FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

9月25日(日曜日)/久々にデュアル練をした光が丘。その二日後には大腿部の筋肉痛に悩まされることとなった。

Category: インラインスケート  
久しぶりに太陽ものぞき、蒸し暑だが吹く風にはどことなく秋の気配を感じる陽気。14時少し前にけやき広場着。アベファミリーが来ていたが、そのあと15時頃まで誰も来なかった。

20160925_光が丘 (1)

20160925_光が丘 (2)

体育館側ではフリマが開催されており、そのせいもあってか広場には人多し。パイロンレーンに乱入する子どもも多数。

そしてこんなお客さんも。

20160925_光が丘 (3)

ツマグロヒョウモンの♂。かなり長い間パイロンに留まってチューチュー(?)していた。

けやきを挟んで向こう側に小さな女の子の姉妹とそのお母さんがいて、子どもたちはインラインスケートを履いていた。見ると始めたばかりの様子で立っては転びを繰り返していたので、近寄って「一緒に練習しましょう」と声をかけた。

5歳のアヤナちゃんと4歳のユイカちゃん。お母さんに聞くと「最近、東京ドームローラースケートアリーナで一度スケートを体験して、『もっとやりたい』というのでそれぞれに自分のスケートブーツを買ってあげた」とのこと。おもちゃのスケートではなくROLLERBLADEのしっかりしたスケートブーツだったし、プロテクターからヘルメットまで、きちんとフル装備だった。

まずは芝生の上で歩くところから始めて、それから下(タイルの上)に降りてみる。Vの字の足の形とか踵が離れていかないようにとか体重の載せ方(ペンギンさんのように)を教えて、お母さんは手を貸さずに子どもから5mくらい離れて『ここまでおいで』。
お母さんのところまでたどり着けたら今度は向かい側5mに離れて立つ卜(ぼく)が『オジサンのところまでおいで』のシャトルを繰り返し、20分くらいでだいぶ滑れるようになってきたところで終了。特に妹さんの方は年齢的にスケートを始められるギリギリな感じなので最初はだいぶ(教える側とか、親の)忍耐もいるとは思うけど、また来てくれるといいなぁ。

前日、遠くからかすかに楽器の音色が聞こえ、楽器を担いで広場を横切る人を多数見かけたので何かイベントをやっているのだろうなと思っていたが、この日も前日同様に「それらしき人」を多く見かけた。後でAndrewが来た時に、イベントのパンフレットを持っていたので見せてもらった。

20160925_光が丘 (4)

「練馬ジャズ祭」というイベントだったらしい。

夕方、メインコースに光電管がセットされたので久しぶりにデュアル練。最初はスタートラインはるか後方から助走をつけて速いスピードでパイロンに入る練習。しかし助走をつけても卜は5秒は切れない。最速で5.2秒くらい。5秒切るタイムを出す人ってどんだけ速いんだよ、ってのを実感^^;

その後ダッシュの練習も何本か。タイムは去年までと全く変わっていない6.1~6.3秒の間な感じ。この日の最速は6.04秒が出たが10本も滑っていないのに6.5秒を切れなくなり、あとはどんどんタイムが落ちていくだけになったのでこの日のデュアル練は終了。

毎年のことながらこのあたりが自分の限界な気が・・・(どんなに頑張ってもこれ以上速くなれるとは思えない(^^;)

17時半過ぎに撤収。

20160925_光が丘 (5)

今日のソラ。
スポンサーサイト




Newer Entry10/02のツイートまとめ

Older Entry10/01のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS