FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11月22日(日曜日)/光が丘インラインスケートと音楽と大道芸

Category: インラインスケート  
実は前夜相馬さんやエジマさんらと練馬で飲んでいたので昼過ぎに起床。毎日のように出かけていても家族に顰蹙を買うし当初光が丘へ行くつもりは無かったのだが「鬼島太鼓」がもう一度聴きたくて家を出た。

15時少し前に光が丘公園に着くと管理事務所裏に相馬夫妻、アライさんショーマくん、ハルちゃんがいた。15時半頃、皆は太鼓の演奏を聴くためにステージへ移動。

20151122_光が丘

この日の演奏も素晴らしく、わざわざこれを聞くためだけにでも来る価値はあった。前日とは曲の構成を変えていて、ラス前の曲はお客さんとの掛け合いで場を盛り上げていくような演出だった。最後の曲が終わり客席を見渡すと、感動のあまり涙する人もあちこちに見られた。

管理事務所裏に戻るが、車通りが多くなってきたのでパイロンも並べられず。子どもたちが「外周に行く」といって出て行こうとしたが大人でスケートを履いているのは卜(ぼく)しかいなかったので引率をすることに。ハルちゃんとショーマくんはどんどん先に行ってしまうがニナちゃんはふたりに付いて行かれないので卜と一緒にゆっくり走る。

その後みんなはアンドリューが持ってきた大道芸の道具(?)のようなおもちゃに夢中になる。アンドリューは最近足腰の調子が良くないのでスケートができないのだが光が丘には来る。しかし、来てもヒマなのでいろいろな遊び道具を持って来る。トモくんやモナパパもいつもヨーヨーを持ってきていて、滑っているかと思えば気が付くとヨーヨーの練習をしていたりする。・・・というわけで大道芸(?)がスケート・軽音楽以外の、もう一本の柱になりつつある今日このごろ。

だいぶ暗くなってからハルちゃんと二人で外周へ出た。こんなに暗くなってから外周を走るのは初めてだったのでどうなることかと思ったが、点々とともる外灯が意外に明るくて、どことなく幻想的な雰囲気も良い。それほどスピードを出さなければ滑れないことはないな、と思った。(とはいえ日中よりも危険度は増すので夜間の走行を推奨はしない。他者からの視認性を高めるためにも明るいランプを持った方が良いことは言うまでもない)
スポンサーサイト




Newer Entry11月23日(月曜日)/練馬区民体育大会ローラースケート競技会 (-その1-)

Older Entry11月21日(土曜日)/鬼島太鼓に魂を揺さぶられた光が丘

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS