FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

5月28日(土曜日)/先日はお疲れ様でしたの光が丘

Category: インラインスケート  
14時少し前に光が丘へ。天気は曇り。風は涼しい。

20160528_光が丘 (1)

公園北側の路面はまだ雨に濡れていた。外周路で清水さんとすれ違う。

広場にはアベ家のみ。その後一時間くらい誰も来なかったがAjiさん、クボタくん、渋川家が来て、清水さんが外周から戻ってきて、アライ家(-アイリ)が来て、相馬夫妻が来て、マツキヨ、アンドリュー、ナリフミくんとパパ、ワタナベ家、村のサクライ夫妻が来て、口々に『先週はお疲れ様でした』と挨拶。

20160528_光が丘 (2)

モナちゃんは、清水さんが持ってきたフラフープを使っていろいろ遊び始める。デュアル練だのリレー練だの秋を見据えた練習を開始する人もいたが、早すぎるって!いくらなんでも。

その後、誰彼となく坂をワンフットで上るという苦行(?)をやり始める。卜(ぼく)は真剣に付き合うと後遺症に悩まされることがわかっていたので、ほどほどに付き合う。なんにでも真剣に取り組むクボタくんは急勾配の「上級コース」上りを真剣にやりすぎて広場に戻った後で『なんだかキモチワルくなってきました』と。

ゆっきーがモナパパにカップで滑ったルーチンの後半部分を教えてもらっていたので卜も便乗で教わる。ちょっとトリッキーなあの動きに「おっ?」と目を惹かれた人も少なくないはず。話を聞いてみると、実は昨年の光が丘カップで、ある有名なスケーターが滑ったルーチンをパク・・・あ、いや、アレンジしたものであることが判明。そして、モナパパのルーチンだけではなくモナちゃんが滑ったルーチンの前半部分にも同じような動きが取り入れられていたのであった。

しかし実際にやってみると難しい。ムービング・ネコターンっていうか、grapevineみたいな重心載せ替えが滑らかにいくかどうかがポイントなのだが、なかなかタイミングもつかめない。アベさんもカップ前の何週か、いつも80レーンの脇に練習用のパイロンを並べて、何度も何度もこのルーチンの完成度を上げるために滑り込んでいたっけ。卜がそんな技をすぐに滑れるようになんかなりゃしないので、とりあえずこの日は動きを覚えただけで満足。

18時半くらいに撤収。
スポンサーサイト




Newer Entry6月4日(土曜日)/他人のコピーが流行る時期です

Older Entry06/17のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS