FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11月27日(日曜日)/荒川のんびりロングラン

Category: CR,LR  
20161127_ARARUN (1)

卜(ぼく)がこのロングランイベントに参加するのは今回で三度目になる。(意外に少ない^^;)

初めて参加した2012年2月は、いつも走っている右岸で一輪車のイベントが開催されていたので、それを迂回するために小松川橋から鹿浜橋までは左岸を走るルートだった。ゴール後の「いちげんランチ」(浮間舟渡にある24時間営業の居酒屋でのランチ会)も初体験。あれ?そういえば冬期だけど東大島スタートだったな。この年はまだ浮間舟渡からの南行ルート(冬コース)を取っていなかったのかしら?

二度目の参加が2015年7月で、この時は右岸通常ルートだった。そしてゴール後は浮間公園での青空ランチ。(最近いちげんに寄ることはあまりなくなったらしい)

その一か月後に、イベントではなく単独で荒サイを東大島から笹目橋まで(その後一般道を光が丘公園まで)走っている。このblogは卜の日記帳なので《そういえばあれはいつ(どんな)だっけ?》を検索するとすぐに思い出せるのが便利だ^^;

荒川のんびりロングランイベントは現在、10月から4月までは北寄りの向かい風を避けるなどの理由で浮間舟渡をスタートして南東へ川を下る「冬コース」で、集合時間も夏コースより一時間遅い設定になっている。《そういえば冬コースはまだ滑ったことが無かったよな》と気付いたのが、今回久しぶりに荒ランに参加してみようと思った理由でもある。

卜は、まだ走ったことのない場所を、白地図を塗りつぶしていくようにひとつひとつ増やしていくようなのが好きなので、じつは荒川のんびりロングランにも意識して(わざと)頻繁には参加しないようにしている。

これは卜の性格によるものだが、あまり同じ場所を何度も走っていたら飽きてしまうのだ。ひと頃地元の入間川サイクリングロードとか小畔川・越辺川沿いの土手道を走るのに熱中していた事があったが、ウチから約20km圏内はひと通り行き尽くしたので最近は出かけていない。

荒川も入間大橋より下流、笹目橋までは未踏査なので、今後行くとしたらそっち方面になるだろう。これは以前にも何度か書いているが、ウチから荒川の河口まで(約80kmぐらいか)は一度滑ってみたいと思っている。

自宅から駅までとか駅から公園までといったトランスポートは《歩くより楽だから》とか、また別にそれをする理由もあるし、習慣としてやるけれども、わざわざどこかに滑りに出かけるとしたら滑ったことのない場所に行ってみたい。一人で滑るのとは違ってイベントとしてのロングランは常連さんはいても毎回メンバーが固定されているわけでもないので、同じ場所を滑っていても行くたびに雰囲気は違うし新しい発見がある、というのはわかるのだが。

そういった個人的な事情はさて置いて、荒川のんびりロングランは参加してみれば毎回じつに楽しいイベントである。これまでに滑った四度のうち、今回が一番体力的に楽だった。そこそこ時間もかけてゆっくり滑っていたのだが、休憩から次の休憩までがあっという間に滑り終える感じ。休憩ポイントでの休憩時間が長すぎて逆に「休み疲れ」するなぁ、と思った。

また、これまでは全てROLLERBLADEのRB10で滑った(そういえば初めての荒ラン前日にRB10を買ったんだっけ)のだが、今回は荒川を滑った後に、もしかしたら光が丘へ寄るかもしれないという考えもあったのでSEBA FR(いつも光が丘へ行くまんまの仕様)で行った。

浮間舟渡から第一休憩ポイントである岩淵水門までの間は、舗装の荒れがいつも気になる。岩淵から第二休憩ポイントの足立小台へ向かうにしたがってだんだん道が良くなって、以降道の荒れはほとんど気にならなくなるのだが、荒ランが距離以上に疲れるのは路面の荒れ具合が原因なんだろうな、と思う。目に見えぬ形で足が削られていくというか。

今回は天気が微妙で、予報を見ると前夜で一旦雨は上がるが朝8時から9時台に雨マーク。日中も不安定で午後もいつ降り出すかわからない。夕方以降は雨確実、だったので、やがみさんも『とりあえず集合するけど、天気によっては現地(あるいは途中)で中止を判断して、お茶(飯?)(酒?^^;)して解散することになるかも。それでもいいという方は集まってください』としか言えないくらいだった。

ところが朝は雨が降らないどころかだんだん空も明るくなっていき、スタートの10時頃には薄日が差すくらい。路面もところどころ濡れている場所はあったが滑走には全く問題が無し。朝の寒さに合わせて着込んできた服もそのまま着ていたら暑すぎるので脱ぐ。

それが、東大島へゴールした直後、我々が滑り終えるのを待っていてくれたかのようなタイミングでポツポツと雨粒が落ちてきた。

それから東大島のトニ・ワンというショッピングセンター内にある中華屋さん(←この店、コスパに優れていて卜はけっこう気に入った。なんという店名か覚えていなかったのでインターネットで調べようと思ったが検索しても出てこない^^;)で乾杯して飯を食っている間に雨も止んだので、地元駅までは傘も差さずに済んだ。

ところで、最終休憩ポイント(ゴール手前2kmくらいにある)は割と最近整備されたタイル敷きの公園風な場所だったので、持っていたミニパイロンをタイル目地に合わせて並べたくなるのが光が丘スラローマーの性(サガ)である。並べてみると大人も子どももスラロームの心得のあるメンバーがパイロン・インしてくれたのでけっこう盛り上がって(面白がってもらえて)良かった。

20161127_ARARUN (2)

卜がスラロームをしている写真ってじつはあまり無い。珍しいかも^^;

一方、光が丘では雨足が強く『14時過ぎには滑れなくなって撤収』という情報だったので、帰路成増駅で途中下車はせずにそのまま帰ることにした。これで駅から家まで滑って帰れれば最高だったのだがそこまで甘くはなく、地元駅を降りたら小雨が降っており路面もびしょ濡れだった。ちと残念^^;

12月の荒川のんびりロングランも浮間舟渡を出たあとR122(新荒川大橋)で左岸にシフトして平井大橋まで走って新小岩ゴールという滑ったことのないルートでもあり、荒ラン一年の締めくくりのランチ会もある、ということで参加の予定。
スポンサーサイト




Newer Entry12月3日(土曜日)/適当に何本か光が丘

Older Entry大径ウィール×3輪フレームについて少しだけ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS