FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

10月10日(土)/この日も真面目にデュアル練

Category: インラインスケート  
仕事を午前中で切り上げて光が丘へ。

20151010_光が丘IMA

地上に出るとIMAのハロウィン飾りが心なしか派手になったような気がしたが、過去(9月)に撮った写真と見比べて見たらそれほど差がなかったので気のせいか。

20151010_光が丘 (1)

さらに通りへ出ると両側に露店・模擬店が立ち並びたくさんの人であふれていた。「光が丘地区祭」という地域のお祭りらしい。

20151010_光が丘 (2)

また、10/11(日)に行われる予定のパラグアイフェスティバルの幟も掲げられていた。

この日も卜(ぼく)の練習のメインはデュアル練。前週同様けっこう真面目に何本も走った。

何か月か前にインラインスケートを始めたハルの同級生のコウガ君は今年がデュアル初参戦で熱心にパラレルの練習をしているのだが、パイロンに対して身体が遅れ気味というか、見ているととても「もどかしい」感じだったので彼を呼んでヒアリング&アドバイス。

コウガ君はスキーの競技では全国大会に出るほどの腕前らしい。卜はスキー未経験なのでわからないんだがスキーでのパラレルって外足荷重でスピードをコントロールしてない?彼も、卜がパラレルを練習しだしたころにUhoさんなどから指摘された『それだと加速していけないしスピード落ちちゃうよ』っていう外足荷重のパラレルになっているような気がする。そこで実際に加速していける内足荷重のパラレルをやって見せると彼は『ああ、そうだったんですか!』と目からウロコが落ちた様子。ポイントとして

  • 「考えていては体が追い付いてこないのでパイロンの手前から曲がるイメージを持つこと」
  • 「上体はブレずに腰から下、特に膝を柔らかく使う」「前傾姿勢で踵に体重を乗せていく」
  • 「足元は見ないでなるべく視線を遠くへやること」

等のアドバイスをしながら何本か滑ると、もうそれだけでもたつき感が無くなって見違えるように上手くなった。早速光電管レーンでタイムを計ると修正前は平均して7秒台後半だったのが普通に7秒を切れるようになった。コウガ君は『自分でもわかるくらいに速く滑れるようになった。面白い!』と言いながら何度もパイロンイン。まだ「伸び代」を使い切っていないので、これから練習を重ねればもっとタイムを縮めることができるだろう。

若いってのは、いいなぁ。卜には「伸び代」があるのだろうか?^^;
スポンサーサイト




Newer Entry10月12日(月)/空とぶうさぎとかFINAL FANTASYとか

Older Entry10月4日(日)/そろそろ真面目にデュアル練しないとなぁ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS