャンボカラビナでブーツを吊り下げて手持ちで移動することも増えたが、スケートブーツを装着できるバックパックはやはり便利なので使い続けている。


上の過去記事にも書いたようにいくつかのバックパックを買っては駄目にして、一番最近買ったK2のものも、とうとう画像のようにブーツを装着するベルトの根元がちぎれてきた。

K2 2013 X-Training_backpack

ちょうどSENARAMPの「年末在庫一掃セール」でインラインスケート用バックパックも40%OFFになっているのを見たので、(M)と(L)の2サイズ展開しているうちの大きい(L)サイズの方を購入。到着した実物を見てみたら小さい(M)サイズの方も欲しくなったので結局大小2つとも買うことになった^^;

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (1)

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (2)

まずインラインスケートを装着した状態。小さいサイズ(M)の方でも卜(ぼく)が持っているスケートブーツの中でいちばんかさばると思われる3×125mmの足回りのSEBAが付けられる。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (3)

サイドのポケットに折りたたみ傘とかペットボトルを入れた状態でも(バッグの中身がパンパンになるほど荷物を入れていたらどうだかわからないが^^;)スケートブーツを装着できる。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (4)

ポケット類。まず一番表面のファスナーを開けるとキーホルダーや携帯電話用ポケットと思われるベルクロ止めが付いたポケット、その他細かいものを入れるのに便利な小ポケット類がいくつか。キーホルダーはストラップが脱着可能になっているのが嬉しい点。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (5)

そして、画像のようにバッグの上部に向かってスペースが確保されている。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (6)

そのため、このようにスケートに履き替えた後に脱いだ靴をしまうことができる。これも便利だ。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (7)

表面の上の方にはファスナー付きポケットがもう一つ。ウォレットやパスケース、ハンカチやポケットティッシュ等を入れるのにちょうどいいかな?と思う。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (8)

メインの荷室。この写真は小サイズ(M)の方。表側にはメッシュのポケット付き。折りたたみ椅子、ヘッドランプ、Bluetoothスピーカ、ミニパイロン、メガネケース、タオル、ヘッドランプ、と卜が普段光ヶ丘へ出かける時の標準装備を入れてみた状態。これからさらに脱いだ上着など(フリースやライトなダウンジャケットくらいなら)も余裕で入る。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (9)

背面側にはPCやタブレットの持ち運びを想定したウレタン入りのオーガナイザー(ポケット)があり、大きいサイズ(L)のバッグの方には15.6インチ画面のノートパソコンを入れることができた。

大小バッグのサイズ感としては、光ヶ丘など決まったスポットへ行きバッグを下ろして滑るとかラージパイロンとかヘルメットを持ち運ぶとか着替えや荷物が多いとかなら大(L)。バッグを担いだままCityRunとかなら小(M)の方。また、小(M)の方は小学生くらいからの子どもに自分のスケートを持たせるのにも良いサイズかもしれない。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (10)

ファスナーやバッグ上部の持ち手もなかなかしっかりとした作りになっている。

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (11)

底面にはゴム付き。ゴムが付いていても地面に置けば底は擦れそうな気がするし、これがどれだけ役に立つのかは不明^^;

FLYING EAGLE PROTECH BACKPACK (12)

左右の肩ベルトを胸のあたりで結ぶチェストストラップ。ちょっと不満なのはプラスチックバックルの左側が♂(差し込む側)で右側が♀(受け側)なこと。これは左右逆のほうが使い易くないか?

このバックパック、荷物を入れスケートも装着しての背負い心地やバランス感も悪くない。いろいろな工夫があって卜の使い方にとても合っている(かなり使い勝手が良い)ので、小(M)の方は普段使い(スケート時以外の常用)のバックパックとしての出番が増えている。

耐久性に関する情報として、光ヶ丘ではヤマト君がこのバッグ(もちろん大の方)を使っていたが、彼はスケートブーツをバッグの中にしまったり、常にファスナーが閉まるか閉まらないかぐらいパンパンに荷物を入れて使うので、通常ありえない場所の縫い目がほころび穴が開いて使えなくなったとか。普通の人が想定内の使い方をしていれば多分そんなことにはならないのではないかと卜は思っている^^;

このバッグ、どこで買えるかというとFLYING EAGLEブランドのブーツやグッズを販売しているSENARAMPとかWORLDSTYLEなどのインターネットショップで取り扱いがある。

※WORLDSTYLEでは大きいサイズ(L)のみの取り扱い。SENARAMPでは大きいサイズ(L)の方だけになるが在庫限りで30%OFFのセールを3月末までやっている。お買い得なので気になる方はぜひ (^^)

POWERSLIDEの新しい“KAZE”

Category: レビュー  
3月3日の土曜日、標準で225mmというホイールベースのTrinityフレームに90mmのウィール3輪という仕様のPOWERSLIDE“KAZE”2018年モデルを試し履きさせてもらった。

20180303_KAZE

まずは2輪目3輪目のアクスルシャフトを約2mm下げているロッカリング状態で滑ってみると卜が普段使っている4×80mm(フラット)の足回りよりも小回りが利く。フレームの長さ感も、243mmフレームに4×80mmではなく231mmのフレームに76mmウィールで滑っている感覚に近い。ウィールの径は大きいのだが全高の低いTrinityシステムの恩恵で80mmの足回りと変わらない高さ感。

ロッカリングが嫌いな卜にはこれほど曲がる必要もないし不安定な感じがするので、3輪フラットな状態も試させてもらったが、より普段使い(4×80mm)の感覚に近くなった。卜はこの3×90mmの足回りもフラットなセッティングにした方が好きだ。

全高が低く(いつもと変わらず)フレーム長が(いつもより)短く感じるにもかかわらず、ウィールの径が大きいので一蹴りで楽に進みスピードも出るのが不思議な感じだ。これはぴったりハマった人は抜けられなくなるだろう。

3×110mmや3×125mmの場合、従来のVフレームタイプとTrinityのものを比べて、Trinityを選ぶメリットはそれほど大きくないと卜は思っている。しかし、この3×90mmのセッティングはアリだ。76mmをロッカリングフレームで使っている人、または72-76-76-72のウィールロッカリングにしている人、80mmをフラットで乗っている人、または76-80-80-76のウィールロッカリングにしている人、4×90(または84mm)の足回りでフィットネススケートや街乗り~20km程度のランを楽しんでいる人、それらすべての人にとって「いままで自分が使っていた足回りよりもこちらの方がいいな」と思わせるだけの魅力がある。

足回りの話ばかりになってしまったが、上物(ブーツ本体)の方もなかなか良い。以前試履をさせてもらったSwellと比べるとカフのつくりがしっかりしているので足首のあたりのサポート感もある。靴底もグラスファイバーを混入した強化樹脂(?)とかで、フレームの接合部にSEBAのようなメタル(アルミ)のプレートこそ使っていないが、ヤワな感じはしないしパワーロスも感じない。WSSAの大会出場レベルまでガチにFSSでもやろうというのでなければスラローム性能も十分だと思う。

なによりブーツが軽くて履き心地も良いのでとてもラクチンなのだ。ただ少し気になることがあって、今回試し履きにしてはずいぶん長い時間履かせてもらったのだが、そのまま履き続けていたら以前TAUを試し履きした時と同じような位置(内側くるぶしあたり)が痛んできそうな予感があった。

それと、このブーツ側面の足の小指側には皮が一枚余計に縫い込んではあるがスライダーのような樹脂パーツは付いていないので、アンチバッククロスから前側にターンするときなどにいつもこの部分を擦る卜はブーツに穴が開いてしまうのではないか?という不安を覚えた。

なにせTAUもSwellもKAZEも、卜にちょうど良いと思われるEU39サイズを履いている(持っている)人に会ったことが無く、これまでの試着も全てワンサイズかツーサイズ上のぶかぶか状態であるから、かなり雰囲気をつかむことはできたけれども果たして自分に合うものかどうかの判断が下せないでいる。

3月3日(土曜日)/光が丘に「伝説の人」が現れた

Category: インラインスケート  
前日にSNSでfrance氏が「10時頃光が丘へ行きます」と言っていた。さすがに10時には行かれないがいつもよりは早く家を出ようと思っていたら、既に公園に着いたfrance氏から「いつもの場所でイベントをやっていて滑れません。他にパイロン並べてOKな場所はありますか?」と連絡が来たので「いつもの場所で滑れない時は広場の奥、池に近い場所が空いていたらそこで滑ってます」と伝えた。

赤羽CR前に3×110mmのフレームを取付けたFRを80mmの足回りに交換して行くつもりだったが、けやき広場のいつもの場所では滑れないと聞いたので「それならそのままでいいか」と110mmのままで家を出た。

20180303_光ヶ丘 (1)

公園に着くと、france氏の他に元・駒沢スケーターのヤマメグさんがいた。スケートは卜より大先輩のレジェンドさんである。現在新潟在住だが今日はたまたま東京に用事があったので光が丘に来てみた、とのこと。光が丘のローカルさんではユキナちゃん一家が来ていた。

20180303_光ヶ丘 (2)

20180303_光ヶ丘 (3)

イベントは普段芝生広場でやっている「プレーパーク」がけやき広場に出張してきたらしい。14時半に終了予定だとかで、場所が空くまでは適当に滑る。

この日の卜的な目玉はfrance氏が最近購入したPOWERSLIDEの“KAZE”2018年モデルを試し履きさせてもらったこと。そのことについて書き始めると長くなりそうなので、この新しいブーツと足回りの感想は別記事にしようと思う。

20180303_光ヶ丘 (4)

さて、14時半になって「出張プレーパーク」のお片付けが始まったのだが、地面に棒の粉チョークで自由に落書きできる「落書きアート広場」の落書きを消すのに、大量の水を撒きながらデッキブラシでゴシゴシ・・・それも水溜りができそうな勢いで・・・これじゃせっかく場所が空いても路面が乾くまでしばらく滑れないよ><

そんなわけで(?)メインコースにはしばらくパイロンを並べられず。france氏が持ってきたKAZEやSwellをAjiさんや相馬さん、クボタくんなどが次々に試乗していたら、広場に近づいてくるなんとなく見たことがあるような人が。

元・駒沢スケーターのヤマメグさんが光が丘に来ていると聞いて、元・駒沢スケーターのYさんが来てくれた。卜がスケートを始めたばかりの頃、子どもたちを連れて西東京いこいの森公園に毎月通っていたら、よくアグレッシブのセクションの方でその姿を見かけたりしていたが、面と向かってお話をさせていただいたのはこの日が初めて。相馬さんが「せっかく来たんだから滑ろうよ」とかなりしつこく誘ったが頑なに拒否。「もう12,3年まともにスケートしてない」と言っていたが、何らかの形でインラインスケートには関わり続けて欲しいなぁ。

この日Y氏が来る前にユキナちゃんのパパとママが“不知火”の練習を始めていたので聞いてみると「今までやったことがなくて今日が初めてです」と言っていたのも、偶然ではない「何か」に導かれていたような気がする^^;

水撒きから一時間ほどしてようやく路面が乾いたのでメインコースにいつものようにパイロンが並んだ。卜は先週あたりに開花した梅の様子を見に外周へ。

20180303_光ヶ丘 (5)

20180303_光ヶ丘 (6)

5分咲くらいになっていた。

2月25日(日曜日)/東京City Run(赤羽コース)

Category: CR,LR  
この日は、上野から赤羽の「いこい 本店」を目指す“のんべえラン”に参加した。

20180225_東京CR (1)

卜のこの日のブーツはSEBA FRにFlying Eagleの3×110mmの足回り。

20180225_東京CR (2)

スケートが主なのか飲みがメインなのかわからない「赤羽の日」の今月の参加者は七人。(前月は三人だった)

20180225_東京CR (3)

「赤羽の日」に参加しようというメンバーは皆、街乗りに慣れた人ばかりなので、神宮外苑ゴールの通常コースの時に比べると総走行距離は同じくらい(11~12km)だがペースも速いし休憩も少なく、スタートから一時間ちょっとで赤羽に着く。ここで「今日はこれから“ル・マン会”があるので荒川へ行きます」と、ル・マンレーサーの湯山さんが去って行った。

20180225_いこい本店 (1)

20180225_いこい本店 (2)

残り六人は11時開店で、30分もすると満席になってしまうこともある“せんべろ酒場”「いこい本店」で約二時間飲み食い。会計は全員の分を合わせて一万円も行かなかった。激安にもほどがある!

20180225_丸健水産 (1)

20180225_丸健水産 (2)

20180225_丸健水産 (3)

20180225_丸健水産 (4)

20180225_丸健水産 (5)

20180225_丸健水産 (6)

そして「丸健水産」へ移動してカップ酒(途中から“だし割り”に)とおでん。これがまた美味いこと。

翌月の再会を約して(?)14時頃解散。

2月24日(土曜日)/梅の蕾もほころび始めた光が丘

Category: インラインスケート  
14時頃光が丘へ。

20180224_光ヶ丘 (1)

階段上、光の広場からけやき広場に向かう緩い下り坂を上ったり下りたりするのがマイブームのガク君に付き合って、何度も何度も坂を上り下り。それほど急勾配でもないから始めのうちはいいのだが、そのうち坂を上るのが疲れてくる^^;

そろそろ梅林の梅も咲き始めた頃ではないかと思い、様子を見に行ってみるといくつか蕾がほころび始めていた。

20180224_光ヶ丘 (2)

春の訪れ近し。

20180224_SEBA FR

帰宅してから、翌日の東京CR用に足回りを交換。面倒くさい (-.-;)

2月18日(日曜日)/境川ラン(南町田→江ノ島30km)+鎌倉まで8km

Category: CR,LR  
シティラン/ロングラン仲間のAkira君が「境川走りませんか?」というので行ってきた。

20180218_境川LR (1)

20180218_境川LR (2)

この日のメンバーはAkira君と卜とKenji君の三人。ブーツはAkira君がSEBA HIGH LightにSEBAの3×125mmの足回り。実は彼がこの325フレームのセットを買ったのとほぼ同時に卜も同じ物を同じ店で買っている^^;

そして卜はSEBA FR DELUXEに、その325の足回り。Kenji君のブーツはPOWERSLIDEのKAZEで、足回りはTrinity Proの3×125mmと、三人とも大径3輪。

9時40分頃に南町田をスタート。(そういえば鶴間公園にはとうとう来ることが無かったな・・・)などと思いながら鶴間公園の脇を通って境川沿いのサイクリングロードへ。卜は神奈川県内をスケートで走るのもこの日で三回目。東京シティラン後に横浜まで走ったのと、留学生Ashlyの観光ランで横浜へ行ったのと。何年か前まで、真面目に(?)スラロームをやっていた頃は「いつか鶴間へ」とか「いつか鵠プーへ」と思いながら結局今に至るまで果たせていない。なんか、遠くてね、神奈川は^^;

20180218_境川LR (3)

この日は晴れてはいたが空気が冷たい一日だった。前日までの強風が止んでいたのは幸いであったが。

20180218_境川LR (4)

20180218_境川LR (5)

メンバーがメンバーだしブーツもブーツなので交差点で止まったりする時間を含めても平均時速12~13km/hというペースで順調に進む・・・と言いたいところだが、境川サイクリングロードはところどころ荒れた路面が現れて「ああ嫌だ、もう帰りたい^^;」と思った頃になってようやく路面が良くなり飛ばせるという「飴と鞭ロード」なのだ。ずーっと良路面が続けば平均時速15km/hは超えてたんじゃないかと思う。

卜は125mmより小さいウィールで境川に来るのは嫌だな、と思った。

20180218_境川LR (6)

10kmくらい走ったところで一回休憩し、そこからさらに10kmくらい進んだところで飯田牧場に寄り道。

20180218_境川LR (7)

寒かったけどジェラート食べた。上尾の榎本牧場と肩を並べる美味さ。

20180218_境川LR (8)

20180218_境川LR (9)

20180218_境川LR (10)

20180218_境川LR (11)

牧場で休んだおかげでHPも少し回復したので、その後も「飴と鞭」は続いたが、スタートから3時間後の12時40分頃に江の島到着。ここまでの走行距離は約30km。橋を渡ってからスケートブーツを脱いで、「まんぷく屋十大」で40分食べ放題のしらす丼→しらす茶漬→十割そば。

20180218_境川LR (12)

20180218_境川LR (13)

20180218_境川LR (14)

デザート付で¥1,490とまずまずの値段。ちょっと食い過ぎた^^;

20180218_境川LR (15)

13時半に店を出ると入店待ちの行列ができていた。卜らは、ちょうどいいタイミングで待たずに入れたんだな、ラッキー。

20180218_境川LR (16)

「鵠プーへ行きます」というKenji君とはここでお別れ。(写真左側の少年は無関係な子です^^;)

20180218_境川LR (17)

20180218_境川LR (18)

Akira君と卜はここからさらに鎌倉を目指す。

20180218_境川LR (19)

とりあえずR134沿いに進む。腰越のあたりまでは歩道が石畳でちょっと気を抜くと転びそうだし他の歩行者も多くて難儀した。そこから稲村ヶ崎のあたりまでも歩道が狭いうえに路面が粗く、やはり難儀した。

20180218_境川LR (20)

稲村ヶ崎でR134を外れてからはようやく快適に進めるように。極楽寺を通って長谷へ抜け、そこからは鎌倉まで一気に到着した感じだった。

20180218_境川LR (21)

卜は鎌倉に来たのは(たぶん)生まれて初めて。鶴岡八幡宮にちょっとした用事があったので、そこまでAkira君に付き合ってもらう。

20180218_境川LR (22)

そこから小町通りを鎌倉駅に向かって歩き、Akira君の学校の友達がアルバイトをしているという「茶凛」という喫茶店に立ち寄ってお茶とお菓子を。

20180218_境川LR (23)

卜はこの日の夜Andrew家のホームパーティにお呼ばれしていたので15時半には鎌倉を発たなければならず、ここで、この日のイベントはお開きとなった。

20180218_境川LR (24)

20180218_境川LR (25)

総走行距離は約38km。江の島から鎌倉までの残り8kmに一時間近くかかってしまったので平均時速は11.8km/hまで落ちたが、これでもかなり頑張った方だと思う。卜の半分以下の年齢のAkira君や2/3くらいの年齢のKenji君というイキのいい(?)若者たちに付いて行くことができたから^^;

20180218_境川LR (25)

Akira君が取っていたログ。こちらを見ると平均速度は卜がRuntasticで取っていたログより速め。
--
※当記事に写真の一部はAkira君がFacebookなどに上げたのを拝借 m(_ _)m

2月17日(土曜日)/寒かったのです。

Category: インラインスケート  
強風が吹いて寒かったので家を出るのを少し躊躇(ためら)ったが、諦めて(?)光が丘へ。いつもより少し遅く15時頃けやき広場に着くと、青いパイロンが並んでいたのだが誰もいない?と思ったらヤマト君がいた。

20180217_光ヶ丘

しばらくすると青パイロンの持ち主、リンちゃんとパパが帰って来た。外周に行っていたらしい。

しかしリンちゃんのパパは戻って来るなり「われもこう」(体育館脇のレストラン)に避難。寒かったから?

風でパイロンが飛ばされるので二枚重ね10個。そのうちにAjiさんが来て二枚重ね15個のレーンもできたけど、皆スラロームをするより広場をただぐるぐる周回したり、外灯のポールの周りをぐるぐる回ったりしていることの方が多かったような気がする。寒かったので。

03/10のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

SEBA FR DELUXE80が3万を切る値段で買える事が判明 !(◎_◎;)
03-10 22:57

RT @nanba44: 南波志帆です☆ばたばた忙しくしていたのですが、やっと前髪を切りに行けました。来週3/16はタワレコ新宿店、3/18はタワレコ渋谷店でインストアイベント!どちらとも来ても楽しめるように、ベストアルバムから前期と後期に曲を分けてそれぞれセットリストを組みま…
03-10 22:58

RT @nanba44: 南波志帆です☆そして、3/17は下北沢mona recordsにて「南波志帆10周年ファン感謝祭!ありが10トークショー🐜」今回は私の師匠、堂島孝平さんがゲスト🎀 ぜったい面白い。笑 チケットもまだ若干ございます!こちらもぜひ!https://t.…
03-10 22:58

RT @anmika12: 一年半この日のためにやってきました。とうとう、明日が平昌パラリンピック初レースです⛷ももかのメダルの勢いに乗って、私も悔いなく!最後まで諦めず!全力で滑ってきます💪🏻❤️応援お願い致します🌈🌈そして、ももか銀メダルおめでとう🎊 https…
03-10 22:58

RT @yumeminemu: #ミントの日#きゅん労感謝の日 https://t.co/tZn5fJbv11
03-10 23:01


2月12日(月曜日)/CRの後の光が丘

Category: インラインスケート  
山手線一周CR帰りに成増で途中下車。CRで光が丘へ。(正直もうあまりブーツを履く気にはなれなかったのだが^^;)

20180212_光ヶ丘

ブーツもブーツだしパイロンに入る気にもならないので、ガク君・ユキナちゃん姉弟とか、そのお友だちでこの日初参加だったユメちゃんらと軽く遊ぶ。あとはほとんど井戸端~寒くなったらちょっと滑る、って感じでダラダラ過ごして18時頃に撤収。

03/05のツイートまとめ

Category: Twitter  
sk8er_trueno

RT @momo_spindle: spindle美人担当、、ことねさん🐝💛#spindle#ことね https://t.co/THRqMXqmbI
03-05 05:30

RT @kokohasebu: 「カイロに書かれている “低温やけど注意” は関西弁じゃありません。そんなに親しげではありません。多分どの地域でもそう書かれています」
03-05 20:53



« »

03 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS